スポンサーリンクあり

全8作品。ファビオ・テスティが出演した映画ランキング

  1. さらば美しき人
    • C
    • 3.48
    十六世紀末から十七世紀にかけて、人間が自らの愛や欲望に忠実であるが故に周囲と絶望的な摩擦を生じ、無惨な混乱の中で孤立していく、その悲痛なまでの生の美しさを追い続けた作家ジョン・フォードの『あわれ彼女は娼婦』の映画化。製作はシルヴィオ・クレメンテッリ、監督はジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ、脚本はグリッフィとアルフィオ・ヴァルダルニーニ、カルロ・カランチオ、撮影はキム・アルカルリ、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はキム・アルカリが各々担当。出演はシャーロット・ランプリング、オリヴァー・トビアス、ファビオ・テスティ、アントニオ・ファルジ、リック・バッタリアなど。

    ネット上の声

    • Twitter 映画クラスタの重鎮が何かのベストで上げていらしてリスト入りしてい
    • 台詞の詩的な美しさと不可思議な硬質さのある映像が好きだったのだが、最後の10分で
    • 前半の兄妹なのに惹かれ合う美しい描写と、後半の「あれ?違う映画?」と間違えそうに
    • シャーロット・ランプリングが、ただただとても美しい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1971年
    • 製作国イタリア
    • 時間105分
    • 監督ジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ
    • 主演オリヴァー・トビアス
  2. 非情の標的
    • C
    • 3.47
    暗黒街の組織に愛する妻を誘拐され、彼女を助けるため服役中の男を連れ組織にむかう刑務所の副所長の姿を描くアクション。監督は「狼の挽歌」のセルジオ・ソリーマ、脚本はアルドゥイノ・マイウリ、マッシモ・デ・リタ、セルジオ・ソリーマ、撮影はアルド・スカヴァルダ、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はオリヴァー・リード、アゴスティーナ・ベリ、ファビオ・テスティ、フレデリック・ド・パスカルなど。

    ネット上の声

    • 謎の組織に妻を誘拐されてある囚人の脱獄を強制させられた刑務所の副所長オリヴァー・
    • イタリアのセルジオ・ソリーマ監督(『狼の挽歌』『血斗のジャンゴ』)の70年代ユー
    • リアルなゴリライモことオリヴァー・リード(撮影中も酒を飲み暴れるアル中で酒乱)が
    • セルジオ・ソリーマ監督、オリヴァー・リード主演、エンニオ・モリコーネ御大音楽のク
    サスペンス、 アクション
    • 製作年1973年
    • 製作国イタリア,フランス,ドイツ,モナコ
    • 時間112分
    • 監督セルジオ・ソリーマ
    • 主演オリヴァー・リード
    • 定額
  3. ソランジェ 残酷なメルヘン
    • D
    • 3.08

    ネット上の声

    • カトリック女学校の闇!
    • カトリック女学校のシャワー室ではみんなでタバコ回し喫み、主役イタリア語教師のカー
    • アルジェントのようにはっちゃけた感じはないが、中々面白いジャーロでなんであまり有
    • 今年4回観た★妻がいながらも女生徒に手を出す先生、プラトニックな関係だけどクソ野
    ホラー、 ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1972年
    • 製作国イタリア,ドイツ
    • 時間102分
    • 監督マッシモ・ダラマーノ
    • 主演ファビオ・テスティ
  4. 荒野の処刑
    • D
    • 2.91
    無法者の支配から逃れるため、善良な市民が無法者の虐殺を始めた町。殺す価値がないと判断されたギャンブラーのスタビーら4人は、粗末な馬車を与えられ町を追放される。彼らは途中で1人の男と出会い一行に加えるが、次第に男の残虐な本性が現れ始める。

    ネット上の声

    • 異色のロードムービー西部劇
    • 他にない珍妙な西部劇…
    • ちょっと奇妙なマカロニ
    • スプラッタ・ホラーのルチオ・フルチ監督が数本撮ったマカロニ・ウェスタンの一本
    西部劇、 アクション
    • 製作年1975年
    • 製作国イタリア
    • 時間105分
    • 監督ルチオ・フルチ
    • 主演ファビオ・テスティ
    • 定額
    • レンタル
  5. 行け、野郎、撃て!
    • D
    • 2.79

    ネット上の声

    • だってもうタイトルが最高やん!
    • ー 最初の質問、最初の答え
    • ラストの決闘が見所
    • あんまり面白くない話だなとは思ったけど、早撃ちシーンは痺れるし、革ベルト巻きつけ
    西部劇
    • 製作年1972年
    • 製作国イタリア,スペイン
    • 時間105分
    • 監督アルド・フロリオ
    • 主演ファビオ・テスティ
  6. ローマ麻薬ルート大追跡
    • D
    • 2.78

    ネット上の声

    • 音楽担当ゴブリン!
    • そのまま、麻薬ルートを追跡して破壊!逮捕はしない!という意気込みの強さを感じる一
    • 序盤から画面上では怒涛のアクションが連発しているのに誰が刑事で誰が犯罪者か一切説
    • 先日みた「死神の骨をしゃぶれ」に比べるとかなり落ちるけれど、後半のアクションは地
    アクション
    • 製作年1977年
    • 製作国イタリア
    • 時間---分
    • 監督エンツォ・G・カステラッリ
    • 主演ファビオ・テスティ
  7. 沈黙の官能
    • E
    • 2.38
    ガエターノ・カルロ・チェッリの『フェルラモンティの遺産』の映画化。主演は、本作品でカンヌ映画祭主演女優賞を受賞したドミニク・サンダ。撮影は、「トラヴィアータ1985・椿姫」のエンニオ・グァルニエリ。音楽は、「1900年」「アンタッチャブル」のエンリオ・モリコーネ。

    ネット上の声

    • ドミニク・サンダを愛でる映画
    • 物語的には凡庸。
    • 据え膳食わぬは男の恥と言われますが、いざそのような立場になったらどうするんでしょ
    • 金によってくっついたり離れたりする仲の悪い父親&三兄妹
    ヒューマンドラマ、 スティーヴン・セガール主演の沈黙
    • 製作年1976年
    • 製作国イタリア
    • 時間102分
    • 監督マウロ・ボロニーニ
    • 主演ドミニク・サンダ
    • 定額
  8. 殺しのギャンブル
    • E
    • 2.31
    シチリア出身の暗黒組織“マフィア”と並ぶ、ナポリの強大な犯罪シンジケート“カモーラ”の中で、次第に顔を売っていく貧民街出身の青年の野心を描く。監督・脚本は新人のパスクァーレ・スキティエリ、撮影はジュリオ・アルボニコ、音楽はマヌエル・デ・シーカが各各担当。出演はファビオ・テスティ、ジーン・セバーグ、レイモン・ペルグラン、シャルル・ヴァネルなど。略筋 ナポリ近郊の貧民街トライアーノで生まれ育った屈強の青年トニーノ(F・テスティ)は、ある不良グループとの争いから傷害事件を起こして、二年の刑期に服していた。模範囚としての刑務所生活も、あと数日に出所を控えたある夜のこと、トニーノは監獄内で暗殺されそうになった老人を助けたが、その老人は命を救ってくれた礼にと三十万リラという大金を彼に手渡した。父、母、仲間のツアンカに迎えられて出所したトニーノを待ち受けていたのは、不良グループのバレリオの執拗な挑戦だった。二年前の喧嘩の際、顔を傷つけられたバレリオは決闘を迫り、トニーノは男の意地から許婚者アンナの制止もきかず、これに応じた。結局は再度バレリオを叩きのめすことになった。このトニーノの強さが、ナポリ暗黒街のボス、カペチェ(R・ペルグラン)に認められたことは、幸か不幸かは別にして、彼の出世の糸口をつかむチャンスとなった。翌日から、トニーノとシアンカはナポリ暗黒組織“カモーラ”のボス、カペチェの下で働くことになった。貧しい靴屋の息子としての暮しの中で、これまでくすぶっていたトニーノは、一気に若い野心を爆発させ、大胆な行動でぐんぐん有能な幹部にのし上がっていった。カペチェの情婦ルイーズ(J・セバーグ)と組んで賭博場を荒し廻り、あらゆるギャンブルに喰いついて暴利を稼いでは顔を売り、遂には自らも大きな賭博場を持つに至った。デラックスなアパート、最高級のスポーツ・カーなど、トニーノの変身に、恋人のアンナは大きな不安を抱き、次第に遠いものになってゆく恋人を悲しげに見つめていた。トニーノは、そんなアンナと入れ替わるように現われたルイーズとの情事にどっぷりと浸ってゆき、その妖しい柔肌の美酒に酔いしれた。やがて殺しを令じられ、“カモーラ”の中でその地位はますます比重を増していった。トニーノの賭博場は、有力な政・財界人を喰わえ込み、巧みなギャンブルの手口を使って莫大な金を彼らから絞り取った。ある議員は、賭博の負けがこんで破産状態となり、公団住宅の建設計画を洩らして、新しい暴利をカモーラ組織と共有すべく、トニーノに土地買収の協力を依頼してきた。この公団住宅の一件が成功したら、トニーノとカペチェの地位は完全に入れ替わるだろう。自らの失地回復に焦りを見せたカペチェは、トニーノを殺すべく大きな罠を仕掛けた。表向きはトニーノと組んで、公団住宅用の土地買収に乗りだし、その企ての最大の邪魔者となったカモーラの最高権力者デ・リチス(C・バネル)を消そうと、その暗殺をトニーノに命じた。カプリ島で悠々自適の余生を送っているデ・リチスこそ、トニーノが服役中、命を救ってくれた礼にと三十万リラの金をくれたあの老人だった。デ・リチスはすべてを見抜いていた。カペチェがデ・リチスの暗殺後、トニーノを殺そうとしていること、そして彼のシマをすべて横取りしようと企んでいること等々。トニーノはただちにナポリに引き帰したが、既におそかった。留守中、カペチェの手にかかりルイーズは殺され、弟のルイヂノが誘拐されていた。シアンカの協力を得てカペチェを殺したものの、トニーノにとって悪の清算の時がやってきた。警官隊の包囲の中で、父親の必死の願いを聞き入れたトニーノは、やがて静かにその手から拳銃をすべり落とすのだった。

    ネット上の声

    • 誰も見てないし
    • なんだかな~!?
    • 日本ではあまり見られない、ナポリのギャング、カモッラを題材にした犯罪映画
    • ファビオ・テスティ主演のマカロニ・ノワール
    サスペンス
    • 製作年1972年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間110分
    • 監督パスクァーレ・スクイティエリ
    • 主演ファビオ・テスティ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。