全8作品。ルドルフ・クライン=ロッゲが出演した映画ランキング

  1. 怪人マブゼ博士

    怪人マブゼ博士
    評価:E0.00


    サスペンス

    ネット上の声

    あなたはヒトラー? いいえマブゼ博士です
    ヒトラー政権誕生直前に復活!
    続・「ドクトル・マブゼ」
    製作年:1932
    製作国:ドイツ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:ルドルフ・クライン=ロッゲ
    1
  2. スピオーネ

    スピオーネ
    評価:E0.00
    イギリス情報部と国際スパイ組織の手に汗握る暗闘を描く。ドイツ表現主義の巨匠フリッツ・ラングが名作『メトロポリス』に続いて放ったサイレント期のサスペンス・ミステリー。

    ヒューマンドラマ、アクション

    ネット上の声

    サイレントのスパイ・アクション映画。
    F・ラング、ドイツ時代の傑作スパイ物
    製作年:1928
    製作国:ドイツ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:ルドルフ・クライン=ロッゲ
    2
  3. ドクトル・マブゼ

    ドクトル・マブゼ
    評価:E0.00
    1922年度に於けるドイツ映画の最大傑作として名声をほしいままにした表現派的色彩が装飾等に所々表れる映画である。しかし決して表現派映画ではない。「ベルリン絵入新聞」に掲載せられたノルベルト・ジャック氏の小説をテア・フォン・ハルボウが脚色し、名監督として定評あるフリッツ・ラング氏が監督大成したものである。主役はルドルフ・クライン・ロッゲ氏。又「カラマーゾフ兄弟」「世界に鳴る女」「沙漠の掟」主演のベルンハルト・ゲツケ氏と「白痴(1921)」主演のアルフレッド・アベル氏、その他「復讐の血」「巌頭の懺悔」のアウド・エゲデ・ニッセン嬢、「アルゴール」「夜半の晩餐」のハンス・アダルベルト・シュレットウ氏…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    犯罪映画の古典であり傑作
    ノーカット版で見たい
    犯罪映画の最古典
    サイレントでは必見の作品
    製作年:1922
    製作国:ドイツ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:ルドルフ・クライン=ロッゲ
    3
  4. 化石騎士

    化石騎士
    評価:E0.00
    製作年:1923
    製作国:ドイツ
    監督:フリッツ・ヴェンドハウゼン
    主演:ルドルフ・クライン=ロッゲ
    4
  5. 海賊ピエトロ

    海賊ピエトロ
    評価:E0.00
    製作年:1925
    製作国:ドイツ
    監督:アルトゥール・ロビソン
    主演:パウル・リヒター
    5
  6. ニーベルンゲン/クリームヒルトの復讐

    ニーベルンゲン/クリームヒルトの復讐
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    クリームヒルト、愛と復讐の狂気
    二部から先に見て欲しいくらい
    いや~女って執念深いね
    ニーベルンゲンの最期
    製作年:1924
    製作国:ドイツ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:マルガレーテ・シェーン
    6
  7. ヴォルガ

    ヴォルガ
    評価:E0.00
    かつてエルモリエフ氏の下にあって「千一夜物語」等を作ったヴィアチェスラウ(ヴィクトル)・トゥールジャンスキー氏が「恋の凱歌」「プリンス・チャーミング」「大帝の密使」等の後、再びエルモリエフ氏の下にあって作った映画である。主役ステンカ・ラージンを演ずるのは「ジーグフリード」「クリームヒルトの復讐」でハーゲン・トロンエに扮したハンス・アダルベルト・シュレットウ氏であるが、それを助けて「流血軍団」「クオヴァディス」のリリアン・ホール・デイヴィス嬢、「テムペスト」「噂の女」のボリス・デ・ファス氏、「メトロポリス」のルドルフ・クライン・ロッゲ氏、等が出演している。(無声)
    製作年:1928
    製作国:ドイツ
    監督:ヴィクトル・トゥールジャンスキー
    主演:ハンス・アダルベルト・フォン・シュレットウ
    7
  8. 死滅の谷

    死滅の谷
    評価:E0.00


    ファンタジー

    ネット上の声

    死神の前でいちゃついてはいけない!
    映画館で
    100年近く前の映画
    製作年:1921
    製作国:ドイツ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:ベルンハルト・ゲッケ
    8

スポンサードリンク