スポンサーリンクあり

全6作品。中村祥子が出演した映画ランキング

  1. 熊川哲也 Kバレエ カンパニー『くるみ割り人形』in Cinema
    • A
    • 4.35
    日本を代表するダンサーで振付師の熊川哲也が芸術監督を務める「Kバレエカンパニー」の公演を映像収録し、映画館のスクリーンで上映する「熊川哲也 Kバレエ カンパニー in Cinema」シリーズの第10弾。2005年の初演以来、毎年クリスマスシーズンに上演されている人気作「くるみ割り人形」を上映。19世紀初頭、人形の国ではねずみたちとの領地争いが続いていた。ある日、ねずみの王様は人形王国に魔法をかけ、マリー姫をねずみに、婚約者の近衛兵隊長をくるみ割り人形に変えてしまう。魔法を解くには純粋無垢な心を持つ人間の助けが必要で、人形の王の命を受けたドロッセルマイヤーは人間界へと旅立ち、そこで少女クララと出会う。18年12月に東京・Bunkamuraオーチャードホールで上演された舞台の模様を収録した。

    ネット上の声

    • 先日観た『クレオパトラ』が素晴らしかったので、WOWOWでこちらも鑑賞🩰✨
    • 美しすぎる(*´∀`)♪
    • 大大大好きな趣味の一つであるバレエを劇場で♡生で観に行けなかったからずっと楽しみ
    • 美しい踊りと音楽、華やかな衣装や舞台装置、可愛いストーリーに、生舞台じゃなくても
    • 製作年2019年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督---
    • 主演中村祥子
  2. 熊川哲也 Kバレエ カンパニー『白鳥の湖』in Cinema
    • A
    • 4.31
    日本を代表するバレエダンサー・熊川哲也が芸術監督を務めるKバレエカンパニーの公演を映画館で上映するシリーズの第3弾。2003年に誕生以降、Kバレエカンパニーの発展と躍進を象徴する代表レパートリーとして人気を集める演目「白鳥の湖」を映像化。2015年10月31日および11月1日に東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールで行われた公演を4Kで収録。ヨーロッパで活躍してきた中村祥子が、8年ぶりに日本でオデット/オディール役を披露した。

    ネット上の声

    • 魅惑的な作品
    • チャイコフスキーの音楽好きだなぁ〜
    • とにかく美しい世界です。
    • 2016-01-18記
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演中村祥子
  3. 熊川哲也 Kバレエ カンパニー『クレオパトラ』in Cinema
    • A
    • 4.11
    日本を代表するバレエダンサーで振付師の熊川哲也が主宰するKバレエカンパニーによる公演を映像化し、映画館で上映する「熊川哲也 Kバレエ カンパニー in Cinema」のシリーズ第7弾。「カルメン」をはじめこれまでにも古典バレエを自身のプロダクションとして生まれ変わらせてきた熊川が、全幕オリジナルの作品として発表し、2017年10月に上演された「クレオパトラ」の舞台を収録。紀元前のエジプトとローマを股にかけ、絶世の美女として誰もがその名を知りながらも、いまだ謎が多いクレオパトラについて、熊川が独自の視点で謎を解き明かすオリジナルストーリーを構築。全2幕5場にわたるグランドバレエに仕立て上げた。

    ネット上の声

    • キレと迫力のある踊りが素晴らしかった
    • さて、映画としてどう評価するのか
    • 豪華で迫力あります。
    • とにかく素晴らしい
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演中村祥子
  4. 熊川哲也 Kバレエ カンパニー『眠れる森の美女』in Cinema
    • A
    • 4.10
    日本を代表するバレエダンサーで振付師の熊川哲也が主宰するKバレエカンパニーの公演を映像化し、映画館で上映する「熊川哲也 Kバレエ カンパニー in Cinema」のシリーズ第5弾。チャイコフスキー3大バレエの中でも最高傑作と名高く、19世紀バレエ芸術の集大成とも言われる大作「眠れる森の美女」を、熊川が美しく豪華絢爛に演出。2016年6月11日に東京・上野の東京文化会館で行われた公演の模様を収録し、映像化した。16歳の誕生日に悪の精カラボスによって眠りについてしまったオーロラ姫。それから100年が過ぎ、フロリムント王子がオーロラの眠る森を訪れる。オーロラ姫の美しさを知り、心を奪われた王子は、姫を救うため森の奥へと分け入っていく。

    ネット上の声

    • 映画館にて初めてクラシックバレエ鑑賞
    • 中村祥子のオーロラ姫はステキでした!
    • 中村翔子さんは大御所感出ててすごい
    • 中村祥子さんの、あの膝下はなに⁉︎
    • 製作年2016年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演中村祥子
  5. 熊川哲也 Kバレエ カンパニー『ラ・バヤデール』in Cinema
    • B
    • 3.77
    熊川哲也主宰のKバレエカンパニーによる公演の模様を映画館で上映する「熊川哲也 Kバレエ カンパニー in Cinema」のシリーズ第6弾。古代の南インドを舞台に、舞姫ニキヤと戦士ソロルの恋をめぐる愛憎劇を描いた「ラ・バヤデール」を収録。密かに愛し合い、神に結婚の誓いを立てたニキヤとソロルだったが、ソロルを気に入った領主ラジャが、娘である王女ガムザッティとの結婚をソロルに命じ、権力とガザムッティの美しさにひかれたソロルは、その結婚を承諾してしまう。一方、ニキヤに拒絶された大僧正が、ソロルを陥れるため、ニキヤとソロルの関係を密告するが……。

    ネット上の声

    • 大好きな浅川さんと祥子さんのお2人を同時に観ることができて眼福でした
    • 振り付け(というか、振り付けの細部の演出ですね)が派手でよい
    • Kバレエカンパニーの作品を観るのはこれが2作目
    • 仕事で豊洲に行ったついでに、たまたま発見
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間122分
    • 監督---
    • 主演中村祥子
  6. 熊川哲也 Kバレエ カンパニー『海賊』in Cinema
    • E
    熊川哲也が主宰・芸術監督を務める「Kバレエ カンパニー」の公演を映像収録し、映画館のスクリーンで上映する「熊川哲也 Kバレエ カンパニー in Cinema」シリーズの第11弾。19世紀にマリウス・プティパが振付を手がけたバレエの古典名作で、熊川哲也の再振付により「Kバレエ カンパニー」の看板レパートリーとしても知られる「海賊」。2020年10月15~18日にBunkamuraオーチャードホールで上演された同舞台の模様を収録した(10月15日上演回を収録)。イオニア海を航行する海賊船。首領コンラッドと手下のビルバント、アリらをはじめとした海賊たちは、商船を襲って手にした財宝に囲まれ美酒に酔いしれていたが、嵐に襲われ難破し、ギリシャの浜辺に打ち上げられる。海賊たちを発見したメドーラとグルナーラ姉妹は彼らを手厚く介抱し、メドーラの美しさにひと目ぼれしたコンラッドは、やがてメンドーラと恋に落ちる。しかし、そこへトルコ軍の威光を笠にきた奴隷商人のランケデムが現れ、姉妹を捕らえてしまう。コンラッドたちは姉妹を奪い返そうと立ち上がる。
    ミュージカル
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演中村祥子

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。