スポンサーリンクあり

全2作品。佐藤緋美が出演する映画ランキング

  1. DEATH DAYS
    • A
    • 4.40
    「そうして私たちはプールに金魚を、」でサンダンス映画祭ショートフィルム部門グランプリを受賞した長久允監督が、「前科者」の森田剛を主演に迎えて描いた作品。生まれたときから自分が死ぬ日(デスデイ)を知りながらも、そのデスデイが何歳のときに訪れるかはわからないという世界。毎年自分が死ぬかもしれない日を迎える主人公の男が、さまざまな感情を抱えながら恋人や友人たちと繰り広げる会話を通じて、やがてある答えを導き出す。毎年やってくるデスデイと向き合う男の20歳から40歳までを、森田が演じた。共演に石橋静河、前原滉、佐藤緋美ら。劇場では、本作のメイキングドキュメンタリーとなる「生まれゆく日々」が同時上映。

    ネット上の声

    • YouTubeのみ鑑賞でしたが良かった。
    • 所詮、人生は神様の手の中。とは言え誰もが美しくも激しく苦しみ生きている
    • ハリウッドが最も儲かった黄金の80年代、映画は音楽=MTVと結託し、(70年代に
    • 命日が誕生日やと決まってるけど、何歳の誕生日なのかはわからん世界
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督長久允
    • 主演森田剛
    • 定額
    • 定額
  2. ムーンライト・シャドウ
    • E
    • 2.07
    吉本ばなな初期の名作「ムーンライト・シャドウ」を、小松菜奈主演で映画化したラブストーリー。さつきと等は導かれるように出会い、恋に落ちる。等の3歳年下の柊と、柊の恋人ゆみこをあわせた4人は意気投合し、多くの時間を共に過ごす。時には、ゆみこが気になっているという「満月の夜の終わりに死者ともう一度会えるかもしれない」という不思議な現象「月影現象」についても語り合うなど、4人は穏やかで幸せな日々を送っていた。しかし、ある時、等とゆみこが死んでしまう。突然の別れに打ちひしがれ、悲しみに暮れるさつきと柊。愛する人を亡くした現実を受け止めきれないさつきと、そんな彼女を心配する柊。それぞれの方法で悲しみに向き合おうとしていた時、2人は不思議な女性・麗と出会い、それをきっかけに少しずつ日常を取り戻していくが……。原作は1989年に刊行され、世界30カ国以上で翻訳されたベストセラー「キッチン」に収録された短編小説。さつき役を小松、恋人の等を映画「his」や連続テレビ小説「エール」の宮沢氷魚が演じる。監督は、「Malu 夢路」などで知られるマレーシア出身のエドモンド・ヨウ。

    ネット上の声

    • 【”彼が遺した鈴の音。されど、川は流れる。”今作は、マレーシア出身のエドモンド・ヨウ監督が日本の名作短編をアーティスティックな世界観で描いたニュー・アジアン・フィルムである。】
    • 非現実さを含みながらどうしようなく現実味を帯びている
    • 小松菜奈の“素の美しさ”をとらえた宝石のような映画
    • 小松菜奈の現時点での代表作
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督エドモンド・ヨウ
    • 主演小松菜奈
    • 定額
    • 定額
    • レンタル
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。