全13作品。澤井信一郎監督が制作した映画ランキング

  1. わが愛の譜 滝廉太郎物語

    わが愛の譜 滝廉太郎物語
    評価:A3.87
    『花』『荒城の月』などの名曲を生み出し、23歳10ヵ月という若さでこの世を去った滝廉太郎の没後90年を記念して作られた伝記映画。東京音楽学校でピアニストを志すが挫折、それでも音楽への情熱を捨てず、ドイツに留学。そんな彼の青春を憧れの女性ピアニスト・中野ユキとの恋模様を軸に描き出していく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    名曲あふれる邦画の逸品
    貴重な意欲作
    良質な凡作
    はるこうろうの
    製作年:1993
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:風間トオル
    1
  2. 時雨の記

    時雨の記
    評価:B3.58
     吉永小百合と渡哲也という2大スターが「愛と死の記録」以来、30年ぶりにスクリーンで共演した大人のラブ・ストーリー。男壬生は56歳。

    恋愛

    ネット上の声

    仕事一筋の人生から死ぬまでの間の過ごし方
    うちの 庵 とうちの 花 の方が上等だよ。
    悲しいけど羨ましい恋
    大人のメルヘン
    製作年:1998
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:佐藤友美
    2
  3. ラブ・ストーリーを君に

    ラブ・ストーリーを君に
    評価:C3.57
    白血病に冒された少女と、それを見守る青年との純愛を描く。ディディエ・ドゥコワン原作の小説「眼れフローレンス」の映画化で、脚本は「紳士同盟」の丸山昇一が執筆。監督は「恋人たちの時刻」の澤井信一郎、撮影は「この愛の物語」の仙元誠三がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    人を愛すること、思うこと
    出てる人が豪華!
    恋のまねごとでもいいから・・・
    「美しすぎる」とはこのこと?
    製作年:1988
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:後藤久美子
    3
  4. Wの悲劇

    Wの悲劇
    評価:C3.54
    日本アカデミー賞(1986年・最優秀監督賞) 夏木静子の同名小説を下敷きに、若い劇団の研究生が、ある事件に巻き込まれて主役を演じ、本物の女優へと成長していくまでをサスペンスフルに描いたドラマ。三田静香は、女優を目指す劇団“海”の研究生。

    サスペンス、大阪が舞台

    ネット上の声

    韓国で観た「Wの悲劇」
    三田佳子、迫真の演技!
    震えがくるほど面白い
    今でも拍手を送りたい
    製作年:1984
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:薬師丸ひろ子
    4
  5. 仔犬ダンの物語

    仔犬ダンの物語
    評価:C3.24
     両親の離婚問題で東京から祖父のもとへ転校し、徐々に新しい生活に馴染んできた真生はある日、同じ学校に通う千香が牛乳を万引きするところを目撃する。それは拾ってきた仔犬の為であることが分かった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    桃子主演
    巧妙な語り口が楽しめる快作!
    なかなかいいんじゃないかな
    桃子主演作。
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:飯田圭織
    5
  6. 早春物語

    早春物語
    評価:D3.20
    日本アカデミー賞(1986年・最優秀監督賞) “角川3人娘”の一人、原田知世をフィーチャーした角川製作のプログラム・ピクチャー。17歳の女子高生が中年男性に恋して少しだけ背伸びする春休みの体験を爽やかに描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    タイトル通り、まさに早春の物語です。
    少女がちょぴり背伸びしたよな物語
     知世ちゃんかわいい
    古き良きかな…
    製作年:1985
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:小林稔侍
    6
  7. 日本一短い「母」への手紙

    日本一短い「母」への手紙
    評価:D3.20
    山口百恵の大ヒット曲『秋桜(コスモス)』にのせて母と子の再会を描く―。‘母への熱い想い’を全国から公募し、まとめて1冊の本にしたベストセラー『日本一短い「母」への手紙』。この原作からたった30字足らずの文章をモチーフに映画が誕生。18年前に家を出た母と複雑な想いを持つ子供たちが再会。衝突しながらも母と子という強い絆が、お互いの深い溝を埋め凍りついた心を優しく溶かしていく…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    十朱幸代の色香に酔いしれる!
    東映って、この種の作品つくるの苦手ですか
    感動しました
    製作年:1995
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:十朱幸代
    7
  8. 福沢諭吉

    福沢諭吉
    評価:D2.97
     笠原和夫と桂千穂のオリジナル脚本を、澤井信一郎が監督し映画化。若き日の福沢諭吉と、彼のもとに集まる門弟たちの青春を描いている。

    ヒューマンドラマ、伝記

    ネット上の声

    見どころなし
    慶應義塾
    すゝめられない映画
    ご立派、少なくともあの方々よりは……。
    製作年:1991
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:柴田恭兵
    8
  9. 野菊の墓

    野菊の墓
    評価:D2.89
     伊藤左千夫による同名小説の三回目の映画化。宮内婦貴子が脚本を書き、澤井信一郎がメガホンをとった。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    会社がお金を注ぎこみアイドルを作った時代
    祝☆聖子ちゃん第1回主演映画
    あっけなく野菊は散った。
    ほし ふたつ
    製作年:1981
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:松田聖子
    9
  10. 17才 旅立ちのふたり

    17才 旅立ちのふたり
    評価:D2.84
     17歳の少女・川村真衣子は、幼い頃に唯一の肉親だった父と生き別れ、里親のもとで愛情豊かに育てられてきた。平凡ながら温かい家庭にめぐまれた彼女は、素直で明るい性格で、将来は絵本作家になる夢を持っていた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    やはり駄目なモー娘。映画・・・
    光の春
    澤井監督に期待したんですけどね
    可哀想・・・
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:石川梨華
    10
  11. めぞん一刻

    めぞん一刻
    評価:E2.60
    時計塔のある二階建てアパート、一刻館を舞台に若き未亡人の管理人と浪人生の恋を描く。週刊『ビッグコミックスピリッツ』に連載の高橋留美子原作の同名漫画の映画化で、脚本は「キャバレー」の田中陽造、監督は「早春物語」の澤井信一郎、撮影は「キャバレー」の仙元誠三がそれぞれ担当。主題歌は、ギルバート・オサリバン(「アローン・アゲイン」「ゲット・ダウン」)。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    NO.69「め」のつく元気になった邦画
    この時点で石原真理子を真人間にする
    八神いぶきちゃん、最高の美形!
    実写版は無理ありすぎです。
    製作年:1986
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:石原真理子
    11
  12. 恋人たちの時刻

    恋人たちの時刻
    評価:E2.56
     寺久保友哉による同名短編小説集の一編「翳の女」を「ベッド・イン」の荒井晴彦が脚色し「Wの悲劇」の澤井信一郎が監督した作品。北海道を舞台に、女性の過去を探る青年の姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    大胆な演技
    現役俳優の若い頃を見て当時を懐かしむ
    昭和の切ないラブストーリーの佳作
    今にない良さがある
    製作年:1987
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:野村宏伸
    12
  13. 蒼き狼 地果て海尽きるまで

    蒼き狼 地果て海尽きるまで
    評価:E2.48
    モンゴル部族の長であるイェスゲイ(保阪尚希)と妻ホエルン(若村麻由美)の間に、男の子が生まれテムジンと名づけられた。後にチンギス・ハーン(反町隆史)となるその子どもは、鋭い眼差しの持ち主で、手には赤い斑点(はんてん)がついていた。部族間の対立が激しさを増す中、テムジンは“蒼き狼”の血を受け継ぐ者としてたくましく成長していった。

    ヒューマンドラマ、アクション、文芸・史劇

    ネット上の声

    大草原・多人数・短時間・急展開+α
    あぁ、もったいない・・・・・
    何とも言えないもどかしさが残った・・・。
    この映画を楽しむ3つのコツ。それは・・・
    製作年:2006
    製作国:日本/モンゴル
    監督:澤井信一郎
    主演:反町隆史
    13

スポンサードリンク