全6作品。森崎ウィンが出演した映画ランキング

  1. 母さんがどんなに僕を嫌いでも

    母さんがどんなに僕を嫌いでも
    評価:A3.98
    漫画家の歌川たいじが自身の壮絶な母子関係をつづったコミックエッセイを映画化。社会人になった主人公が過去を振り返りつつ、母との確執に向き合い奮闘する姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「ハートフル」の枠に閉じ込められてしまった映画
    他人には見えない判らない母と子の関係
    僕はブタじゃない!僕はブタじゃない!
    悪くはないが何かが物足りない
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:御法川修
    主演:太賀
    1
  2. クジラの島の忘れもの

    クジラの島の忘れもの
    評価:B3.66
    家族をなくし日常生活に疲弊した女性が、夢を追うベトナム人青年との出会いをきっかけに自身の人生と向き合う姿を描いたラブストーリー。ヒロインを『雨にゆれる女』などの大野いと、ベトナムから沖縄にやってきた青年をダンスボーカルユニットPrizmaXの森崎ウィンが演じる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    素晴らしい映画でした。今までベトナムのホーチミンとハノイしかしらな...
    コアさんは日本語が完璧でしたが、もし日本語あまりできないベトナム人...
    映画を見に行きました。 面白かったです。 ぜひ見に行ってみてください。
    いい内容だと思います。 ベトナムのこと、特に恋愛をテーマにして、映...
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:牧野裕二
    主演:大野いと
    2
  3. 劇場版 怪談レストラン

    劇場版 怪談レストラン
    評価:D2.93
    人々が突然姿を消す怪事件に見舞われた山桜市。死神からのメールに返信しなければ、連れ去られてしまうといううわさだった。ある日、中学生ハル(工藤綾乃)の妹で小学生のマイが行方不明になってしまう。怪奇現象専門の探偵、通称“カイタン”のハルは、妹マイを救うために死神メールの謎を追う。

    ホラー

    ネット上の声

    少しは怖がらせて欲しかった
    酷い
    くだらない
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:落合正幸
    主演:工藤綾乃
    3
  4. 鬼談百景

    鬼談百景
    評価:E2.56
    人気作家の小野不由美が手がけた怪談集「鬼談百景」から、選りすぐった10話を映像化。同じく小野原作の「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」の映画化を手がけた中村義洋監督がメガホンをとったエピソード「追い越し」のほか、「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」の白石晃士、「劇場版 零 ゼロ」の安里麻里、「ほんとにあった!呪いのビデオ」の岩澤宏樹、「劇場版 稲川怪談 かたりべ」の大畑創、「パズル」の内藤瑛亮というホラーやサスペンスを得意とする監督たちにより、合計10話の物語が描かれる。ネット配信のほか、「鬼談百景」の姉妹編とも言われている「残穢」の映画公開を記念し、2016年1月23日に一夜限定のイベント…

    ホラー

    ネット上の声

    その辺のB級ホラーよりはいくらかマシ、、
    複数監督なのに統一感が見事!!
    竹内さんのナレーションが
    竹内結子の語りが一番怖い
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:中村義洋
    主演:岡山天音
    4
  5. シェリー

    シェリー
    評価:E0.00
    『刹那』などの笠原正夫が監督と脚本を務め、1992年に26歳という若さで急逝した天才歌手尾崎豊にオマージュをささげた青春ドラマ。カリスマ歌手尾崎の曲をよすがに生きる不器用な青年の、愛と苦悩の日々を描き出す。

    ヒューマンドラマ
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:笠原正夫
    主演:森崎ウィン
    5
  6. 蜜蜂と遠雷

    蜜蜂と遠雷
    評価:E0.00
    直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説を、松岡茉優、松坂桃李、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンら共演で実写映画化。ピアノの天才たちが集う芳ヶ江国際ピアノコンクールの予選会に参加する若き4人のピアニストたち。母の死をきっかけにピアノが弾けなくなったかつての天才少女・栄伝亜夜は、7年の時を経て再びコンクールへの出場を決意する。音大出身だが現在は楽器店で働くコンクール年齢制限ギリギリの高島明石は、家族の応援を背に最後の挑戦に臨む。名門ジュリアード音楽院在籍中で完璧な演奏技術と感性を併せ持つマサル・C・レビ=アナトールは、優勝候補として注目されている。そして、パリで行われたオーディションに突如現れた謎の少年・風間塵は、先ごろ亡くなった世界最高峰のピアニストからの「推薦状」を持っており、そのすさまじい演奏で見る者すべてを圧倒していく。熱い戦いの中で互いに刺激しあい、それぞれ葛藤しながらも成長していく4人だったが……。松岡が亜夜を演じるほか、松坂桃李が明石、森崎がマサルに扮し、映画初出演の新星・鈴鹿央士が塵に抜てきされた。監督・脚本は「愚行録」の石川慶。

    ヒューマンドラマ、青春
    製作年:2019
    製作国:日本
    監督:石川慶
    主演:松岡茉優
    6

スポンサードリンク