全19作品。佐々部清監督が制作した映画ランキング

  1. 夕凪の街 桜の国

    夕凪の街 桜の国
    評価:S4.12
    第9回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名傑作コミックを、『出口のない海』の佐々部清監督が実写映画化したヒューマンドラマ。広島原爆投下から13年後と現代に生きる2人の女性を通して、現在までに至る原爆の悲劇を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    見終えた時の気持をいつまでも持ち続けたい
    この映画を全国公開しない日本はダメだ
    微力ながら、応援させていただきます
    裸足になって大地を踏みしめよう。
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:田中麗奈
    1
  2. 群青色の、とおり道

    群青色の、とおり道
    評価:A4.07
    群馬県の太田市、新田郡尾島町、新田町、藪塚本町の合併10周年記念事業の一環として製作された青春ドラマ。10年ぶりに故郷の太田市へと戻ったミュージシャン志望の青年が、家族や同級生たちと交流を通じて未完成であった曲を完成させていく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    素敵な人間ドラマ
    よかったです!
    温かい映画
    隠れた名作
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:桐山漣
    2
  3. 陽はまた昇る

    陽はまた昇る
    評価:A3.94
    世界規格となったVHSの開発の裏で活躍した、名も無き技術者たちの姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、本作が初監督作となる佐々部清。佐藤正明によるノンフィクション『映像メディアの世紀 ビデオ・男たちの産業史』を基に、「金田一少年の事件簿」(西尾大介監督作)の西岡琢也と佐々部監督が共同で脚色。撮影を「ホタル」の木村大作が担当している。主演は「釣りバカ日誌12」の西田敏行。第26回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀主演男優賞(西田敏行)、助演男優賞(渡辺謙)、優秀音楽賞受賞、第15回日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞受賞作品。

    ヒューマンドラマ、実話、会社再建

    ネット上の声

    レビュー
    開発秘話ってやっぱりいい、苦労した人々の一生懸命さが心を打つ
    是非、「メーキング映像」は、本編鑑賞のあとに …
    陽はまた昇ったが・現在は?また昇るのか?
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:西田敏行
    3
  4. 八重子のハミング

    八重子のハミング
    評価:A3.93
    『半落ち』などの佐々部清が監督を務め、ガンと闘いながら若年性アルツハイマー病の妻を介護した陽信孝の原作を基に描くドラマ。山口県萩市を舞台に、4度のガンの手術に耐えた夫が、次第に記憶を失っていく妻と過ごした約12年の日々をつづる。

    ヒューマンドラマ、認知症

    ネット上の声

    優しいことが一番である。
    介護の一面の切り取り
    人の強さを描いた名作
    夫婦のハミング。
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:升毅
    4
  5. 三本木農業高校、馬術部 〜盲目の馬と少女の実話〜

    三本木農業高校、馬術部 〜盲目の馬と少女の実話〜
    評価:A3.92
    佐々部清監督が『チルソクの夏』以来久々に高校生を主人公に描く感動作。実在する青森県の高校を舞台に、視力を失いつつあるサラブレッドと、必死にその世話をする女子高生のきずなを四季折々の美しい映像とともにみせる。

    ヒューマンドラマ、青春、動物、実話、盲目、高校

    ネット上の声

    決して派手でない。だからこそ大切な映画。
    爽やかなハスキーボイスと、爽やかな感動と
    内側からの充足感
    羨ましいな。
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:長渕文音
    5
  6. 結婚しようよ

    結婚しようよ
    評価:A3.88
    平凡なサラリーマンの卓(三宅裕司)の楽しみは、毎晩家族4人全員で食卓を囲むこと。ある日、彼が駅前で吉田拓郎の曲を演奏するバンドに合わせて歌を熱唱していたとき、充(金井勇太)という青年と知り合う。卓は一人暮らしだという充を夕食に招き、妻の幸子(真野響子)と長女の詩織(藤澤恵麻)、次女の歌織(AYAKO)に紹介する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「ゆうらく荘」で逢いましょう
    幸せな家庭
    唯一の収穫は、次女役のAYAKOです
    男は短髪がイイ。
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:三宅裕司
    6
  7. チルソクの夏

    チルソクの夏
    評価:B3.78
    日本人の女子高校生と韓国人の男子高校生との、淡い恋の行方を描いた青春ドラマ。監督・脚本は「半落ち」の佐々部清。撮影を「岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 EPISODE1」の坂江正明が担当している。主演は「ピンポン」の水谷妃里。2003年日本映画監督協会新人賞受賞、文化庁映画芸術振興事業、文部科学省選定、青少年映画審議会推薦作品。

    青春、恋愛、懐かしいノスタルジックな夏、夏に見たくなる、夏休みが舞台、部活も

    ネット上の声

    当時の高校生ってこんな感じだったのか
    水谷妃里 最高です^^
    こりゃ・・・
    ビバ!下関
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:水谷妃里
    7
  8. 東京難民

    東京難民
    評価:B3.67
    学費未払いを理由に大学から除籍された青年が、ネットカフェ難民からホスト、さらにホームレスへと転落していく青春群像劇。『ツレがうつになりまして。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    奇跡のワンシーンが映画の価値を決める
    生きる原点は? 生きる歓びとは?
    順也の行く末の方に興味が湧く
    「生きている」ということ。
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:吹越満
    8
  9. ツレがうつになりまして。

    ツレがうつになりまして。
    評価:B3.59
    出演:宮崎あおい、堺雅人 他。 夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちの姿を見つめ直し、共に成長していく夫婦のきずなを描いた感動のラブストーリー。細川貂々のベストセラーコミックエッセイを、『半落ち』の佐々部清が映画化。

    ヒューマンドラマ、実話、夫婦、うつ病

    ネット上の声

    人ごとではない宇宙かぜの実態
    わたしもウツになりまして
    現実的というより理想像
    鬱であることを告白してからはじまる結婚講座同窓会のシーンが良かった...
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:宮崎あおい
    9
  10. ゾウを撫でる

    ゾウを撫でる
    評価:C3.52
    『半落ち』などの佐々部清が監督を務め、映画に携わるさまざまな人の人生を紡ぐヒューマンドラマ。インターネット配信された作品を再編集し、未公開の最終話を追加した劇場用オリジナル版で、15年ぶりにメガホンを取る映画監督やトラック運転手たちが携わる1本の映画にまつわるエピソードが展開。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    そこに象はいない
    つまらなかったです
    奇跡の木
    つまらなかったです
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:小市慢太郎
    10
  11. 六月燈の三姉妹

    六月燈の三姉妹
    評価:C3.51
    鹿児島のとあるシャッター商店街。家族で営む和菓子店のとら屋は、次女の奈美江(吹石一恵)は離婚調停中、長女の静江(吉田羊)は離婚、三女の栄(徳永えり)は婚約破棄をし不倫中で、3姉妹全員が実家に戻ってきていた。一家は店の再建を懸け、地域の祭りである六月燈の夜に新作の和菓子を出そうと考えるも……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ちょっと変わってて程好い美味しさの“かるキャン”家族
    湿っぽくなく、程好く心温まるご当地映画でした
    誠実 & 真っ当なつくり それに尽きる。
    思っていたより面白かった
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    11
  12. 日輪の遺産

    日輪の遺産
    評価:C3.50
    太平洋戦争終結間近の夏、祖国の復興を願い、GHQ最高司令官マッカーサーの財宝を盗み出した帝国陸軍将校たちと20名の少女たちに待ち受ける壮絶なドラマを描くエンターテインメント巨編。ベストセラー作家・浅田次郎本人が映像化を熱望した原作を、主演に『武士の家計簿』の堺雅人、監督に『半落ち』の佐々部清を迎えて実写化。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    犠牲になった19人の少女たち......二度と悲劇は繰り返してはいけません....。
    何が何でも昭和20年少女で押しまくる。
    なぜ少女たちは頑張れたのか
    冗長な脚本、雑な演出、残念
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:堺雅人
    12
  13. カーテンコール

    カーテンコール
    評価:C3.37
    出版社で働く香織(伊藤歩)は、読者からの投稿はがきに書かれた「幕間芸人」について取材することになり、下関にある映画館「みなと劇場」を訪ねる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    こんな時だからこそ至福が必要なんです。
    派手さはないが
    内容
    幕は今一度上がる、人生のカーテンコールの為に
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:伊藤歩
    13
  14. 心の砕ける音 〜運命の女〜

    心の砕ける音 〜運命の女〜
    評価:C3.34


    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    不思議とどんどん惹き込まれていく映画
    誰にでも、起こるかもしれないこと
    おっと、こんな役も、へー
    耕介の表情に心情に
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:鈴木京香
    14
  15. 四日間の奇蹟

    四日間の奇蹟
    評価:C3.33
    暴漢に襲われる親子を助けたことで、左手の薬指の神経を断裂してしまった如月敬輔(吉岡秀隆)は、ピアニストの夢を断念した。しかし敬輔は、暴漢から救った娘の千織(尾高杏奈)が持つ天才的な音楽の才能に気づき、彼女の美しいピアノ演奏とともに日本各地の施設を慰問して回っていた。

    ヒューマンドラマ、恋愛、入れ替わり

    ネット上の声

    後から…きます
    予期せぬ
    切ない
    感動しました
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:吉岡秀隆
    15
  16. 種まく旅人 ~夢のつぎ木~

    種まく旅人 ~夢のつぎ木~
    評価:C3.33
    『わたしのハワイの歩きかた』などの高梨臨と『虎影』などの斎藤工が共演する、『種まく旅人』シリーズ第3弾。岡山県赤磐市の桃農家を舞台に、兄の遺志を継ぎ帰郷して新種の桃栽培に挑戦するヒロインの奮闘を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    現地の空気、人の温かさ、夢が伝わります
    桃の香りが立ち込める作品
    赤磐に旅したくなる作品
    ダークホース的存在感
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:高梨臨
    16
  17. 半落ち

    半落ち
    評価:C3.31
    日本アカデミー賞(2005年・最優秀作品賞)元刑事で警察学校教官の梶(寺尾聰)が警察に、「私は妻(原田美枝子)を殺しました」と自首してきた。県警刑事部の志木(柴田恭兵)が取り調べにあたるが、梶は妻殺害後2日間の行動については固く口を閉ざしていた。

    ヒューマンドラマ、夫婦、認知症

    ネット上の声

    こんな事件の裁判員に選ばれたら困る(汗
    エンドロールが良い♪
    ほろりとする良作です
    「樹木希林の熱演」
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:寺尾聰
    17
  18. この道

    この道
    評価:D3.11
    詩人・北原白秋と音楽家・山田耕筰の伝記ドラマ。彼らが出会い、「からたちの花」などの童謡が生まれた背景を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    日本の名曲☆AKIRAファンだけじゃもったいない
    日本の名曲☆AKIRAファンだけじゃ勿体ない!
    語らないと言い語る耕作、説得力ない晶子
    懐かしく、温かい日本の心を伝えてくれる
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    18
  19. 出口のない海

    出口のない海
    評価:D3.00
    1945年、敵艦の攻撃を避けながら海中を進む1隻の潜水艦内に待機する4人の若者たち。彼らは人間魚雷“回天”に乗って敵艦に激突するという極秘任務を帯びており、艦長の出撃命令を待っていた。そんな中、甲子園の優勝投手だった並木浩二(市川海老蔵)は野球に熱中していたころや、戦争に行くと決めた日々を思い出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    山口県周南市の大津島、回天記念館へ足を運び残酷さと悲しさを目にした...
    人間魚雷の回天の話。 光市が舞台で、地元だし見とこうと。 その時代...
    真実を知る人の想いにはどうあがいても辿り着けない
    俺は「回天」を伝えるために、死のうと思う
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:市川海老蔵
    19

スポンサードリンク