全7作品。未来穂香が出演した映画ランキング

  1. 鯉のはなシアター ~広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ~

    鯉のはなシアター ~広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ~
    評価:S4.33
    広島ホームテレビの番組「鯉のはなシアター」から生まれた、桝本壮志の小説を原作にしたヒューマンドラマ。閉館寸前の映画館を訪れ、経営再生の提案をする男の姿を映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    広島の人がカープが好きだという事
    笑って泣いてそしてほっこり
    暖かくて最高!
    それ行けカープ
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:時川英之
    主演:徳井義実
    1
  2. マリア様がみてる

    マリア様がみてる
    評価:B3.64
    日本屈指のお嬢様学校を舞台に、筋金入りのお嬢様の上級生と、彼女から淑女としての指導を受けることになった平凡な下級生の、学園祭に向けてのドタバタの数日間を描く学園ドラマ。累計発行部数540万部を誇る今野緒雪による大人気ライトノベルを、モデルの未来穂香と『女の子ものがたり』の波瑠のダブル主演で実写映画化。

    青春、高校、ライトノベル

    ネット上の声

    実写化で生まれた雰囲気は良好。
    原作の1ファンの目から見て。
    祐巳が可愛い。それでいい。
    監督采配が素晴らしい
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:寺内康太郎
    主演:波瑠
    2
  3. クレヴァニ、愛のトンネル

    クレヴァニ、愛のトンネル
    評価:C3.31
    『カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~』などの今関あきよし監督がメガホンを取り、『思春期ごっこ』などの未来穂香をヒロインに迎えたラブストーリー。ウクライナに実在する緑豊かな“愛のトンネル”を舞台に、20年という月日を超えて愛し合う恋人たちの悲恋を映し出す。

    ファンタジー、恋愛

    ネット上の声

    私にも写せます。(扇)
    とにかく映像が綺麗!!
    ヒロインの子がいい
    幼稚なおっさん
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:今関あきよし
    主演:未来穂香
    3
  4. 思春期ごっこ

    思春期ごっこ
    評価:D3.06
    高校進学を控えた中学3年生の少女たちの、繊細で多感な思春期の日々を描く青春ムービー。美術に興味を持つ少女と本を読むことが好きな少女をメインに、彼女たちが抱く夢や憧れ、嫉妬などを映し出す。

    ヒューマンドラマ、青春、中学校

    ネット上の声

    映像と音楽は抜群にいい。脚本も好き。
    低予算作品だけど意外と良かった
    見終わった後の胸の切なさ
    チューボーですよ
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:倉本雷大
    主演:未来穂香
    4
  5. 放課後ロスト

    放課後ロスト
    評価:D3.00
    五十嵐藍の漫画「ワールドゲイズ クリップス」を基にした、オムニバス形式の青春ドラマ。現代を生きる女子高生たちの心情や生態を見つめた3編の物語が展開する。

    青春

    ネット上の声

    『リトル・トリップ』は傑作
    わかってはいたことだけど
    ふんわりしてる。
    微妙な世界観にいつしか引き込まれる
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:天野千尋
    主演:未来穂香
    5
  6. リアル鬼ごっこ4

    リアル鬼ごっこ4
    評価:E2.17
    一匹狼の女子高生ツカサ(相楽樹)は、不良グループから後輩のユイ(未来穂香)を助け、授業へと向かう。すると突然、血液型B型をターゲットとした鬼ごっこがスタート。鬼たちが校内へと一気に乗り込んでくる。脱出に成功したツカサとユイは、ほかの学校から逃げてきたマサハル(荒井敦史)と合流。男嫌いのツカサはマサハルと対立しながらも、状況的に共闘しなくてはならず……。

    サスペンス

    ネット上の声

    薄い内容
    少しだけ明かされた鬼ごっこの背景
    そこね!!
    だから
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:安里麻里
    主演:荒井敦史
    6
  7. 水色の楽園

    水色の楽園
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、青春
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:倉本雷大
    主演:未来穂香
    7

スポンサードリンク