全14作品。スタンリー・キューブリック監督が制作した映画ランキング

  1. 2001年宇宙の旅 新世紀特別版 デジタル・リミックス・サウンド、スコープ・サイズ[70mm再現比率]

    2001年宇宙の旅 新世紀特別版 デジタル・リミックス・サウンド、スコープ・サイズ[70mm再現比率]
    評価:A4.06
     あの名作SFが、今回はデジタル・リミックス・サウンドと、初公開時の70mmサイズの迫力を35mmで再現した、2.2:1フォーマットで甦る。人類の夜明けから月面、そして木星への旅を通し、謎の石版“モノリス”と知的生命体の接触を描く。

    SF

    ネット上の声

    『巨匠』の「傑作」、ポテチ食べながら鑑賞
    毎回怖くなり、でも幸せな気分になれる。
    40年近く前の作品には思えない。。
    TV放映時、淀川長治氏興奮す。
    製作年:1968
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ケア・デュリア
    1
  2. フルメタル・ジャケット

    フルメタル・ジャケット
    評価:A3.88
     S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

    ヒューマンドラマ、戦争、リアルな戦闘シーンがある

    ネット上の声

    どこに狂気を感じるか人それぞれ
    戦争映画は苦手だけど・・・
    戦争映画を初めて観て
    「感情」と「銃」
    製作年:1987
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:マシュー・モディーン
    2
  3. シャイニング

    シャイニング
    評価:B3.77
    スティーブン・キングの小説をスタンリー・キューブリック監督が映画化した名作ホラー。冬の間は豪雪で閉鎖されるホテルの管理人職を得た小説家志望のジャック・トランスは、妻のウェンディーと心霊能力のある息子ダニーとともにホテルへやってくる。そのホテルでは、かつて精神に異常をきたした管理人が家族を惨殺するという事件が起きており、当初は何も気にしていなかったジャックも、次第に邪悪な意思に飲みこまれていく。主演のジャック・ニコルソンがみせる狂気に満ちた怪演は見どころ。高い評価を受けた作品だが、内容が原作とかけ離れたためキングがキューブリック監督を批判したことでも知られる。

    ホラー、冬に見たくなる

    ネット上の声

    当ホテルはお客様をお狂わせ致します…
    時には映画を捨てて町へ出よう!
    この映画が恐いわけ・・・
    キング祭その0
    製作年:1980
    製作国:イギリス
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ジャック・ニコルソン
    3
  4. バリー・リンドン

    バリー・リンドン
    評価:B3.75
    アカデミー賞(1976年・4部門)18世紀のアイルランドを舞台に、野心に燃える若者の半生を描いた歴史ロマン。爵位に執着するバリー役は、「ペーパー・ムーン」「ある愛の詩」のライアン・オニール。彼との出会いで人生が大きく変化する伯爵夫人を、モデルから女優に転向したマリサ・ベレンソンが演じる。アカデミー賞作品賞をはじめ7部門にノミネートされ、撮影、衣装デザイン、美術監督、編曲の4部門を受賞。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    映像美と反比例する成り上がり者の生き様!
    長い話だけど35年前の映像とは思えない
    完璧な美で描かれたドタバタコメディ
    キューブリックの意外な大作。
    製作年:1975
    製作国:イギリス
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ライアン・オニール
    4
  5. 博士の異常な愛情

    博士の異常な愛情
    評価:B3.74
    英国アカデミー賞(1964年・2部門) 巨匠キューブリックが近未来を舞台に、核による世界破滅を描いたブラック・コメディ。アメリカ軍基地の司令官が、ソ連の核基地の爆撃指令を発した。

    サスペンス、コメディ

    ネット上の声

    核抑止論の脆弱性を説いたブラックコメディ
    遊んでいるようで本質的
    笑顔泥棒
    文系映画
    製作年:1964
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ピーター・セラーズ
    5
  6. 2001年宇宙の旅

    2001年宇宙の旅
    評価:B3.71
    アカデミー賞(1969年・視覚効果賞) アーサー・C・クラークの原作を基に、S・キューブリックが映像化したSF映画の金字塔。人類の夜明けから月面そして木星への旅を通し、謎の黒石板“モノリス”と知的生命体の接触を、クラシックをBGMに色褪せることのない壮観かつ哲学的な映像で描いていく。

    SF、宇宙

    ネット上の声

    ようわからんけど、この映画を評価しないと映画通ではない、とバカにさ...
    名作を「体験」できる貴重な機会。
    キューブリック版”天地創造”
    今、偉大なる古典にして始祖
    製作年:1968
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ケア・デュリア
    6
  7. 突撃

    突撃
    評価:B3.65
     無謀な作戦によって激戦地で危険と恐怖にさらされた兵士の怒りを描く戦争ドラマ。第一次世界大戦、フランスの最大の課題はドイツ軍の撃退だった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    WW1中に仏蘭西で起きた実話を元に映画化
    50年も前の映画ですが・・・さすがです。
    愛国心は悪党の最後の口実だ
    キューブリック初期作品
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:カーク・ダグラス
    7
  8. 現金に体を張れ

    現金に体を張れ
    評価:B3.64


    サスペンス
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    8
  9. 時計じかけのオレンジ

    時計じかけのオレンジ
    評価:B3.59
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1971年・作品賞)

    SF
    製作年:1971
    製作国:イギリス
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:マルコム・マクダウェル
    9
  10. スパルタカス

    スパルタカス
    評価:C3.51
    アカデミー賞(1961年) スタンリー・キューブリック初の長編カラー作品で、ローマ帝国を舞台にした一大叙述詩。自由を手に入れるため、奴隷スパルタカスは剣闘士や奴隷で組織した軍を扇動し、ローマ貴族クラサスに大規模な反乱を起こす。前作「突撃」に続きカーク・ダグラスが主役に起用され、アカデミー賞俳優ローレンス・オリビエが敵役のクラサスを演じる。ピーター・ユスティノフの助演男優賞をはじめ、第33回アカデミー賞4部門を獲得。

    アクション

    ネット上の声

    冒頭結末が暗示されてしまう(涙)せっかく世界史おバカの私が楽しめる...
    監督は自分の子供ではないと言ってますが…
    現代とは違う古代の英雄が新鮮でした!!
    マイケルよりハンサムなカーク・ダグラス
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:カーク・ダグラス
    10
  11. アイズ ワイド シャット

    アイズ ワイド シャット
    評価:C3.30
    ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したシリアス・ドラマ。監督・製作は「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」などの巨匠スタンリー・キューブリックで、88年の「フルメタル・ジャケット」以来11年ぶりとなる本作完成直後死去し、本作が遺作となった。脚本は19世紀末の文豪アーサー・シュニッツラーの『Tarumnovelle』を原典にキューブリックとフレデリック・ラフェエルが執筆。製作総指揮はキューブリック作品の常連であるジャン・ハーラン。撮影(クレジットはライティング・キャメラマン)はラリー・スミス。音楽は英国で活動するジョスリン・プーク。美術はレスリー・トムキンズとロイ・ウォーカ…

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    ニコール・キッドマンの美貌絶頂期!
    僕には、理解できずに終わりました‥
    嫉妬にかられた夫婦の見た奇妙な夢
    未成熟な女性と、幼稚な男性
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:トム・クルーズ
    11
  12. ロリータ

    ロリータ
    評価:D3.16
     ナボコフの同名小説をキューブリックが映画化した問題作。夏を過ごそうと田舎町で下宿するハンバートに、未亡人シャーロットは積極的だが、当のハンバートは彼女の娘・ロリータに心奪われていた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    原作の良さも・監督の良さも 出ていない
    病的な変態オヤジ。でも、、
    jealousは人間のegoそのもの
    切ない、そして残酷。
    製作年:1961
    製作国:イギリス
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ジェームズ・メイソン
    12
  13. 非情の罠

    非情の罠
    評価:D3.10
     “FEAR AND DESIRE”(52)に続くスタンリー・キューブリックの長編第2作で、商業映画としてはデビュー作にあたる。うらぶれたボクサーが、向かいのアパートに住む女を情夫の手から救い出そうとするというだけの物語だが、低予算の中で凝りまくった映像と、しがない男女のふれあいが切なく描かれている小品である。

    ヒューマンドラマ、実話、ボクシング

    ネット上の声

    若きキューブリックの長編映画第2作目☆
    巨匠を生んだ意欲作。初期の試みとは?
    とにかくカメラワーク必見。
    キューブリックは最初からキューブリックだった
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:フランク・シルヴェラ
    13
  14. 恐怖と欲望

    恐怖と欲望
    評価:D2.77
    巨匠スタンリー・キューブリック監督が、デビュー作とされる『非情の罠』以前に手掛けた戦争ドラマ。戦時中、極限状態にある兵士たちが次第に人間らしさを失い、狂気の領域に踏み込んでいく過程を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    スタンリー・キューブリック監督処女作
    「普遍的な戦争の話である」けど。。。
    フルジャケ以前の戦争映画
    巨匠にもこんな頃が
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ケネス・ハープ
    14