全16作品。アベル・フェラーラ監督が制作した映画ランキング

  1. ドリラー・キラー

    ドリラー・キラー
    評価:S4.32
     「スネーク・アイズ」や「バッド・ルーテナント」で、今や現代ニューヨーク派の代表格となったA・フェラーラの初期作品で、マンハッタンを舞台に繰り広げられる殺人模様を描いたスプラッター・ホラー。売れない画家で堕落した生活を送っている主人公の男は、ホラー本に没頭するうちに現実ともつかぬ狂気の世界にのめり込んでゆき、やがてドリル片手に猟奇的殺人を繰り返すようになる……。

    サスペンス、ホラー

    ネット上の声

    素晴らしい!
    電動ドリル連続殺人事件
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:キャロリン・マーズ
    1
  2. キャット・チェイサー

    キャット・チェイサー
    評価:S4.27
     アメリカの人気ハードボイルド作家エルモア・レナードの原作を、P・ウェラー、K・マクギリスの顔合わせで描いたサスペンス・ドラマ。カリブ海を舞台に、マフィアの抗争に巻き込まれた男と謎の女のラブ・ストーリーが、濃厚なバイオレンスと共に描かれている。

    ヒューマンドラマ、アクション、サスペンス

    ネット上の声

    エロい
    原作には忠実だけど・・
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:ピーター・ウェラー
    2
  3. ブラックアウト

    ブラックアウト
    評価:S4.24
     映画界のスター、マティは、華やかな生活の裏でドラッグと酒に逃避していた。が、恋人アニーの妊娠を聞き、生活を変えて結婚する決意を固める。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    ムンクの様な
    傑作サスペンス!!
    素晴らしい!
    フェラーラ・・。
    製作年:1997
    製作国:アメリカ/フランス
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:マシュー・モディーン
    3
  4. 天使の復讐

    天使の復讐
    評価:S4.15


    サスペンス
    製作年:1981
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:ゾー・ルンド
    4
  5. アディクション

    アディクション
    評価:S4.14
     ニューヨーク大学の学生キャサリンは、謎の女に襲われ、首筋を噛まれてしまった。次の日、倒れた彼女を医者は貧血だと診断する。

    ホラー

    ネット上の声

    切ない
    いい!
    クリストファー・ウォーケンが
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:リリ・テイラー
    5
  6. クライム・クリスマス 〜ニューヨークの白い粉〜

    クライム・クリスマス 〜ニューヨークの白い粉〜
    評価:A4.09
    『ボディ・スナッチャーズ』ほかで知られるNYアンダーグラウンド界の巨匠、アベル・フェラーラ監督による犯罪ドラマ。舞台は93年、クリスマスシーズンのニューヨーク。麻薬の密売により裕福な生活を手に入れた移民家族が、誘拐事件に巻き込まれていく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    素晴らしい!
    隠れた傑作!!
    は^^^^^
    ・・・・・・
    製作年:2001
    製作国:アメリカ/フランス
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:ドレア・ド・マッテオ
    6
  7. キング・オブ・ニューヨーク

    キング・オブ・ニューヨーク
    評価:A3.93
     ニューヨークの裏の世界に暗躍するマフィアのボス・フランク(ウォーケン)。対立する組織や一部暴走気味の警察との攻防の果てに、彼が得たものは……。

    アクション

    ネット上の声

    ウォーケン版「その男凶暴につき」
    大人な映像美に酔う
    冷たい映像が良い
    キング・オブ・ギャング映画
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:クリストファー・ウォーケン
    7
  8. ニューローズ ホテル

    ニューローズ ホテル
    評価:A3.84
    近未来。東京の‘ニューローズ・ホテル’に身を潜めるXは、日本の天才科学者をヘッドハンティングし、多国籍企業に売り込む計画を持っていたが…。豪華キャストで贈る文学的SFスリラー。

    SF

    ネット上の声

    クリストファー・ウォーケン最高!!
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:クリストファー・ウォーケン
    8
  9. バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト

    バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト
    評価:B3.78
     ニューヨークを巡回する警部補のLTは、パトロール中に見かけた売人に麻薬をせびり、ノミ屋を通して巨額の金を野球の試合に賭けるなど、酒とドラッグに溺れ、毎日を悪徳の中で過ごす暴力刑事。今日も交通違反に引っ掛かった若い娘にワイセツな行為を働き、ジャンキーの愛人のもとに通いつめる毎日を送っていた。

    アクション

    ネット上の声

    バッド・ルーテナント(オリジナル版)
    ハーヴェイ・カイテル
    神に絶望する
    ハーヴェイ・カイテルの魂の演技に括目せよ
    製作年:1992
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:ハーヴェイ・カイテル
    9
  10. スネーク・アイズ

    スネーク・アイズ
    評価:B3.61
     マドンナによる“マーベリック・プロ”の第1弾。新作映画“鏡のマリア”で夫婦役をすることになったジェニングス(マドンナ)とバーンズ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    マドンナは脇で
    これは
    実験的な映画なのかな?
    熱演が悲しい
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:ハーヴェイ・カイテル
    10
  11. ハニートラップ 大統領になり損ねた男

    ハニートラップ 大統領になり損ねた男
    評価:C3.54
    大統領候補から一転し、セックス・スキャンダルで権力も家庭も失った実在の政治家ドミニク・ストロスカーンをモデルにした衝撃ストーリー。ジェラール・ドパルデュー、ジャクリーン・ビセットが豪華共演する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    大統領の器じゃないもんね
    うさんくさい事件だった
    タイトルが和英ともに合わないが意外と良い
    コメディも出来るのか。
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:ジェラール・ドパルデュー
    11
  12. フューネラル

    フューネラル
    評価:C3.49


    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    復讐の先
    キング・オブ・ニューヨークにも
    役者の良さを監督がぶち壊した
    素晴らしい!
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:クリストファー・ウォーケン
    12
  13. マリー 〜もうひとりのマリア〜

    マリー 〜もうひとりのマリア〜
    評価:D3.09
    ヴェネチア国際映画祭(2005年・審査員特別賞)『ショコラ』のJ・ビノシュとラストキング・オブ・スコットランド』のフォレスト・ウィテカー共演のサスペンスドラマ。キリストとマグダラのマリアにまつわる謎を巡り、さまざまな人々の思いが交錯する。監督は『フューネラル』のアベル・フェラーラ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    この映画に隠されたメッセージがミステリー
    かなり宗教的なお話です
    豪華演技派集結の駄作!
    すごい...
    製作年:2005
    製作国:イタリア/フランス/アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    13
  14. ボディ・スナッチャーズ

    ボディ・スナッチャーズ
    評価:D3.08
     ドン・シーゲルの「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」(56)、フィリップ・カウフマンの「SF/ボディ・スナッチャー」(78)に次ぐジャック・フィニイのSF『盗まれた街』の3度目の映画化。従軍研究者である父について弟と共に基地に移住した孤独な少女は若い下士官に恋をする。

    SF

    ネット上の声

    評価低いようだけど
    口サイレンの宇宙人
    これはこれで自分はありだと思います。
    huluで見ました。
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:ガブリエル・アンウォー
    14
  15. 4:44 地球最期の日

    4:44 地球最期の日
    評価:E2.52
    『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』『キング・オブ・ニューヨーク』などで知られる鬼才アベル・フェラーラ監督が、世界の終末を独自の視点でとらえた異色作。地球温暖化が原因で地球最期の日を迎える人々の姿を描き、第68回べネチア国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    終末を迎える様をリアルに描くとこんな感じ
    ちょっとおもしろみに欠けるかな
    終末を迎える様をリアルに描くとこんな感じ
    ちょっとおもしろみに欠けるかな
    製作年:2011
    製作国:アメリカ/スイス/フランス
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:ウィレム・デフォー
    15
  16. チャイナ・ガール

    チャイナ・ガール
    評価:E0.00
     リトル・イタリーとチャイナ・タウンという隣接しあうエスニック街の境界に起こる反目と、そうした中で生まれたイタリア系の少年と中国娘の恋を描いた作品。

    ヒューマンドラマ、アクション

    ネット上の声

    タイトルとジャケットが・・・
    至高のアクション!
    フェラーラ版ロミジュリ?!
    懐かしい・・・
    製作年:1987
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:サリー・チャン
    16

スポンサードリンク