スポンサーリンクあり

全11作品。ジャン=ピエール・ジュネ監督が制作した映画ランキング

  1. アメリ
    • S
    • 4.44
    パリ・モンマルトルを舞台に空想好きな女性アメリの日常と不器用な恋の行方をポップな映像とブラックユーモアを交えて描き、フランスのみならず日本でも大ヒットを記録したロマンティックコメディ。 幼い頃から空想の世界で過ごしてきたアメリは、そのまま大人になり、モンマルトルの古いアパートに1人で暮らしながらカフェで働いている。他人とのコミュニケーションは苦手だったが、偶然発見した宝箱を持ち主に返したことをきっかけに、誰かを少しだけ幸せにすることに喜びを見出すように。そんなある日、アメリは他人の証明写真を収集する不思議な青年ニノと出会い、恋心を抱く。 オドレイ・トトゥが主人公アメリを魅力たっぷりに演じ、「クリムゾン・リバー」など監督としても活躍するマチュー・カソビッツがニノ役で共演。監督は「デリカテッセン」のジャン=ピエール・ジュネ。2023年、ジュネ監督監修のデジタルリマスター版でリバイバル公開。

    ネット上の声

    • どこが魅力か分からない…
    •  さすがフランス映画!という場面が満載。ストーリーはちょっとおしゃ...
    • 独特な世界観!オドレイ・トトゥの魅力!
    • 「何か君って不思議」って言われて嬉しい
    恋愛
    • 製作年2001年
    • 製作国フランス
    • 時間120分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演オドレイ・トトゥ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  2. ロスト・チルドレン
    • B
    • 3.86
    近未来を舞台に、見せ物小屋の怪力男と気丈な少女が繰り広げる冒険を描いた異色映像絵巻。監督・脚本は「デリカテッセン」で脚光を浴びたジャン=ピエール・ジュネとマルク・キャロが担当。製作は「デリカテッセン」で二人をデビューさせた「アリゾナ・ドリーム」のクローディー・オサール、共同脚本はジル・アドリアン、撮影は「デリカテッセン」で注目され、「セブン」でハリウッドに進出したダリウス・コンディ、音楽はデイヴィッド・リンチ作品で知られるアンジェロ・バダラメンティ、衣裳は「キカ」、「プレタポルテ」(出演)の売れっ子デザイナー、ジャン=ポール・ゴルティエがそれぞれ担当。主演は「蜘蛛女」のアメリカ人俳優ロン・パールマンと新人ジュディット・ビッテ。共演は「デリカテッセン」のドミニク・ピノンのほか、「天使が隣で眠る夜」の名優ジャン=ルイ・トランティニャンが声だけの特別出演。

    ネット上の声

    • ジャン=ピエール・ジュネ監督作品の中で一番好きな物語り
    • ギリアム、ティムバートンと相通ずる所が
    • テリーギリアムも脱糞した驚異の映像美!
    • 奇跡の美少女ジュディット・ヴィッテ
    ファンタジー
    • 製作年1995年
    • 製作国フランス
    • 時間113分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演ロン・パールマン
    • 定額
  3. 僕の好きなこと、嫌いなこと
    • B
    • 3.86

    ネット上の声

    • アメリの元ネタ
    • アメリで人物紹介としてその人の好きなものと嫌いなものを言う部分だけを取り出した短
    • アメリの一部に使われていた「人を好きなもの、嫌いなもので表す」という手法を用いた
    • タイトルを見て分かる通り、『アメリ』の冒頭で人物紹介の時に使用された手法で元々は
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1989年
    • 製作国フランス
    • 時間7分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演ドミニク・ピノン
  4. デリカテッセン
    • B
    • 3.74
    終末戦争後のパリにたった一軒残った精肉店を舞台に展開するひねりのきいたブラック・ユーモア。製作はクローディー・オサール、監督・脚本はこれが長篇デビューとなるジャン・ピエール・ジュネとマルク・キャロのコンビ、共同脚本にジル・アドリアン、撮影はダリウス・コンジ、音楽をカルロス・ダレッシオが担当。出演はドミニク・ピノン、マリー・ロール・ドゥニャほか。

    ネット上の声

    • 【陽光も降り注がない近未来のデリカテッセンで、行われていた事を描く、ブラックシュールなコメディ。】
    • ジュネの変態ファンタジー 衝撃のデビュー
    • 豚はもういません、変態美に満ちた映画。
    • 嵌ると嗜癖化必至 ! ジュネの変化球。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1991年
    • 製作国フランス
    • 時間100分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演ドミニク・ピノン
    • レンタル
    • 定額
  5. 天才スピヴェット
    • C
    • 3.62
    天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T・S・スピヴェット(カイル・キャトレット)。そんな彼にスミソニアン学術協会から、最も優れた発明家に授けられるベアード賞受賞を知らせる電話が。授賞式に出席するため、彼はたった1人で家のあるモンタナからワシントンへ旅立つことに。さまざまな出来事や人々と出会いながら、カウボーイの父親、昆虫博士の母親、アイドルを目指している姉、事故によってこの世を去った弟へ思いをはせるスピヴェット。やがて彼はワシントンに到着し、授賞式に臨む。

    ネット上の声

    • ジャン・ピエール・ジュネ、3Dと戯れる!
    • 家族から逃げるように旅に出た少年は…
    • 少年の“懺悔の旅”に心打たれる☆
    • 科学技術への大いなるアイロニー
    天才、 ヒューマンドラマ、 アドベンチャー(冒険)
    • 製作年2013年
    • 製作国フランス,カナダ
    • 時間105分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演カイル・キャトレット
    • レンタル
    • 定額
  6. ミックマック
    • C
    • 3.18
    「アメリ」「ロング・エンゲージメント」のジャン=ピエール・ジュネによるブラック・コメディ。発砲事件に巻き込まれたバジルは、頭の中に銃弾が残ったまま、家も仕事も失ってしまう。ある日、バジルは彼の頭の中の銃弾を作った会社を偶然にも見つける。するとその向かいには、父親の命を奪った地雷を作った会社があった。宿命を感じたバジルは、それらの兵器製造会社に制裁を下すことにする。

    ネット上の声

    • ジャン・ピエール・ジュネ監督が「デリカテッセン」で初めて日本に紹介されたとき、風
    • 痛快で爽やかなエンディング、そのカラクリに腹を抱える
    • ジャン・ピエール・ジュネの新作。待ってましたよー。
    • 素敵な映画をまたひとつ見つけてしまった♪
    ファンタジー
    • 製作年2009年
    • 製作国フランス
    • 時間105分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演ダニー・ブーン
  7. ロング・エンゲージメント
    • D
    • 2.92
    「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督が、同作で人気女優となったオドレイ・トトゥを再び主演に迎えた最新作。第1次世界大戦下のフランス。脚が不自由なマチルドの元に、出征した恋人マネクの死亡通知が届くが、彼の死を信じられないマチルドは、私立探偵を雇い、マネクの戦地での足取りを探っていく。ジョディ・フォスターがフランス語で出演、音楽はデビッド・リンチ監督作で知られるアンジェロ・バダラメンティが担当。

    ネット上の声

    • 戦争と純愛で表出するジュネの世界。
    • ただ運命の糸を信じて。
    • ラストの余韻が・・・
    • 涙は言葉よりも雄弁だ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国フランス
    • 時間134分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演オドレイ・トトゥ
    • レンタル
    • 定額
  8. 回転木馬
    • E
    • 2.67
    「足ながおじさん」などの脚色をしていたヘンリー・エフロンが製作したもの。原作はフェレンク・モルナールの「リリオム」、これをミュージカルものにしたオスカー・ハマースティンとリチャード・ロジャースの「回転木馬」を、ヘンリー・エフロンとフィービー・エフロンが映画的に脚色し、「慕情」のヘンリー・キングが演出した。主演は「二人でお茶を」「オクラホマ!」に出演した歌手、ゴードン・マックレー、同じ「オクラホマ!」に出演した新人シャーリー・ジョーンズ、「デジレ」のキャメロン・ミッチェル、新人バーバラ・リュイック、「ホフマン物語」のロバート・ラウンズヴィル。撮影は「恐怖の土曜日」のチャールズ・G・クラーク、音楽はリチャード・ロジャース、振付はロッド・アレクサンダー。なお、この作品はシネマスコープに画期的な段階をつくりだした55ミリ・プロセスの第1回作品である。

    ネット上の声

    • 『アメリ』や『ロストチルドレン』のジャン=ピエール・ジュネ監督とマルク・キャロに
    • ジャン=ピエール・ジュネが友人でもあったマルク・キャロと最初に共同制作したストッ
    • 1980年に製作されたジャンピエールジュネ監督のストップモーションアニメーション
    • その後いろんなジュネ映画のかけらになっていくもと…むかーし映画館で観ました
    アニメ
    • 製作年1979年
    • 製作国フランス
    • 時間10分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演---
  9. ビリー・ブラッコに休息なし
    • E
    • 2.57

    ネット上の声

    • 二十世紀の映像作家がオマージュしたりコラージュに引用したりする作家ってアメリカの
    • 彼の長編作品にも見られる映像の切り貼りしたような映像表現がある
    • ジュネの映画に出てくる人何人か出てきて嬉しい
    • 一瞬で終わる、ビリー・ブラッコという男の半生
    アニメ
    • 製作年1983年
    • 製作国フランス
    • 時間8分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演ジャン=ピエール・ジュネ
  10. エイリアン4
    • E
    • 2.44
    名作SFシリーズの第4作。前作「エイリアン3」から200年後を舞台に、リプリーとエイリアンの最後の戦いが描かれる。惑星フィオリーナで溶鉱炉に消えたリプリーだったが、エイリアンの軍事利用をたくらむペレズ将軍率いる一派が、残されていたDNAからクローンを生み出し、リプリーは復活する。リプリーの体内に宿っていたエイリアンをもとに宇宙船オリガ号の中で養殖が開始されるが、成長したエイリアンが脱走。オリガ号は緊急事態のため地球へ向けて動き出してしまう。リプリーはエイリアンを地球に降ろすまいと戦うが……。「デリカテッセン」「ロスト・チルドレン」など独創的なビジュアルセンスで知られるフランス人監督ジャン=ピエール・ジュネがメガホンをとった。タイトルバックやエンディングのカットなどが異なる数分長い完全版も03年に発表されているが、ジュネ自身は「劇場公開版がディレクターズ・カット」と明言している。

    ネット上の声

    •  3の世界観でこのシリーズはもうダメになったかと思ったのだが、単に...
    • 「地球? あのクソ溜めの星にか!!」
    • エイリアンで泣きそうになるとは、、
    • 聖林も嵌って溶解 ! ジュネの胃の腑。
    アクション
    • 製作年1997年
    • 製作国アメリカ
    • 時間107分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演シガーニー・ウィーヴァー
    • レンタル
    • レンタル
    • 定額
  11. ビッグバグ
    • E
    • 2.14
    「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督によるフランス製SFコメディ。2045年。家庭用アンドロイドが普及し、人間たちは生活や仕事のほとんどをAIに頼るようになっていた。ある日、最新型アンドロイド「ヨニクス」が人類に反旗を翻し、世界を乗っ取ろうと動き出す。レトロ趣味のアリスの家で暮らす4体の旧型ロボットたちは、主人を守るため家を外界から遮断。アリスは偶然その場に居合わせた恋人や元夫、隣人女性らと一緒に、家の中に閉じ込められてしまう。出演は「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」のエルザ・ジルベルスタイン、「Summer of 85」のイザベル・ナンティ。Netflixで2022年2月11日から配信。

    ネット上の声

    • 『天才スピヴェット』が可愛くて大好きだったので、そのジャン=ピエール・ジュネ監督
    • オシャレな雰囲気で人間関係がゴチャゴチャしてるのも良かったんだけど味がやや強かっ
    • 『天才スピヴェット』からほぼ10年、新作が出てることに気づかなくてびっくり!
    • 昨日ふとジャンピエールジュネ監督の存在を思い出し、調べたらNetflixで新作を
    コメディ、 SF
    • 製作年2022年
    • 製作国フランス
    • 時間111分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演エルザ・ジルベルスタイン
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。