全21作品。キム・ギドク監督が制作した映画ランキング

  1. The NET 網に囚われた男

    The NET 網に囚われた男
    評価:A3.88
    『ブレス』『嘆きのピエタ』などの韓国の鬼才キム・ギドクが監督し、『容疑者X 天才数学者のアリバイ』などのリュ・スンボムが主人公を演じた社会派ドラマ。朝鮮半島を舞台に、スパイ容疑を掛けられた男が、南北双方の国家に翻弄される姿を描写する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    誰が善で悪なのか。何が幸せで不幸なのか。
    もっともどかしい思いをさせてほしい。
    魚は網にかかってしまったら、お終いだ
    いささか〝優等生〟的なギドク映画
    製作年:2016
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:リュ・スンボム
    1
  2. STOP

    STOP
    評価:A3.79
     「嘆きのピエタ」「メビウス」の鬼才キム・ギドク監督が、福島原発事故を題材に日本人キャストを起用して全編日本ロケを敢行、製作、監督、撮影、録音、編集に加えて配給まで自ら手がけた異色作。2011年3月11日の東日本大震災により福島第一原発に重大事故が発生する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    美しい国
    『大丈夫だから!』
    悪質なコメディ?
    低品質
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:キム・ギドク
    主演:中江翼
    2
  3. 春夏秋冬そして春

    春夏秋冬そして春
    評価:B3.76
    深い山間の湖に浮かぶ小さな寺で穏やかに暮らす幼い少年僧(キム・ジョンホ)と老僧(オ・ヨンス)。ある日、少年僧はカエルやヘビに小石を結びつけるいたずらを楽しんでいた。それを見た老僧は、少年僧の背中に石をくくりつけ……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    キム・ギドクの愛に染まる その6
    季節は廻る・・・人生もまた
    やはりキム・ギドクです
    心の毒を清める静寂
    製作年:2003
    製作国:韓国/ドイツ
    監督:キム・ギドク
    主演:オ・ヨンス
    3
  4. 嘆きのピエタ

    嘆きのピエタ
    評価:B3.68
    ヴェネチア国際映画祭(2012年・金獅子賞)独創的な作風で世界中から注目を浴びる韓国の鬼才キム・ギドク監督による、第69回ベネチア国際映画祭金獅子賞に輝いた問題作。昔ながらの町工場が並ぶソウルの清渓川周辺を舞台に、天涯孤独に生きてきた借金取りの男の前に突如母親と名乗る女性が現われ、生まれて初めて母の愛を知った男の運命を描き出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    魂までも殺す、哀しく残酷な愛と憎しみ。
    悪魔を憐れむ歌
    嘆きたくなる
    贖罪
    製作年:2012
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:チョ・ミンス
    4
  5. うつせみ

    うつせみ
    評価:B3.65
    ヴェネチア国際映画祭(2004年・銀獅子賞)『魚と寝る女』や『悪い男』の鬼才、キム・キドク監督による幻想的な愛のファンタジー。ミステリアスな青年を演じるのは、現在韓国で最も注目される若手俳優のジェヒ。

    ヒューマンドラマ、どんでん返し

    ネット上の声

    これぞ“芸術”! 新感覚映画『うつせみ』
    ギドクに酔えども溺れず
    はじめて生きたふたり
    そんな結末・・・、想像できなかったぁ〜。
    製作年:2004
    製作国:韓国/日本
    監督:キム・ギドク
    主演:イ・スンヨン
    5
  6. サマリア

    サマリア
    評価:B3.64
    ベルリン国際映画祭(2004年・銀熊賞 最優秀監督賞)ペルリン国際峡画祭で最優秀鑑督賞である銀熊賞を受賞したキム・ギドク監督作品。主人公・ヨジンのクァク・チミン、チェヨン役のソ・ミンジョンは共に監督が大抜擢した新人女優。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    君が友の為にするならば、父も君の為に・・
    自己完結した心の切なさに酔える人向き
    キム・ギドクはキム・ギドク・・・。
    不器用な人達が作る魅力的なシーン
    製作年:2004
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:クァク・チミン
    6
  7. 悪い女

    悪い女
    評価:B3.59


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    眉毛太っ!!でもさすがのオリジナリティ。
    人間を底辺から見つめる【優しい眼差し】
    メロドラマの反家族的なまとめ方
    理解しあえる喜び
    製作年:1998
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:イ・ジウン
    7
  8. 受取人不明

    受取人不明
    評価:C3.50


    ヒューマンドラマ
    製作年:2001
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:ヤン・ドングン
    8
  9. 悪い男

    悪い男
    評価:C3.46


    ヒューマンドラマ、恋愛
    製作年:2001
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:チョ・ジェヒョン
    9
  10. 弓
    評価:C3.40
    ヨーロッパの映画祭を中心に高い評価を受ける、韓国の鬼才キム・ギドクの監によるラブロマンス。海に浮かぶ船の上で、2人きりの生活を営む老人と少女の愛ときずなが神秘的なタッチで描かれる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    我にエロを与えよ。さもなければ死を与えよ
    いや、ちがう、お前なんかと一緒にすんなっ
    自分なりに読み取った事を書いてみる
    キドク、12作品目、至高の愛『弓』
    製作年:2005
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:チョン・ソンファン
    10
  11. コースト・ガード

    コースト・ガード
    評価:C3.37
    「ブラザーフッド」のチャン・ドンゴンと韓国映画界の異端児キム・ギドク監督が強力タッグを組んだ、スリリングな心理サスペンスの傑作。監督自らが海兵隊に所属していた経験をベースに、朝鮮半島の現実を浮き彫りにする。南北の境界線近くの海岸を担当する海兵隊員カン上等兵が、ある夜、濃い闇の中で北の工作員らしき人影を発見。すぐに射殺したが、それは酒に酔った民間人だった……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    男が壊れ女が狂う。そして人間が破壊される
    キム・ギドクの愛に染まる その5
    それなりに面白い
    休戦中の国家で
    製作年:2001
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:チャン・ドンゴン
    11
  12. 鰐〜ワニ〜

    鰐〜ワニ〜
    評価:C3.36


    ヒューマンドラマ
    製作年:1996
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:チョ・ジェヒョン
    12
  13. ブレス

    ブレス
    評価:C3.29
    『絶対の愛』『うつせみ』など繊細(せんさい)かつ大胆な作風でカルト的な人気を誇る韓国の映画監督キム・ギドクが放つ、生と死、そして愛の哀歓をつづる恋愛ドラマ。自殺願望のある死刑囚と、夫の浮気に絶望する主婦の奇妙で温かい関係を描く。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    気持ち悪さと笑いが加わり、もはや敵なし!
    色鮮やかなカラフルギドクが炸裂中です
    これを愛と呼びたくはない
    息をするように
    製作年:2007
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:チャン・チェン
    13
  14. 絶対の愛

    絶対の愛
    評価:C3.24
    『サマリア』『弓』などで知られる韓国映画界屈指の鬼才、キム・ギドク監督が放つ究極のラブストーリー。世界有数の整形大国といわれる韓国の整形事情を背景に、愛の不安から自分の顔を整形した女性と恋人の激しい愛を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    駄作なんだけれど…高得点&リメイク熱望!
    ギドク作品を観ると感性がキトク状態に!?
    愛の決め手は
    愛の大きさ
    製作年:2006
    製作国:韓国/日本
    監督:キム・ギドク
    主演:ソン・ヒョナ
    14
  15. 魚と寝る女

    魚と寝る女
    評価:D3.17
    男と女の情念たぎる愛を詩的に描いた作品。監督・脚本・美術は四作目の今作が日本初登場となるキム・ギドク。出演は「ペパーミント・キャンディ」のソ・ジョン、「江原道の力」のキム・ヨソク、「ディナーの後に」のチョ・ジェヒョン、「カル」のジャン・ハンソンほか。2000年モスクワ映画祭審査員特別賞、2001年ポルト国際映画祭ファンタスポルト審査員特別賞、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    男女間のある繋がり
    キムギドクがすごい
    幻想的な風景
    『怖い女』だ
    製作年:2000
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:ソ・ジョン
    15
  16. メビウス

    メビウス
    評価:D3.15


    ヒューマンドラマ
    製作年:2013
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:チョ・ジェヒョン
    16
  17. ワイルド・アニマル

    ワイルド・アニマル
    評価:D2.99
    『サマリア』、『うつせみ』等、数々の傑作を生み出してきたキム・ギドク監督の原点がここに!パリの裏街で出会った2人、北朝鮮の脱走兵ホンサンと画家のチョンヘ。社会の底辺で必死に生きようとする2人だったが、やがて利己的なチョンヘはホンサンを裏切り、犯罪へと巻き込んでいく…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人種の壁をモチーフに挑むギドクの意欲作。
    えーーーー!ヒドい…。
    監督作品を振り返って
    3作目にもなると…
    製作年:1997
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:チョ・ジェヒョン
    17
  18. アリラン

    アリラン
    評価:D2.86
    世界的映画監督のキム・ギドクは、2008年の『悲夢(ヒム)』の撮影中、ある女優が命を落としかけるという事故にひどくショックを受ける。そのことが尾を引いて映画を撮れなくなった彼は、トイレもない粗末な小屋に移り住み、家の中にテントを張って暮らし始める。薪ストーブで炊事する孤独な彼を慰めてくれるのは一匹の猫だけだった。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    主観と客観の迷宮での自問自答
    観た後に調べちゃって幻滅
    やっちゃったなー
    これ、お金取っちゃ駄目でしょ(笑)
    製作年:2011
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:キム・ギドク
    18
  19. 悲夢(ヒム)

    悲夢(ヒム)
    評価:E2.55
    『絶対の愛』や『ブレス』など独特の愛の世界を描く韓国の異才、キム・ギドク監督が手掛けたまったく新しい愛の物語。夢を見る男と、彼の代わりに夢の中の出来事を実行に移す夢遊病の女性の不思議な魂の触れ合いを繊細(せんさい)なタッチでつづる。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    “夢” を題材にした切なく痛々しい愛の形
    酔―何がわからないかすら、わからない。
    多分深い意味があるんだよ…きっと…
    儚き世界観と睡魔に戯れ、我、撃沈
    製作年:2008
    製作国:韓国,日本
    監督:キム・ギドク
    主演:オダギリジョー
    19
  20. リアル・フィクション

    リアル・フィクション
    評価:E2.53
    『絶対の愛』のキム・ギドク監督による長編第5作。公衆電話を盗聴することが唯一の世界との繋がりである画家の青年が、激しい怒りにあふれる男に挑発され、自分をコケにした人間を次々と殺害していく。主演は『MUSA −武士−』のチュ・ジンモ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    現実か妄想か、これは本当の妄想なのである
    すごい挑戦かも、しれないけど
    くやしい!わからなかった。
    やっけ仕事?  でも・・
    製作年:2000
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:チュ・ジンモ
    20
  21. 殺されたミンジュ

    殺されたミンジュ
    評価:E0.00
    『ブレス』『嘆きのピエタ』などの問題作を世に送り出してきた韓国の鬼才、キム・ギドク監督がメガホンを取って放つ衝撃作。女子高生を殺害した容疑者7人が謎の7人組集団によって拉致され、拷問される不可解な事件に迫る。

    サスペンス

    ネット上の声

    意味がわからない!
    「攻めて」はいるが「寓話」としては役不足
    社会の理不尽さこそが正しさという悲劇
    なぜ今更、生きる=試練を説く?
    製作年:2014
    製作国:韓国
    監督:キム・ギドク
    主演:マ・ドンソク
    21

スポンサードリンク