スポンサーリンクあり

全5作品。ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世が出演する映画ランキング

  1. シカゴ7裁判
    • S
    • 4.62
    「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞し、「マネーボール」や自身の監督作「モリーズ・ゲーム」でも同賞にノミネートされたアーロン・ソーキンがメガホンをとったNetflixオリジナル映画で、ベトナム戦争の抗議運動から逮捕・起訴された7人の男の裁判の行方を描いた実録ドラマ。キャストには、「ファンタスティック・ビースト」シリーズのエディ・レッドメインをはじめ、ジョセフ・ゴードン=レビット、サシャ・バロン・コーエン、マイケル・キートン、マーク・ライランスら豪華俳優陣が集結した。1968年、シカゴで開かれた民主党全国大会の会場近くに、ベトナム戦争に反対する市民や活動家たちが抗議デモのために集まった。当初は平和的に実施されるはずだったデモは徐々に激化し、警察との間で激しい衝突が起こる。デモの首謀者とされたアビー・ホフマン、トム・ヘイデンら7人の男(シカゴ・セブン)は、暴動をあおった罪で起訴され、裁判にかけられる。その裁判は陪審員の買収や盗聴などが相次ぎ、後に歴史に悪名を残す裁判となるが、男たちは信念を曲げずに立ち向かっていく。Netflixで2020年10月16日から配信。一部の映画館で10月9日から劇場公開。第93回アカデミー賞で作品、脚本、助演男優など6部門にノミネート。第78回ゴールデングローブ賞では脚本賞を受賞している。

    ネット上の声

    • 600本の節目ということで、何かこう、キッチリとした雰囲気の作品を見たいな~、と
    • 脚本家ソーキンにとってはうってつけの素材
    • 法廷劇と民主主義の親和性を示す好例
    • インビジブルだった8人目
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国アメリカ
    • 時間129分
    • 監督アーロン・ソーキン
    • 主演サシャ・バロン・コーエン
    • 定額
  2. アンビュランス
    • E
    • 2.49
    「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイ監督がジェイク・ギレンホールを主演に迎え、強盗を働いた元軍人の主人公が、瀕死の警官を乗せた救急車で逃走劇を繰り広げる姿を描いたノンストップアクション。アフガニスタンからの帰還兵ウィルは、出産直後の妻が病に侵され、その治療には莫大な費用がかかるが保険金も降りず、役所に問い合わせてもたらい回しにされるだけだった。なんとかして妻の治療費を工面しようと、血のつながらない兄のダニーに助けを求めるウィル。犯罪に手を染めるダニーが提案したのは、3200万円ドル(約36億円)もの大金を強奪する銀行強盗だった。計画通りならば、誰も傷つけることなく大金だけを手にするはずだったが、狂いが生じて2人は警察に追われる事態に。やむを得ず逃走用に救急車に乗り込んだ2人だったが、その救急車はウィルに撃たれて瀕死となった警官を乗せていた。乗り合わせた救命士キャムも巻き込み、ダニーとウィルはロサンゼルス中を猛スピードで爆走することになる。ダニー役をギレンホールが演じるほか、ウィル役を「マトリックス レザレクションズ」のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、キャム役を「パーフェクト・ケア」のエイザ・ゴンザレスがそれぞれ演じる。2005年製作のデンマーク映画「25ミニッツ」のリメイク。

    ネット上の声

    • 大きなスクリーンで体感したいスタイリッシュでエッジの効いた映像ばかりで構成されているチャレンジングなアクション・クライム映画。
    • 元軍人の弟とカリスマ的犯罪者である兄の行く末をあなたの目で確かめてほしい
    • 間抜けな犯罪者って思ったが、一番間抜けなのは僕だった。
    • ジェイクギレンホールは、全身のバランスが大好きです
    アクション
    • 製作年2022年
    • 製作国アメリカ
    • 時間137分
    • 監督マイケル・ベイ
    • 主演ジェイク・ギレンホール
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  3. オールデイ・アンド・ア・ナイト:終身刑となった僕
    • E
    • 2.48
    Netflixで2020年5月1日から配信。

    ネット上の声

    • 誰が誰なのか、そもそも主人公の人物描写も足りないのか心が動かなかった
    • 治安が劣悪な環境で育つとその環境に順応してしまうという事
    • ヤーヤアブドゥルが出演しているということで視聴
    • ポリコレやLGBTQなどで表面をコーティングしつつ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国アメリカ
    • 時間121分
    • 監督ジョー・ロバート・コール
    • 主演ジェフリー・ライト
    • 定額
  4. キャンディマン
    • E
    • 2.31
    1992年製作のカルトホラー「キャンディマン」を、「ゲット・アウト」「アス」のジョーダン・ピール製作・脚本で新たに映画化。シカゴの公営住宅「カブリーニ=グリーン」地区には、「鏡に向かって5回その名を唱えると、右手が鋭利なかぎ爪になった殺人鬼に体を切り裂かれる」という都市伝説があった。老朽化した公営住宅が取り壊されてから10年後、恋人とともに町の高級コンドミニアムに引っ越してきたビジュアルアーティストのアンソニーは、創作活動の一環としてキャンディマンの謎を探っていた。やがて公営住宅の元住人だという老人と出会ったアンソニーは、都市伝説の裏に隠された悲惨な物語を聞かされる。主人公アンソニー役は「アクアマン」で強敵ブラックマンタを演じて注目されたヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世。アンソニーを支えるブリアンナ役で「ワンダヴィジョン」のテヨナ・パリスが共演。監督は「キャプテン・マーベル」続編の「ザ・マーベルズ」に抜てきされたニア・ダコスタ。

    ネット上の声

    • ジョーダン・ピールの脳内が、そら恐ろしい!!
    • キャンディに釣られてはダメです‼️
    • まさかのリメイク、そして続編
    • 可もなく不可もなくって感じ?
    ホラー
    • 製作年2021年
    • 製作国アメリカ
    • 時間91分
    • 監督ニア・ダコスタ
    • 主演ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世
  5. マトリックス レザレクションズ
    • E
    • 2.25
    1999年に公開され、革新的な映像技術とストーリーで社会現象を巻き起こしたSFアクションの金字塔「マトリックス」。2003年に公開された続編「マトリックス リローデッド」「マトリックス レボリューションズ」で3部作完結となった同シリーズの新たな物語を描く、18年ぶりとなるシリーズ新章。主人公ネオを演じるキアヌ・リーブスが過去作と変わらず同役を担当するほか、トリニティー役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット・スミスらが続投。ネオを救世主と信じ、世界の真実を伝え、彼を導くモーフィアス役を「アクアマン」のブラックマンタ役で知られるヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ネオの宿敵スミス役をドラマ「マインドハンター」のジョナサン・グロフが新たに演じ、ニール・パトリック・ハリス、クリスティーナ・リッチらが扮する新キャラクターも登場する。シリーズの生みの親であり、過去の3作品を監督しているラナ・ウォシャウスキーがメガホンをとった。

    ネット上の声

    • 「どれだけ深く考察をしたいか」で大きく評価が分かれそうな「名作」の❝復活❞。「マトリックス」の本質は「エヴァンゲリオン」と同じ。
    • 『マトリックス』のすべてを捉え直す必然性と切実さ。
    • ビジュアルの更新はしていないがテーマは深化した
    • むかし見た、新たな夢を見ているような感覚
    アクション
    • 製作年2021年
    • 製作国アメリカ
    • 時間148分
    • 監督ラナ・ウォシャウスキー
    • 主演キアヌ・リーヴス
    • レンタル
    • レンタル

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。