全15作品。第22回アカデミー賞(1950年開催)の映画ランキング

  1. 自転車泥棒

    自転車泥棒
    評価:B3.61
    アカデミー賞(1950年) 敗戦国の戦後のどん底を痛感させるネオレアリズモの秀作。長い失業の末、映画ポスター貼りの職を得たアントニオは、質屋から自転車を請け出し、六歳の息子ブルーノを乗せ町を回るが、ふとした隙に自転車が盗まれてしまう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    尼崎では自転車は天下の回り物(らしい)
    言葉に出来ないラストシーン
    正直、痛い。
    泣きたい
    製作年:1948
    製作国:イタリア
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:ランベルト・マジョラーニ
    1
  2. 女相続人

    女相続人
    評価:C3.56
    アカデミー賞(1950年)「ミニヴァー夫人」「我等の生涯の最良の年」のウィリアム・ワイラーがパラマウントに入社しての第1回製作・監督に当たったもので、19世紀の心理小説家ヘンリー・ジェームズの小説『ワシントン街』より、ルース及オーガスタス・ゲーツが戯曲化した「女相続人」に取材、劇作者が映画用に脚本を書き改めている。撮影は「蛇の穴」のレオ・トーヴァー、音楽は「我等の町」のアーロン・コープランド(アカデミー音楽賞)。出演者は「遥かなる我が子」に次ぎ、再度アカデミー賞を獲得したオリヴィア・デ・ハヴィランド、「捜索」のモンゴメリイ・クリフト、「堕ちた偶像」のラルフ・リチャードソン、「旧友」のミリアム・ホプキンスのほか、「恋文…

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    愛の喜びは短くてはかない・・・
    執念の果て
    ハラハラ・・・そして衝撃
    非社交的
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:オリヴィア・デ・ハヴィランド
    2
  3. 踊る大紐育(ニューヨーク)

    踊る大紐育(ニューヨーク)
    評価:C3.50
    アカデミー賞(1950年)「踊る海賊(1948)」のアーサー・フリードが製作しジーン・ケリイが主演と共同監督を受け持つ1949年度色彩ミュージカル。アドルフ・グリーンとベティ・カムデンの原作音楽劇から原作者が脚色しケリイとともに振付家スタンリー・ドーネンが監督している。撮影は「大編隊」のハロルド・ロッソン、音楽は舞台におけるレナード・バーンスタインのバレエ音楽からレニイ・ヘイトンが監督している。主演はジーン・ケリイのほか、「奇蹟の鐘」のフランク・シナトラ、「イースター・パレード」のアン・ミラア、ベテイ・ガアレット、ヴエラ・エレン、ジュールス・マンシュインらの舞台人が活躍する。

    ミュージカル

    ネット上の声

    こんな楽しい24時間が過ごせたら・・
    明るくて楽しいミュージカル映画☆3つ
    ぴあシネクラブ1997より
    ジーン・ケリー
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ジーン・ケリー
    主演:ジーン・ケリー
    3
  4. 三人の妻への手紙

    三人の妻への手紙
    評価:C3.48
    アカデミー賞(1950年)3人の若妻に届いた見知らぬ女からの手紙が元で起こる浮気騒動を描く人間喜劇。ジョン・クレンブナーとヴェラ・キャスパリーの原作の映画化で、脚本・監督はジョセフ・L・マンキウィッツ、撮影はアーサー・ミラー、音楽はアルフレッド・ニューマンが担当。出演はジーン・クレイン、アン・サザーン、リンダ・ダーネル、ジェフリー・リン、カーク・ダグラス、ポール・ダグラス、バーバラ・ローレンスなど。

    ヒューマンドラマ、コメディ、恋愛

    ネット上の声

    古臭さがなく見ごたえのある作品
    センスを感じる構成と演出
    センスの良い脚本と演出
    流石のマンキウィッツ
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ
    主演:ジーン・クレイン
    4
  5. 若草物語

    若草物語
    評価:C3.44
    アカデミー賞(1950年)アメリカの家庭小説の名作といわれるルイザ・メイ・オルコットの「リツル・ウイメン」の映画化で、「哀愁」「心の旅路」のマーヴィン・ルロイが、テクニカラー色彩映画として製作監督した1949年作品。脚本は、1934年にRKOラジオで映画化された時のサラ・Y・メイソン、ヴィクター・ヒアマンのチームに、アンドルウ・ソルトが協力して執筆、撮影は「女の顔」のロバート・ブランク、「悪漢バスコム」のチャールズ・エドガー・シェーンバウム、音楽はアドルフ・ドイッチェの作曲である。主演は「秘めたる心」のジューン・アリソン、「下町天国」のピーター・ローフォード、「悪漢バスコム」のマーガレット・オブライエン、「暴力行為」…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    タイプの違う四姉妹で皆、魅力的でした。
    なんといってもJ・アリスン・・・
    女優たちの演技が魅力。
    若草物語では一番好き
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:マーヴィン・ルロイ
    主演:ジューン・アリソン
    5
  6. 頭上の敵機

    頭上の敵機
    評価:C3.31
    アカデミー賞(1950年)「蛇の穴」と同じく、二十世紀フォックスの副社長ダリル・F・ザナックが自ら製作に当たった1950年度作品で、最近相ついで作られた第二次大戦を背景とした戦争映画の1つである。監督は「海の征服者」のヘンリー・キングで、第二次大戦に参加したバーン・レイ・ジュニアと、サイ・バートレット(「アラスカ珍道中」)の2人が自作の小説より脚本を書いたもの。撮影は「狐の王子」のレオン・シャムロイ、音楽は「私も貴方も」のアルフレッド・ニューマンの担当。主演は「仔鹿物語」のグレゴリー・ペックで「パーキントン夫人」のヒュー・マーロウ、この映画でアカデミー助演賞をうけた「西部魂(1941)」のディーン・ジャガー、舞台出身…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    グレゴリー・ペックが信念に生きる孤高の男
    キャラ描写が見所の戦争映画☆3.0
    実機映像とちゃんとしたドラマ
    人間ドラマ>アクション
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:グレゴリー・ペック
    6
  7. 黄色いリボン

    黄色いリボン
    評価:C3.28
    アカデミー賞(1950年)「幌馬車(1950)」と同じく、ジョン・フォードがメリアン・C・クーパーと組んだアーゴシイ・ピクチュア・プロダクションの1949年度色彩西部劇。サタディ・イヴニング・ポスト誌所載のジェームズ・ワーナー・ベラの原作を、「幌馬車(1950)」のフランク・S・ニュージェントと、「ジャングル・ブック(1942)」の潤色者で劇評価のローレンス・ストーリングスが共同脚色、ジョン・フォード(「幌馬車(1950)」)が監督している。撮影は新人のウィントン・ホッホとチャールズ・ボイル、音楽監督はルシアン・カイリエ。主演は「男性都市」のジョン・ウェインが老大尉に扮し、「幌馬車(1950)」の主要メンバーであるジ…

    西部劇

    ネット上の声

    J・ウェイン主演映画のなかではいい・・・
    ジョン・フォード監督騎兵隊3部作の第2弾
    NO.15「き」のつく元気になった洋画
    あぁ、あの有名な曲はこの映画発なのか…
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ジョン・ウェイン
    7
  8. 猿人ジョー・ヤング

    猿人ジョー・ヤング
    評価:D3.23
    アカデミー賞(1950年・視覚効果賞)アフリカのコンゴで少女に育てられたゴリラは巨大な成長を遂げ、アメリカのナイトクラブに出演するハメに。だがある日、酔客のイタズラで大混乱が起きる。「キング・コング」のスタッフが手掛けた“巨猿シリーズ“の第3作。さわやかな後味の残るラストが良い。レイ・ハリーハウゼン、ウィリス・H・オブライエンらが特撮を担当している。

    アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    文句なしの面白さでアカデミー賞特殊効果賞
    ウッホーウホウホ
    もう一つの“キング・コング”
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:アーネスト・B・シュードサック
    主演:テリー・ムーア
    8
  9. オール・ザ・キングスメン

    オール・ザ・キングスメン
    評価:D3.11
    アカデミー賞(1950年)1949年度アカデミー賞を3部門(作品、主演男優、助演女優)受賞しながら、政治の裏側を徹底して暴いているため、政治的圧力を受けて日本公開されなかった問題作。製作・監督・脚本は「ハスラー」のロバート・ロッセン、原作はロバート・ペン・ウォーレンの1947年ピューリッツァー賞受賞の同名小説、撮影は「俺たちに明日はない」のバーネット・ガフィ、音楽は「ジョルスン物語」のモリス・W・ストロフが各々担当。出演はブロデリック・クロフォード、マーセデス・マッケンブリッジ、ジョアン・ドルー、アン・シーモア、ジョン・デレク、ジョン・アイアランド、シェパード・ストラドウィックなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    キレのある演出が勝利した社会派ドラマ
    政治家の堕落を描いた硬派政治映画
    政治家ってこんなんなの・・・・
    政治家の腐敗は無くならない
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ロッセン
    主演:ブロデリック・クロフォード
    9
  10. 甦る熱球

    甦る熱球
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1950年)テキサス州の片田舎の草野球の投手が、酒で道を誤って浮浪者同然になった元職業野球の一流選手に認められ、猛特訓の末にシカゴ・ホワイトソックスへ入団を許されて輝かしい戦績をあげるが、趣味のウサギ狩りで自分の暴発弾を脚に受け、義足となる。しかし、不屈の闘志と妻の献身的な愛に助けられ、見事カムバック。招待されたオールスター戦で驚異の勝利をつかむ。これは実在した義足投手モンティ・ストラットンの伝記の映画化。スポーツ映画に見えるが本質は夫婦の愛情ドラマで、「グレン・ミラー物語」に先立つJ・スチュアートとJ・アリスンの好演が感動を呼ぶ。

    ヒューマンドラマ、スポーツ、実話、夫婦

    ネット上の声

    スポーツ映画というよりは・・・
    ぴあシネクラブ97’より
    野球が夢の国
    名コンビ!
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:サム・ウッド
    主演:ジェームズ・スチュワート
    10
  11. 戦場

    戦場
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1950年)MGMの製作部長となったドーリー・シャーリーが自ら製作に当り「鉄のカーテン」のウィリアム・A・ウェルマンが監督した1949年度作品。共同製作者のロバート・ピロッシュが脚本を書き撮影はポール・C・ヴォーゲル、音楽はレニー・ヘイトンと新進気鋭のスタッフを揃えているほか、出演者も「ママは大学一年生」のヴァン・ジョンソン、「帰郷(1948)」のジョン・ホディアク、「芸人ホテル」のジョージ・マーフィー以下、リカルド・モンタルバン、マーシャル・トンプソン、ジェローム・コートランド、ドン・テイラー、デニーズ・ダーセル等の新人が起用されている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    誰が誰だか判りにくい・・・
    本当の『バルジ大作戦』
    埋もれた名作
    どこか、ほのぼの
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・A・ウェルマン
    主演:ヴァン・ジョンソン
    11
  12. チャンピオン

    チャンピオン
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1950年)ここ2年間ハリウッドで注目の的となっている製作者スタンリー・クレイマーの出世作でリング・ラードナーの同名の小説から、クレイマー・プロ付きのカール・フォアマンが脚色、マーク・ロブソン(「渓谷の銃声」)が監督した1949年作品で、撮影はフランツ・プラナー「恋人よいま一度」、音楽は「西部の男」のディミトリ・ティオムキン。「三人の妻への手紙」のカーク・ダグラス、「サンマー・ホリデイ」のマリリン・マックスウェル、「窓」のアーサー・ケネデイとルース・ローマンとポール・スチュワート、新人ローラ・オルブライトらが共演する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ボクシングの光と影
    形相のすさまじさ
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ロブソン
    主演:カーク・ダグラス
    12
  13. ドン・ファンの冒険

    ドン・ファンの冒険
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1950年)活劇スター、E・フリン主演のもの。女性と剣に滅法強い放蕩児ドン・ファンと宿敵ローカとの対決をクライマックスに、活劇の醍醐味をふんだんに盛り込んだ娯楽作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    喜劇要素たっぷり。フリン、戦後の代表作
    原作が有名
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・シャーマン
    主演:エロール・フリン
    13
  14. ヴァン・ゴッホ

    ヴァン・ゴッホ
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1950年)

    ヒューマンドラマ
    製作年:1948
    製作国:フランス
    監督:アラン・レネ
    14
  15. 水着の女王

    水着の女王
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1950年)「世紀の女王」と同じくエスター・ウィリアムズとレッド・スケルトンが共演するテクニカラーのミュージカル1949年作品。製作も同じくジャック・カミングス、監督は「夢みる少女」のエドワード・バゼルが当たる。脚本は「世紀の女王」のドロシー・キングスレイ、撮影は「ショウ・ボート(1951)」のチャールズ・ロシャー、音楽監督はジョージー・ストール、歌曲はフランク・ローサー、ミュージカル・ナンバーの振付監督は「世紀の女王」のジャック・ドノヒューが夫々担当。なお歌曲中Baby It's Cold Outsideは49年度アカデミー歌曲賞をとった。助演者は「戦場(1949)」のリカルド・モンタルバン、「踊る大…

    ミュージカル

    ネット上の声

    洗練と泥臭さの大きな落差
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:エドワード・バゼル
    主演:エスター・ウィリアムズ
    15

スポンサードリンク