スポンサーリンクあり

全20作品。石井裕也監督が制作した映画ランキング

  1. 愛にイナズマ
    • S
    • 4.77
    松岡茉優と窪田正孝が主演を務め、「舟を編む」「茜色に焼かれる」の石井裕也監督がオリジナル脚本で描いたコメディドラマ。 26歳の折村花子は幼少時からの夢だった映画監督デビューを目前に控え、気合いに満ちていた。そんなある日、彼女は魅力的だが空気を読めない男性・舘正夫と運命的な出会いを果たす。ようやく人生が輝き始めたかに思えた矢先、花子は卑劣なプロデューサーにだまされ、全てを失ってしまう。失意の底に突き落とされた花子を励ます正夫に、彼女は泣き寝入りせずに闘うことを宣言。花子は10年以上音信不通だった“どうしようもない家族”のもとを訪れ、父や2人の兄たちの力を借りて、大切な夢を取り戻すべく反撃を開始する。 花子の父・治を佐藤浩市、長兄・誠一を池松壮亮、次兄・雄二を若葉竜也が演じる。

    ネット上の声

    • 23年4月の【日本映画制作適正化機構(映適)】発足に当てたわけではないのだろうが
    • 松岡茉優はいつもすごすぎる
    • 🤩イナズマ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間140分
    • 監督石井裕也
    • 主演松岡茉優
  2. 2

    月
    • A
    • 4.41
    「舟を編む」の石井裕也監督が宮沢りえを主演に迎え、実際に起きた障がい者殺傷事件をモチーフにした辺見庸の同名小説を映画化。 夫と2人で慎ましく暮らす元有名作家の堂島洋子は、森の奥深くにある重度障がい者施設で働きはじめる。そこで彼女は、作家志望の陽子や絵の好きな青年さとくんといった同僚たち、そして光の届かない部屋でベッドに横たわったまま動かない、きーちゃんと呼ばれる入所者と出会う。洋子は自分と生年月日が一緒のきーちゃんのことをどこか他人だと思えず親身に接するようになるが、その一方で他の職員による入所者へのひどい扱いや暴力を目の当たりにする。そんな理不尽な状況に憤るさとくんは、正義感や使命感を徐々に増幅させていき……。 洋子の夫・昌平をオダギリジョー、同僚のさとくんを磯村勇斗、陽子を二階堂ふみが演じる。

    ネット上の声

    • 匂いは映像で伝わらない
    • 設定は重めで嫌いだけど出てる役者が割と好きな役者なのと山奥が嫌いじゃない
    • 二つの異なるテーマが、リンクすることなく同居している
    • 見たいものだけ見ていたいのが普通の人たち
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間144分
    • 監督石井裕也
    • 主演宮沢りえ
  3. 舟を編む
    • A
    • 4.04
    出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。監督は「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の俊英・石井裕也。第86回アカデミー外国語映画賞の日本代表作品に選出。第37回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞ほか6冠。

    ネット上の声

    • チャラ男を演ずるオダギリジョーも良かったし、いまどき娘の黒木華も良かった
    • 自分より楽な人に感動する程私の心は広くない
    • 「無印」を大切にすることの大切さを学んだ
    • いい映画です・・・ホント。大リコメンド!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間133分
    • 監督石井裕也
    • 主演松田龍平
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  4. ぼくたちの家族
    • A
    • 4.03
    「舟を編む」が数々の映画賞を受賞し、アカデミー外国語映画賞日本代表作品にも選出された石井裕也監督が、母親の病気をきっかけに、さまざまな問題に直面した家族が、再びひとつになっていく姿を描いた。ごく平凡な一家の母・玲子は物忘れがひどくなり、病院で検査を受けると、末期の脳腫瘍で余命1週間と宣告される。玲子は家族がバラバラになることを恐れながらも認知症のようになり、家族にひた隠しにしてきた本音を吐露。突然訪れた事態に父は取り乱し、社会人の長男は言葉をなくし、大学生の次男は平静を装おうとする。残された男3人はさまざまな問題と向き合いながら、最後の「悪あがき」を決意する。長男の浩介に妻夫木聡、その弟・俊平に池松壮亮。両親を原田美枝子、長塚京三が演じた。原作は早見和真の同名小説。

    ネット上の声

    • 独立して会社を立ち上げたが、そこまで儲かってない父。 元引きこもり...
    • どんなことも越えてゆける家族になろうよ♪
    • 束の間の平穏であっても絆が深まれば良い。
    • 圧倒的なリアリティーで描く家族の再生物語
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間117分
    • 監督石井裕也
    • 主演妻夫木聡
    • レンタル
    • レンタル
  5. 茜色に焼かれる
    • B
    • 3.69
    尾野真千子の4年ぶりとなる単独主演映画で、「舟を編む」「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石井裕也監督による人間ドラマ。7年前、理不尽な交通事故で夫を亡くした母と子。母の田中良子はかつて演劇に傾倒していたことがあり、芝居が得意だった。ひとりで中学生の息子・純平を育て、夫への賠償金は受け取らず、施設に入院している義父の面倒もみている。コロナ禍により経営していたカフェが破綻し、花屋のバイトと夜の仕事の掛け持ちでも家計は苦しく、そのせいで息子はいじめにあっている。そんな彼女たちが最後まで絶対に手放さないものがあった。社会的弱者として世の中の歪みに翻弄されながらも信念を貫き、たくましく生きる母の良子を尾野が体現。息子の純平役を「ミックス。」の和田庵が演じるほか、片山友希、オダギリジョー、永瀬正敏らが顔をそろえる。

    ネット上の声

    • 生きながら殺される。コロナ時代の悲痛な叫びを可視化した超重要作
    • 石井裕也監督と尾野真千子の共犯関係で成り立った傑作
    • 盛りだくさん
    • 日本の嫌なところ詰め込んだ映画男たちは本当にきもい加害者家族はもちろん私的には花
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間144分
    • 監督石井裕也
    • 主演尾野真千子
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  6. 乱反射
    • B
    • 3.64
    第63回日本推理作家協会賞を受賞し、第141回直木賞候補にもなった貫井徳郎の同名小説を、「舟を編む」の石井裕也監督のメガホンで映像化。メ~テレ開局55周年記念ドラマとして製作され、2018年9月にテレビ朝日系列で放送されたテレビドラマを、劇場版ディレクターズカットとして劇場公開。妻夫木聡と井上真央が主演を務め、責任の所在が曖昧な現代日本社会の縮図を描く。幸せな家庭を営んでいた新聞記者の加山聡と妻の光恵は、ある日、公園の木が倒れる事故で最愛の息子・翔太を失ってしまう。被害者でもある聡は、新聞記者として息子の死の真相を突き止めようとするが、出会う人の誰もが謝罪せず、責任を認めず、他人のせいにする。自分の責任を認めない人たちのなかで、聡の怒りと悲しみの矛先は、次第に自分自身に向けざるを得なくなってくる。妻夫木が主人公の聡、井上が妻の光恵を演じるほか、萩原聖人、北村有起哉、光石研、三浦貴大、筒井真理子、田山涼成、鶴見辰吾ら豪華キャストが集結。

    ネット上の声

    • そういうの、想像力の射程が短いって言うんですよ
    • さんどいっち
    • 花より団子
    • 直接的に何かした人はいなくても、日常のひとりひとりの「ま、いっか」「私だけがして
    サスペンス
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督石井裕也
    • 主演妻夫木聡
  7. 川の底からこんにちは
    • C
    • 3.62
    上京して5年目のOL佐和子は、目標もない自堕落な生活を送っていた。ある日、父親が末期がんのため余命わずかだという知らせが入り、一人娘の佐和子が実家のしじみ工場の跡を継ぐことになる。しかし工場は倒産寸前で、労働者の中年女性たちからはいびられる毎日。追い込まれた佐和子は、生まれて初めて自分の人生を見つめ直すことになる。新人監督の登竜門「ぴあフィルムフェスティバル」でグランプリを受賞した石井裕也の商業映画デビュー作。主演は「愛のむきだし」の満島ひかり。

    ネット上の声

    • よかった! セリフっぽくない会話が、なんかリアルで全員に親近感がも...
    • しじみ工場を立て直した暁には紅白出場だ!
    • 笑って♪泣いて♪中の下の皆様に贈る応援歌
    • 意表を突く形で示された家族愛と人生賛歌。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2009年
    • 製作国日本
    • 時間112分
    • 監督石井裕也
    • 主演満島ひかり
    • 定額
    • 定額
  8. 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
    • C
    • 3.22
    「舟を編む」の石井裕也監督が、注目の詩人・最果タヒの同名詩集をもとに、都会の片隅で孤独を抱えて生きる現代の若い男女の繊細な恋愛模様を描き出す。看護師をしながら夜はガールズバーで働く美香は、言葉にできない不安や孤独を抱えつつ毎日をやり過ごしている。一方、工事現場で日雇いの仕事をしている慎二は、常に死の気配を感じながらも希望を求めてひたむきに生きていた。排他的な東京での生活にそれぞれ居心地の悪さを感じていた2人は、ある日偶然出会い、心を通わせていく。ヒロイン・美香役には、石橋凌と原田美枝子の次女で本作が映画初主演となる石橋静河を抜擢。「ぼくたちの家族」でも石井監督と組んだ池松壮亮が慎二役を演じる。

    ネット上の声

    • 不器用で愛おしくて明日が少し光って見えた
    • 東京で生きて行くって、そんなに辛い?
    • ただ通りすぎた行列にも意味がある
    • 東京は しんどくないですか?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間108分
    • 監督石井裕也
    • 主演石橋静河
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  9. アジアの天使
    • C
    • 3.20
    「舟を編む」の石井裕也監督が、韓国人スタッフ&キャストとともにオール韓国ロケで撮りあげた作品。ひとり息子の学を持つ青木剛は妻を病気で亡くし、疎遠になっていた兄が暮らすソウルへ渡る。兄からは「韓国で仕事がある」と言われていたのだが、剛の期待とは違い、兄はその日暮らしの貧しい生活を送っていた。剛はほとんど韓国語も話せないまま、怪しい化粧品の輸入販売を手伝い始める。一方、ソウルでタレント活動をするチェ・ソルは、市場のステージで誰も聴いていない歌を歌う仕事しかなく、所属事務所の社長と関係を持ちながら、仕事や家族との関係について心を悩ませていた。主人公・剛を池松壮亮、兄をオダギリジョーが演じる。そのほか、ソル役に「金子文子と朴烈」のチェ・ヒソなど、キャストやスタッフの多くは韓国人が務めている。

    ネット上の声

    • 全ての映画ファンに「サランヘヨ(愛してる)」と伝える愛情深い作品
    • タイムリーな問題に挑むアジア映画界のトップランナー
    • 『メクチュ ジュセヨ🍺とサランヘヨ❤』
    • ちょっともの哀しいロードムービー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間128分
    • 監督石井裕也
    • 主演池松壮亮
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  10. 町田くんの世界
    • D
    • 2.82
    「舟を編む」「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石井裕也監督が、「別冊マーガレット」に連載され、第20回手塚治虫文化賞で新生賞を受賞した安藤ゆきの同名コミックを実写映画化。運動も勉強も苦手で、見た目も地味で、何も取り柄がなさそうに見える町田くんには、人を愛することにかけてズバ抜けた才能があった。困った人のことは絶対に見逃さず、接した人々の心を癒し、世界を変えてしまう不思議な力をもつ町田くん。しかし、そんな彼の前に現れた女の子・猪原さんは、これまでの人々とは違っていた。初めてのことに戸惑い、自分でも「わからない感情」が胸に渦巻く町田くんだったが、「わからないことから目を背けてはいけない」という父親の言葉を胸に、「わからない」の答えを求めていく。石井監督にとっては初の少女漫画原作となり、主人公の2人には、演技経験がほとんどない新人の細田佳央太と関水渚を抜てき。その脇を、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子と主役級キャストが固める。

    ネット上の声

    • なんとも愉快で石井作品においては非常にライトな映画ですね!
    • 『自分にだけ、優しくして!』名場面
    • 細田くんとフォレスト・ガンプの世界
    • メインのフレッシュな二人が魅力的!
    青春
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督石井裕也
    • 主演細田佳央太
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  11. あぜ道のダンディ
    • E
    • 2.53
    妻に先立たれて15年になる50歳の淳一は、自分がガンではないかという疑いを抱く。2人の子どもたちには弱音を吐けない淳一は、中学時代からの親友・真田に胸の内を明かす。さえない中年の男やもめが、見栄を張りながらもダンディズムを貫き、一生懸命に生きる姿を描く。日本映画界の名脇役・光石研が、デビュー作「博多っ子純情」(1978)以来約32年ぶりに主演を果たした。共演に田口トモロヲ、監督は「川の底からこんにちは」で注目を集めた石井裕也。

    ネット上の声

    • 生きづらい、この世の中。地味にやろうぜ!
    • タイトルとは裏腹、ダンディな映画じゃない
    • 結構“いばら道の叩き上げ”ですよ、監督!
    • 光石研と田口トモロヲの幼なじみのふれあい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督石井裕也
    • 主演光石研
    • レンタル
    • 定額
  12. エンドロール 〜伝説の父〜
    • E
    • 2.53
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督石井裕也
    • 主演中村獅童
  13. 君と歩こう
    • E
    • 2.52
    「剥き出しにっぽん」「ばけもの模様」などで国内外から高い評価を受ける石井裕也監督の長編第5作。田舎町の高校で英語教師として働く34歳の明美は、冴えない教え子のノリオと勢いだけで駆け落ちしてしまう。彼らは東京でアパートを借りて一緒に暮らし始めるが、厳しい現実や周囲の奇妙な人々に振り回されるうちに、2人の心は少しずつすれ違っていく。主演は「こぼれる月」の目黒真希、「色即ぜねれいしょん」の森岡龍。

    ネット上の声

    • ピントのずれた優しさだって無価値じゃない
    • 80打席連続ノーヒットの人への囁かな愛が
    • 森岡 龍、今度の相手は【腸内洗浄の女】
    • ひねてる ずれてる いーじゃない。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2009年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督石井裕也
    • 主演目黒真希
  14. 生きちゃった
    • E
    • 2.51
    「舟を編む」「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」「町田くんの世界」の石井裕也監督が自身のオリジナル脚本を仲野太賀、若葉竜也、大島優子のキャストで映画化。高校時代から仲のよい幼なじみの山田厚久と山田奈津美、そして武田。厚久と奈津美は結婚し、5歳になる娘がいる。なにげない日常を送っていたある日、厚久が奈津美の浮気を知ってしまう。突然のことに、厚久は奈津美に怒ることもできず、悲しむこともできずにいた。感情に蓋をすることしかできない厚久、そして奈津美、武田の3人の関係はこの日を境に次第にゆがんでいく。厚久役を仲野、武田役を若葉、奈津美役を大島がそれぞれ演じる。

    ネット上の声

    • 自分に当てはまり過ぎていて、 ラストシーンから目を背けてしまった。...
    • 言葉にしないと伝わらない事
    • 暇なので見た
    • 仲野太賀大島優子仲野太賀の友達役大島優子のクズ彼氏仲野太賀のお兄ちゃんお父さんお
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督石井裕也
    • 主演仲野太賀
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  15. ばけもの模様
    • E
    • 2.49
    長編デビュー作「剥き出しにっぽん」が高く評価され、国内外から注目を集めている新鋭・石井裕也監督の長編第4作。井原西鶴の言葉"人はばけもの、世にないものはなし"をモチーフに、愚かな行動を取り続けてしまう人々の姿を通して人間の哀しい本性を暴きだす。息子を亡くした順子はショックから奇行に走るようになり、夫に愛想を尽かされてしまう。彼女は自分に想いを寄せる世之介を強引に誘い、彼のメロンパン移動販売車で旅に出るが……。

    ネット上の声

    • 反面教師の解説書
    • アジアナンバーワン!
    • ばけものここさ
    • 大鳥れい主演
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督石井裕也
    • 主演大鳥れい
  16. 反逆次郎の恋
    • E
    • 2.48

    ネット上の声

    • 石井監督が描く、現代の男と女
    • 戦いとしての恋愛
    • 変なデブ男がS的な女に恋するのだが、音痴の唄が入ったり、林のた女が出て来たり……
    • 石井裕也監督 出口の無い現代をさまよう不器用な若者たちの不恰好なコメディ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督石井裕也
    • 主演内堀義之
  17. ガール・スパークス
    • E
    • 2.44

    ネット上の声

    • 怒りムスメVS変わりオヤジ
    • 何となく見たらハマりました
    • なんかイヤダ
    • 石井裕也監督最新作「愛にイナズマ」のパンフレットである出演者が今作を挙げていたの
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督石井裕也
    • 主演井川あゆこ
  18. バンクーバーの朝日
    • E
    • 2.28
    1914~41年、戦前のカナダで活躍し、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」の実話を、「舟を編む」の石井裕也監督が妻夫木聡を主演に迎えて映画化。1900年代初頭、新天地を夢見てカナダへと渡った多くの日本人が、過酷な肉体労働や貧困、差別という厳しい現実に直面する。日本人街に誕生した野球チーム「バンクーバー朝日」は、体格で上回る白人チーム相手に負け続け、万年リーグ最下位だった。ある年、キャプテンに就いたレジー笠原は、偶然ボールがバットに当たって出塁できたことをきっかけに、バントと盗塁を多用するプレースタイルを思いつく。その大胆な戦法は「頭脳野球」と呼ばれ、同時にフェアプレーの精神でひたむきに戦い抜く彼らの姿は、日系移民たちに勇気や希望をもたらし、白人社会からも賞賛と人気を勝ち取っていくが……。「ぼくたちの家族」に石井監督監督作に主演する妻夫木のほか、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮が「バンクーバー朝日」チームメイトを演じる。その他の共演に高畑充希、佐藤浩市ら。脚本は「八日目の蝉」「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子。撮影に「私の男」「そこのみにて光輝く」などで注目される若手・近藤龍人。

    ネット上の声

    • 番狂わせの朝日!結果は、惨敗!(―_―)
    • 「バンクーバーの朝日」を観て・・
    • 今の日本に一番大事なメッセージ
    • 野球愛が見えないのが致命的
    野球、 人種差別、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2014年
    • 製作国日本
    • 時間133分
    • 監督石井裕也
    • 主演妻夫木聡
    • レンタル
    • 定額
  19. 剥き出しにっぽん
    • E
    • 2.16
    高校を卒業したばかりの小松太郎は自分の将来に不安を感じ、自給自足の生活をしようと思いつく。彼は密かに想いを寄せていた洋子を誘って畑付きの古い一軒屋に引っ越そうとするが、会社をリストラされた父親も強引について来てしまう。こうして3人の奇妙な共同生活がはじまり……。08年の「ばけもの模様」で国内外から注目を集めた石井裕也監督が05年に自主制作し、PFFアワード2007グランプリに輝いた長編第1作。

    ネット上の声

    • 全部見終わってから振り返ると、なかなか面白い作品だったとは思う
    • スタイルに拘りすぎ、人間描写が疎かに。
    • これがデビュー作なんだ・・・・・
    • 石井裕也監督作品に根付くもの
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督石井裕也
    • 主演登米裕一
  20. ハラがコレなんで
    • E
    • 2.06
    「川の底からこんにちは」「あぜ道のダンディ」の俊英・石井裕也監督が、粋に生きることをモットーとする妊婦の光子と、彼女を取り巻く人々の悲喜こもごもを描く人情劇。妊娠9カ月で恋人と別れ、所持金もつきてしまった光子は、幼少期を過ごした時代遅れの長屋に戻ってくる。いまは閑散とした長屋に暮らしているのは、幼なじみの陽一とその叔父・次郎だけ。義理人情を重んじる光子は、2人の営む食堂が経営難と知るやすぐさま助けの手をさしのべ、食堂は活気を取り戻していくが……。主演は「時をかける少女」の仲里依紗。共演に中村蒼、石橋凌。

    ネット上の声

    • ヒロインの姿の向こうにチラつく満島ひかり
    • 絶滅危惧種的妊婦・光子の生き様から考える
    • オーケー、大丈夫、と言われても、ねぇ~。
    • キャラ魅力なし、脚本演出も平凡以下の駄作
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間109分
    • 監督石井裕也
    • 主演仲里依紗
    • レンタル
    • 定額
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。