全9作品。第18回ロサンゼルス映画批評家協会賞(1992年開催)の映画ランキング

  1. 紅夢

    紅夢
    評価:S4.30
    ヴェネチア国際映画祭(1991年・銀獅子賞) 蘇童の小説『妻妾成群』を原作とするチャン・イーモウ=コン・リー・コンビの第3作。20年代の中国。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    チャン・イーモウの最高傑作でしょう。
    悲劇の元に咲く女性
    紅に、魅入られて。
    何回でも観たい
    製作年:1991
    製作国:香港/中国
    監督:チャン・イーモウ
    主演:コン・リー
    1
  2. アラジン

    アラジン
    評価:A3.98
    アカデミー賞(1993年・2部門) 街で城から抜け出してきたジャスミン姫と出逢った貧しい青年アラジンは、ジャスミンの結婚相手に相応しい富を得るため、猿のアブーと共に魔法の洞窟に入る。煮えたぎる溶岩にまさに落ちんとする時、魔法のじゅうたんに救われる。

    ファンタジー、アドベンチャー(冒険)、アニメ、ディズニー

    ネット上の声

    私の知ってるアラジンはホールニューワールドだけだった(笑). 小さ...
    観たあと爽やかな気分になります・・・
    ディズニーアニメで一番好き!
    ディズニーのダンボに似てる
    製作年:1992
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・マスカー
    主演:スコット・ウェインガー
    2
  3. 許されざる者

    許されざる者
    評価:A3.92
    アカデミー賞(1993年・4部門)クリント・イーストウッドが、師匠であるセルジオ・レオーネ監督とドン・シーゲル監督に捧げた異色西部劇。1870年代の米ワイオミング。かつては無法者として悪名を轟かせたウィリアム・マニーだったが、今は若い妻に先立たれ、2人の幼い子どもとともに貧しい農夫として静かに暮らしていた。そこに若いガンマン、キッドが立ち寄り、賞金稼ぎの話を持ちかける。共演にジーン・ハックマン、モーガン・フリーマン、リチャード・ハリス。92年度のアカデミー賞では作品、監督を含む4部門を受賞した。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    監督イーストウッド曰く「最後の西部劇」
    いつの時代も、許されざる者は存在する。
    西部に帰ってきたイーストウッド
    イーストウッド最後の変態映画
    製作年:1992
    製作国:アメリカ
    監督:クリント・イーストウッド
    主演:クリント・イーストウッド
    3
  4. ハワーズ・エンド

    ハワーズ・エンド
    評価:C3.57
    アカデミー賞(1993年・3部門) J・アイヴォリーが「眺めのいい部屋」「モーリス」に続き、みたびE・M・フォスター文学に挑んだ作品。知的中産階級で理想主義的なシュレーゲル家と、現実的な実業家のウィルコックス家は旅行中に親しくなり、シュレーゲルの次女ヘレンはウィルコックスの別荘ハワーズ・エンドに招かれる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    複雑過ぎて、分かり難いイギリスの社会模様
    ハワーズ・エンドを巡って
    絵はがきのような映画。
    う・・・美しい!
    製作年:1992
    製作国:イギリス/日本
    監督:ジェームズ・アイヴォリー
    主演:アンソニー・ホプキンス
    4
  5. クライング・ゲーム

    クライング・ゲーム
    評価:C3.47
    アカデミー賞(1993年・脚本賞)元IRA(アイルランド共和国軍)兵士と、彼が死に至らしめた男の恋人との、危険で甘美な恋を描いたサスペンスタッチのラヴストーリー。アメリカでは最初、ニューヨークで単館上映されたが、次第に話題となり拡大公開し、ヨーロッパ映画としては異例の大ヒットとなった。九二年度アカデミーオリジナル脚本賞受賞。監督・脚本は「スターダスト」のニール・ジョーダン。製作はスティーブン・ウーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはニック・パウエルと、ジョーダン作品でおなじみのコンビ。撮影は「エドワードII」のイアン・ウィルソン。音楽は「フィル・コリンズ in …

    恋愛、どんでん返し

    ネット上の声

    ゆったりとした愛の物語。
    末端の兵士の悲哀を描いたのかと思ったら…
    まだ映画を見てない人は読まないでくだい。
    天地もひっくり返る驚異のモロだし映像!
    製作年:1992
    製作国:イギリス
    監督:ニール・ジョーダン
    主演:スティーヴン・レイ
    5
  6. 夫たち、妻たち

    夫たち、妻たち
    評価:C3.30
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1992年)ニューヨークに住む2組の夫婦の愛の崩壊と再生を描く人間ドラマ。監督・脚本・主演は「ウディ・アレンの影と霧」のウディ・アレン。製作はロバート・グリーンハット、エグゼクティヴ・プロデューサーはジャック・ローリンズとチャールズ・H・ジョフィ、撮影はカルロ・ディ・パルマが担当。いずれも前作「ウディ・アレンの影と霧」のスタッフ。出演はアレンの他、「アリス」のミア・ファロー、「裸のランチ」のジュディ・デイヴィス、映画監督で最近では「ザ・プレイヤー」などに出演しているシドニー・ポラック、「ケープ・フィアー」のジュリエット・ルイス、「ルビー・カイロ」のリーアム・ニーソンなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    受動的攻撃型カマトトぶり全てを手にする女
    うざい〜(笑)マンハッタンエグゼクティヴ
    灰色の帽子をかぶってでも得たいもの。
    年月と共に刻まれていく夫婦の絆
    製作年:1992
    製作国:アメリカ
    監督:ウディ・アレン
    主演:ウディ・アレン
    6
  7. ダメージ

    ダメージ
    評価:D3.09
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1992年・作曲賞)イギリスの上流社会を舞台に、息子のガールフレンドと情事を重ねた男が家族と共に破滅していく姿を描く恋愛ドラマ。監督・製作は「五月のミル」のルイ・マル。国際的なベストセラーとなったジジョゼフィン・ハートの同名の処女小説を原作に、「ストラップレス」(監督・脚本)のデイヴィッド・ヘアーが脚本を執筆。撮影は「ミシシッピー・バーニング」のピーター・ビジウ。音楽は「ふたりのベロニカ」のズビグニエフ・プレイスネルが担当。主演は「KAFKA 迷宮の悪夢」のジェレミー・アイアンズ、「ポンヌフの恋人」のジュリエット・ビノシュ、本作でゴールデン・グローブ助演女優賞を受賞した「ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャー」のミ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    正直、ハーレー・クインっぽい。
    ちょっと大人の…。
    愛欲大ダメージ
    不倫とは。
    製作年:1992
    製作国:イギリス/フランス
    監督:ルイ・マル
    主演:ジェレミー・アイアンズ
    7
  8. 運命の引き金

    運命の引き金
    評価:E0.00
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1992年)逃走中のコカイン強奪グループとそれを追う保安官。一見ありきたりの逃走劇と思いきや、犯人グループの黒人女性と保安官が、かつて恋人同士だったことから、事件は意外な方向に転がり始める。逃走の末の再会、燃え上がる男女の思い、そして裏切りと復讐……。息もつかせぬ展開と人間の激情が入り乱れるアクション。ビデオ、DVDタイトルは「運命の銃爪〈ひきがね〉」。

    サスペンス

    ネット上の声

    人物像が描きこまれたサスペンスの良作
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:カール・フランクリン
    主演:ビル・パクストン
    8
  9. 黒い収穫

    黒い収穫
    評価:E0.00
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1992年・ドキュメンタリー映画賞)ボブ・コノリーとロビン・アンダーソンはパプア・ニューギニア高地人のガニガ族に取材して、すでにFirst ContactとJoe Leahy's Neighbours(ともに83)の2本のドキュメンタリー映画を発表しており、「黒い収穫」はこの三部作の最後の作品にあたる。伝統的な部族社会やその文化・生活を守る人々を題材とすることはロバート・フラハティの「極北のナヌーク」(初公開時邦題「極北の怪異」)や「モアナ」以来、ジャン・ルーシュの人類学映画などドキュメンタリー映画には伝統的な主題であるが、この監督コンビのアプローチは部族そのものではなくて、部族と白人の植民地…

    ネット上の声

    事実の重み
    製作年:1992
    製作国:オーストラリア
    監督:ボブ・コノリー
    9

スポンサードリンク