スポンサーリンクあり

全2作品。セルヒオ・コリエッリが出演した映画ランキング

  1. 怒りのキューバ
    • A
    • 4.23
    ソビエトの詩人エフゲニー・エフトゥシェンコの長編叙事詩『私はキューバ』を、エフトゥシェンコ自身とキューバの作家エンリッケ・ピネダ・バルネットが共同で脚色、「戦争と貞操」のミハイル・カラトーゾフが監督にあたった。撮影はセルゲイ・ウルセフスキー、音楽はカルロス・ファキニヤスが担当している。出演はセルヒオ・コリエッリ、サリヴァドル・ウッド、ホセ・ガリアルド、ルス・マリア・ラーソなど。

    ネット上の声

    • ”キューバ国家”のモノローグは女性声
    • シネマヴェーラ渋谷『日常と戦争そして旅 ウクライナ・ジョージア・ソ連映画』特集で
    • 1964年 キューバ🇨🇺ソビエト連邦
    • サトウキビをバチコーンバチコーン、からの大炎上🔥ということで、これには森山良
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1964年
    • 製作国ソ連,キューバ
    • 時間140分
    • 監督ミハイル・カラトーゾフ
    • 主演セルヒオ・コリエッリ
  2. 低開発の記憶-メモリアス-
    • C
    • 3.49
    カストロが社会主義宣言を行なった1961年のハバナで、ほかのブルジョアと同様に妻や両親が亡命を決める中、セルヒオ(セルヒオ・コリエッリ)は、ひとりキューバに残り小説を書いて過ごす。母国キューバの崩壊を傍観していた彼だが、自身にも崩壊の危機が迫っていることに気付き……。

    ネット上の声

    • これが1968年の作品であることに驚嘆!
    • 革命直後のキューバに残るブルジョア青年
    • 映画の中のドキュメンタリー映像が貴重
    • (★はいつも3つ)低開発な人間たち
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国キューバ
    • 時間97分
    • 監督トマス・グティエレス・アレア
    • 主演セルヒオ・コリエッリ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。