全21作品。ピエール・ブラッスールが出演した映画ランキング

  1. まぼろしの市街戦

    まぼろしの市街戦
    評価:A3.97
     第一次大戦下フランス、占拠した小さな村ごと英軍の部隊を吹き飛ばそうと大量の爆薬を仕掛ける独軍。時間までに爆弾の撤去を命じられた英兵士が村に着いた時、そこは避難した住民の代わりに精神病院から逃げ出した患者で溢れていた……。

    コメディ

    ネット上の声

    理屈で観てはだめですね。
    本来の自己の姿に自然であること それは人間の本当の幸福の姿なのです
    戦争を批判したファンタジー。
    私はあなたのメンヘラではない
    製作年:1967
    製作国:フランス,イギリス
    監督:フィリップ・ド・ブロカ
    主演:アラン・ベイツ
    1
  2. 顔のない眼

    顔のない眼
    評価:C3.52
     交通事故で顔面に大ケガを負った愛娘のために、若い女性をさらって来ては植皮手術を行う医者を描いた恐怖映画。製作年度の割に克明な手術シーンなど、直接的なグロテスク描写もさることながら、白塗りの仮面をつけた娘が館を歩くシーンなど、白黒画面による不気味な雰囲気造りが印象的。

    ホラー

    ネット上の声

    白黒が不気味さを増幅しています
    モノクロならではの名作ホラー
    荻昌弘さんなら言いそうだ…
    あまりにも秀逸なタイトル
    製作年:1959
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジョルジュ・フランジュ
    主演:ピエール・ブラッスール
    2
  3. 汚れなき抱擁

    汚れなき抱擁
    評価:E0.00
    ビタリアーノ・ブランカティの原作を、小説家ピエル・パオロ・パゾリーニと新進ジノ・ビセンティーニが脚色、「堕落」のマウロ・ボロニーニが監督したシチリア島を舞台にした風俗映画。撮影は「狂った夜」のアルマンド・ナンヌッツィ、音楽は「シシリーの黒い霧」のピエロ・ピッチオーニが担当した。出演は「81/2」のマルチェロ・マストロヤンニとクラウディア・カルディナーレのほかに、ピエール・ブラッスール、リナ・モレリなど。

    恋愛
    製作年:1960
    製作国:イタリア
    監督:マウロ・ボロニーニ
    主演:マルチェロ・マストロヤンニ
    3
  4. やぶにらみの暴君

    やぶにらみの暴君
    評価:E0.00
     宮崎駿にも影響を与えたと言われているフランス製長編アニメーションの金字塔。タキカルディ王国のシャルル16世は“やぶにらみの暴君”と呼ばれ人々から畏れられていたが、実は孤独な人物だった。

    アニメ

    ネット上の声

    宮崎駿氏に影響を与えたという有名な作品
    コッチのDVD化も希望
    許されざる作品?
    製作年:1952
    製作国:フランス
    監督:ポール・グリモー
    主演:ロジェ・ブラン
    4
  5. リラの門

    リラの門
    評価:E0.00
     善良だが怠け者の男とその友人が、負傷した強盗をかくまうハメに陥った。生きる張り合いを得た男は、かいがいしく強盗の世話をする。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    無為の室内よりは悲しい街路で
    “いい人”であるがゆえ・・・
    いい映画です
    コメディなのに、このラスト!
    製作年:1957
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:ジョルジュ・ブラッサンス
    5
  6. 帰ってきたギャング

    帰ってきたギャング
    評価:E0.00
    60~70年代に、アラン・ドロンをはじめとする有名スターの主演映画を多く手がけたピエール・グラニエ・ドフェール監督による、コミカルな泥棒アクション。ドフェール監督の日本公開作のうちでは最も古いもの。

    サスペンス
    製作年:1966
    製作国:フランス
    監督:ピエール・グラニエ=ドフェール
    主演:リノ・ヴァンチュラ
    6
  7. 火の接吻

    火の接吻
    評価:E0.00
    脚本家から最近監督に進出したアンドレ・カイヤットの一九四九年作品。カイヤット書卸しのストーリーを「霧の波止場」「悪魔が夜来る」「高原の情熱」のジャック・プレヴェールが脚色し台詞も執筆。出演者は「情婦マノン」のセルジュ・レジアニと「密会」のアヌーク・エーメを恋人役に、「霧の波止場」「高原の情熱」のピエール・ブラッスール、「バラ色の人生」のルイ・サルー、「大いなる幻影」のマルセル・ダリオ、シャンソン歌手として有名だったマリアンヌ・オスワルド等が主要な役柄を演じる。撮影はアンリ・アルカン。音楽は「モロッコ守備隊」のジョゼフ・コスマ。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1949
    製作国:フランス
    監督:アンドレ・カイヤット
    主演:セルジュ・レジアニ
    7
  8. 恋人たちの世界

    恋人たちの世界
    評価:E0.00
    製作年:1966
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:ニーノ・カステルヌオーヴォ
    8
  9. カルタゴ

    カルタゴ
    評価:E0.00
    第三次ポエニ戦役によって没落した都市国家カルタゴを舞台にした、イタリアの小説家エミリオ・サルガリの長篇『燃えるカルタゴ』(一九〇八年)の映画化。エンニオ・デ・コンチーニとドウッチョ・テッサリが脚色し、「蝶々夫人」のカルミネ・ガローネが製作・監督した。撮影は「武器よさらば」のピエロ・ポルタルーピ、音楽は「激しい季節」のマリオ・ナシンベーネ。出演は「挑戦」のホセ・スアレス、「非情」のダニエル・ジェラン、「上と下」のアン・ヘイウッド、「掟(1959)」のピエール・ブラッスール、パオロ・ストッパら。テクニカラー・70ミリ・スーパーテクニラマ。
    製作年:1959
    製作国:イタリア
    監督:カルミネ・ガローネ
    主演:ホセ・スアレス
    9
  10. 枯葉 ~夜の門~

    枯葉 ~夜の門~
    評価:E0.00
    第二次大戦直後、ナチの解放間もないパリを舞台に描いた、戦中のレジスタンス運動の同士だった鉄道員たちと彼らを裏切った密告者たちの愛憎渦巻くドラマ。ヒット曲「枯葉」を生み出したことでも有名な一作。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1946
    製作国:フランス
    監督:マルセル・カルネ
    主演:ピエール・ブラッスール
    10
  11. 掟
    評価:E0.00
     コルシカ島を牛耳るボス(P・ブラッスール)が、気の強い娘(G・ロロブリジーダ)に翻弄される様を描く。因習に縛られたコルシカを舞台に展開する人間ドラマ。

    ネット上の声

    監督とキャストの割に地味な内容
    製作年:1958
    製作国:イタリア
    監督:ジュールス・ダッシン
    主演:ピエール・ブラッスール
    11
  12. 黒い情事

    黒い情事
    評価:E0.00
     心臓病の持病を持つ大富豪の妻が、外出から帰宅したとき、夫は看護婦の注射によって死亡していた。疑惑を受けた看護婦の弁護士は、妻に容疑を被せるよう助言するが……。

    サスペンス

    ネット上の声

    ブラッスールの圧倒的な存在感
    製作年:1963
    製作国:フランス/イタリア
    監督:クリスチャン=ジャック
    主演:ピエール・ブラッスール
    12
  13. 青ひげ

    青ひげ
    評価:E0.00
    製作年:1951
    製作国:フランス
    監督:クリスチャン=ジャック
    主演:セシル・オーブリー
    13
  14. 一日だけの天国

    一日だけの天国
    評価:E0.00
    新間社が宝くじの当選番号を一字まちがえて発表してしまったために起る悲喜劇を4つの話にまとめたオムニバス形式の映画で、監督はアンドレ・ユヌベル。エピソードのひとつにガビ・モルレ、他のひとつにピエール・ブラッスールが出演している。
    製作年:1949
    製作国:フランス
    監督:アンドレ・ユヌベル
    主演:ギャビー・モルレー
    14
  15. 星のない国

    星のない国
    評価:E0.00
    100年前に起きた、ある兄弟と1人の女性の間に起きた悲劇的な犯罪事件を辿るうち、自分もその事件と同じ状況に……。ジェラールの初主演作にして製作から46年目に日本初上映された作品。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1946
    製作国:フランス
    監督:ジョルジュ・ラコンブ
    主演:ジェラール・フィリップ
    15
  16. 悪の塔

    悪の塔
    評価:E0.00
    アレクサンドル・デュマとガイヤルデの原作による劇『ネールの塔』より「バルテルミーの大虐殺」のアベル・ガンスが、フェルナン・リヴェ(この映画の製作者でもある)、フュズリエと共同脚色し、同じくガンスが監督した。撮影は「浮気なカロリーヌ」のアンドレ・トーマ、音楽は「真夜中の愛情」のアンリ・ヴェルダンの担当。主なる出演者は「怪僧ラスプーチン」のピエール・ブラッスール、「O・K・ネロ」のシルヴァーナ・パンパニーニ、「幸福の設計」のジャック・メイラン、「浮気は巴里で」のクロード・シルヴァン、「恋路」のミシェル・エチェヴェリなど。なお監督のガンスは無声映画の末期に「鉄路の白薔薇」トーキーになってからは「楽聖ベートーヴェン」を作った人で、この映画は彼が十数年振りに監督したもの。
    製作年:1955
    製作国:フランス/イタリア
    監督:アベル・ガンス
    主演:シルヴァーナ・パンパニーニ
    16
  17. 家なき子

    家なき子
    評価:E0.00
    世界的に有名なエクトール・マローの『家なき子』の映画化。脚色はピエール・ヴェリとレモ・フォルラーニの共同。撮影はロベール・ジュイヤール、音楽はポール・ミスラキがそれぞれ担当。出演は主人公レミにジョエル・フラトー、ほかに「顔のない眼」のピエール・ブラッスール、「未だ見ぬ人」のベルナール・ブリエ、ジーノ・チェルヴィら。台詞はすべて日本語に吹き替えてある。
    製作年:1959
    製作国:フランス/イタリア
    監督:アンドレ・ミシェル
    主演:ジョエル・フレート
    17
  18. 愛の島ゴトー

    愛の島ゴトー
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1968
    製作国:フランス
    監督:ヴァレリアン・ボロヴツィク
    主演:ピエール・ブラッスール
    18
  19. 怪僧ラスプーチン

    怪僧ラスプーチン
    評価:E0.00
    王政ロシア末期に怪僧の名を轟かしたラスプーチン(1871-1916)の生涯を描くイーストマンカラー色彩一九五四年映画。製作者出のジョルジュ・コンブレが、彼とクロード・ボワソル共作の脚本から監督した。撮影は「浮気は巴里で」のピエール・プティ、音楽は「禁断の木の実」のポール・デュラン。出演者は「青ひげ」のピエール・ブラッスール、「われら女性」のイザ・ミランダ、ロベール・ビュルニエ、「アンリエットの巴里祭」のミシュリーヌ・フランセイ、「愛すべき御婦人たち」のルネ・フォール、ミリー・ヴィターレ、ジャック・ベルティエ、クロード・レーデュ、ドニーズ・グレーなど。
    製作年:1954
    製作国:フランス
    監督:ジョルジュ・コンブレ
    主演:ピエール・ブラッスール
    19
  20. 城の生活

    城の生活
    評価:E0.00
    製作年:1966
    製作国:フランス
    監督:ジャン=ポール・ラプノー
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    20
  21. ペルーの鳥

    ペルーの鳥
    評価:E0.00
     色情狂の妻を持つ夫が、彼女を探し当てたとき、女は売春宿の娼婦となっていた。彼は妻の行状に悩み、彼女と無理心中を図るが……。
    製作年:1968
    製作国:フランス
    監督:ロマン・ギャリー
    主演:ジーン・セバーグ
    21

スポンサードリンク