全21作品。ジーン・ハーロウが出演した映画ランキング

  1. 紅塵

    紅塵
    評価:E0.00
    インドシナの農園で働くアメリカ人青年デニス。彼は長期滞在中の若い娘バンティーンと愛し合っているものの、その積極的なアプローチを持て余し気味だ。やがて、彼は、赴任してきた若夫婦の美しい妻バーバラとひそかな愛情を確かめるようになる。が、三角関係に悩むバーバラは、自制を失って彼を銃で撃ってしまう……。後にジョン・フォード監督が「モガンボ」としてリメイクし、C・ゲーブルは同じ役を演じている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    若き日のクラーク・ゲーブルが美女二人と!
    雨と光の演出で、むせ返るような愛を描写
    拡大西部劇、アジア版
    三人とも若いなあ!
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:クラーク・ゲイブル
    1
  2. 妻と女秘書

    妻と女秘書
    評価:E0.00
    「支那海」「男の世界」のクラーク・ゲーブル、「港に異常なし」「支那海」のジーン・ハーロウおよび「諾?否?」「男の世界」のマーナ・ローイが主演する映画でフェイス・ボールドウィン作の大衆小説に基いて「春を手さぐる」のノーマン・クラスナと「ローズ・マリイ(1936)」のアリス・デュアー・ミラーと「浮かれ姫君」のジョン・リー・メインが協力脚色し、「噫初恋」「アンナ・カレニナ」のクラレンス・ブランが監督に当たり、「港に異常なし」「賓島」のレイ・ジューンが撮影した。助演は「少年G戦線」のメイ・ロブソン、「ローズ・マリイ(1936)」のジェームズ・ステュアート、「ロイドの牛乳屋」のジョージ・バービア等であ…

    コメディ

    ネット上の声

    さすがクラレンスブラウン監督
    心情的な浮気
    製作年:1936
    製作国:アメリカ
    監督:クラレンス・ブラウン
    主演:クラーク・ゲイブル
    2
  3. 支那海

    支那海
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    香港からシンガポールへの波乱の航海を描く
    昔は煙草の箱が大きかったんだな~
    船長、頑張れ
    ゲーブル
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:テイ・ガーネット
    主演:ジーン・ハーロウ
    3
  4. プラチナ・ブロンド

    プラチナ・ブロンド
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    キャプラ&リスキン第一作・・・
    キャプラ監督
    結婚するのに重要なのは
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:ロレッタ・ヤング
    4
  5. 民衆の敵

    民衆の敵
    評価:E0.00
    トーキー初期のギャング映画を代表する名作。シカゴの暗黒街で、酒の密売をきっかけにのし上がっていく幼なじみの二人組、トムとマットの栄光と失墜を描く。J・キャグニーとE・ウッズが、まさに直情径行型の与太者を喜々として演じて観る者を圧倒する。

    アクション、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    ジェームズキャグニーを知る上でも観るべき
    古典的ハリウッド映画とは
    相手役の女の顔に・・
    小気味よい演出・・・
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・A・ウェルマン
    主演:ジェームズ・キャグニー
    5
  6. 地獄の天使

    地獄の天使
    評価:E0.00
    ハワード・ヒューズ監督第1作目。第一次世界大戦を背景に、オクスフォードでの学友たちが英国、ドイツと別れて闘うさまを描く。飛行船ツェッペリン号の炎上や、空中戦など巨額の費用を投じて撮影されたことも話題に。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    やっぱ、戦争はダメ!!!
    製作年:1930
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ヒューズ
    主演:ベン・ライオン
    6
  7. 暁の爆撃隊

    暁の爆撃隊
    評価:E0.00


    アクション
    製作年:1936
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・フィッツモーリス
    主演:ジーン・ハーロウ
    7
  8. サラトガ

    サラトガ
    評価:E0.00

    ネット上の声

    クラークゲーブルが好きな方は
    製作年:1937
    製作国:アメリカ
    監督:ジャック・コンウェイ
    主演:クラーク・ゲイブル
    8
  9. 結婚クーデター

    結婚クーデター
    評価:E0.00
    製作年:1936
    製作国:アメリカ
    監督:ジャック・コンウェイ
    主演:ウィリアム・パウエル
    9
  10. 春の火遊び

    春の火遊び
    評価:E0.00
    製作年:1933
    製作国:アメリカ
    監督:サム・ウッド
    主演:ジーン・ハーロウ
    10
  11. 鉄青年

    鉄青年
    評価:E0.00
    「西部戦線異状なし」「泥人形」のルウ・ルー・エイヤース主演映画で、W・R・バーネット作の小説に基づいてフランシス・エドワーヅ・ファラゴーが台本及び台詞を執筆、「法の外(1930)」「ザンジバルの西」のトッド・ブラウニングが監督、「悪漢の唄」「有頂天時代(1930)」のパーシー・ヒルバーンが撮影した。相手役はジーン・ハーロウ、「脱走兵物語」のロバート・アームストロングで、「ハリウッド盛衰記」のジョン・ミルジャンをはじめ、エドワード・ディロン、マイク・ドンリン、ネッド・スパークス、メアリー・ドーラン等が助演している。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:トッド・ブラウニング
    主演:リュー・エアーズ
    11
  12. 座り込み結婚

    座り込み結婚
    評価:E0.00
    「暁の爆撃機」「港に異常なし」のジーン・ハーロウと「椿姫(1937)」「愛怨二重奏」のロバート・テイラーが顔合わせする映画で、ハーロウ嬢の最後の出演作品となったもの。H・M・ハーウッドの喜劇によってヒュー・ミルスと「メリイ・ウイドウ(1934)」のエルネスト・ヴァイダが協力脚色し、「夕陽特急」「空駆ける恋」のW・S・ヴァン・ダイクが監督に当たり、「椿姫(1937)」「ロミオとジュリエット」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。助演は「嵐の三色旗」のレジナルド・オーウェン、「小公子」のユーナー・オコナー、「ダアク・エンゼル(1935)」のヘンリエッタ・クロスマン、マーラ・シェルトン、E・E・クライヴィ等。

    コメディ
    製作年:1937
    製作国:アメリカ
    監督:W・S・ヴァン・ダイク二世
    主演:ジーン・ハーロウ
    12
  13. 秘密の6

    秘密の6
    評価:E0.00
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・ヒル
    主演:ジーン・ハーロウ
    13
  14. 爆笑世界行脚

    爆笑世界行脚
    評価:E0.00


    コメディ
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    主演:ジーン・ハーロウ
    14
  15. 街の野獣

    街の野獣
    評価:E0.00
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・J・ブレービン
    主演:ウォルター・ヒューストン
    15
  16. 爆弾の頬紅

    爆弾の頬紅
    評価:E0.00
    製作年:1933
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ジーン・ハーロウ
    16
  17. わたし純なのよ

    わたし純なのよ
    評価:E0.00
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ジャック・コンウェイ
    主演:ジーン・ハーロウ
    17
  18. 恋のデパート

    恋のデパート
    評価:E0.00
    製作年:1929
    製作国:アメリカ
    監督:A・エドワード・サザーランド
    主演:ジーン・アーサー
    18
  19. 晩餐八時

    晩餐八時
    評価:E0.00
    製作年:1933
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・キューカー
    主演:ビリー・バーク
    19
  20. 港に異常なし

    港に異常なし
    評価:E0.00
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:J・ウォルター・ルーベン
    主演:ジーン・ハーロウ
    20
  21. 無軌道行進曲

    無軌道行進曲
    評価:E0.00
    「わたし純なのよ」「爆弾の頬紅」のジーン・ハーロウと「悪夢」「影無き男(1934)」のウィリアム・パウエルが主演する映画で、オリヴァー・ジェフリーの原作を「ダンシング・レディ」のP・J・ウルフソンが脚色し、「爆弾の頬紅」「宝島(1934)」のヴィクター・フレミングが監督に当たり、「砲煙と薔薇」「私のダイナ」のジョージ・フォルシーが撮影した。助演者は「わたし純なのよ」「生活と恋愛」のフランチョット・トーンを始め、「旅客機の怪盗」のメイ・ロブソン、「死の本塁打」のテッド・ヒーリー及びナット・ベンドルトン、「空の軍隊」のロザリンド・ラッセル、「生活と恋愛」のロバート・ライト、「三日姫君」のヘンリー・スティーブンソン、「愛の隠れ家」のルイズ・ヘンリー等。
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ジーン・ハーロウ
    21

スポンサードリンク