全11作品。マイク・リー監督が制作した映画ランキング

  1. 秘密と嘘

    秘密と嘘
    評価:A4.00
    ゴールデングローブ賞(1996年・主演女優賞)養子として育てられた女性が実の親を探し、その家族の中に入っていくことから明かされる、家族をめぐる“秘密と嘘”……そこから生まれる新しい家族の姿と和解を描くヒューマン・ドラマ。監督は「ネイキッド」のマイク・リー。いわゆる脚本はなく、シチュエーションとシーンの羅列を記した簡素なメモから、俳優たちとの長期リハーサルでドラマが作られた。製作はリーの製作会社シンマン・フィルムのプロデューサーとして『High Hopes』以来その全作を手掛けるサイモン・チャニング=ウィリアムズ。撮影はリーとは『ライフ・イズ・スイート』(V)以来のパートナーである、「アメリカン・ダンク」などのディック・ポープ。美術のアリ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    秘密を明かす人、明かされる人。
    この映画を楽しめなければ!
    なんとなくハピーエンド
    ・・・・・・・
    製作年:1996
    製作国:イギリス
    監督:マイク・リー
    主演:ブレンダ・ブレシン
    1
  2. ヴェラ・ドレイク

    ヴェラ・ドレイク
    評価:A3.82
    ヴェネチア国際映画祭(2004年・金獅子賞)1950年、イギリス。ささやかだが幸せに暮らすドレイク家の主婦・ヴェラ(イメルダ・スタウントン)。しかし彼女は家族にも話すことができない大きな秘密を抱えていた。それは望まない妊娠をして困っている女たちに、堕胎の手助けをすることだった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「気持ちを楽にして,すぐ終わるから。」
    善悪で計れない〜150ポンドと2ギニー
    悪気が潜んでいないかのような無垢さ。
    フネさんが逮捕された的な悲しさ
    製作年:2004
    製作国:イギリス/フランス/ニュージーランド
    監督:マイク・リー
    主演:イメルダ・スタウントン
    2
  3. 家族の庭

    家族の庭
    評価:B3.67
    『ヴェラ・ドレイク』などのイギリスの巨匠、マイク・リー監督による心揺さぶられる人間ドラマ。揺るぎない信頼関係で結ばれている一組の夫婦と、彼らのもとに集まる人々の喜怒哀楽を優しく見つめる。

    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    心温まる映画ではなく、辛辣な差別感覚
    いつまでも幸せでいられるには・・・
    「老い」の先に待ち受ける「孤独」
    マイク・リーは恐ろしい
    製作年:2010
    製作国:イギリス
    監督:マイク・リー
    主演:ジム・ブロードベント
    3
  4. キャリア・ガールズ

    キャリア・ガールズ
    評価:B3.60
     かつて一緒に暮らしたことのある二人の女性が再会し、お互いの友情と成長を確認するヒューマン・ドラマ。ロンドン大学時代、ルームメイトだったアニーとハンナ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    過去と再会と近況
    このラストシーンはいい
    映像の分けかたがイイ
    「善」と「美」を大切にするライフスタイル
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:マイク・リー
    主演:カトリン・カートリッジ
    4
  5. 人生は、時々晴れ

    人生は、時々晴れ
    評価:C3.43
     タクシー運転手のフィルは、スーパーで働く妻ペニー、老人ホームに勤める娘レイチェル、そして無職の息子ローリーの一家4人で、ロンドンの集合住宅に住み、質素な生活を送っている。娘は決して心を開こうとはせず、息子は反抗的な態度を崩さない。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ジメっとカビていく人生・・晴らすものは?
    平凡な生活にこそ愛を語れ、がんばれ親父
    幸せの「瑕疵担保責任」は男にあり!
    日本人の人生は、毎日晴れ?それとも
    製作年:2002
    製作国:イギリス/フランス
    監督:マイク・リー
    主演:ティモシー・スポール
    5
  6. ピータールー マンチェスターの悲劇

    ピータールー マンチェスターの悲劇
    評価:C3.22
    製作年:2018
    製作国:イギリス
    監督:マイク・リー
    主演:ロリー・キニア
    6
  7. ハッピー・ゴー・ラッキー

    ハッピー・ゴー・ラッキー
    評価:D3.05
    ゴールデングローブ賞(2008年・主演女優賞)『秘密と嘘』『ヴェラ・ドレイク』などで世界中から高い評価を受けるマイク・リー監督が、前向き志向のヒロインが日常を懸命に生きる姿を描いたヒューマン・コメディー。天真爛漫(らんまん)なヒロインにふんしたサリー・ホーキンスは第58回ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)を受賞。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    早めに改善しないと、このままでは危ない。
    マイク・リー的元気ムーヴィ?(疑問符付)
    天然系、でもない教える人
    前向きに、明るく、幸せに
    製作年:2007
    製作国:イギリス
    監督:マイク・リー
    主演:サリー・ホーキンス
    7
  8. ネイキッド

    ネイキッド
    評価:D3.05
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1993年) M・リーの日本初公開作品。マンチェスターからロンドンへ、昔の女友達ルイーズを頼って、盗んだ車を飛ばすジョニー。

    ヒューマンドラマ、孤独

    ネット上の声

    パッケージ騙されないで
    Dislocated/Savage Gestures For Charm’s Sake
    ニートが社会を見下す
    退屈
    製作年:1993
    製作国:イギリス
    監督:マイク・リー
    主演:デヴィッド・シューリス
    8
  9. ターナー、光に愛を求めて

    ターナー、光に愛を求めて
    評価:D3.02
    18世紀末から19世紀にかけて活躍したイギリスの風景画家ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの謎に満ちた人生に迫る伝記ドラマ。『秘密と嘘』『ヴェラ・ドレイク』などの巨匠マイク・リー監督が構想に10年を費やし、愛と光を求め旅を愛した天才画家の創作への情熱や人物像を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    頼りない光に求めた愛、それも良しとするか.
    芸術好き&19世紀英国好きの人にオススメ
    分かりやすさの拒絶と横からの光
    機関車のように鼻息の荒い画家
    製作年:2014
    製作国:イギリス
    監督:マイク・リー
    主演:ティモシー・スポール
    9
  10. ライフ・イズ・スイート

    ライフ・イズ・スイート
    評価:E0.00
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1991年) ロンドン郊外に暮らす、主婦のウェンディ。夫のアンディは、いつか自分の店を持ちたいと夢見ているシェフ。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1991
    製作国:イギリス
    監督:マイク・リー
    主演:アリソン・ステッドマン
    10
  11. ビバ!ロンドン! ハイ・ホープス 〜キングス・クロスの気楽な人々〜

    ビバ!ロンドン! ハイ・ホープス 〜キングス・クロスの気楽な人々〜
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    80年代サッチャー政権下のイギリスが舞台
    製作年:1988
    製作国:イギリス
    監督:マイク・リー
    主演:フィル・デイヴィス
    11

スポンサードリンク