全14作品。山崎貴監督が制作した映画ランキング

  1. ALWAYS 三丁目の夕日

    ALWAYS 三丁目の夕日
    評価:A4.08
    日本アカデミー賞(2006年・3部門)東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真紀)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    あかーん、これは反則。冒頭数分ではや涙。ガキの頃、こんな光景だった...
    日本の精神文化の元となるものを伝えられる作品
    じわーっと心の真ん中に響いてくる
    日本人の琴線にうまく触れてる
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:吉岡秀隆
    1
  2. アルキメデスの大戦

    アルキメデスの大戦
    評価:A4.03

    ネット上の声

    日本が負けた敗因がはっきりと描かれている
    戦争は「誰(何)」と戦うもののだろうか?
    原作よりも展開に無理が無かったのでは?
    ブレない演出、迫力の映像、納得の力作
    製作年:2019
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:菅田将暉
    2
  3. ALWAYS 三丁目の夕日'64

    ALWAYS 三丁目の夕日'64
    評価:A3.97
    『ALWAYS 三丁目の夕日』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続く、昭和の東京を舞台にしたヒューマン・ドラマの第3弾。昭和39年の東京の一角で、東京オリンピックや新幹線開通に沸く住民たちの姿を映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    成長を暖かく見守れる
    内容については、あまり言いたいことはないけれど、この時代はすごいと思った。
    マンネリ おおいに結構じゃありませんか!
    この時代を生きた人間として言わせて頂くと
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:吉岡秀隆
    3
  4. 永遠の0

    永遠の0
    評価:A3.88
    日本アカデミー賞(2015年・2部門)零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。

    ヒューマンドラマ、戦争、空中戦(ドッグファイト)、第二次世界大戦

    ネット上の声

    無念!!の、一言(T_T)
    原作を読むなら映画を観てからの方がいい。
    特攻作戦の意味、戦闘技術、パイロットの心
    よくある「戦争映画」の括りには入らない
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:井上真央
    4
  5. DESTINY 鎌倉ものがたり

    DESTINY 鎌倉ものがたり
    評価:A3.87
    西岸良平による人気漫画「鎌倉ものがたり」を、西岸が原作者である『ALWAYS』シリーズなどの山崎貴監督が実写映画化。人間だけでなく幽霊や魔物も住むという設定の鎌倉を舞台に、心霊捜査にも詳しいミステリー作家が新婚の愛妻と一緒に、怪事件を解決していくさまを描く。

    ファンタジー、コメディ、漫画を実写化

    ネット上の声

    高畑充希がかわいい! 年末邦画の大本命
    自身の経験と重ねて味わい深く…
    2つの映画をくっつけたよう
    アンバランスさが惜しい作品
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:堺雅人
    5
  6. 海賊とよばれた男

    海賊とよばれた男
    評価:A3.85
    第10回本屋大賞を受賞した百田尚樹のベストセラー小説を、『永遠の0』の監督&主演コンビ、山崎貴と岡田准一のタッグで実写映画化。明治から昭和にかけて数々の困難を乗り越え石油事業に尽力した男の生きざまを、戦後の復興、そして世界の市場を牛耳る石油会社との闘いを軸に描く。

    ヒューマンドラマ、会社再建、ビジネス

    ネット上の声

    見た後、背筋がしゃんとする感じ
    この男! 人間力に感嘆
    今自分がここに居ることに感謝したくなる
    激動の時代を駆け抜けた男達の熱情物語
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:岡田准一
    6
  7. friends もののけ島のナキ

    friends もののけ島のナキ
    評価:B3.70
    『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督が手掛けた、小学校の教科書にも採用されたことがある浜田廣介の童話「泣いた赤おに」を基にしたCGアニメーション。さまざまなもののけが暮らす島に、人間の子どもが迷い込んだことから起こる騒動を描く。

    アニメ

    ネット上の声

    ジブリじゃないアニメだっていいものはある
    親子で笑って、そして泣ける映画
    多分…、好みの問題…?
    唯一の欠点は・・・
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:香取慎吾
    7
  8. ALWAYS 続・三丁目の夕日

    ALWAYS 続・三丁目の夕日
    評価:B3.67
    昭和34年、東京オリンピックの開催が決定し、日本では高度経済成長期が始まろうとしていた。黙って去ったヒロミ(小雪)を思い続けながら淳之介(須賀健太)と暮らす茶川(吉岡秀隆)のもとに、実父が再び淳之介を連れ戻しに来た。

    ヒューマンドラマ、ドキュメンタリー

    ネット上の声

    ☆5個は関係者だと思えるけど
    出だしのあれはないでしょう
    続編を作ることの意義
    五感が素直に反応する。 笑うところで笑って、泣くところで泣いて、怒...
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:吉岡秀隆
    8
  9. Returner リターナー

    Returner リターナー
    評価:C3.53
     依頼者からの情報をもとに闇の取引現場に潜入し、ブラックマネーを奪還、そして寸分無く依頼者にその金を送り戻す“リターナー”ミヤモトは少年時代に親友を殺した日本人の犯人を捜している。やがて親友を殺した男・溝口を見つけ出したものの、激しい銃撃戦の末、溝口を取り逃がしてしまう。

    アクション、SF

    ネット上の声

    SFオマージュ大全集かと思いきや
    岸谷五朗がキレてます!!(怖)
    何気におもしろい。
    いいたいことといえることは違いますもんね
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:金城武
    9
  10. BALLAD 名もなき恋のうた

    BALLAD 名もなき恋のうた
    評価:C3.49


    時代劇
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:草なぎ剛
    10
  11. ジュブナイル

    ジュブナイル
    評価:C3.37
     少年達と未知のロボットとの交流を描いたSFファンタジー。2000年。

    SF、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー、懐かしいノスタルジックな夏、夏休みが舞台

    ネット上の声

    今も"瞳の中のRAINBOW"は僕の中にあるか?
    初めて映画館で見た映画
    ロボへの夢は尽きない
    普通かも☆3
    製作年:2000
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:香取慎吾
    11
  12. 寄生獣

    寄生獣
    評価:C3.33
    1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化したSFサスペンス。人体に寄生しながらほかの人間を食らう生物パラサイトたちを相手に、そのうちの1匹を右手に宿した高校生が壮絶な戦いを繰り広げる。

    SF

    ネット上の声

    期待していなかっただけに楽しめました♪
    (実写化の)夢から覚めないんですけど・・
    邦画にしてはかなりの当たりかと…
    新一、寄生されたってよ
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:染谷将太
    12
  13. 寄生獣 完結編

    寄生獣 完結編
    評価:D3.10
    岩明均のコミックを2部作形式で実写化した、SFサスペンスの後編。右手に寄生生物ミギーを宿した少年・新一と人類を食糧とするほかのパラサイトたち、彼らの全滅を図る特殊部隊が入り乱れる、壮絶なバトルが展開。

    SF

    ネット上の声

    端折り過ぎだが、要所要所でイイんだよなぁ
    原作読んだら人生観変わるよ
    新一の右手
    端折ってるけど初見に伝わりましたよ
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:染谷将太
    13
  14. SPACE BATTLESHIP ヤマト

    SPACE BATTLESHIP ヤマト
    評価:E2.64
    2194年、外宇宙に突如として現れた敵・ガミラスが地球への侵攻を開始し、人類の大半が死亡してしまう。5年後、地球が放射能で汚染される中、かつてエースパイロットとして活躍していた古代進(木村拓哉)は、はるか彼方のイスカンダル星に放射能除去装置がある事実を知り、宇宙戦艦ヤマトで仲間と共にイスカンダル星へ向かう。

    SF

    ネット上の声

    日本の漫画、アニメは素晴らしいんだよ。ほんとだよ。
    ヤマトの入門編と考えれば、それなりに楽しめる
    原作とは別のお話だと思って視聴してください
    だってこのままじゃぁ古代君が死んじゃう~
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:木村拓哉
    14