スポンサーリンクあり

全15作品。清原果耶が出演した映画ランキング

  1. 青春18×2 君へと続く道
    • S
    • 4.67
    始まりは 18 年前の台湾―― 高校生・ジミーのバイト先に現れた日本から来た 4 つ年上のバックパッカー・アミ。 ひと夏を同じ店で働き過ごすことになった 2 人だったが、次第にジミーはアミに淡い恋心を抱いていく。 夜道をバイクで 2 人乗りしたり、映画を観に行ったり、2 人の距離は縮まっていったが、突然、アミが日本へ帰ることに。気持ちの整理がつかないジミーに、アミは“ひとつの約束”を提案する。 時が経ち現在。あるきっかけで久々に実家を訪れたジミーは、日本に戻ったアミから 18 年前に届いたハガキを見つける。 初恋の記憶がよみがえったジミーは、過去と向き合い、今を見つめるため、日本で初めてのひとり旅へ。アミとの思い出の曲を聞きながら列車に乗り、ジミーが向かうのは彼女の故郷。ジミーはアミとの再会を果たせるのか――。

    ネット上の声

    • これまで日台合作などの映画は多くあれど、ここまで機能した作品は初めてか。これは「余命10年」の藤井道人監督の手腕によるものか?
    • 岩井俊二的抒情と台湾恋愛映画らしい甘酸っぱさの好配合
    • ラブストーリーを超えた、瑞々しく崇高な人生ドラマ
    • 台南の解放感
    青春
    • 製作年2024年
    • 製作国日本,台湾
    • 時間---分
    • 監督藤井道人
    • 主演シュー・グァンハン
  2. 碁盤斬り
    • S
    • 4.64
    「孤狼の血」「凶悪」の白石和彌監督が初めて時代劇のメガホンをとり、「ミッドナイトスワン」の草なぎ剛を主演に迎えて描いたヒューマンドラマ。古典落語の演目「柳田格之進」を基に、冤罪事件によって娘と引き裂かれた男が武士の誇りをかけて復讐に臨む姿を描く。 身に覚えのない嫌疑をかけられて藩を離れた浪人・柳田格之進は、亡き妻の忘れ形見である愛娘・お絹とともに長屋で貧しい暮らしを送っていた。落ちぶれても武士の誇りを捨てず、囲碁の勝負にもその実直な人柄が表れる格之進だったが、清廉潔白であるが故に融通の効かない一面もあった。ある日、かつての冤罪事件の真実が判明したことをきっかけに、格之進は命をかけた仇討ちを決意する。 草なぎふんする格之進の娘・お絹を清原果耶が演じるほか、共演には中川大志、奥野瑛太、音尾琢真、市村正親、斎藤工、小泉今日子、國村隼ら豪華俳優陣が集結。「凪待ち」「クライマーズ・ハイ」の加藤正人が脚本を手がけた。

    ネット上の声

    • 物語、演技、演出をおおむね楽しめたが、若干の物足りなさも
    • 草彅剛さんの演技は素晴らしいと思ったのですが‥
    • 草彅剛の持ち味が見事なまでに溶け合った秀作
    時代劇
    • 製作年2024年
    • 製作国日本
    • 時間129分
    • 監督白石和彌
    • 主演草なぎ剛
  3. 花束みたいな恋をした
    • A
    • 4.41
    「東京ラブストーリー」「最高の離婚」「カルテット」など数々のヒットドラマを手がけてきた坂元裕二のオリジナル脚本を菅田将暉と有村架純の主演で映画化。坂元脚本のドラマ「カルテット」の演出も手がけた、「罪の声」「映画 ビリギャル」の土井裕泰監督のメガホンにより、偶然な出会いからはじまった恋の5年間の行方が描かれる。東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦と八谷絹。好きな音楽や映画がほとんど同じだったことから、恋に落ちた麦と絹は、大学卒業後フリーターをしながら同棲をスタートさせる。日常でどんなことが起こっても、日々の現状維持を目標に2人は就職活動を続けるが……。

    ネット上の声

    • 坂元裕二脚本×土井裕泰監督によって、飽和状態にあった恋愛映画で新たな名作が誕生した!
    • 観る人の好みがモロに出るデートムービーには不向きな恋愛映画の秀作
    • コンテンツでつながる現代人
    • 「花束」のような作品
    恋愛
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間124分
    • 監督土井裕泰
    • 主演菅田将暉
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  4. 線は、僕を描く
    • A
    • 4.13
    水墨画の世界を題材にした砥上裕將の青春小説「線は、僕を描く」を、横浜流星の主演、「ちはやふる」の小泉徳宏監督のメガホンで映画化。 大学生の青山霜介はアルバイト先の絵画展設営現場で水墨画と運命的な出会いを果たす。白と黒のみで表現された水墨画は霜介の前に色鮮やかに広がり、家族を不慮の事故で失ったことで深い喪失感を抱えていた彼の世界は一変する。巨匠・篠田湖山に声を掛けられて水墨画を学ぶことになった霜介は、初めての世界に戸惑いながらも魅了されていく。 篠田湖山の孫で霜介にライバル心を抱く篠田千瑛を「護られなかった者たちへ」の清原果耶、霜介の親友・古前を「町田くんの世界」の細田佳央太、霜介に触発されて古前と共に水墨画サークルを立ち上げる川岸を「サマーフィルムにのって」の河合優実が演じ、三浦友和、江口洋介、富田靖子らが脇を固める。

    ネット上の声

    • 映像と演技と音楽は「ちはやふる」と同様に良いのに、何かが足りない印象。喪失と再生がテーマの成長物語。
    • 小泉徳宏監督と北島直明プロデューサーが令和の世に放った“再生”の物語
    • 王道のストーリーを支える俳優陣の素晴らしい演技
    • この作品は
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間107分
    • 監督小泉徳宏
    • 主演横浜流星
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  5. まともじゃないのは君も一緒
    • A
    • 4.08
    「婚前特急」の監督・前田弘二と脚本・高田亮が再タッグを組み、成田凌と清原果耶がダブル主演を務めた恋愛ドラマ。人とのコミュニケーションが苦手で、数学ひと筋で生きてきた予備校講師の大野。今の生活に不満はないが、このままずっと1人でいることに漠然とした不安を抱えている。世間知らずで「普通」が何かわからない彼は、女の子とデートをしてもどこかピントがずれているような空気を感じる。教え子の香住は、そんな大野を「普通じゃない」と指摘してくれる唯一の相手だ。恋愛経験はないが恋愛雑学だけは豊富な香住に、「普通」を教えてほしいと頼み込む大野だったが……。

    ネット上の声

    • 「ふつーなんかどうでもいい」の成田凌に、
    • 立場を変えると突然にひとは違って見える
    • このふたりをずっといつまでも観ていたい
    • 夜風にあたり、木漏れ日に佇む男女の機微
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督前田弘二
    • 主演成田凌
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  6. BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~
    • A
    • 3.98
    サスペンス
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督常廣丈太
    • 主演波瑠
  7. ジョゼと虎と魚たち
    • B
    • 3.94
    2003年に犬童一心監督により実写映画化された田辺聖子の同名小説を、新たに劇場アニメ化。大学で海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコに生息する幻の魚を見るという夢を追いながら、バイトに勤しむ日々を送っていた。そんなある日、坂道を転げ落ちそうになっていた車椅子の女性ジョゼを助ける。幼少時から車椅子で生活してきたジョゼは、ほとんどを家の中で過ごしており、外の世界に強い憧れを抱いていた。恒夫はジョゼと2人で暮らす祖母チヅから彼女の相手をするバイトを持ち掛けられ、引き受けることに。口が悪いジョゼは恒夫に辛辣に当たるが、そんなジョゼに恒夫は真っ直ぐにぶつかっていく。「坂道のアポロン」の中川大志が恒夫、「デイアンドナイト」の清原果耶がジョゼの声をそれぞれ演じる。テレビアニメ「ノラガミ」のタムラコータロー監督がアニメ映画初監督を務め、「ストロボ・エッジ」の桑村さや香が脚本を担当。「僕のヒーローアカデミア」のボンズがアニメーション制作。

    ネット上の声

    • アニメーション映画ならではの表現の豊かさを感じられる名作。物語の完成度も高い。
    • 人魚だったジョゼが自由になり海を泳ぐ世界を開いた恒夫と2人のストーリー
    • 韓国版から邦画と観て最後にアニメ版を鑑賞
    • 実写とかなり違う。原本が見たくなる
    アニメ
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督タムラコータロー
    • 主演中川大志
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  8. 護られなかった者たちへ
    • B
    • 3.73
    ベストセラー作家・中山七里の同名ミステリー小説を「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の主演・佐藤健と瀬々敬久監督のコンビ、阿部寛の共演で映画化。東日本大震災から9年後、宮城県内の都市部で全身を縛られたまま放置され餓死させられるという凄惨な連続殺人事件が発生した。被害者はいずれも善人、人格者と言われていた男たちだった。宮城県警捜査一課の笘篠誠一郎は、2つの事件からある共通項を見つけ出す。そんな中、利根泰久が容疑者として捜査線上に浮かび上がる。利根は知人を助けるために放火、傷害事件を起こしたて服役し、刑期を終えて出所したばかりの元模範囚だった。犯人としての決定的な確証がつかめない中、第3の事件が起こってしまう。佐藤が容疑者の利根役、阿部が利根を追う刑事・笘篠役を演じるほか、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都らが脇を固める。

    ネット上の声

    • 生活保護×3・11のテーマ性がある社会派ミステリー作品。刑事モノのミステリー映画を楽しみつつ大切な仕組みの知識も得られる!
    • 豪華キャストの入魂の演技とアンサンブル。生活保護の問題に迫る姿勢も貴重
    • 殺人の裏側に隠された衝撃的な現実に涙する良作
    • 公助が崩壊した社会
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間134分
    • 監督瀬々敬久
    • 主演佐藤健
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  9. デイアンドナイト
    • B
    • 3.65
    俳優・山田孝之がプロデューサーに専念し、「善と悪はどこからやってくるのか」をテーマに描いたオリジナルドラマ。山田と同じ事務所に所属する俳優の阿部進之介が企画・原案から携わり、長編映画に初主演。山田は俳優として出演はせず、プロデューサーに専念したほか、脚本にも名を連ねている。明石幸次は父の自殺で実家へと戻ってきた。明石の父は大手企業の不正を内部告発したことから自殺にまで追いやられ、家族も崩壊寸前となっていた。そんな明石に手を差し伸べたのは北村という男だった。北村は児童養護施設のオーナーとして、父親同然に孤児たちを養いながら、「子どもたちを生かすためなら犯罪もいとわない」という清濁を共存させた道徳観を持っていた。児童養護施設で生活する少女・奈々は、北村に傾倒していく明石を案じていたが、復讐心が次第に増幅し、明石の中の善悪の境界線が瓦解していく。主人公・明石役を阿部、北村役を安藤政信、奈々役を清原果耶がそれぞれ演じる。監督は「青の帰り道」などを手がけた藤井道人。

    ネット上の声

    • 「清原果耶のまなざしは映画界の希望だ」
    • 自分にとっての善と悪。何が正しいのか。
    • このラストシーンだからこそ、輝く一本
    • あなたにとって「正しい」って、何?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間134分
    • 監督藤井道人
    • 主演阿部進之介
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  10. 1秒先の彼
    • C
    • 3.30
    監督・山下敦弘と脚本家・宮藤官九郎が初タッグを組み、2020年製作の台湾映画「1秒先の彼女」をリメイクしたラブストーリー。原作の舞台を京都に移して男女のキャラクター設定を逆転し、周囲よりワンテンポ早い男性とワンテンポ遅い女性の“消えた1日”をめぐる物語を描く。 郵便局の窓口で働くハジメは、何をするにも人よりワンテンポ早い。ある日、彼は路上ミュージシャンの桜子に出会い、彼女のまっすぐな歌声にひかれて恋に落ちる。必死のアプローチの末にどうにか花火大会デートの約束を取りつけたものの、目覚めるとなぜか翌日になっていた。やがてハジメは、郵便局に毎日やって来るワンテンポ遅いレイカが“消えた1日”の鍵を握っていることを知る。 「ドライブ・マイ・カー」の岡田将生がハジメ役、「護られなかった者たちへ」の清原果耶がレイカ役で主演を務めた。

    ネット上の声

    • タイトルにとらわれ過ぎると作品の本質が分からなくなる作品かもしれません。そして「主役」は「彼」ですが「主人公」は「彼女」のような気がします。
    • 見終わったあと豊かな気持ちになれた
    • リメイク元を未見の方が楽しめるかも
    • 平和な映画とお似合いのキャスト陣
    ファンタジー
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間119分
    • 監督山下敦弘
    • 主演岡田将生
    • レンタル
    • レンタル
  11. 宇宙でいちばんあかるい屋根
    • C
    • 3.27
    作家・野中ともその同名人気小説を映画化し、「愛唄 約束のナクヒト」の清原果耶が映画初主演を果たしたファンタジードラマ。14歳のつばめは、隣人の大学生・亨にひそかに恋心を抱くごく普通の女の子。両親と3人で幸せな生活を送っているように見えたが、父と、血の繋がらない母との間に子どもができることを知り、どこか疎外感を感じていた。誰にも話せない思いを抱える彼女にとって、通っている書道教室の屋上は唯一の憩いの場だった。ある夜、いつものように屋上を訪れたつばめの前に、ド派手な装いの見知らぬ老婆が現れる。その老婆「星ばあ」がキックボードに乗って空を飛ぶ姿に驚きながらも、不思議な雰囲気を漂わせる彼女に次第に心を開き、恋や家族の悩みを相談するつばめだったが……。監督・脚本は日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作「新聞記者」や、清原も出演した「デイアンドナイト」を手がけた藤井道人。

    ネット上の声

    • ひとつ屋根の下の、ひとつの家族の絆の物語
    • 二人の女優の演技が光る青春ファンタジー
    • こういう映画を必要とする人はいつもいる
    • 絵本のような話+映像演出+演技力
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間115分
    • 監督藤井道人
    • 主演清原果耶
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  12. マンゴーの樹の下で ~ルソン島、戦火の約束~
    • C
    • 3.15
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演岸惠子
  13. 夏への扉 ―キミのいる未来へ―
    • D
    • 2.90
    ロバート・A・ハインラインの名作SF小説「夏への扉」を、「キングダム」の山崎賢人主演により日本で映画化。舞台を日本に移して再構築し、人生のすべてを奪われた科学者が時を超えて未来を取り戻す姿を描く。1995年、東京。ロボット開発に従事する科学者・高倉宗一郎は、亡き父の親友だった偉大な科学者・松下の遺志を継ぐプラズマ蓄電池の完成を目前にしていた。愛猫ピートと松下の娘・璃子との穏やかな日常の中で、研究に没頭する宗一郎だったが、信頼していた共同経営者と婚約者に裏切られ、自身の会社も開発中のロボットや蓄電池もすべて奪われてしまう。さらに宗一郎は人体を冷凍保存する装置・コールドスリープに入れられ、2025年の東京で目を覚ます。監督は「坂道のアポロン」「フォルトゥナの瞳」の三木孝浩。主題歌は、人気アニメ「鬼滅の刃」「ソードアート・オンライン」などで知られるLiSA。

    ネット上の声

    • いやー、こりゃキツいっす😂 邦画ってこういうノリばっかなイメージなんだよなー😑笑
    • 別の世界線のファンタジー作品。時を超える系が好きだが今作には不満が...
    • 山崎君みたさ。清原さんもファン。猫にかけられた夏への扉というタイト...
    • 山崎賢人×藤木直人のバディ感が絶妙 清原果耶の佇まいも秀逸
    青春
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間118分
    • 監督三木孝浩
    • 主演山﨑賢人
    • レンタル
    • レンタル
    • 定額
  14. 愛唄 -約束のナクヒト-
    • E
    • 2.54
    「キセキ あの日のソビト」に続く「GReeeeN」の楽曲映画化プロジェクト第2弾で、名曲「愛唄」をモチーフに送る青春ラブストーリー。「GReeeeN」自ら脚本に参加し、彼らの実話エピソードをもとにしたオリジナルストーリーで描く。恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルは、元バンドマンの旧友・龍也との再会や、運命を変える詩との偶然の出会いを通し、全力で恋と向き合う勇気を得る。ようやく巡り会えた運命の少女・凪の言葉に生きる意味を教えられるトオルだったが、凪にはある秘密があった。トオルを「虹色デイズ」の横浜流星、凪を「3月のライオン」の清原果耶、龍也を「仮面ライダーエグゼイド」の飯島寛騎がそれぞれ演じる。監督は「海月姫」「きょうのキラ君」の川村泰祐。

    ネット上の声

    • こちらの背中を押されたような気持になりました
    • 愛唄ってこんなに内容のない楽曲だったかな
    • 青春映画の中にあるヒューマンドラマ
    • 王道の恋愛映画、その心意気や良し!
    青春
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間126分
    • 監督川村泰祐
    • 主演横浜流星
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  15. 台風のノルダ
    • E
    • 1.90
    2011年に設立され、13年に劇場公開された短編「陽なたのアオシグレ」やマルコメのカップみそ汁のCMアニメーションなどで注目される新進気鋭の制作会社スタジオコロリドによるオリジナルの劇場アニメーション。とある離島の中学校を舞台に、少年同士の友情を描いた青春劇。文化祭前日、島に観測史上最大の台風が接近するなか、幼い頃から続けていた野球を辞めたことがきっかけで親友の西条とケンカした東は、突然現れた赤い目をした少女ノルダと出会う。監督は、スタジオジブリでアニメーターとして活躍し、「陽なたのアオシグレ」ではキャラクターデザインや作画監督も務めた新井陽次郎。

    ネット上の声

    • 近年稀に見る駄作、よく企画が通ったな。
    • 根拠の無い行動に説得力は生まれない
    • なんでこのシチュエーションをSFに?
    • 観てきた映画のなかで一番酷い
    アニメ
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間27分
    • 監督新井陽次郎
    • 主演野村周平
    • レンタル

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。