全9作品。第52回ゴールデン・グローブ賞(1994年開催)の映画ランキング

  1. フォレスト・ガンプ/一期一会

    フォレスト・ガンプ/一期一会
    評価:S4.10
    アカデミー賞(1995年) 知能指数は人より劣るが、足の速さとその誠実さは天下一品という一風変わった主人公フォレスト・ガンプの半生を、時代を象徴する“事件”とヒット・ナンバーで綴った心暖まるヒューマン・ファンタジー。スペンサー・トレイシーに次いで、ハンクスが2年連続主演男優賞を取った他、アカデミー賞では当然のごとく、作品・監督・脚本といった主要部門を総嘗めにした。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    久しぶりにまた見ました。 ヒューマンドラマでありコメディであり恋愛...
    run! forrest run!
    何度も観たい!一押し映画です。
    フォレストに愛された嫌われ松子
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ゼメキス
    主演:トム・ハンクス
    1
  2. パルプ・フィクション

    パルプ・フィクション
    評価:A4.07
    アカデミー賞(1995年) 「レザボアドッグス」のQ・タランティーノによる異色のバイオレンス・アクション。強盗の計画を立てているカップルを導入部に、盗まれたトランクを取り戻そうとする二人組のギャング、ビンセントとジュールス。

    アクション

    ネット上の声

    パルプ・フィクション:羊飼いになろうと一生懸命努力している【洋画名言名セリフ】
    最初にしびれて 最後のシーンにしびれて終わった 最高
    スプライトとハンバーガーは最強の組み合わせ
    やっぱタランティーノ監督はマニアックだ〜
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:クエンティン・タランティーノ
    主演:ジョン・トラヴォルタ
    2
  3. トゥルーライズ

    トゥルーライズ
    評価:A3.85
    ゴールデングローブ賞(1994年・主演女優賞) メガ・ヒットとなった「ターミネーター2」に続いて、キャメロン+シュワルツェネッガーで送るスーパー・エンタテインメント。秘密機関オメガ・セクターの凄腕諜報員ハリー・タスカーの悩みは、妻ヘレンが浮気しているかもしれないという事。

    アクション、テロリストとの死闘を描いた

    ネット上の声

    あのキャメロン監督作品!
    面白いよ!!!!
    楽しめるがそれほど評価は高くありまへん。
    ハリウッドらしいドストライクの映画
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・キャメロン
    主演:アーノルド・シュワルツェネッガー
    3
  4. ブロードウェイと銃弾

    ブロードウェイと銃弾
    評価:B3.78
    アカデミー賞(1995年・助演女優賞)才人ウディ・アレンが“狂騒の20年代”のブロードウェイ演劇を舞台に描く、軽妙洒脱なバック・ステージ・コメディ。製作スタッフはアレン作品の常連が固め、製作は「ザ・フロント」以来のつきあいのロバート・グリーンハット、ほかにプロデューサーとしてヘレン・ロビンや「泥棒野郎」以来のジャック・ロリンズとチャールズ・H・ジョフィも名を連らねる。脚本はアレンとダグラス・マクグラスの共作。撮影は「ハンナとその姉妹」以来アレン作品の大半を手掛けるイタリアの名匠カルロ・ディ・パルマ。編集は「マンハッタン(1979)」以来の常連スーザン・E・モース。美術は「スターダスト・メモリー」の衣装から「ラジオ・デイズ」で美術…

    コメディ

    ネット上の声

    ウディ・アレン監督専念作品
    上品な映画です。
    女優2人が上出来
    出て来いやー!
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:ウディ・アレン
    主演:ジョン・キューザック
    4
  5. ライオン・キング

    ライオン・キング
    評価:B3.60
    アカデミー賞(1995年・2部門) ディズニー32作目の長篇アニメーション。サバンナの王として君臨するライオン、ムファサに息子シンバが生まれる。

    アニメ、ディズニー

    ネット上の声

    お話的に無理な部分も・・・
    主人公を好きになれない
    ハクナマタタの精神
    良い映画ですよ
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・アラーズ
    主演:ジェームズ・アール・ジョーンズ
    5
  6. カストラート

    カストラート
    評価:C3.51
    ゴールデングローブ賞(1994年・外国語映画賞) かつて18世紀のヨーロッパに実在した、禁断の声を持ったカストラート。そのボーイソプラノを維持する為に去勢され、20世紀の現代では存在そのものが禁じられているカストラートのバロック・オペラの中でも、伝説のカストラートと呼ばれたファリネッリ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    エクスタシー。それは、人が抗えない引力。
    機能性を犠牲にして審美性を手に入れる
    カストラートを求めた愚かな人間たち
    唯一の神、ファリネッリもただ一人
    製作年:1994
    製作国:イタリア/フランス/ベルギー
    監督:ジェラール・コルビオ
    主演:ステファノ・ディオニジ
    6
  7. エド・ウッド

    エド・ウッド
    評価:C3.48
    アカデミー賞(1995年)アメリカ史上最低といわれた映画監督エドワード・D・ウッドJr、通称エド・ウッドの半生を、彼のファンであるティム・バートンが映画化。映画監督を夢見る青年エドは、往年の俳優ベラ・ルゴシと出会ったことをきっかけに監督デビューを果たすが……。主演のエドを演じるのは「シザーハンズ」のジョニー・デップ。また、ベラ・ルゴシを演じたマーティン・ランドーは、本作でアカデミー賞助演男優賞を受賞した。

    ヒューマンドラマ、実話

    ネット上の声

    適当そうに作っていると見せかけるアンニュイな美学
     『怪物の花嫁』を見てみたいと思ったけど、かなり評価が低い。こうや...
    ひたすら純粋でひたすら真っ直ぐ…こんな素敵なことは他にはない!
    愛すべきダメ人間ということなのだろうが
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:ティム・バートン
    主演:ジョニー・デップ
    7
  8. フォー・ウェディング

    フォー・ウェディング
    評価:C3.25
    ゴールデン・グローブ賞(1994年)4つの結婚式と一つの葬式をモチーフに、真実の愛を見つける男女の姿をコミカルかつロマンティックに描いたラヴ・ストーリー。ロンドンでの豪華な式、カントリーサイドでの自然の中での式、スコットランドでのトラディショナルな式など、イギリス各地でロケーション撮影された、数々の英国式結婚式の風景が見もの。監督は「白馬の伝説」のマイク・ニューウェル。脚本とエクゼクティヴ・プロデューサーは「彼女がステキな理由」のリチャード・カーティスで、11年間に65回もの友人の結婚式に出席した経験に基づき、「これまで無駄にした土曜日への腹いせに」脚本を執筆したという。製作は「ダーククリスタル」などでジム・ヘンソンのパートナ…

    コメディ、恋愛、結婚

    ネット上の声

    極々平凡な作品。ヒュー・グラントだけが印象に残っただ毛だってた。
    はまれなかった。映画のせいじゃないけど
    ライフスタイル15: ヨーロッパ人を知る
    ダメ男ヒュー・グラントここに誕生
    製作年:1994
    製作国:イギリス
    監督:マイク・ニューウェル
    主演:ヒュー・グラント
    8
  9. ブルースカイ

    ブルースカイ
    評価:D3.23
    アカデミー賞(1995年)情緒不安定な軍人の妻と彼女を愛する夫の心理的葛藤を、米軍の機密事項を背景に描いた異色の家族ドラマ。90年に撮影されたが、監督の死や製作会社の倒産などが重なりアメリカでも4年間オクラ入りとなっていた。監督はこれが遺作となった、「長距離ランナーの孤独」「ホテル・ニューハンプシャー」のトニー・リチャードソン。テレビ畑で活躍する脚本家ラマ・ローリー・ステグナーの半自叙伝的な原案を、彼女と「ペギー・スーの結婚」のコンビ、アーレン・サーナーとジェリー・レイクトリングの共同で脚色。製作は「ウィンター・ピープル」のロバート・H・ソロ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「薔薇の素顔」のジョン・G・ウィルソン。撮…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

     基地内でデートしようとしていた娘は無邪気に手榴弾を暴発させて大騒...
    鑑賞後は青い空の様に気分は快晴!
    アメリカ的。
    家族愛だね
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:トニー・リチャードソン
    主演:ジェシカ・ラング
    9

スポンサードリンク