全30作品。ピーター・ローレが出演した映画ランキング

  1. M

    M
    評価:B3.78
    「月世界の女」「スピオーネ」と同じくテア・フォン・ハルボウ脚色、フリッツ・ランク監督の結合の基に作られた映画でデュッセルドルフに起こりし実話を基にして撮影台本が執筆されたものである。主なる出演者はペーター・ローレ、エレン・ヴィドマン、インゲ・ランドグート、グスタフ・グリュントゲンス、フリードリッヒ・グナス、フリッツ・オデマー、テオドル。ロース、オットー・ヴェルニッケ、ゲオルク・ヨーン、ローザ・ヴァレッティ、ヘルタ・フォン・ヴァルターの面々。キャメラは「三文オペラ(1931)」「西部戦線一九一八年」のフリッツ・アルノ・ワグナーが担任である。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    もう少し脚本を掘り下げれば、大傑作になったはず
    ドイツの巨匠フリッツラング監督作品
    人間は罪を背負って生まれてくる
    ただのサスペンスじゃありません
    製作年:1931
    製作国:ドイツ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:ピーター・ローレ
    1
  2. 海底二万哩

    海底二万哩
    評価:C3.25
    アカデミー賞(1955年・2部門) 19世紀半ば、世界各地の海で謎の怪物による沈没事故が続発していた。そして、米政府が送り出した調査船の目の前に現れた怪物。

    アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    ディズニーらしい「改悪」映画。
    漆黒の闇で光を見出せるか?
    今ならネモ船長は英雄かも
    ネモ船長は偽善者か?
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・フライシャー
    主演:カーク・ダグラス
    2
  3. 絹の靴下

    絹の靴下
    評価:D3.17
    エルンスト・ルビッチが1939年にグレタ・ガルボ主演で作った風刺喜劇「ニノチカ」の再映画化で今回はブロードウェイで上演されたミュージカル・プレイに従っている。メルシオール・レンギールの「ニノチカ」を原作にレナード・ガーシュとレナードスピーゲルガスが脚本を書き、「サンマー・ホリデイ」のルーベン・マムーリアンが久方ぶりに監督した。作詩作曲はコール・ポーター、ミュージカル台本をジョージ・S・カウフマン、リューイーン・マクグラス、エイブ・バロースの3人が書いた。撮影は「Z旗あげて」のロバート・ブロナー、音楽監督はアンドレ・プレヴィン。主演は「パリの恋人」のフレッド・アステア、「ラスヴェガスで逢いまし…

    コメディ、ミュージカル

    ネット上の声

    MGMミュージカルの白鳥の歌
    文句なく面白い!ニノチカの女心が切ない
    フレッド・アステアいいですね
    リメイク版としては最高
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ルーベン・マムーリアン
    主演:シド・チャリシー
    3
  4. マルタの鷹

    マルタの鷹
    評価:D3.03
     私立探偵サム・スペードはワンダリーという女性から仕事を依頼される。サムの相棒アーチャーがそれを引き受けるが、その後、彼は何者かによって殺害されてしまう。犯人を追うサムの前に現れる怪しい男たち。やがてサムは莫大な価値を秘めた彫像“マルタの鷹”の争奪戦に巻き込まれていく。ハードボイルド探偵小説の映画化であり、ジョン・ヒューストンの初監督作品。ボギーことハンフリー・ボガートの当たり役にもなった傑作ミステリー。

    アクション

    ネット上の声

    古典的名作とのことだが、私的にははまらず。だって事件そのものがイマ...
    クールでタフガイなボギーにウットリ。話のテンポも良く面白かった。
    ハンフリー・ボガートの佇まいに惚れ惚れ
    色香に惑わず、徹底的に罪を償わせる姿勢
    製作年:1941
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ヒューストン
    主演:ハンフリー・ボガート
    4
  5. 暗殺者の家

    暗殺者の家
    評価:D2.95
     娘を誘拐された夫婦の苦悩を、ヒッチコックならではのユーモアとサスペンス仕立てで描いた作品。休暇で娘とスイスを訪れたローレンス夫妻はフランス人のルイと親しくなるが、直後彼は殺害されてしまう。瀕死のルイから国家機密を聞かされた一家は、口封じのため新たなターゲットにされる。息つく間もない展開や妻のジルが射撃の腕前を披露する伏線など、クライマックスへの期待が否が応でも高まる。22年後、「知りすぎていた男」のタイトルで監督自らリメイクしている。

    サスペンス

    ネット上の声

    「知りすぎていた男」で22年後再映画化!
    20年後の成長具合が感じられる
    「知りすぎていた男」の元
    いまいち、苦手かな・・・
    製作年:1934
    製作国:イギリス
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:レスリー・バンクス
    5
  6. 地球の危機

    地球の危機
    評価:D2.88
    「失われた世界(1966)」につづくアーウィン・アレン製作・監督の空想科学映画。脚本を書いたのはアーウィン・アレンとチャールズ・ベネット。原案もアーウィン・アレンである。撮影を受け持ったのはウィントン・C・ホック。音楽担当はポール・ソーテルとバート・シェフター。出演するのは「禁断の惑星」のウォルター・ピジョン、「ある微笑」のジョーン・フォンテーンの他、ピーター・ローレ、バーバラ・イーデン、フランキー・アヴァロンなど。

    SF

    ネット上の声

    今でも見応えある。
    シービュー号
    何が危機なのか?邦題からはわかりにくい?
    シービュー号がかっこいい!
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:アーウィン・アレン
    主演:ウォルター・ピジョン
    6
  7. 間諜最後の日

    間諜最後の日
    評価:D2.77
     第1次世界大戦最中のスパイ暗躍を題材にしたサスペンス・ムービー。エドガーはドイツ諜報員の正体を突き止めるため、アシェンデンと名を変えスイスへやってくる。そこには“妻”を名乗るエルサが待ち構えていた。他の仲間と共に、敵の諜報員らしき男を追いつめ死に追いやることに成功するが……。ラスト、アシェンデンとエルサの決断は見物。主演女優はヒッチコックの前作「三十九夜」に続いてマデリーン・キャロルが務めている。

    サスペンス

    ネット上の声

    サマセット・モーム『アジェンデン』が原作
    将軍キターーーーーーーーーーーーー!
    たまにはいい・・・かな
    あのジイさんは・・・
    製作年:1936
    製作国:イギリス
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ジョン・ギールグッド
    7
  8. 忍者と悪女

    忍者と悪女
    評価:E0.00
     ポーの幻想詩『大鴉』を基にしたコミカル・ホラー。隠棲した魔術師クレイヴンのもとに、言葉を喋るカラスがやってくる。

    ホラー

    ネット上の声

    忍者はどこに登場するのか?
    直接殴った方が早くない?
    コメディ
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・コーマン
    主演:ヴィンセント・プライス
    8
  9. F・P1号応答なし

    F・P1号応答なし
    評価:E0.00


    サスペンス、SF

    ネット上の声

    ”領海や公海”という発想が無かった頃…
    製作年:1932
    製作国:ドイツ
    監督:カール・ハートル
    主演:ハンス・アルベルス
    9
  10. 気球船探険

    気球船探険
    評価:E0.00
    ジュール・ヴェルヌの原作を映画化したアドベンチャードラマ。19世紀後半のイギリス。新型気球を開発した教授はアフリカ気球旅行を計画。ザンジバルを旅立った教授の気球は、現地人に「月の神」と崇められながら順調に旅を続けるかに見えたが…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    こういう探検モノは好き・・・
    これぞ活動写真のワクワク感!
    面白い冒険
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:アーウィン・アレン
    主演:レッド・バトンズ
    10
  11. 狂乱のモンテカルロ

    狂乱のモンテカルロ
    評価:E0.00
    エリッヒ・ポマー製作の音楽映画で、フリッツ・レック・マレツェヴェン作の小説をジェネ・ヘルタイが映画向きに書改め、「狂乱のモンテカルロ」の原作者ハンス・ミュラーがフランツ・シュルツと共に脚色に当り、「悲歌」「女王様御命令」と同じくハンス・シュワルツが監督、ギュンター・リッタウが撮影した。音楽は「ガソリン・ボーイ三人組」「女王様御命令」のウェルナー・ハイマンの担当で、撮影には「月世界の女」「予審」のコンスタンチン・チェットが共同している。主役は「嘆きの天使」に出演し現在はドイツ映画界切っての人気俳優と云われるハンス・アルバースが勤め、「カラマゾフの兄弟」「泣き笑ひの人生」のアンナ・ステン、「ガソリン・ボーイ三人組」のハインツ・リューマン、「M」のペーター・ローレ、「雪崩」のラシェル・デヴィリス、「泣き笑ひの人生」のオットー・ヴァルブルグ、クルト・ゲロン、イダ・ヴュスト等が助演している。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1931
    製作国:ドイツ
    監督:ハンス・シュワルツ
    主演:ハンス・アルベルス
    11
  12. 黒猫の怨霊

    黒猫の怨霊
    評価:E0.00
     ポーの原作をロジャー・コーマンが映画化した一連のAIP作品で、唯一のオムニバス。第1話「怪異ミイラの恐怖」“Morella”、第2話「黒猫の怨霊」“The Black Cat”、第3話「人妻を眠らす妖術」“The Case of M.Valdmar”の3話を収録(日本での劇場公開は3分割されそれぞれ短編として上映された)。

    ホラー
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・コーマン
    主演:ヴィンセント・プライス
    12
  13. 流砂

    流砂
    評価:E0.00
    自動車修理工で働くダニーはウェイトレスのヴェラに一目惚れ。恋人がいながらヴェラをデートに誘う。だが、初デートでいいところを見せようと仕事場のレジから20ドルを盗んでしまう。すぐに返すつもりがどんどん深みにはまっていき、ついに強盗、殺人事件にまで発展してしまう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    “逆わらしべ長者”の行き着く先は...
    製作年:1950
    製作国:アメリカ
    監督:アーヴィング・ピシェル
    主演:ミッキー・ルーニー
    13
  14. 欲望の砂漠

    欲望の砂漠
    評価:E0.00
    南アフリカのダイヤモンド採掘地帯を舞台にした冒険ドラマ。製作はハル・B・ウォリス、原作・脚本はウォルター・ドニガー、監督はウィリアム・ディーターレ、撮影はチャールズ・ラング、音楽はフランツ・ワックスマンが担当。出演はバート・ランカスター、ポール・ヘンリード、クロード・レインズ、ピーター・ローレ、コリンヌ・カルヴェなど。
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ディターレ
    主演:バート・ランカスター
    14
  15. ビッグ・ボウの殺人

    ビッグ・ボウの殺人
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、サスペンス
    製作年:1946
    製作国:アメリカ
    監督:ドン・シーゲル
    主演:シドニー・グリーンストリート
    15
  16. 狂恋

    狂恋
    評価:E0.00
    「暗殺者の家」「M」のピーター・ローレが主演する映画で、モーリス・ルナール作の「オルラックの手」を「古城の妖鬼」のガイ・エンドアが改作し、「ダンシング・レディ」のP・J・ウルフソンと「フランケンシュタインの花嫁」のジョン・L・ボルダーストンが脚色し「月の宮殿」「ミイラ再生」のカール・フロイントが監督し、「シーコウヤ」のチェスター・ライオンズと「結婚十分前」のグレッグ・トーランドが撮影した。助演者は「結婚十分前」のフランセス・ドレイク、「フランケンシュタインの花嫁」のコリン・クライヴ、「死の本塁打」のテッド・ヒーリー、「紅雀」のセーラ・ヘイドンその他。

    ホラー、恋愛、SF
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:カール・フロイント
    主演:ピーター・ローレ
    16
  17. 罪と罰

    罪と罰
    評価:E0.00
    フェードル・ドストイェフスキーの名作小説の映画化で、「西班牙狂想曲」「ブロンド・ヴィナス」のジョセフ・フォンスタンバーグが監督に当たったもの。脚色には「恋の一夜」「舗道」のS.K.ローレンがジョセフ・アンソニーと協力した。主演者は「暗殺者の家」「M」のピーター・ローレ、「ダイヤモンド・ジム」「羅馬太平記」のエドワード・アーノルドで、「古城の扉」のマリアン・マーシュ、「恋をしましょう(1933)」のタラ・ビレル、「台風」のパトリック・キャンベル夫人「深夜の星」のジーン・ロックハート、舞台から来たエリザベス・リスドン、「歌の翼」のロバート・アレン及びダグラス・ダンブリル等が助演している。撮影はルシエン・バラードの担当である。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
    主演:ピーター・ローレ
    17
  18. 狂恋・魔人ゴーゴル博士

    狂恋・魔人ゴーゴル博士
    評価:E0.00


    ホラー
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:カール・フロイント
    主演:ピーター・ローレ
    18
  19. ローレンの反撃

    ローレンの反撃
    評価:E0.00
    1940年代のハンス・ヘーブのベスト・セラーの映画化で、原題「Cross of Lorraine」(ローレンの十字)は第二次大戦中の自由フランス軍の標章を意味する。「リリー」のエドウィン・H・ノッフが製作に当たり、ヘーブの原作からマイケル・カニンはじめ4名が共同脚色している。撮影はシドニー・ワグナー、「男の城」のテイ・ガーネットが監督する。出演者は「ブリガドーン」のジーン・ケリイ、「水色の夜会服」のジャン・ピエール・オーモン、「悪魔をやっつけろ」のピーター・ローレ、「流刑の大陸」のサー・セドリック・ハードウィック、ヒューム・クローニンなど。1943年作品。

    ヒューマンドラマ、戦争
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:テイ・ガーネット
    主演:ジャン=ピエール・オーモン
    19
  20. バスター・キートン物語

    バスター・キートン物語
    評価:E0.00
    笑わぬ喜劇俳優として一世を風靡、チャップリンとともに無声映画時代の喜劇王といわれたバスター・キートン(公開当時61歳)の半世記。キートン自ら製作に協力している。製作・脚本はロバート・スミスと「底抜け西部へ行く」の脚色者シドニー・シェルダン、監督もシェルダンが担当した。撮影監督は「すてきな気持」のロイヤル・グリグス、作曲は「八十日間世界一周」の故ヴィクター・ヤング。主演は、キートンになる「夜は夜もすがら」のドナルド・オコナー、その妻に「ローズ・マリー(1954)」のアン・ブライス、ほかに「連発銃は知っている」のロンダ・フレミング、「八十日間世界一周」のピーター・ローレ。
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・シェルダン
    主演:ドナルド・オコナー
    20
  21. 底抜け一等兵

    底抜け一等兵
    評価:E0.00
    ジョージ・ベイカーの軍隊漫画“可哀そうな二等兵”をもとにして、「底抜け楽じゃないデス」のジェリー・ルイスが主演した18本目の喜劇映画。監督は「偽将軍」のジョージ・マーシャル。エドモンド・ベロインとネイト・モナスターが原作漫画をシナリオ化し、撮影監督は「十戒(1957)」のロイヤル・グリグスが担当した。音楽はウォルター・シャーフ。主題歌ロバート・ライト、ジョージ・フォレスト作詞・作曲の『おなじことよ』と、チャールズ・オカラン、ダドリー・ブルックス、F・E・ミラーによる『なぜ払う』を、リリアン・モンテヴェッチが歌っている。他の出演者は「地獄の翼」のフィリス・カーク、「絹の靴下」のピーター・ローレ、デヴィッド・ウェイン、リリアン・モンテヴェッチ、ジーン・エバンン、ジョー・マンテル等。製作ハル・B・ウォリス。

    コメディ
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・マーシャル
    主演:ジェリー・ルイス
    21
  22. 仮面の男

    仮面の男
    評価:E0.00
     国際的な犯罪者ディミトリオスが死体で発見された。主人公のミステリー作家ライデンは、ディミトリオスという男に興味を持ち彼のことを調べる。

    サスペンス
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:ジーン・ネグレスコ
    主演:ピーター・ローレ
    22
  23. 底抜けいいカモ

    底抜けいいカモ
    評価:E0.00
    ジェリー・ルイスとビル・リッチモンドの共同シナリオを「底抜け大学教授」のジェリー・ルイスが演出したスラプスティック・コメディ。撮影は「底抜けオット危い」のW・ウォーレス・ケリー、音楽はデイヴィッド・ラスキンが担当した。出演はジェリー・ルイス、「コマンチェロ」のイナ・バリン、「市民ケーン」のエヴェレット・スローン、「私はそんな女」のキーナン・ウィン、ピーター・ローレほか。

    コメディ
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ジェリー・ルイス
    主演:ジェリー・ルイス
    23
  24. 3階の見知らぬ男

    3階の見知らぬ男
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1940
    製作国:アメリカ
    監督:ボリス・イングスター
    主演:ピーター・ローレ
    24
  25. 上から下まで

    上から下まで
    評価:E0.00
    G・W・パブストが「今日の男性」の前に「ドン・キホーテ(1933)」に次いで監督製作した映画。原作はラディスラス・ブシュ・フェケテの戯曲で、脚色はアンナ・グマイナー、撮影は「アトランティド」のオイゲン・シュフタンがそれぞれ担任した。主演者はフランスで評判のジャン・ギャバンで、「乙女の湖」のミシェル・シモン、「別れの曲」のジャニーヌ・クリスパン、シャンソニエのモーリセエ、の三人が重要な役を勤めて共演する外、「今宵こそは」のマルゴ・リオン、「乙女の湖」のウラジミール・ソコロフ、「M」のペーター・ローレ、「女優ナナ(1926)」のカトリーヌ・エスラン、舞台女優のポーリーヌ・カルトン、ミリー・マチス、モルトン、クリスチアーヌ・ドゥリーヌ等が助演している。音楽は映画中の一曲を除くほかはマルセル・ラテスの担任で、台詞は劇作家ジョルジュ・トレエが執筆した。
    製作年:1933
    製作国:フランス
    監督:G・W・パブスト
    主演:ジャン・ギャバン
    25
  26. 迷路

    迷路
    評価:E0.00
    「望郷」として好評を博したデテクティヴ・アシェルベの「ペペ・ル・モコ」のハリウッドにおける2度目の映画化で、脚色には「新婚第一歩」のラディスラウス・ブス・フェケテとアーノルド・マノフが協力し監督には「初恋時代」のジョン・ベリィが当たった。撮影はアーヴィング・グラスバーグである。主役は「美人劇場」のトニー・マーティンで、彼はナット・C・ゴールドストーンと共にこの映画のプロデューサーで彼の歌を聞かせるのが主なので、音楽台本は「会議は踊る」のエリック・シャレルが書き、いくつかの歌曲はレオ・ロビン作詩、ハロルド・アーレン作曲である。我がスクリーンには初お目見得のイヴォンヌ・デ・カーロと、スエーデンから来たマルタ・トーレン、「毒薬と老嬢」のピーター・ローレがマーティンと共に主演し新顔のトーマス・ゴメス、「美しき被告」のダグラス・ディック、キャサリン・ダンハム等が助演する1948年度作品。
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ベリー
    主演:トニー・マーティン
    26
  27. 五本指の野獣

    五本指の野獣
    評価:E0.00


    ホラー
    製作年:1946
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・フローリー
    主演:ロバート・アルダ
    27
  28. 黒い天使

    黒い天使
    評価:E0.00


    サスペンス
    製作年:1946
    製作国:アメリカ
    監督:ロイ・ウィリアム・ニール
    主演:ダン・デュリエ
    28
  29. O・F氏のトランク

    O・F氏のトランク
    評価:E0.00
    処女作「人生謳歌」で認められた、元モスコーユダヤ劇場の主脳者アレクシス・グラノフスキーの第二回トーキー作品で、ドイツの風刺作家として聞えているレオ・ラニアと監督グラノフスキーが共同して書卸したもので、自ら大人の為のお伽噺と断ってある。出演者は「メトロポリス」のアルフレッド・アベル、「M」のペーター・ローレ、ハラルト・パウルゼン、ルドウィッヒ・ストーセル、ヘルタ・フォン・ヴァルター、へディー・キースラー、マルゴ・リオン、ハドリアン・ネット及びベルンハルト・ゲツケという顔ぶれである。キャメラは「制服の処女(1931)」「巴里-伯林」のライマール・クンツェ及びハインリヒ・バラッシュで、作曲は「カラマゾフの兄弟」のカロル・ラトハウスである。
    製作年:1931
    製作国:ドイツ
    監督:アレクシス・グラノフスキー
    主演:アルフレート・アーベル
    29
  30. スペインの休日

    スペインの休日
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:ジャック・カーディフ
    主演:デンホルム・エリオット
    30

スポンサードリンク