スポンサーリンクあり

全20作品。ジョセフ・L・マンキウィッツ監督が制作した映画ランキング

  1. 五本の指
    • A
    • 4.06
    「イヴの総て」のジョセフ・L・マンキーウィッツが監督した作品で、L・C・モイズィッシュのスパイ実話を映画化したもの。製作は「出獄」のオットー・ラング。原著を「陽の当る場所」のマイケル・ウィルソンが脚色。撮影は「砂漠の鬼将軍」のノーバート・ブロディン、音楽はバーナード・ハーマン(「戦慄の調べ」)の担当である。主演は「砂漠の鬼将軍」のジェームズ・メイスンに「輪舞」のダニエル・ダリュウで、以下「黒ばら」のマイケル・レニー、「イヴの総て」のウォルター・ハムデンが共演、舞台からオスカー・カールウェイズが参加している。

    ネット上の声

    • 最後に笑ったのは…
    • サスペンスとどんでん返し
    サスペンス
    • 製作年1952年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ジェームズ・メイソン
  2. イヴの総て
    • A
    • 4.03
    女優に憧れる若い女性がベテラン女優を踏み台にのし上がっていく姿を描き、1951年・第23回アカデミー賞で作品賞など6部門に輝いた名作。実在の女優エリザベート・ベルクナーをモデルにしたメアリー・オルの短編小説を原作に、ブロードウェイの内幕を描き出す。アメリカ演劇界で最高の栄誉とされる賞が、新進女優イヴ・ハリントンに贈られた。満場の拍手が沸く中、イヴの本当の姿を知る数人だけが、複雑な表情で彼女の受賞を見守るのだった。8カ月前、劇作家ロイドの妻カレンは、大女優マーゴに憧れて毎夜のように劇場の楽屋口に現れるイヴを、マーゴに引き合わせる。マーゴはイヴの哀れな身上話に心を動かされ、彼女を住み込み秘書として雇うことに。しかしイヴは徐々に本性を現し始め、マーゴの周囲にいる演劇関係者たちに取り入っていく。大女優マーゴを「何がジェーンに起ったか?」のベティ・デイビス、イヴを「十戒」のアン・バクスターが演じ、マリリン・モンローが端役で出演。

    ネット上の声

    • どこまでもしたたかなる女、それがイヴ
    • 殺人なき健常者によるサイコホラー
    • 真に恐ろしいのは、女?否、女優!
    • イヴははたしてヒールなのかっ?!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国アメリカ
    • 時間138分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ベティ・デイヴィス
  3. 探偵<スルース>
    • B
    • 3.95
    ロンドン、ニューヨークを始め、世界各国でヒットしたイギリスの劇作家アンソニー・シェーファーの同名舞台劇の映画化。シェーファーはアルフレッド・ヒッチコック監督の「フレンジー」のシナリオも書いている。製作総指揮はエドガー・J・シェリック、製作はモートン・ゴットリーブ、監督は「三人の妻への手紙」「大脱獄」のジョセフ・L・マンキウィッツ。脚本はシェーファー自身、撮影はオズワルド・モリス、音楽はジョン・アディソン、美術はピーター・ラモント、セットはジョン・ジャービス、編集はリチャード・マーデンが担当。出演はローレンス・オリヴィエ、マイケル・ケイン。

    ネット上の声

    • ゲーム、騙しあい、盗難、殺人、謎解き、どんでん返しにつぐどんでん返し!!傑作と言
    • 自分の妻の浮気相手へ報復ゲームをけしかける探偵小説家 vs 騙されたヘアサロンオ
    • 【英国紳士によるおちょくり合いの悪趣味ゲーム】
    • 人生ベスト3にはいる名作です!!
    小説家、 サスペンス
    • 製作年1972年
    • 製作国アメリカ
    • 時間128分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ローレンス・オリヴィエ
  4. 幽霊と未亡人
    • B
    • 3.68
    「ローラ殺人事件」「激闘」のジーン・ティアニー「アンナとジャム王」「茶碗の中の嵐」のレックス・ハリソン及び「謎の下宿人」「激闘」のジョージ・サンダースが主演する映画で、R・A・デイック作のベスト・セラー小説を「ボストン物語」「雨で降る」のフイリップ・ダンが脚色し「王国の鍵」「ボストン物語」のジョセフ・L・マンキウイッツが監督した1947年作品である。音楽は「アンナとシャム王」のバーナード・ハーマンが作曲し「北海の子」のチャールズ・ラングが撮影を監督した。助演者は「ボストン物語」のヴアネッサ・ブラウン「肉体と幻想」のアンナ・リー「天国への階段」のロバート・クート、英国女優のエドナ・ベスト「生きてる死骸」のイゾベル・エルソムその他である。

    ネット上の声

    • 幽霊とは気にせず、ゆっくりと余韻を楽しむ
    • 生けるものと永遠のもの
    • 幽霊らしくない幽霊と、未亡人のラブ・ストーリー。
    • 全然恐くないゴーストストーリー
    ファンタジー
    • 製作年1947年
    • 製作国アメリカ
    • 時間104分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ジーン・ティアニー
  5. 復讐鬼
    • C
    • 3.61

    ネット上の声

    • 人種差別を扱ったスリラーだな・・
    • 本当は人種が問題なのではない
    • 根深い黒人差別・・・
    サスペンス
    • 製作年1950年
    • 製作国アメリカ
    • 時間106分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演リチャード・ウィドマーク
  6. 三人の妻への手紙
    • C
    • 3.47
    3人の若妻に届いた見知らぬ女からの手紙が元で起こる浮気騒動を描く人間喜劇。ジョン・クレンブナーとヴェラ・キャスパリーの原作の映画化で、脚本・監督はジョセフ・L・マンキウィッツ、撮影はアーサー・ミラー、音楽はアルフレッド・ニューマンが担当。出演はジーン・クレイン、アン・サザーン、リンダ・ダーネル、ジェフリー・リン、カーク・ダグラス、ポール・ダグラス、バーバラ・ローレンスなど。

    ネット上の声

    • 不在の完璧な女と3人の普通の女たち
    • 軽快な"洒落てる"映画でした
    • マンキウィッツの心理ドラマ
    • センスを感じる構成と演出
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1949年
    • 製作国アメリカ
    • 時間103分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ジーン・クレイン
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  7. 他人の家
    • C
    • 3.40
    「三人の妻への手紙」に次いでソル・C・シーゲルが製作、ジョセフ・L・マンキーウィッツが監督した1949年度作品で、ジェローム・ワイドマンの小説をフィリップ・ヨーダンが脚色し、「美しき被告」のミルトン・クラスナーが撮影、「恋の十日間」のダニエル・アンフィシアトロフが音楽を担当した。主演は「夜は千の眼を持つ」のエドワード・G・ロビンソン、「四人の息子(1941)」のスーザン・ヘイワード、「都会の叫び」のリチャード・コンテで、「怒濤の果て」のルーサー・アドラーのほか、イタリー系の舞台俳優が助演している。

    ネット上の声

    • 金持ち一家の愛憎劇
    • こってりコンテ節が炸裂!不遜な態度で周りをイラつかせる!ロビンソンが善悪の曖昧な
    • ジョセフ・マンキウィッツ監督が『イヴの総て』などヒット作を連発してノッていた時期
    • エドワードGロビンソン扮する、銀行家として財を成したイタリア移民の父親と四人の息
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1949年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演エドワード・G・ロビンソン
  8. 去年の夏 突然に
    • C
    • 3.20
    テネシー・ウィリアムズによる特異な題材の戯曲の映画化。「静かなるアメリカ人」のジョセフ・L・L・マンキウーィッツが、監督し、原作者自身とゴア・ヴィダルが共同で脚色し、「戦場にかける橋」のジャック・ヒルドヤードが撮影した。音楽も同じく「戦場にかける橋」のマルコム・アーノルドが、ボクストン・オウと共に担当。出演は「愛情の花咲く樹」以来の顔合せ、エリザベス・テイラーとモンゴメリー・クリフトに、「雨を降らす男」のキャサリン・ヘップバーンのほか、マーセデス・マッケンブリッジ、アルバート・デッカー、ゲイリー・レイモンド、パトリシア・マーモントら。製作はサム・スピーゲル。

    ネット上の声

    • 二大女優共演のサスペンス☆2つ半
    • 壮麗なる巨大な廃墟の如き闇
    • 精神を病んでいるのは誰?
    • 三人称で正気を保つ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国アメリカ,イギリス
    • 時間114分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演キャサリン・ヘプバーン
    • レンタル
  9. うわさの名医
    • D
    • 3.05

    ネット上の声

    • 生死・血縁・理屈を越えて
    • ケイリー・グラント演じる名医が妊娠した女性と恋に落ちる&その人気の高さに嫉妬した
    • 主演ケーリー・グラント、ハリウッド黄金期の名匠マンキーウィッツ監督による舞台劇の
    • 色々な場面でキャラクターの行動の動機が不明瞭で時々ついて行けなくなるが、それも洒
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国アメリカ
    • 時間106分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ケイリー・グラント
  10. クレオパトラ
    • D
    • 2.94
    プルタークの英雄伝、スブトニアス、アピンそのほかC・M・フランツェロの小説「クレオパトラの生涯とその時代」から、「野郎どもと女たち」のジョセフ・L・マンキーウィッツウィッツ、「山」のラナルド・マクドゥガル、「ジョルスン再び歌う」のシドニー・ブックマンら3人が脚本を書き、「去年の夏突然に」のジョセフ・L・マンキーウィッツウィッツが監督した。戦闘場面を「史上最大の作戦」のアンドリュー・マートンとエルモ・ウィリアムスがあたり、3度のアカデミー受賞のレオン・シャムロイがロケ撮影をした。出演は「予期せぬ出来事」のエリザベス・テイラー、「史上最大の作戦」のリチャード・バートン、「誰かが狙っている」のレックス・ハリソンのほか、ジョージ・コール、ヒューム・クローニン、ロディ・マクドウォル、チェザーレ・ダノヴァなど。

    ネット上の声

    • 華麗エリザベス・テイラーのクレオパトラ!
    • 当時は大失敗作、今は伝説の大作。
    • ただの豪華な舞台演劇になっている
    • 一度は見てみる価値のある芸術映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1963年
    • 製作国アメリカ
    • 時間244分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演エリザベス・テイラー
    • レンタル
    • レンタル
    • 定額
  11. 裸足の伯爵夫人
    • D
    • 2.80
    「ジュリアス・シーザー(1953)」のジョセフ・L・マンキーウィッツが主宰するフィガロ・プロの第1回作品である。マンキーウィッツ自身が脚本を書き下ろし監督にあたったもので、テクニカラー色彩の撮影は「バラントレイ卿」のジャック・カーディフ、音楽は「O・K・ネロ」のマリオ・ナシンベーネ。「麗しのサブリナ」のハンフリー・ボガート、「円卓の騎士」のエヴァ・ガードナー、「ジュリアス・シーザー(1953)」のエドモンド・オブライエン、「路上の夜」のマリウス・ゴーリング、「女の獄舎」のヴァレンティナ・コルテーゼ、「噴火山の女」のロッサノ・ブラッツィ、エリザベス・セラーズ、ウォーレン・スティーヴンスなどが出演する。

    ネット上の声

    • エヴァ・ガードナーを拝めただけでも……
    • 数奇な運命をたどる美人のはかなき一生
    • エヴァ・ガードナー賛歌
    • ハリウッド No.1美人女優
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ,イタリア
    • 時間131分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ハンフリー・ボガート
  12. 呪われた城
    • D
    • 2.75
    「三人の妻への手紙」のジョセフ・L・マンキーウィッツが、一九四六年に発表した第一回監督作品で、ベストセラーとなったアニア・シートンの歴史小説を、マンキーウィッツ自身脚色したもので、製作指揮はダリル・ザナック自ら当たっている。撮影のアーサー・ミラー、音楽のアルフレッド・ニューマンは「三人の妻への手紙」と同じ協力者である。「幽霊と未亡人」のジーン・ティアニー、故人となった「黄金」のウォルター・ヒューストン、「聖処女」のヴィンセント・プライスが主演し、グレン・ランガン、コニー・マーシャル、ヘンリー・モーガン等が助演している。

    ネット上の声

    • 『ローラ殺人事件』のジーン・ティアニーがあまりにも綺麗だったのでのこのこと観に出
    • マンキウィッツは病気で降板したルビッチの代わりとしてこの作品で監督デビューしたら
    • 従兄の大邸宅に招待された田舎娘が、領主を継承する家系の暗部に引き込まれてしまう
    • 祖母との血縁関係から遠縁の大富豪に家庭教師として招かれたミランダ
    ホラー
    • 製作年1946年
    • 製作国アメリカ
    • 時間103分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ヴィンセント・プライス
  13. 記憶の代償
    • E
    • 2.58

    ネット上の声

    • 正体不明のままのキス
    • 記憶を失くした男が胡散臭い人間たちと出会いながら謎を解決していく過程が面白く、行
    • いま観るとプロットじたいは凡庸なノワールだけれど、実体の掴めないものごとを媒介と
    • 序盤でグッと引き込まれたものの、途中からなんとなく先が読めてしまったし、ちょっと
    サスペンス
    • 製作年1946年
    • 製作国アメリカ
    • 時間109分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ジョン・ホディアク
  14. 野郎どもと女たち
    • E
    • 2.57
    原作はニューヨークの下町を舞台にアメリカ的風俗詩を描いた短編小説作家デーモン・ラニョンの“サラ・ブラウン嬢の挿話”で、ジョー・スワーリングとエイブ・バロウズがミュージカル・プレイにアダプトし、1950年ブロードウェイで上演した。スワーリングとバロウズの台本から、「裸足の伯爵夫人」のジョセフ・L・マンキーウィッツが脚色・監督した。撮影は「トロイのヘレン」ノハリー・ストラドリング、作詩・作曲は舞台同様「アンデルセン物語」のフランク・ローサー、音楽監督と演奏指揮はジェイ・ブラックトン、舞踏振付けは「いつも上天気」に自身出演した「略奪された7人の花嫁」のマイケル・キッド。主な出演者は、「デジレ」で共演したマーロン・ブランドとジーン・シモンズ、「見知らぬ人でなく」のフランク・シナトラの他、舞台で同役を演じたヴィヴィアン・ブレイン、スタッビー・ケイ、B・S・プリイ、ジョニー・シルヴァなど。サミュエル・ゴールドウィン製作。

    ネット上の声

    • 20世紀FOXさんしっかりしてください
    • マーロンとハバナでバカルディミルク♪
    • 歌って踊るマーロンブランド!
    • マーロン・ブランドが歌う
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1955年
    • 製作国アメリカ
    • 時間150分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演マーロン・ブランド
  15. 静かなアメリカ人
    • E
    • 2.47
    「裸足の伯爵夫人」「野郎どもと女たち」のジョセフ・L・マンキーウィッツ監督が、自ら主宰したフィガロ・プロで製作したグレアム・グリーンの原作の映画化。ヨーロッパとアジアの拮抗激しい仏印を舞台に、ヨーロッパ人、アメリカ人の思想の問題や現代人と神の問題等が追求される。脚色もマンキーウィッツ自身が行ない、ヴェトナム・ロケとローマのチネチタ撮影所セットでのキャメラは「空中ぶらんこ」」のロバート・クラスカー。音楽はマリオ・ナシンベーネ。主人公のアメリカ人に「荒野の追跡」のオーディ・マーフィが扮し、「ハッピー・ロード」のマイケル・レッドグレイヴ「乙女の館」のジョージア・モールが共演。「失われた少年」のクロード・ドーファン「他国者は殺せ」のケリマ「巴里野郎」の谷洋子、ブルース・キャボット、フレッド・サドフ等が助演する。撮影にはヴェトナム大統領直接の援助のもと、現地各官庁が協力した。

    ネット上の声

    • つけこんだりつけこまれたりのスパイ家業
    • 50年代のベトナム
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国アメリカ
    • 時間120分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演オーディ・マーフィ
  16. 大脱獄
    • E
    • 2.40
    辛辣な風刺精神と冷徹な人間描写による、西部の刑務所の暴動と脱獄を描くアクション劇。製作総指揮はC・O・エリクソン、製作・監督は「クレオパトラ(1963)」のジョセフ・L・マンキーウィッツ、脚本は「俺たちに明日はない」のコンビ、デイヴィッド・ニューマンとロバート・ベントン、撮影はハリー・ストラドリング・ジュニア、音楽はチャールズ・ストラウスがそれぞれ担当。出演は「アレンジメント<愛の旋律>」のカーク・ダグラス、「ウェスタン」のヘンリー・フォンダ、「ワイルドバンチ」のウォーレン・オーツ、「マッケンナの黄金」のバージェス・メレディス、「夜の大捜査線」のリー・グラント。その他、ヒューム・クローニン、アーサー・オコンネル、マーティン・ゲーベルなど。テクニカラー、パナビジョン。1970年作品。

    ネット上の声

    • ◉ニューシネマの時代の風変わりな西部劇
    • コメディタッチの監獄もの西部劇
    • これぞB級西部劇!!
    • 今日は御馳走だ!
    西部劇
    • 製作年1970年
    • 製作国アメリカ
    • 時間127分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演カーク・ダグラス
  17. バックファイアー
    • E
    • 2.25
    ヒューマンドラマ、 アクション
    • 製作年1946年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演リチャード・コンテ
  18. ボストン物語
    • E
    • 2.22
    「心の旅路」「ラッキー・パートナー」のロナルド・コールマンが主演する映画でピュリッツア小説賞を得たジョン・P・マーカンド作のベスト・セラーの映画化である。脚本はこの小説を作者自らジョージ・S・カウフマンと協力して劇化した戯曲に拠り「雨ぞ降る」「スエズ」のフィリップ・ダンが書き、監督には「王国の鍵」の脚色・製作者で、「ドラゴンウイック」で監督に転じたジョセフ・L・マンキウイッツが当り、撮影は「ローラ殺人事件」のジョセフ・ラシェルが監督した。助演者は英国から招かれたペギー・カミンズ、リチャード・ネイ、エドナ・ベスト、「育ち行く年」のリチャード・ヘイドン、「青春の宿」のミルドレッド・ナットウィック、新人のヴァネッサ・ブラウン、チャールズ・ラッセル、舞台での特役を演じるパーシー・ウォラム等。

    ネット上の声

    • 本作がジョセフ・L・マンキウィッツ監督作なので、観てみた
    • マンキーウィッツ監督の諸作品のような、度肝抜かれる大興奮、みたいなものは特に無く
    • 昔ながらの伝統を重んじる、ボストンの名門出身のロナルド・コールマン
    • ボストンの古き慣習
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1947年
    • 製作国アメリカ
    • 時間98分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ロナルド・コールマン
  19. 三人の女性への招待状
    • E
    • 2.11
    トマス・スターリングの小説をフレデリック・ノットが戯曲化し、それを「クレオパトラ(1963)」のジョセフ・L・マンキーウィッツが製作・脚色・監督した風刺喜劇。撮影は「魂のジュリエッタ」のジアンニ・デ・ベナンツォ、音楽はジョン・アディソンが担当した。出演は「華麗なる激情」のレックス・ハリソン、「愛の勝利(1965)」のスーザン・ヘイワード、「魚雷艇109」のクリフ・ロバートソン、「何かいいことないか子猫チャン」のキャプシーヌ、「マンハッタン物語」のイーディー・アダムス、「オセロ」のマギー・スミスほか。

    ネット上の声

    • 一般的な”どんでん返しモノ”でもない。
    • どんでん返しの古典。
    • スーザン・ヘイワードが鍵
    • ジョセフ・L・マンキーウィッツ監督作品だから観たのだが、どの出演者にも思い入れで
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国アメリカ
    • 時間132分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演レックス・ハリソン
  20. ジュリアス・シーザー
    • E
    • 2.01
    ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』の映画化で、「五本の指」のジョセフ・L・マンキーウィッツが監督に当たった1953年作品。製作は「悪人と美女」のジョン・ハウスマン。「愛の決断」のジョセフ・ルッテンバーグが撮影を、「悲恋の女王エリザベス」のミクロス・ローザが音楽を担当。出演者は「革命児サパタ」のマーロン・ブランド、「ゼンダ城の虜(1952)」のジェームズ・メイスン、英劇壇のジョン・ギールグッド、「ゼンダ城の虜(1952)」のルイス・カルハーン、「拳銃無情」のエドモンド・オブライエン、「愛の決断」のグリア・ガースン、「地上より永遠に」のデボラ・カー、「探偵物語」のジョージ・マクレディ、「血闘」のリチャード・ヘイル、「悲恋の女王エリザベス」のアラン・ナビア、マイケル・ペイトら。

    ネット上の声

    • 名優が一度は通りたがるシェークスピア劇。
    • 主役はブルータス
    • 原作とおり?
    • 古典的な作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間120分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ルイス・カルハーン
    • 定額
    • レンタル
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。