スポンサーリンクあり

全27作品。高橋伴明監督が制作した映画ランキング

  1. 痛くない死に方
    • B
    • 3.85
    在宅医療のスペシャリスト、長尾和宏によるベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」を、「禅 ZEN」「赤い玉、」の高橋伴明監督・脚本で実写映画化。在宅医師の河田仁は、末期の肺がん患者・井上敏夫を担当することに。敏夫は娘の智美の意向で、痛みを伴いながら延命治療を続ける入院ではなく「痛くない在宅医」を選択したのだが、結局苦しみ続けてそのまま亡くなってしまう。あのまま病院にいさせた方が良かったのか、自宅に連れ戻した自分が殺したことになるのではないかと、自分を責める智美の姿に衝撃を受ける河田。在宅医の先輩である長野浩平に相談した彼は、思わぬ事実を突きつけられる。主演は「火口のふたり」の柄本佑。

    ネット上の声

    • 在宅医療の医者の成長を見ながら、介護の実態を考えさせられる作品だったな
    • 点滴で  溺れ死ぬより  枯れて死ぬ
    • 痛みなく 悔いなき最期 平穏死
    • 死生観を問う社会派ドラマの傑作
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間112分
    • 監督高橋伴明
    • 主演柄本佑
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  2. 愛の新世界
    • B
    • 3.79
    SMクラブの女王様として働きながら、劇団女優への道を進む若い女性と、ホテトルで働きながら、いつか玉の輿に乗っかろうとしている現代娘の姿をとらえた、爽やかな青春映画。日本映画初のヘア・ヌードが話題にもなった。監督は、「修羅の帝王」の高橋伴明。原作は、島本慶のエッセイと荒木経惟の写真を融合させた同名の写真集。主演は、本作品の為にオーディションで選ばれた鈴木砂羽。成人指定。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第9位。

    ネット上の声

    • イイ女しかでてこないのがすごいし、なんの気なしに見てたらもはやシスターフッド系で
    • "自分で選んだ仕事でお金を稼いで自分の生きたいように生き"ている、逞しくて孤独で
    • 正直純粋に楽しめなかったが、この映画の良さはわかったつもり…前衛的な作風です
    • インテリ嫌味気障男の顔が脳裏に焼き付く…
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1994年
    • 製作国日本
    • 時間115分
    • 監督高橋伴明
    • 主演鈴木砂羽
    • レンタル
  3. 火火(ひび)
    • B
    • 3.79
    女性陶芸家の草分けであり、骨髄バンク立上げに力を尽くした神山清子。芸術家として、母として女として火のように生きる彼女の姿を、「光の雨」の高橋伴明が映像化。清子を演じるのは、「いつか読書する日」の田中裕子。その息子役に新人・窪塚俊介。石田えり、岸部一徳、池脇千鶴、黒沢あすか、遠山景織子が共演する。

    ネット上の声

    • お気に入りレビュアーさん達のおかけです。
    • 現実をしっかり受けとめながら生きる清子
    • よっしゃ、賢一、最後の誕生日しようか
    • 心が壊れたら、もぉ作れへんねんで
    ヒューマンドラマ、 実話
    • 製作年2004年
    • 製作国日本
    • 時間114分
    • 監督高橋伴明
    • 主演田中裕子
  4. BOX 袴田事件 命とは
    • C
    • 3.41
    「光の雨」の高橋伴明監督が、実在の「袴田事件」を映画化。昭和41年、放火された工場から一家4人の刺殺された焼死体が発見される。物証も少ないまま、元プロボクサーで工場の従業員・袴田巌が容疑者として逮捕されるが、かたくなに犯行を否認していた。だが拘留期限3日前に一転自白し、巌は起訴される。熊本典道が主任判事として裁判を担当することになるが、巌は第1回公判で起訴事実を全面否認し、以後一貫して無実を主張する。自白の信憑性を疑った典道は、供述調書を調べ始める。

    ネット上の声

    • 【ボックス!】以上の意味を持つ【BOX】
    • 映画製作&上映を決めた勇気に拍手喝采
    • 1万円出しても、僕はこの映画を観る。
    • 重苦しいですが、見て良かったです!
    冤罪、 社会派ドラマ、 裁判・法廷、 実話
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間117分
    • 監督高橋伴明
    • 主演萩原聖人
  5. 道 〜白磁の人〜
    • C
    • 3.22
    日本統治時代の朝鮮半島で植林事業に勤しみ、民族間で争いあう中でも信念を貫いて生きた実在の青年・浅川巧の半生を描いたドラマ。監督は「光の道」「火火」の高橋伴明。浅川役に吉沢悠、浅川と親交を深めた韓国人青年チョンリムにペ・スビン。1914年、朝鮮総督府の林業試験場で働くことになった23歳の浅川は、京城(現ソウル)に渡り、そこで出合った朝鮮の工芸品・白磁の美しさに強くひかれる。職場では同僚のチョンリムから朝鮮語を習い始め、研究に没頭。チョンリムとも友情を育んでいくが、その一方で、朝鮮の地で横暴に振る舞う日本人の現実を知る。

    ネット上の声

    • 素晴らしい人だったが、〜木の人〜じゃね?
    • 日本映画久々の感動大作です。心に沁みます
    • あの時代に生きた真の国際人浅川巧を描く
    • ごくごく私的なドラマ。打ち出し方とズレ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間119分
    • 監督高橋伴明
    • 主演吉沢悠
    • 定額
  6. 夜明けまでバス停で
    • D
    • 2.97
    「痛くない死に方」「禅 ZEN」などの高橋伴明監督が板谷由夏を主演に迎え、バス停で寝泊まりするホームレスにならざるを得なかった女性を主人公に、社会的孤立を描いたドラマ。昼間はアトリエで自作アクセサリーを販売し、夜は焼き鳥屋で住み込みのパートとして働く北林三知子。しかし突然訪れたコロナ禍により、仕事も住む家も失ってしまう。新しい仕事は見つからず、ファミレスや漫画喫茶も閉まっている。行き場をなくした彼女がたどり着いたのは、街灯の下にポツリとたたずむバス停だった。誰にも弱みを見せられないままホームレスとなった三知子は、公園で古参ホームレスのバクダンと出会う。一方、三知子が働いていた焼き鳥屋の店長・寺島千晴は、コロナ禍の厳しい現実と従業員との板挟みになり、恋人であるマネージャー・大河原智のパワハラやセクハラにも悩まされていた。

    ネット上の声

    • これがコロナ禍の現実だった(ユーモアに救われました)
    • 平板さが主張の強度を高めた稀有な成功作。
    • なんとか観ることができました!
    • プライドの高さゆえ・・・‼️
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督高橋伴明
    • 主演板谷由夏
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  7. 塀の中の神様
    • D
    • 2.95
    宗教団体「法の華三法行」の元代表で、霊感商法にかかる詐欺罪により懲役15年の刑に服した福永法源の半生を、「光の雨」「BOX 袴田事件 命とは」など社会派作品を数多く手がけている高橋伴明監督がドキュメンタリー映像を交えて描く。終戦の年に誕生した福永輝義は、貧しい家庭環境ながら、母・房子の深い愛情により素直な子どもに育っていった。仲間と起業した輝義だったが、手形詐欺に遭い会社は倒産。憔悴しきった輝義は、ガス管を口に自殺を試みる。その瞬間、雷鳴とともに天の声を聞いた輝義は再起に目覚め、福永法源と名乗り、宗教法人「法の華三法行」を主宰。天声を語り、多くの信者を擁することとなるが……。壮年期の福永役に松田優、福永の母役を島田陽子が演じる。ドキュメンタリーパートでは福永本人も出演。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督高橋伴明
    • 主演松田優
  8. 人間交差点(ヒューマンスクランブル) 不良
    • D
    • 2.87
    昭和三〇年代後半のある地方都市を舞台に、一人の不良少年が、ヤクザや若い娼婦との交流を通して成長していく姿を描く。『ビッグコミック・オリジナル』(小学館刊)に掲載された連作劇画『人間交差点』シリーズ(原作・矢島正雄/作画・弘兼憲史)の一編の映画化で、監督は「獅子王たちの最后」の高橋伴明。脚本は「BEST GUY」の高田純。撮影は「愛について、東京」の安藤圧平が担当。主役の男女二人にこれが本格的映画デビューとなる志村東吾と森崎めぐみが扮した。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1993年
    • 製作国日本
    • 時間70分
    • 監督高橋伴明
    • 主演志村東吾
  9. 光の雨
    • E
    • 2.71
    連合赤軍事件の映画化に挑む、スタッフとキャストたちの姿を描いた青春群像劇。監督は「大いなる完」の高橋伴明。立松和平の同名小説を下敷きに、『江戸むらさき特急』の青島武が脚本を執筆。撮影を「降霊」の柴主高秀が担当している。出演は、「アイ・ラヴ・フレンズ」の萩原聖人、「告別」の裕木奈江、「GO」の山本太郎、「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」の池内万作、「GO」の大杉漣ら。本誌第75回日本映画ベスト・テン第9位、第14回東京国際映画祭ニッポン・シネマ・ナウ部門出品、芸術文化振興基金助成事業作品。一部βカムからのキネコ。

    ネット上の声

    • 「人間らしさ」からはホド遠く・・・
    • この作品の失敗は永田洋子
    • 山本太郎を変えた映画!
    • 個人的には衝撃でした
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国日本
    • 時間130分
    • 監督高橋伴明
    • 主演萩原聖人
  10. 大いなる完(ぼんの)
    • E
    • 2.60

    ネット上の声

    • 田中角栄ググってるときに出てきたから借りた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1998年
    • 製作国日本
    • 時間150分
    • 監督高橋伴明
    • 主演的場浩司
  11. セラフィムの夜
    • E
    • 2.58
    医学上、自分が実は男であったことを知らされた女と、韓国と日本のハーフの男という、自らのアイデンティティーについて悩み、彷徨するふたりの人間を中心に展開されるドラマ。監督は「愛の新世界 Le_Nouveau_Monde_Amoureux」の高橋伴明。原作は花村萬月の同名小説で、これを「おさな妻(1980)」の鹿水晶子と剣山象(高橋監督のペンネーム)のふたりが脚色している。撮影は「勝手に死なせて!」の長田勇市。主演は「極道の妻たち 赫い絆」の大沢逸美と「三たびの海峡」の白竜。タイトルのセラフィムとは、熾天使、即ち九天使の最上位、最高の愛の焔の所持者のことをさす。R指定。
    サスペンス
    • 製作年1996年
    • 製作国日本
    • 時間104分
    • 監督高橋伴明
    • 主演大沢逸美
  12. ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ〜
    • E
    • 2.52

    ネット上の声

    • アニキ、早すぎますよ。
    • 未完成の筋彫りにまむしの兄弟を、檻の中のカラスに鉄砲玉の美学の渡瀬を思いながら、
    • 音楽の多用と濡れ場の反復はちょっと臭いが、コミカルな場面と主人公の成長の描き方に
    • 哀川翔のスター性を十二分に引き出しているという点では評価できるが、終盤のダラダラ
    アクション
    • 製作年1990年
    • 製作国日本
    • 時間85分
    • 監督高橋伴明
    • 主演哀川翔
  13. 獅子王たちの最后
    • E
    • 2.51
    暴力団新法施行前夜を背景に、幼なじみの二人の男がヤクザ社会の中で辿る生き様を描くドラマ。「獅子王たちの夏」(91)の姉妹編で、前作に続き高橋伴明が監督。脚本を夏井辰徳と剣山象。撮影を「ひき逃げファミリー」の長田勇市が担当。主演は前作と同じく哀川翔、そして前回コンビを組んだ的場浩司は違った役回りで登場し、今回初めて錦織一清がコンビを組んでいる。

    ネット上の声

    • 哀川翔主演の若者向きの東映ヤクザ映画
    • カズちゃん、俺たちはテッペンまで上るんだろ?
    • 昭和って良い時代だったなぁ
    • ニッキ大好き
    アクション
    • 製作年1993年
    • 製作国日本
    • 時間108分
    • 監督高橋伴明
    • 主演哀川翔
    • 定額
    • レンタル
    • レンタル
  14. MADE IN JAPAN こらッ!
    • E
    • 2.48
    「プロと学生が共同で映画を企画・製作する」という京都造形芸術大学映画学科のプロジェクト「北白川派映画芸術運動」の理念にのっとり製作されたホームドラマ。同学科教授でもある「禅 ZEN」「BOX 袴田事件 命とは」の高橋伴明監督がメガホンをとり、同学科1回生の大西礼芳が、女優の松田美由紀とダブル主演を務めた。何事にも無関心な18歳の雛子は会社員の父・完治とホームヘルパーをしている母・春子と暮らしていた。しかし、祖母・妙の死をきっかけに完治が家に引きこもるようになり、次第に家族はバラバラになっていく。

    ネット上の声

    • Made in Italyの代わりに評価
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督高橋伴明
    • 主演松田美由紀
  15. 丘を越えて
    • E
    • 2.47
    「真珠婦人」「父帰る」等で知られる作家であり、文藝春秋社を創業して社長を務め、芥川賞・直木賞を創設した菊池寛。その生誕120年、没後60年を期に製作された、菊池とその周辺の人々を描く人間ドラマ。舞台は昭和初期の東京。女学校を卒業し、知人の紹介で文藝春秋社の面接を受けた細川葉子(池脇千鶴)は社長の菊池寛(西田敏行)の目に留り、菊池の個人秘書として働き始める。監督は「光の雨」「火火」の高橋伴明。

    ネット上の声

    • 丘を越えて行こっ! 夢と希望に向かってさ
    • 猪瀬直樹なんて何で使ってんだヨ・・・
    • 題材が地味というか何というか…
    • 可愛くて、解りやすい文芸映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間114分
    • 監督高橋伴明
    • 主演西田敏行
  16. 16

    狼
    • E
    • 2.47
    管理された羊たちのように暮す人々の都市をおびやかす狼の感性と肉体を持つ男と少女の姿を描く。脚本は宮田論、監督は「TATOO<刺青>あり」の高橋伴明、撮影は長田勇市がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • (❍ᴥ❍ʋ)まさしく狼の生活(❍ᴥ❍ʋ)
    • もっと常軌を逸しすぎて意思疎通のできなくなったイチローみたいな狂ったアスリートを
    • ヘラヘラしながら、下手クソな芝居をする訪問者たちシーン(もはやコント)を全カット
    • 高橋伴明監督、戸井十月主演、空回りしている感じも含めて80年代らしい若さ、勢いに
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1982年
    • 製作国日本
    • 時間62分
    • 監督高橋伴明
    • 主演戸井十月
  17. ネオチンピラ 続・鉄砲玉ぴゅ〜
    • E
    • 2.43
    これという特技もなく、学歴もない水田順公はヤクザになるしか能のなかった駆け出しのチンピラ。ところがある日、所属する暴力団の幹部に呼び出され、組を代表したヒットマンに指命されてしまう。できることならぴゅ~っと逃げ出したいのだが…。

    ネット上の声

    • 安部譲二の『泣きぼくろ』をベースに、突然ヒットマンに指名された若いチンピラのおか
    • 続編として正しすぎる
    • 続編いらなかった
    • これはちょっと
    アクション
    • 製作年1991年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督高橋伴明
    • 主演哀川翔
    • 定額
  18. 18

    禅 ZEN

    禅 ZEN
    • E
    • 2.42
    「光の雨」「火火」の高橋伴明監督が、乱世の鎌倉時代を生きた孤高の僧侶、道元禅師を描く歴史ロマン。歌舞伎役者の中村勘太郎が道元を熱演。共演に内田有紀、藤原竜也、村上淳、勝村政信、西村雅彦、笹野高史ほか。幼い頃に母を亡くした道元は、人々の心の救いとなる悟りを得るため、仏道の正師を求め入宋するが……。

    ネット上の声

    • あるがままに・・・あるがままでいいのです
    • 突っ込みポイント、激怒ポイント満載ですが
    • 檀家のための映画!お金を払う価値はない。
    • 悟りを目的に座禅をするのではない
    時代劇
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間127分
    • 監督高橋伴明
    • 主演中村勘太郎
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  19. TATTOO[刺青]あり
    • E
    • 2.39
     30歳までに何かデカいことをしてやる、と思いつづけ、ついには銀行を襲撃するまでに至ったひとりの男の軌跡を描いたドラマ。監督はピンク映画界の大御所・高橋伴明。

    ネット上の声

    • あの有名な銀行強盗事件を元にした傑作です
    • 関根恵子を名女優にした映画
    • 世界一美しいツバ吐きシーン
    • うち、ほんまもんの男好きや
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1982年
    • 製作国日本
    • 時間107分
    • 監督高橋伴明
    • 主演宇崎竜童
  20. 20

    DOOR

    DOOR
    • E
    • 2.24
    「夜明けまでバス停で」「痛くない死に方」などの高橋伴明監督が1988年に手がけた、ストーカーに脅かされる主婦の恐怖を描いたバイオレンススリラー。 夫や息子と3人で都会の高層マンションに暮らす靖子。いたずら電話やセールスマンの勧誘に神経質になっていた彼女は、ドアチェーンの間から強引にパンフレットを差し込もうとしたセールスマンの指を挟んでしまう。その翌日から、ドアに卑猥な文字を書かれるなど嫌がらせが続くようになり……。 高橋監督の妻でもある高橋惠子が主演を務め、堤大二郎がストーカー化したセールスマンを怪演。後に監督として「富江」シリーズなどを手がける及川中が高橋監督と共同で脚本を担当。2023年2月、オリジナルのスーパー16ミリのネガをもとに撮影監督・佐々木原保志が監修を手がけたデジタルリマスター版をリバイバル上映。

    ネット上の声

    • ピンポーン!ドンドンドン ピンポピンポ…
    • ストーカー物が好きな方にオススメ!
    • 理不尽なストーカー、でも弱いのだ!
    • ストーカーと主婦のバトル☆1つ半
    ホラー
    • 製作年1988年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督高橋伴明
    • 主演高橋恵子
    • 定額
  21. 獅子王たちの夏
    • E
    • 2.23
    大組織系列下の末端のチンピラと、その総長をねらう対立組織の組員との非情な生きざまを描く。「ちょうちん」の金子正次の遺稿シナリオの映画化で、共同脚本に「マリアの胃袋」の西岡琢也が参加。監督は「危ない話」(第三話)の高橋伴明。撮影は「1990牡丹燈篭」の三好和宏がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 金子正次の脚本に熱いため息を…
    • 獅子王たちの夏
    • ヤクザ映画って登場人物の行動原理がさっぱり理解できないんだけど、バカみたいなこと
    • 「血別 山口組百年の孤独」を読んで鳴海清関連の映画を探してたら、この映画がヒット
    アクション
    • 製作年1991年
    • 製作国日本
    • 時間107分
    • 監督高橋伴明
    • 主演哀川翔
    • 定額
    • レンタル
    • レンタル
  22. 赤い玉、
    • E
    • 2.12
    日本映画初のヘアヌード解禁作となった「愛の新世界」の高橋伴明監督が「老い」と「性」の間で葛藤する男を描いた奥田瑛二主演作。映画監督の時田修次は、大学で映画撮影の教べんをとりながら、新作の撮影に入れない状況にいた。自身の経験が映画に投影されると考え、人生を流浪している時田の私生活には、理解ある30代の美しい女性・唯がいた。しかし、時田を現実から虚構=映画の世界に誘うかのように女子高生・律子が時田の前に現れる。律子という存在により、時田の人生が狂わされていく。律子役はオーディションで選出された新人女優・村上由規乃が演じる。

    ネット上の声

    • 高橋伴明の映画論 『ベニスに死す』ならぬ、ぺニスに死す
    • 「まだやれる」を示しそこなった失敗作か?
    • 極めて過激につづられる、1人の男の余生。
    • 多くの人が観て感じて欲しい一作!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督高橋伴明
    • 主演奥田瑛二
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  23. 修羅の帝王
    • E
    全く異なる人生を歩む極道の兄弟の愛憎を描く、溝口敦原作の同名小説(徳間書店・刊)の映画化。監督は「愛の新世界 Le_Nouveau_Monde_Amoureux」の高橋伴明、脚本は高田純と剣山象の共同、撮影は長田勇市。

    ネット上の声

    • 子供の頃出会った施設で義兄弟の誓いをしてからずっと一緒にに育ち、大人になっても一
    • 製作年1994年
    • 製作国日本
    • 時間85分
    • 監督高橋伴明
    • 主演伊原剛志
  24. ザ・力道山
    • E
    日本人同士の激闘(力道山対木村政彦)から、世界へ(シャープ兄弟やボボ・ブラジル、ルー・テーズとの対戦)はばたいた力道山は「空手チョップ」という言葉を戦後史の一ページに残した。そして、昭和三十八年十二月、急逝。彼が急逝した後、プロレス界は混迷の時代へ突入する。しかし、ジャイアント馬場とアントニオ猪木が全日本プロレスと新日本プロレスという二大組織で競いあう中でプロレス熱は復活した。そして次々とジャンボ鶴田、テリー・ファンク、ハルク・ホーガン、スタン・ハンセン、アンドレ・ザ・ジャイアント、タイガーマスク、長州、藤波など新しいスターたちが登場。この作品はこういったブームの中で、プロレスの日本における原点となった力道山の全貌を描くドキュメンタリー。「私、プロレスの味方です」の作者でもある作家・村松友視が製作、監督は「TATOO<刺青>あり」の高橋伴明が担当。主題曲は、山下洋輔トリオ(「BATLLE ROYAL」)。

    ネット上の声

    • 試合フィルムで構成されたドキュメンタリー
    ドキュメンタリー
    • 製作年1983年
    • 製作国日本
    • 時間101分
    • 監督高橋伴明
    • 主演力道山
  25. 迅雷 組長の身代金
    • E
    クズはクズでも、チンピラでも極道でもないど素人の男たちが、やくざを敵に回して戦いを挑む姿を描いたピカレスク。サントリーミステリー大賞作家の黒川博行の小説『迅雷』を原作に、「セラフィムの夜」の高橋伴明監督と「首領になった男」の西岡琢也脚本という、「TATOO<刺青>あり」の名コンビが“コテコテの大阪映画”を目指して顔を揃えた。撮影は「CAB」の栢野直樹。初めは弱気だったが次第に相棒を引っ張って行くようになる主人公に「きけ、わだつみの声(1995)」の仲村トオルがふんし、「極道の妻たち 危険な賭け」の石橋凌と、このところ進境著しい「犯人に願いを」の金山一彦がその仲間で共演している。
    • 製作年1996年
    • 製作国日本
    • 時間103分
    • 監督高橋伴明
    • 主演仲村トオル
  26. DOOR II TOKYO DIARY
    • E
    サスペンス
    • 製作年1991年
    • 製作国日本
    • 時間82分
    • 監督高橋伴明
    • 主演青山知可子
  27. とられてたまるか!
    • E
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1992年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督高橋伴明
    • 主演哀川翔

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。