全24作品。犬塚弘が出演した映画ランキング

  1. クレージー メキシコ大作戦

    クレージー メキシコ大作戦
    評価:A4.04
     東宝“クレージー作戦”ものの一作。メキシコの“オルメカの秘宝”をめぐって、三人の男たちがギャング団に追われるハメになる。

    コメディ
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:坪島孝
    主演:植木等
    1
  2. ポストマン

    ポストマン
    評価:A3.86
    郵便局員の龍兵(長嶋一茂)は2年前に妻(大塚寧々)に先立たれ、中学生の娘あゆみ(北乃きい)と、小学生の息子鉄兵(小川光樹)と暮らしていた。今でも頑固に自転車での配達にこだわる彼は、日々真面目に仕事をこなし、街の人々から信頼されていた。ある日、あゆみが父に高校では寮生活をしたいと申し出るがその願いが却下され、彼女は不満を募らせる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    一茂さんの演技は上手とはいえないけど・・
    家族愛と地域に根ざした郵便局員の使命感
    〒 心温まる良作です!
    手紙の情緒
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:今井和久
    主演:長嶋一茂
    2
  3. 怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス

    怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス
    評価:C3.55
    国家機関の手で育てられた子供怪獣・ダイゴロウが宇宙から飛来した大星獣ゴリアスとバトルを演じる、円谷プロダクション10周年記念作品として製作された怪獣コメディ。監督は飯島敏宏。

    コメディ

    ネット上の声

    怪獣映画の最高傑作(ある意味で・・・)
    宮崎・高畑に負けた怪獣映画
    何とも懐かしい・・・
    昭和の匂いがします
    製作年:1972
    製作国:日本
    監督:飯島敏宏
    主演:犬塚弘
    3
  4. クレージーの大爆発

    クレージーの大爆発
    評価:C3.43
    「クレージーのぶちゃむくれ大発見」の田波靖男、古沢憲吾、永井仙吉のトリオがそれぞれ脚本、監督、撮影を担当した喜劇。

    コメディ

    ネット上の声

    ダイハ―ド 3 ??
    なかなかです
    樹木希林が違う芸名時代の映画です。
    パロディ度がすばらしい
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:古沢憲吾
    主演:植木等
    4
  5. クレージー大作戦

    クレージー大作戦
    評価:C3.36
    「赤い天使」の笠原良三「パンチ野郎」の田波靖男、「狸の王様」の坪島孝、「殿方御用心」の池田一朗が共同でシナリオを執筆し、「アルプスの若大将」の古沢憲吾が監督したコメディー。撮影は永井仙吉。

    コメディ

    ネット上の声

    オ―シャンズ7?
    植木等の「ルパン三世」
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:古沢憲吾
    主演:植木等
    5
  6. ジョバンニの島

    ジョバンニの島
    評価:C3.27
    第2次世界大戦直後に北方四島で起きたソ連軍進駐を題材にしたアニメーション。突如としてやって来たソ連軍が引き起こす混乱や不安の中、懸命に生き抜こうとする幼い兄弟の姿を見つめていく。

    アニメ

    ネット上の声

    作り手側の意図するメッセージは伝わる。
    日本人全体としてはどう感じるのだろうか
    家族愛・反戦・国境を越えた人の絆
    今ひとつ作品コンセプトが??
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:西久保瑞穂
    主演:犬塚弘
    6
  7. 吹けば飛ぶよな男だが

    吹けば飛ぶよな男だが
    評価:C3.25
     山田洋次監督の初期作品。脚本は山田と森崎東が共同で担当、撮影は高羽哲夫が務めた。

    コメディ

    ネット上の声

    緑魔子(みどりまこ)さん
    なまなましい?寅さん?
    吹かれて飛ばされてもいい男たち
    なんか、イマイチだったなあ …
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:なべおさみ
    7
  8. 馬鹿が戦車(タンク)でやって来る

    馬鹿が戦車(タンク)でやって来る
    評価:D3.23
    団伊玖磨の原案を「いいかげん馬鹿」の山田洋次が脚色・監督した“馬鹿シリーズ”第三作目。撮影もコンビの高羽哲夫。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    インパクト抜群のタイトルで有名な怪作
    馬鹿にしたら後が怖い
    出色の出来の前半
    違和感あります
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:ハナ肇
    8
  9. 運が良けりゃ

    運が良けりゃ
    評価:D3.14
     江戸時代の長屋を舞台に「らくだ」「さんま火事」「突き落とし」「黄金餅」といった古典落語を下敷きに描かれる人情喜劇。山田洋次監督が手がける初めての時代劇。

    時代劇

    ネット上の声

    落語ネタが面白い。映画としては……。
    現代社会が排除した猥雑で豊饒な世界
    下品で粗野で、じんわり・・・
    教科書どおりの作品
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:ハナ肇
    9
  10. 喜劇 一発勝負

    喜劇 一発勝負
    評価:E2.62
    「愛の讃歌」の山田洋次と、宮崎晃が共同でシナリオを執筆し、山田洋次が監督したコメディ。撮影はコンビの高羽哲夫。

    コメディ

    ネット上の声

    古びるギャグ
    当時の陳腐な風がカラー作品に収められてる
    ハナ肇のクレイジーキャッツ
    常磐ハワイアンセンターかい!
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:ハナ肇
    10
  11. 喜劇 一発大必勝

    喜劇 一発大必勝
    評価:E2.45
    藤原審爾の原作「三文大将」を「吹けば飛ぶよな男だが」の森崎東と山田洋次が共同で脚色し、山田洋次が監督した喜劇。撮影は「喜劇 大安旅行」の高羽哲夫が担当。

    コメディ

    ネット上の声

    喜劇・下品極まりなし
    穢れについて
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:ハナ肇
    11
  12. いいかげん馬鹿

    いいかげん馬鹿
    評価:E0.00
    「馬鹿まるだし」の山田洋次「下町の太陽」の熊谷勲と大嶺俊順が共同でシナリオを執筆、山田洋次が監督した人情もの。撮影もコンビの高羽哲夫。

    ヒューマンドラマ、コメディ
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:ハナ肇
    12
  13. 日本一の裏切り男

    日本一の裏切り男
    評価:E0.00
     東宝「日本一の男」シリーズの一作。特攻隊の生き残り・日の本太郎が、戦後の日本を巧みに渡っていく姿を描く。

    コメディ

    ネット上の声

    裏切ったより表返ったという場面があり、エレガントな映画でした
    戦後日本のサクセス・コメディ
    軍隊も政治家も笑い飛ばす
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:須川栄三
    主演:植木等
    13
  14. ほんだら剣法

    ほんだら剣法
    評価:E0.00
    野村胡堂原作“磯川兵助功名噺”を、「大冒険」の笠原良三が脚色、「座頭市逆手切り」の森一生が監督した喜劇。撮影はコンビの今井ひろし。
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:森一生
    主演:犬塚弘
    14
  15. 奇々怪々 俺は誰だ?!

    奇々怪々 俺は誰だ?!
    評価:E0.00
    「ハーイ! ロンドン」の田波靖男と「愛のきずな」の坪島孝と長野卓が、脚本を執筆し、坪島孝が監督した喜劇。撮影は「愛のきずな」の内海正治が担当。

    コメディ

    ネット上の声

    リンチやコッポラよりも、こちらが先!
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:坪島孝
    主演:谷啓
    15
  16. 現代インチキ物語 騙し屋

    現代インチキ物語 騙し屋
    評価:E0.00
    藤本義一と「夢でありたい」の沢村勉が共同でシナリオを執筆。「ぐれん隊純情派」の増村保造が監督した喜劇。撮影は「巨人 大隈重信」の小林節雄。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    関西弁が良く似合う映画です。
    一番の“騙し屋”は“国家”
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:船越英二
    16
  17. 素敵な今晩わ

    素敵な今晩わ
    評価:E0.00
    「おしゃべりな真珠」の馬場当の原作を、馬場当と「五瓣の椿」の野村芳太郎が共同で脚色、監督した喜劇。撮影は「ウナ・セラ・ディ・東京」の川又昂。

    ネット上の声

    夢で逢いましょう♡
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:野村芳太郎
    主演:岩下志麻
    17
  18. ほんだら捕物帖

    ほんだら捕物帖
    評価:E0.00
    前作「ほんだら剣法」でコンビの笠原良三がシナリオを執筆、森一生が監督した“ほんだら”シリーズ第二作目。撮影は「処女が見た」の牧浦地志。

    ネット上の声

    ディズニーに怒られるぞ!
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:森一生
    主演:犬塚弘
    18
  19. 風の子どものように

    風の子どものように
    評価:E0.00
     ドイツ人作家のペーター・ヘルトリングが発表した『ヨーンじいちゃん』を、瀬藤祝が翻案し脚色・監督した長編児童映画。頑固な祖父が巻き起こす騒動と、彼を温かく迎え入れる家族の顛末を描く。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1992
    製作国:日本
    監督:瀬藤祝
    主演:犬塚弘
    19
  20. 売春暴力団

    売春暴力団
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、アクション
    製作年:1997
    製作国:日本
    監督:細野辰興
    主演:永島敏行
    20
  21. 温泉ゲリラ 大笑撃

    温泉ゲリラ 大笑撃
    評価:E0.00
    「レッツゴー! 高校レモン娘」の田波靖男がシナリオを執筆し、「花の宴」の市村泰一が監督したコメディ。撮影はコンビの小杉正雄。

    コメディ
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:市村泰一
    主演:犬塚弘
    21
  22. 喜劇 社長さん

    喜劇 社長さん
    評価:E0.00
    底ぬけに陽気で人情もろい中小企業の社長を東北出の少年の目を通して描く。脚本は高橋正圀と「男はつらいよ」の山田洋次、監督は脚本も執筆している「望郷(1971)」の大嶺俊順、撮影は「男はつらいよ 寅次郎恋歌」の高羽哲夫。
    製作年:1972
    製作国:日本
    監督:大嶺俊順
    主演:ハナ肇
    22
  23. 喜劇 負けてたまるか!

    喜劇 負けてたまるか!
    評価:E0.00
    野坂昭如の原作を「クレージーの殴り込み清水港」の田波靖男が脚色し、コンビを組んだ坪島孝が監督した喜劇。撮影は「野獣の復活」の内海正治が担当。

    コメディ
    製作年:1970
    製作国:日本
    監督:坪島孝
    主演:谷啓
    23
  24. 日本ゲリラ時代

    日本ゲリラ時代
    評価:E0.00
    「惚れた強み」の森崎東がシナリオを執筆し、「喜劇 爬虫類」の渡辺祐介が監督した諷刺喜劇。撮影はコンビの荒野諒一。

    コメディ
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:渡邊祐介
    主演:なべおさみ
    24

スポンサードリンク