スポンサーリンクあり

全20作品。マイケル・ウィナー監督が制作した映画ランキング

  1. 脱走山脈
    • B
    • 3.84
    トム・ライトのオリジナル・ストーリーをマイケル・ウィナーが共同で検討し、ディック・クレメントとイアン・ラ・フレネがシナリオ化し、「明日に賭ける」のマイケル・ウィナーが製作・監督した戦争裏話。撮影はロバート・ペインター、音楽は名匠フランシス・レイが担当している。出演は「明日に賭ける」のオリヴァー・リード「俺たちに明日はない」のマイケル・J・ポラード、「大列車作戦」のヴォルフガンク・プライス、ヘルムート・ローネルなど。

    ネット上の声

    • 第二次世界大戦中の山岳地帯における脱走劇でしかも大きな象を連れてアルプスを超え
    • イギリス人捕虜がゾウと一緒に脱走!
    • ふと脳みそが繋がる時がある🧠
    • これぞ大人向けの動物映画
    戦争
    • 製作年1968年
    • 製作国イギリス
    • 時間102分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演オリヴァー・リード
  2. ジョーカー野郎
    • B
    • 3.73
    ドキュメンタリー映画出身の新鋭マイケル・ウィナーが原案・監督を担当した作品で、怒れる若者たちの大胆な犯行を描いたサスペンス喜劇。脚色はディック・クレメント、イアン・ラ・フレネの二人。撮影はケネス・ホッジス、音楽はジョニー・ピアーソンが担当した。出演は「ローマで起った奇妙な出来事」のマイケル・クロフォード、「幽霊島」のオリヴァー・リード、「北京の55日」のハリー・アンドリュースほか。製作はベアン・アービードとモーリス・フォスター。

    ネット上の声

    • 【公開前夜】
    コメディ
    • 製作年1966年
    • 製作国イギリス
    • 時間94分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演マイケル・クロフォード
  3. 名犬ウォン・トン・トン
    • C
    • 3.21
    1924年、無声映画華やかなりしハリウッドを舞台に、スターの座を獲得した名犬ウォン・トン・トンと、犬に振り廻される人間たちを描いた喜劇。製作はデイヴィッド・V・ピッカーとアーノルド・シュルマン、監督は「狼よさらば」のマイケル・ウィナー、脚本はアーノルド・シュルマンとサイ・ハワード、撮影はリチャード・クライン、音楽はニヒル・ヘフティ、美術はワード・プレストンが各々担当。出演はマデリーン・カーン、ブルース・ダーン、アート・カーニー、ロン・リーブマンなど。他にゲストとして往年のハリウッド・スターが特別出演している。

    ネット上の声

    • DVD化を激しく望む作品
    • 犬好き必見!
    コメディ
    • 製作年1976年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演ブルース・ダーン
  4. 明日に賭ける
    • D
    • 2.99
    ピーター・ドレイパーの脚本を「ジョーカー野郎」のマイケル・ウィナーが製作・監督にあたった。撮影はオットー・ヘラー、音楽は「白い恋人たち」のフランシス・レイが担当した。出演は「オリバー!」のオリヴァー・リード、「夜空に星のあるように」のキャロル・ホワイト、「ジブラルタルの追想」のオーソン・ウェルズ、「あの胸にもういちど」のマリアンヌ・フェイスフルほか。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1967年
    • 製作国イギリス
    • 時間99分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演オリヴァー・リード
  5. 栄光への賭け
    • D
    • 2.99
    イギリスの作家ヒュー・アトキンソンのベストセラー小説「ゲーム」(邦題「小説オリンピック」)の映画化。製作はこれが第一作のレスター・リンスク、監督は「明日に賭ける」のマイケル・ウィナー、エール大学教授エリック・シーガルが脚色。撮影は新人ロバート・ペインター、音楽は「雨の訪問者」のフランシス・レイがそれぞれ担当。出演は「ハロー・ドーリー!」のマイケル・クロフォード、「大列車強盗団」のスタンリー・ベイカー、「悪女のたわむれ」のライアン・オニール、「冒険者(1970)(1970)」のシャルル・アズナブール、「ブルー・マックス」のジェレミー・ケンプ、「心を繋ぐ6ペンス」のエレイン・テイラー、オーストラリアの原住民出身のアソール・コンプトンなど。

    ネット上の声

    • 迫力のあるスポーツ映画かと思えば、オリンピックを通しての利権や欺瞞が絡んだ、まる
    • イギリス視点で世界のマラソンランナーを捉えると、どことなくモンド映画風味が出るの
    • 各国代表たちの五輪大会までの過程を上手いこと挿入しているので、最後のレース展開が
    • 70年代初頭の映画ということですが、とりあえず前半が雑でした
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1970年
    • 製作国イギリス
    • 時間98分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演マイケル・クロフォード
  6. センチネル
    • D
    • 2.89
    悪魔の番人を運命づけられた女をめぐる恐怖を描く。製作・脚本はマイケル・ウィナーとジェフリー・コンビッツ、監督は「名犬ウォン・トン・トン」のM・ウイナー、原作はJ・コンビッツの「悪魔の見張り」(早川書房刊)、撮影はディック・クラティーテ、音楽はジル・メレが各々担当。出演はクリス・サランドン、クリスチテ・レインズ、マーティン・バルサム、ジョン・キャラディン、エヴァ・ガードナー、アーサー・ケネディ、バージェス・メレディス、イーライ・ウォラックなど。

    ネット上の声

    • 主人公は売れっ子ファッション広告モデル
    • 怖いもの見たさで・・・、増税前で・・・
    • 今見たら、どう感じるか自信がない!
    • 「テナント」と並ぶアパートホラー
    ホラー
    • 製作年1977年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演クリスティナ・レインズ
  7. 狼よさらば
    • D
    • 2.79
    犯罪の温床ニューヨークを舞台に、妻子を殺されたビジネスマンの復讐を描く。製作総指揮はディノ・デ・ラウレンティス、製作はハル・ランダースとボビー・ロバーツ、監督は「シンジケート」のマイケル・ウィナー、脚本はウェンデル・メイス、原作はブライアン・ガーフィールド、撮影はアーサー・J・オーニッツ、音楽はハービー・ハンコックが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、ホープ・ラング、ヴィンセント・ガーディニア、スティーヴン・キーツ、ウィリアム・レッドフィールド、キャサリン・トーラン、、スチュアート・マーゴリン、ジェフ・ゴールドブラム、グレゴリー・ロザキス、クリストファー・ローガンなど。

    ネット上の声

    • おバカ復讐シリーズの原点は意外にも・・・
    • 凶行も倫理を超えればカッコヨサしかない
    • この手の映画の元祖なんじゃないかな
    • 前半は秀逸!でもなんか惜しい作品
    アクション
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間94分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演チャールズ・ブロンソン
    • レンタル
    • 定額
  8. メカニック
    • E
    • 2.70
    “メカニック”と呼ばれる熟練の殺し屋の孤独な世界を描く。製作はロバート・チャートフ、アーウィン・ウィンクラー、ルイス・ジョン・カルリーノ、監督は「妖精たちの森」のマイケル・ウィナー、脚本はルイス・ジョン・カルリーノ、撮影はリチャード・H・クライン、音楽はジェリー・フィールディング、編集はフレデリック・ウィルソンが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、キーナン・ウィン、ジャン=マイケル・ヴィンセント、ジル・アイアランド、リンダ・リッジウェイ、フランク・デ・コヴァ、ケヴィン・オニールなど。

    ネット上の声

    • オリジナルな”メカニック”はいかが?
    • チャールズ・ブロンソンの頭脳と度胸
    • 自宅では赤パジャマで寝ています。
    • リメイク版とは違う男臭さが魅力か
    アクション
    • 製作年1972年
    • 製作国アメリカ
    • 時間100分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演チャールズ・ブロンソン
  9. 追跡者
    • E
    • 2.64
    人間性を忘れ、法に身を捧げて非情に生きてきた保安官が、一瞬見せるすらぎへの眼差し--。スタッフが全部イギリス人、キャストはすべてアメリカ人で構成された西部劇。製作・監督は「脱走山脈」のマイケル・ウィナー、脚本はジェラルド・ウィルソン、撮影はボブ・ペインター、音楽はジェリー・フィールディングがそれぞれ担当。出演は「バルデツが来た」のバート・ランカスター、「ワイルドバンチ」のロバート・ライアン、「マッケンナの黄金」のリー・J・コッブ、「さすらいの大空」のシェリー・ノース。他にジョセフ・ワイズマン、ロバート・デュヴァル、アルバート・サルミ、J・D・キャノン、ジョン・マクギバーなど。デラックスカラー、ビスタサイズ。1970年作品。

    ネット上の声

    • バート・ランカスター主演の西部劇🤠
    • 悪役のはずのリー・J・コッブは清濁併せ呑むタイプの統治者として描かれる
    • 話の筋を見るとクリント・イーストウッドの「許されざる者」に似ている
    • 普通なら、この主人公への共感は無いし、感情移入もしにくいはず
    アクション
    • 製作年1970年
    • 製作国アメリカ
    • 時間100分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演バート・ランカスター
  10. ダーティ・ウィークエンド
    • E
    • 2.60
    男たちの有形無形の暴力に追い詰められた平凡な女が、狂気に駆られて男たちを次々に抹殺していく姿を描いた、異色サスペンス。女性作家ヘレン・ザハーヴィの同名小説(新潮文庫)を、「狼よさらば」「スーパー・マグナム」のマイケル・ウィナーの監督で映画化。脚本はザハーヴィとウィナーの共同。製作はロバート・アールとウィナー、撮影はアラン・ジョーンズ、音楽はデイヴィッド・ファンショウ。主演はリア・ウィリアムス。共演はTV『ナポレオン・ソロ』のデイヴィッド・マッカラム、ルーファス・スェールほか。

    ネット上の声

    • マイケルウィナー末期
    サスペンス
    • 製作年1993年
    • 製作国イギリス
    • 時間102分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演リア・ウィリアムズ
  11. チャトズ・ランド
    • E
    • 2.59
    正当防衛で保安官を殺したアパッチ族のチャトと、彼を追いつめて殺そうとする白人追跡者の攻防戦を描く。製作・監督は前作「追跡者」で初めて西部劇に取り組んだマイケル・ウィナー、スタッフは「追跡者」同様、脚本ジェラルド・ウィルソン、撮影ロバート・ペインター、音楽ジェリー・フィールディング、編集フレディ・ウィルソンが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、ジャック・パランス、リチャード・ベースハート、ジェームズ・ウィットモア、サイモン・オークランド、ラルフ・ウェイトなど。

    ネット上の声

    • ジャック・パランスが良い
    • 仲間割れで壊滅
    • 赤銅色の闘神・ブロンソン
    • ロッキー休めにマンダムる
    西部劇
    • 製作年1972年
    • 製作国イギリス,スペイン
    • 時間100分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演チャールズ・ブロンソン
  12. ダブルチェイス/俺たちは007じゃない
    • E
    • 2.58
    自分たちにそっくりの科学者になりすまして大金を狙った2人が、政府がらみの大混乱に巻き込まれるアドベンチャー・コメディ。監督および製作はマイケル・ウィナー、エグゼクティヴ・プロデューサーはメナヘム・ゴーラン、脚本はレスリー・ブリッカス、ローレンス・マークス、モーリス・グラン。原作はレスリー・ブリッカス、マイケル・ウィナー、ニック・メード、音楽はジョン・デュプレが担当。

    ネット上の声

    • いかにもイギリスらしい自虐パロディ!
    • ゴメンナサイ、これ観てないっす(笑)
    • 夫の遺産を愛人に奪われたウィリー(サリー・カークランド)は、出所したばかりのシド
    アクション、 007
    • 製作年1990年
    • 製作国アメリカ
    • 時間93分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演マイケル・ケイン
  13. リベンジャー
    • E
    • 2.57
    ニューヨーク、ワシントン、マイアミ、カリブを舞台に、世界的な犯罪組織や、賞金稼ぎの一匹狼、謎の美女などがからむアクション映画。製作・監督は「狼よさらば」のマイケル・ウィナー。ビル・カービーとマイケル・ウィナーの原案をジェラルド・ウィルソンが脚色。撮影はロバート・ペインター、ディック・クラティーナ、リチャード・H・クライン、音楽はガトー・バルビエリが各々担当。出演はソフィア・ローレン、ジェームズ・コバーン、O・J・シンプソン、イーライ・ウォラック、アンソニー・フランシオサ、ジョージ・グリザード、ヴィンセント・ガーディニア、ビクター・マチュアなど。

    ネット上の声

    • C・ブロンソン組のマイケル・ウィナー製作/原案/監督による、
    • ステグナー製薬の薬品にがんの誘発性があると証言していたタスカ博士が暗殺されるとこ
    • NY、ワシントン、カリブ海を舞台に、賞金稼ぎが麻薬組織と対決する壮大なアクション
    • 先の読めないストーリーと、コバーンによる派手なアクションが気分爽快な作品❗️
    アクション
    • 製作年1979年
    • 製作国イギリス
    • 時間104分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演ソフィア・ローレン
  14. スコルピオ
    • E
    • 2.39
    ワシントン、パリ、ウィーンを舞台に、巨大な組織CIA(アメリカ中央情報局)に挑む殺し屋の姿を描く。製作はウォルター・ミリッシュ、監督はマイケル・ウィナー、脚本はジェラルド・ウイルソンとデイヴィッド・リンテルズ、撮影はロバート・パインター、音楽はジェリー・フィールディングが各々担当。出演はバート・ランカスター、アラン・ドロン、ポール・スコフィールド、ジョン・コリコス、ゲイル・ハニカット、J・D・キャノン、ジョアン・リンヴィル、ヴラデク・シーバル、メル・スチュアート、バーク・バーネスなど。

    ネット上の声

    • バート・ランカスターとアラン・ドロン二大スターが火花を散らすスパイエージェント作
    • アラン・ドロンさんの出演作品を観たくて、久し振りにこの作品を観直してみました
    • 暗殺のプロフェッショナル、ジャン・ローリエ
    • アラン・ドロンとバート・ランカスター競演
    アクション
    • 製作年1973年
    • 製作国アメリカ
    • 時間114分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演バート・ランカスター
  15. シンジケート
    • E
    • 2.39
    “マフィア戦争”をめぐり、ニューヨークとロサンゼルスで相前後して起きた殺人事件の背後に隠された大量殺人計画を追う刑事の執念を描く。製作はディノ・デ・ラウレンティス、監督は「スコルピオ」のマイケル・ウィナー、ジョン・ガードナーの原作をジェラルド・ウィルソンが脚本、撮影はリチャード・ムーア、音楽はロイ・バッドは各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、マーティン・バルサム、テビッド・シャイナー、ラルフ・ウェイト、ジャック・コルヴィン、ケリー・マイルズ、ポール・コスロ、スチュアート・マーゴリン、ノーマン・フェル、リザベス・ハッシュなど。

    ネット上の声

    • ブロンソン/マイケル・ウィナー
    • チャールズ・ブロンソンの主演作で、高校生の時に青葉劇場あたりで観たとは思うんだけ
    • 映画に興味をもってから初めて一人で劇場で観た作品
    • 1974年 4月 1日 佐賀有楽
    アクション
    • 製作年1973年
    • 製作国アメリカ
    • 時間96分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演チャールズ・ブロンソン
  16. 妖精たちの森
    • E
    • 2.36
    二十世紀初頭、イギリスの田園風景の中にそびえ立つ大邸宅に住む人間たちが織りなす相剋のドラマ。原作はヘンリー・C・ジェームズの「ねじの回転」で、一九六一年のデボラ・カー主演、ジャック・クレイトン監督「回転」に続いて二回目の映画化。製作総指揮はジョゼフ・E・レヴィン、製作・監督は「チャトズ・ランド」のマイケル・ウィナー、脚本はマイケル・ヘイスティングス、撮影はロバート・ペインター、音楽はジェリー・フィールディングが各々担当。出演はマーロン・ブランド、ステフアニー・ビーチャム、ソーラ・ハード、ハリー・アンドリュース、ベロナ・ハーベイ、クリストファー・エリスなど。

    ネット上の声

    • 倒錯した愛欲と、善悪の反転が鮮烈!
    • クイントとマーロンブランドの神性
    • 「回転」 ザ・ビギニング!?
    • 無邪気だからこその残酷さ
    サスペンス
    • 製作年1971年
    • 製作国イギリス
    • 時間95分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演マーロン・ブランド
    • レンタル
    • 定額
  17. ロサンゼルス
    • E
    • 2.17
    娘を強姦された父親が犯人を自力で探し出して復讐するというアクション映画。74年の「狼よさらば」の後日譚に当り、マイケル・ウィナー監督、主演のチャールズ・ブロンソンが再びコンビを組んでいる。製作は「グローイング・アップ」シリーズでおなじみのイスラエル出身のメナハム・ゴランとヨーラム・グローバス。キャノンとは2人が買収したロサンゼルスに本拠をおく映画会社。製作総指揮はハル・ランダースとボビー・ロバーツ。デイヴィッド・エンゲルバックとマイケル・ウィナーが脚色。撮影はリチャード・H・クライン、トーマス・デル・ルース、音楽は元レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが各々担当。出演はブロンソンの他に、彼の妻ジル・アイアランド、ヴィンセント・ガーディニア、ロビン・シャーウッド、トーマス・ダフィなど。

    ネット上の声

    • 『狼よさらば』の続編で舞台はニューヨークからロサンゼルスへ
    • 私刑が正義だと信じていた少年時代。
    • デス・ウィッシュ2〜”狼よ再び”
    • ●ロサンゼルス(1982年アメリカ
    アクション
    • 製作年1982年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演チャールズ・ブロンソン
  18. 死海殺人事件
    • E
    • 2.12
    死海のほとりでアメリカの富豪の末亡人が殺された事件の謎を、名探偵ポアロが解明する。製作・監督・編集(別名義)はマイケル・ウィナー。エグゼクティヴ・プロデューサーはメナヘム・ゴランとヨラム・グローバス。アガサ・クリスティーの『死との約束』(早川書房)をウィナーとアンソニー・シェーファー、ピーター・バックマンが脚色。撮影はデイヴィッド・ガーフィンケル、音楽はピノ・ドナジオが担当。出演はピーター・ユスチノフ、ローレン・バコールほか。

    ネット上の声

    • ピーター・ユスティノフのポアロシリーズ見たいと思ってたんだけど、これ順番からいっ
    • 真夜中の「推理もの映画」ってハマらない?
    • 名探偵が行くところに事件が起きる
    • ピノ・ドナッジオの音楽がいい
    サスペンス
    • 製作年1988年
    • 製作国アメリカ
    • 時間103分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演ピーター・ユスティノフ
  19. スーパー・マグナム
    • E
    • 2.09
    チャールズ・ブロンソン主演、マイケル・ウィナー監督のコンビによる、アクション復讐劇“デス・ウィッシュ”シリーズ第3弾[第1作「狼よさらば」(74)、第2作「ロサンゼルス」(82)]。旧友を惨殺したストリート・ギャングに敢然と立ち向かう主人公の活躍を描く。監督は「狼よさらば」のマイケル・ウィナー、製作はメナヘム・ゴーラン、マイケル・ウィナー、マイケル・カーガン、原作とキャラクター創造はブライアン・ガーフィールド、脚本はマイケル・エドマンズ、撮影はジョン・スタニアー、音楽はジミー・ペイジ、マイク・モウラン、編集はアーノルド・クラスト(マイケル・ウィナー)がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • ツッコミどころ満載で撃ちまくりアクション
    • なぜ?どうして?レビュー0って・・・
    •  まだまだ渋くてかっこいいブロンソン
    • ブロンソンがクソ餓鬼を始末します。
    アクション
    • 製作年1985年
    • 製作国アメリカ
    • 時間91分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演チャールズ・ブロンソン
  20. 大いなる眠り
    • E
    • 2.04
    スターンウッド将軍から、娘が脅迫されている件について調査を依頼された私立探偵・マーロウ。失踪した娘婿が事件の鍵を握っていると推察するが、将軍はそのことになると口をつぐんでしまう。マーロウは独自調査を進め、脅迫状の差出人にたどりつくが…。

    ネット上の声

    • アプレゲール的価値に投げつけた旧守の影
    • もうひとつのミッチャム版マーロウ
    • もはやハードボイルドにあらず。
    • ☆探偵マーロウ公開記念:映画のなかのフィリップ・マーロウ4選
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1978年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間100分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演ロバート・ミッチャム
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。