スポンサーリンクあり

全28作品。クロード・シャブロル監督が制作した映画ランキング

  1. 不貞の女
    • A
    • 4.15

    ネット上の声

    • 訳が少々気になりました
    • ずっと見たくて、、配信とかないので円盤買いました!スリル満点の不倫サスペンス✨相
    • 古典的かつシンプルなストーリーに、シャブロルの職人的演出が加わった見応えのあるサ
    • 予期せぬ妻の不倫に気づいた時、平凡な夫の心はどのように動き、どのように行動してい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間95分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ステファーヌ・オードラン
  2. 沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇
    • A
    • 4.08
    コンプレックスから田舎のブルジョワ家庭を皆殺しにした女の姿を描くサスペンス。ルース・レンデルの小説『ロウフィールド館の惨劇』を「殺意」「愛の地獄」のクロード・シャブロル監督で映画化。脚本はシャブロルとカトリーヌ・エリアチェフ。製作、撮影、音楽、編集、録音は前作「愛の地獄」と同じメンバー。主演は「ジャンヌ」のサンドリーヌ・ボネールと「ボヴァリー夫人」「愛・アマチュア」のイザベル・ユペールで、揃って95年ヴェネチア国際映画祭の主演女優賞に輝き、さらにユペールは同年度のセザール賞女優賞も獲得した。共演は「愛の地獄」のジャン=ピエール・カッセル、「メランコリー」のジャクリーン・ビセット、「カップルズ」のヴィルジニ・ルドワイヤンほか。

    ネット上の声

    • それぞれに秘密を抱えた二人の女の出会いが富裕層への嫉妬や偽善者への憎悪を加速させ
    • まったまたー、サービス精神旺盛ねえ
    • 意外にめっけもん的作品ですが・・・
    • ミステリーというよりもホラー
    サスペンス、 スティーヴン・セガール主演の沈黙
    • 製作年1995年
    • 製作国フランス
    • 時間111分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演イザベル・ユペール
  3. 石の微笑
    • A
    • 4.02
    フランス映画界の巨匠クロード・シャブロルが、イギリスの女流ミステリー作家ルース・レンデルの同名小説を映画化した官能サスペンス。25歳の青年フィリップは、妹の結婚式で出会った美しい女性センタと恋に落ちる。情熱的な愛に溺れていくフィリップだったが、次第にセンタの不可解な言動に振り回されはじめる。やがてセンタは、自分への愛の証として、フィリップに殺人を犯すよう迫り……。主演は「ピアニスト」のブノワ・マジメル。

    ネット上の声

    • 僕が世界一好きな監督のひとり、クロードシャブロル監督による一風変わった珍作、石の
    • もし恋に落ちた相手がイカれたメンヘラ女性だったら!?
    • 題材はいいけど、正直、物足りませんでした
    • 切ないそして底知れない恐ろしさを感じる
    サスペンス
    • 製作年2004年
    • 製作国フランス,ドイツ
    • 時間107分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ブノワ・マジメル
  4. ふくろうの叫び
    • B
    • 3.78
    地方都市の郊外の一軒家を舞台に、一人の女と二人の男をめぐる愛と嫉妬が思わぬ惨劇に発展するまでを冷酷なタッチで描く心理サスペンス。監督は「沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇」のクロード・シャブロルで、サスペンスもののジャンルに独自の新局面を切り開いた彼の作品のなかでも屈指の傑作との評判が高かったにもかかわらず、製作後10年弱を経て初めての日本公開となる。製作は『虎は新鮮な肉を好む』『肉屋』でもシャブロルと組んだイタリアのアントニオ・パッサリア。原作は「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」など数々の映画化作品も有名な現代推理小説界の巨人パトリシア・ハイスミス(94年死去) が62年に発表した『ふくろうの叫び』(邦訳・河出文庫)。シャブロルは以前にもハイスミスの「太陽がいっぱい」の映画化を試みたが、映画化権をルネ・クレマン監督にもっていかれた経緯があり、以来念願の企画だった。脚色はシャブロルとオディール・バロスキ。撮影はシャブロルの処女作『美しきセルジュ』(テレビ放映)で撮影監督アンリ・ドゥカの下でオペレーターをつとめて以来、91年の「ボヴァリー夫人」を最後に引退するまで、彼のカメラ番として活躍したジャン・ラビエ。音楽はシャブロルの子息で80年代から父の作品の音楽を担当しているマチュー・シャブロル。美術はジャック・ルギヨン。録音はジャン=ベルナール・トマソン。衣裳はクリスチャン・ディオール・ムッシューのデザイナー、モニク・マルロッティ。編集はドミニク・ファルドゥリス。出演は「夏に抱かれて」「ボヴァリー夫人」のクリストフ・マラヴォワ、本作でセザール賞新人女優賞を受賞した「おっぱいとお月さま」のマチルダ・メイ、「愛する者の名において」のジャック・プノー、「サム・サフィ」の監督として知られるヴィルジニ・テヴネ、ジャック・リヴェット監督の幻の大作『狂気の愛』の主演で知られる「日曜日が待ち遠しい」「地に堕ちた愛」のジャン=ピエール・カルフォンほか。

    ネット上の声

    • 【不運にじわじわ追い詰められて】
    • 映像美に酔いましょう
    • シャブロル87年作
    • 序盤の焚き火越しに映される主人公のショットの執拗さがすでにこの先の不穏さを物語っ
    サスペンス
    • 製作年1987年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間102分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ヴィルジニー・テヴネ
  5. 主婦マリーがしたこと
    • C
    • 3.57
    ナチ占領下の北フランス、ノルマンディを舞台に、平凡な主婦のたどる過酷な運命を描く人間ドラマ。製作はマラン・カルミッツ、監督・脚本は「ジャン・ポール・ベルモントの交換結婚」のクロード・シャブロル、共同脚本はコロ・タヴェルニエ・オヘイガン、撮影はジャン・ラビエ、音楽はマチュー・シャブロルが担当。出演はイザベル・ユペール、フランソワ・クリュゼほか。

    ネット上の声

    • 現代の主婦にも通じる展開、ありえない結末
    • 時代背景は主婦の犯罪を極刑まで高めた
    • 前情報なしに観たら面白かった〜
    • 平凡な主婦のはずが・・・。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1988年
    • 製作国フランス
    • 時間108分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演イザベル・ユペール
  6. 6

    肉屋

    肉屋
    • C
    • 3.42

    ネット上の声

    • ■クロード・シャブロル監督の異色スリラー🗡■
    • 良い作品で、凄く引き込まれた
    • 牧歌的な村で起こる殺人事件
    • 愛は歪んでいればいるほど美しいと思っているのでこの酩酊に満ちた二人だけの世界には
    サスペンス
    • 製作年1969年
    • 製作国フランス
    • 時間93分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ステファーヌ・オードラン
  7. 嘘の心
    • C
    • 3.33
    少女殺人事件に巻き込まれた夫婦のあやうい感情の相克を描く心理サスペンス。監督は「沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇」のクロード・シャブロル。脚本・台詞は「ふくろうの叫び」のオディル・バルスキとシャブロル。製作のマラン・カルミッツ以下、音楽のマチュー・シャブロル、編集のモニク・ファルデュリス、衣裳のコリンヌ・ジョリーらシャブロルの常連スタッフが集結。撮影は「奇蹟の輝き」のエドゥアルド・セラ。出演は「レ・ミゼラブル」のジャック・ガンブラン、「沈黙の女」のサンドリーヌ・ボネール、「愛する者よ、列車に乗れ」のヴァレリア・ブルーニ=テデスキほか。

    ネット上の声

    • シャブロル監督作品
    • 大好きなジャック、ガンブランが主演だったから、そしてシャブロル監督だから見たので
    • 海沿いの小さな街、少女殺人、寝取られ、不能、霧と舟…ザ・シャブロルな世界がここに
    • もうシャブロル全開!って感じの、遠心的、迂回に迂回を重ねるストーリーテリング
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1999年
    • 製作国フランス
    • 時間113分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演サンドリーヌ・ボネール
  8. ヴィオレット・ノジエール
    • C
    • 3.31

    ネット上の声

    • シャブロルの作品はほとんど似たりよったりなのか?奇妙な味わいの安酒のような映画で
    • 上映企画『フランス映画と女たち』より、黒ユペール様こと『ヴィオレット・ノジエール
    • ハコイリ・ユペールとパパカツ・ユペールの二面性を楽しむ映画、とそんな単純なもので
    • 『EO』を見た頃「ユペールはいつからああなったんだ」とぼやくと「いや最初からあん
    • 製作年1978年
    • 製作国フランス,カナダ
    • 時間---分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演イザベル・ユペール
  9. 気のいい女たち
    • C
    • 3.24
    パリの電器店で働く4人の若い女性。職場で同じ時間を過ごしながら、抱える事情はそれぞれ。ジャーヌはフィアンセがいながらも束縛を嫌い、年長のジネットは秘密が多い。チラは彼氏の両親を見て落胆し、ジャクリーヌはハンサムな男にだまされそうになる…。

    ネット上の声

    • パリジェンヌのアフターファイブは19時から
    • パリジェンヌたちの夢と現実
    • それでも輝く乙女達!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国フランス
    • 時間93分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ベルナデット・ラフォン
    • 定額
  10. 愛の地獄
    • C
    • 3.18
    美しい妻に対する夫の異常な嫉妬をめぐる心理サスペンス。「恐怖の報酬」「悪魔のような女」で50年代フランスを代表するサスペンス映画作家、アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督が64年に中途で製作を放棄した脚本を基に、ヌーヴェルヴァーグの旗手だったベテラン、クロード・シャブロルが時代を現代に置き換えて脚色・監督。製作は「トリコロール」(三部作)など現代フランスを代表するプロデューサー、マラン・カルミッツ。撮影はシャブロルとは92年の『Betty』 (未公開) で組んだ「オリヴィエ オリヴィエ」のベルナール・ジツェルマン。(前作『L'oeil du Vichy (ヴィシーの眼) 』は戦時中の記録フィルムの再構成だったので除外すれば、『Betty』、本作、次作「沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇」と3本連続になる。)音楽は監督の実子で「ボヴァリー夫人」など80年代以降の父の作品の音楽を多数手掛けるマチュー・シャブロル。美術はエミール・ジゴ、録音はジャン・ベルナール・トマソン、編集はモニーク・ファードウリュ。出演は「愛を弾く女」のエマニュエル・ベアール、「プレタポルテ」「フレンチ・キス」のフランソワ・クリュゼ、「ラヴィ・ド・ボエーム」「レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う」のアンドレ・ヴィルムス、マルク・ラヴォワース、「オディールの夏」のナタリー・カルドーヌ。そのほかホテルの常連客として、「プレタポルテ」のジャン・ピエール・カッセル、ドラ・ドル、クリスチアーヌ・ミナッツォリ、『気のいい女たち』(特別上映のみ)のマリオ・ダヴィドら60年代のシャブロル映画の常連が友情出演的に顔を揃えている。

    ネット上の声

    • 【メンヘラ堕ちについて
    • 1994年 フランス🇫🇷
    • シャンタル・アケルマンの「囚われの女」同様、妻に対する妄想に取り憑かれた男映画
    • 私は未見の『最強のふたり』の車椅子おじさんが、OCDにも程があるしつこい旦那を演
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1994年
    • 製作国フランス
    • 時間102分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演エマニュエル・ベアール
  11. いとこ同志
    • C
    • 3.18
    田舎から受験のために上京した純情な青年と、都会育ちの青年を主人公に、恋愛をめぐって傷つきやすい青年期の心理を描いたドラマ。脚本・監督ともにフランス映画界の新進クロード・シャブロル。撮影は「恋人たち」のアンリ・ドカエ、音楽はポール・ミスラキが担当。出演は「殺意の瞬間(1956)」のジェラール・ブラン、新人ジャン・クロード・ブリアリ、映画初出演のジュリエット・メニエル、クロード・セルヴァル、ミシェル・メリッツ等。製作クロード・シャブロル。

    ネット上の声

    • 情熱=熱病?ばか騒ぎから学ぶ人生とは何?
    • 真面目に生きていく空しさと虚脱感を感じる
    • 悲しく美しい劣等生
    • できる人できない人
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国フランス
    • 時間110分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ジェラール・ブラン
    • 定額
  12. 美しきセルジュ
    • D
    • 3.06
    フランスの片田舎を舞台に、アル中青年と彼を救おうとするその旧友の姿を鮮烈なタッチで綴った青春映画。監督・製作・脚本はヌーヴェル・ヴァーグの旗手、「いとこ同志」「沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇」のクロード・シャブロルで、58年公開の本作でデビューした。撮影はアンリ・ドカ。音楽はエミル・デルピエール。編集はジャック・ガイヤール。出演は「いとこ同志」のジェラール・ブランとジャン=クロード・ブリアリほか。

    ネット上の声

    • 閉そく感が漂う田舎町が舞台の人間ドラマ!
    • 静養しに来たはずなんですが・・・。
    • 伝説の映画であるが、意外に普通の話
    • これは、再生の物語です
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国フランス
    • 時間99分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ジェラール・ブラン
  13. ジャン=ポール・ベルモンドの交換結婚
    • D
    • 2.92
    持参金めあてに結婚した男が、妻の美貌の妹に魅せられてしまうというフランス喜劇。製作はアンドレ・ジェノーヴェ、監督は「女の望遠鏡」のクロード・シャブロル、脚本はポール・ジェゴフ、原作はユベール・モンティレ、撮影はロジェ・コルボー、音楽はピエール・ジャンセンが各々担当。出演はジャン・ポール・ベルモンド、ミア・ファロー、ラウラ・アントネッリ、ダニエル・イヴェルネルなど。

    ネット上の声

    • キャストの割には
    • この映画のベルモンドのクソ野郎ぶりは類を見ない
    • シャブロルによるフレンチブラックコメディ♬.*゚
    コメディ
    • 製作年1972年
    • 製作国フランス
    • 時間102分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ジャン=ポール・ベルモンド
  14. 14

    女鹿

    女鹿
    • D
    • 2.92
    ポール・ジェゴフとクロード・シャブロールの脚本を、「殺意」のクロード・シャブロルが監督したサスペンス・タッチの女性もの。撮影は「殺意」のジャン・ラビエ、音楽も「殺意」のコンビ、ピエール・ジャンセンが担当した。出演は「恋びと」のジャン・ルイ・トランティニャン、「できごと」のジャクリーヌ・ササール、「殺意」のステファーヌ・オードランほか。製作はアンドレ・ジェノーヴェ。

    ネット上の声

    • ストーリーは四章から成っていて、格差のある二人の女性がお互いにどこか惹かれ、共に
    • 百万本のバラ
    • 貧乏画家のジャクリーヌササールはトランティニャンに惹かれてるけどそれを知りつつ美
    • クレイジーにも程があってシャブロルの描く恋愛模様が本当に支離滅裂で最高だと思った
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間99分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ジャン=ルイ・トランティニャン
  15. 甘い罠
    • D
    • 2.89
    2010年に他界した仏ヌーベルバーグの巨匠クロード・シャブロルの日本未公開作品を連続公開する「映画の國名作選II クロード・シャブロル未公開傑作選」にて上映。米作家シャーロット・アームストロングによる「見えない蜘蛛の巣」をもとに、人間の心の奥底に潜む善と悪の葛藤(かっとう)を、リストのピアノ曲「葬送」をはじめとしたクラシック音楽の名曲にのせて描きだす心理犯罪ドラマ。

    ネット上の声

    • 自分の目的を守る為なら..善と悪に揺れるミカの愛の物語
    • 高評価を頼りに見ましたが、結末にモヤっと
    • イザベル・ユペール&アナ・ムグラリス
    • ユペールの演技を堪能するサスペンス
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2000年
    • 製作国フランス
    • 時間100分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演イザベル・ユペール
  16. ボヴァリー夫人
    • E
    • 2.68
    19世紀を代表するフランス文学のひとつであるグスターヴ・フローベル原作の『ボヴァリー夫人』の映画化。監督・脚本は「主婦マリーがしたこと」のクロード・シャブロル、製作はイヴォン・クレン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「さよなら子供たち」のマラン・カルミッツ、撮影はジャン・ラビエ、音楽はマチュー・シャブロル、主演のイザベル・ユペールは本作の演技により91年モスクワ国際映画祭主演女優賞を獲得している。

    ネット上の声

    • 退屈な人生を生き抜くこと
    • 退屈な人生
    • 濃厚な傑作
    • シャブロル監督、ユペール主演ということで観た記憶がありますが、印象に残らなかった
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1991年
    • 製作国フランス
    • 時間140分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演イザベル・ユペール
  17. 最後の賭け
    • E
    • 2.66
    2010年に他界した仏ヌーベルバーグの巨匠クロード・シャブロルの日本未公開作品を連続公開する「映画の國名作選II クロード・シャブロル未公開傑作選」にて上映。マフィアの金に手をつけた詐欺師コンビのてん末を、スイスの雪山や南国アンティル諸島など多彩なロケ撮影で描く。主人公の詐欺師コンビを「ピアニスト」のイザベル・ユペールと、「クリクリのいた夏」のミシェル・セローが演じる。

    ネット上の声

    • 性的な断念の上に成り立つパートナー
    • オープニングが相変わらず洒落てる
    • 詐欺師の教え子
    • 現実的で生活感のある初老の詐欺師と、いい女ユペールがバディを組んで金持ちから「人
    サスペンス
    • 製作年1997年
    • 製作国フランス
    • 時間105分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演イザベル・ユペール
  18. 他人の血
    • E
    • 2.66
     J・フォスターを主演に、C・シャブロル監督によって描かれたラブ・ロマンス。1938年、パリ。

    ネット上の声

    • クロードシャブロル監督×ヴォーヴォワール原作
    • ジョディ・フォスターの芯が強すぎるために戦時下でありながら焦燥・緊張の共体験は無
    • 愛する者のため、凛々しく勇ましく生きる姿がジョディ・フォスターにピッタリで素敵す
    • 開戦前のパリ、洋装店を営む若きジョディ・フォスターってあんまし説得力ないなあなん
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1984年
    • 製作国アメリカ,フランス,カナダ
    • 時間130分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ジョディ・フォスター
  19. 二重の鍵
    • E
    • 2.61
    アメリカの推理作家スタンリー・エリンの『ニコラス街の鍵』を原作に、「いとこ同志」のクロード・シャブロルが初めてスリラー映画を監督した。脚本と台詞は「いとこ同志」でシャブロルに協力したポール・ジェゴフ、撮影は「大人は判ってくれない」のアンリ・ドカエ、音楽はポール・ミスラキと、いずれも、「いとこ同志」のスタッフ。出演はマドレーヌ・ロバンソン(この作品で五九年度ヴェニス映画祭女優演技賞を獲得している)「墓にツバをかけろ」のアントネラ・ルアルディ、「勝手にしやがれ」のジャン・ポール・ベルモンド、「反乱」のジャック・ダクミーヌのほか、ジャンヌ・ヴァレリー、ベルナデット・ラフォン、アンドレ・ジョスランの新人たちである。製作ロベール・アキムおよびレイモン・アキム。

    ネット上の声

    • 下着姿のベルナデット・ラフォンが窓際で庭師及び牛乳配達の兄ちゃんに色目を振りまく
    • 太陽の下、広大な敷地に住む裕福な一家
    • サスペンス以外に見どころあり
    • 「美を殺したんだ」
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間100分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演アントネッラ・ルアルディ
  20. 悪の華
    • E
    • 2.60
    2010年に他界した仏ヌーベルバーグの巨匠クロード・シャブロルの日本未公開作品を連続公開する「映画の國名作選II クロード・シャブロル未公開傑作選」にて上映。第2次大戦末期ドイツ占領下時代の悪夢を脈々と受け継いできたブルジョア一家に、ある日、1枚の中傷ビラが投げ込まれる。そのことをきっかけに、一家のナゾめいた血縁関係や退廃的なモラルが徐々に暴かれていく。

    ネット上の声

    • あるブルジョワ一家の秘密の話だけど、近親相姦と反ナチスが裏テーマとして匂う匙加減
    • フランスのヒッチコックと呼ばれたクロード・シャブロル監督、2本目の鑑賞
    • 【濃度の高い呪縛に纏わりつかれる一族】
    • 不穏なオープニングにゾクゾク…
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国フランス
    • 時間104分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ナタリー・バイ
  21. ダンディ
    • E
    • 2.52
    • 製作年1961年
    • 製作国フランス
    • 時間99分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ジャン=クロード・ブリアリ
  22. 引き裂かれた女
    • E
    • 2.50
    2010年に他界した仏ヌーベルバーグの巨匠クロード・シャブロル監督が、07年に手がけたサスペンス。20世紀初頭のアメリカで起こった「スタンフォード・ホワイト殺害事件」をベースに、年齢も性格も異なる2人の男に愛されたヒロイン、ガブリエルが、歪んだ恋愛関係に溺れ、自分を見失っていく様子を描く。主演は「スイミング・プール」のリュディビーヌ・サニエ。ガブリエルを愛する2人の男に、「ピアニスト」のブノワ・マジメル、仏映画界のベテラン俳優フランソワ・ベルレアン。

    ネット上の声

    • スタンフォード・ホワイト殺人事件からヒントを得た作品とのこと
    • 昼ドラにありそうなテーマなんですが・・・
    • サスペンスでもスリラーでも、ラブでもない
    • ちょい悪オヤジとイケメンどら息子なら…
    サスペンス
    • 製作年2007年
    • 製作国フランス
    • 時間115分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演リュディヴィーヌ・サニエ
  23. 権力の陶酔
    • E
    • 2.50
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2005年
    • 製作国フランス,ドイツ
    • 時間107分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演イザベル・ユペール
  24. 刑事ベラミー
    • E
    • 2.31
    ヌーベル・バーグを代表する名匠クロード・シャブロルの遺作となった心理サスペンス。休暇中で妻と穏やかな毎日を過ごしていたベラミー警視は、ノエル・ジャンティと名乗る怪しい男から呼び出され、モーテルで男と会う。ノエルは1枚の写真をベラミーに見せ、写真に写る男を殺したと告白するが、その男はノエルと瓜二つだった。不審に思ったベラミーがノエルの身辺を調べていくうちに、世間を騒がせた保険金詐欺事件の意外な真相へとつながっていく。タイトルロールを演じるのは名優ジェラール・ドパルデュー。

    ネット上の声

    • シャブロル監督の遺作
    • ちょっとしたことで
    • 静かに流れる時間
    • シャブロル監督の遺作
    サスペンス
    • 製作年2009年
    • 製作国フランス
    • 時間110分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ジェラール・ドパルデュー
  25. 25

    殺意

    殺意
    • E
    • 2.10
    ウィリアム・ベンジャミンのオリジナル・ストーリーを、クロード・ブリュレとデレック・プルースが脚色、「ジャガーの眼」のクロード・シャブロルが監督したサスペンス・ドラマ。撮影はジャン・ラビエ、音楽はピエール・ジャンセンが担当した。出演は「かわいい毒草」のアンソニー・パーキンス、「ペルーの鳥」のモーリス・ロネ、「甘い生活」のイヴォンヌ・フルノー、シャブロル夫人のステファーヌ・オードランほか。製作はレイモン・エジェとジャック・ナトー。テクニカラー、テクニスコープ。

    ネット上の声

    • アメリカ資本だが、いつも通りというか主要人物全員が獣のような性格で見ていて気持ち
    • 凱旋門のまわりをモーリスロネとアンソニーパーキンスがチャラい格好で車を流しその後
    • 人物を回り込むカメラのキレとイヤミみたいなオーバーラップ、これはかなり調子良いシ
    サスペンス
    • 製作年1966年
    • 製作国フランス
    • 時間95分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演アンソニー・パーキンス
  26. 虎は新鮮な肉を好む
    • E
    • 1.95

    ネット上の声

    • ラリー・コーエン『新・死霊伝説』のサミュエル・フラーの登場シーンをずっと観てるよ
    • クロード・シャブロルはヌーヴェルヴァーグ出身の監督だけれど、その後はどんどん好き
    • シャブロルのスパイ活劇 プロレスだの柔道だの変な空間が清順的でもあった
    • シャブロルのスパイ映画は初だったが自画自賛している通りよく出来ていた
    アクション
    • 製作年1964年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間84分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ロジェ・アナン
  27. スーパータイガー/黄金作戦
    • E
    • 1.91
    「虎は新鮮な肉を好む」のアントワース・フラショの原案をアントワーヌ・フラショとジャン・カーテリンが脚色、「ジャガーの眼」のクロード・シャブロルが監督したアクションもの。撮影は「幸福」のジャン・ラビエ、音楽は「現金に手を出すな」のジャン・ヴィーネが担当した。出演は「ジャガーの眼」のロジェ・アナン、「虎は新鮮な肉を好む」のロジェ・デュマ、「地獄のランデブー」のマーガレット・リー、「愛は限りなく」のミカエラ・チェンダリなど。製作は「私生活」の女流プロデューサー、クリスチーヌ・グーズ・レナル。

    ネット上の声

    • 90分切ってる!嬉しい
    • シャブロル流B級スパイ物の一つで、可動式ベッド、上空からのロープ、棺桶・サメ(x
    アドベンチャー(冒険)、 アクション
    • 製作年1965年
    • 製作国フランス,スペイン,イタリア
    • 時間85分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演ロジェ・アナン
  28. ジャガーの眼
    • E
    クロード・シャブロル、クリスチャン・イブ、ダニエル・ブーランジェの共同脚本を、「虎は新鮮な肉を好む」のクロード・シャブロルが監督したスパイ・アクション。撮影は「幸福」のジャン・ラビエ、音楽はピエール・ジャンセンが担当した。出演は「国境は燃えている」のマリー・ラフォレ、「ビリディアナ」のフランシスコ・ラバル、「山猫」のセルジュ・レジアニ、舞台俳優シャルル・デネール、エイキム・タミロフほか。製作はジョルジュ・ド・ボールガール。
    サスペンス、 アクション
    • 製作年1965年
    • 製作国フランス
    • 時間111分
    • 監督クロード・シャブロル
    • 主演マリー・ラフォレ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。