スポンサーリンクあり

全23作品。市川春代が出演した映画ランキング

  1. 鴛鴦(おしどり)歌合戦
    • B
    • 3.69

    ネット上の声

    • この映画、エンターテイメントしてました
    • 日本の伝説的オペレッタ時代劇⚔🇯🇵🎶
    • 映画を見る幸せ・・・ビバ!鴛鴦歌合戦!
    • 戦前の邦画が生みだした、愛すべき名作
    時代劇
    • 製作年1939年
    • 製作国日本
    • 時間69分
    • 監督マキノ正博
    • 主演片岡千恵蔵
    • 定額
    • レンタル
  2. 若い人
    • E
    • 2.44
     石坂洋次郎の同名原作を、八田尚之が脚色し豊田四郎が監督した文芸映画。1952年には市川崑監督、1962年には西河克監督、1977年には河崎義祐が、それぞれ再映画化している。

    ネット上の声

    • 女子高生の相手って大変なんだ!
    • 画づくりは美しいし、当時のミッション・スクールの雰囲気を味わうことができる興味深
    • 女子高生×男教師×女教師の三角関係が焦点だけど、結局のとこ大日方傳をフィルターに
    • 初めの函館シーンは、私が函館出身なので、良かったです
    青春
    • 製作年1937年
    • 製作国日本
    • 時間88分
    • 監督---
    • 主演大日方伝
  3. 剣難女難 女心伝心の巻
    • E
    • 2.34

    ネット上の声

    • 手前の低地、奥の高台の土手でそれぞれ別の斬り合いを1カットに収めた構図が加藤泰ら
    • 特集/生誕100年 映画監督 加藤泰
    • 加藤泰特集19本目
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間76分
    • 監督加藤泰
    • 主演黒川弥太郎
  4. 剣難女難 剣光流星の巻
    • E
    • 2.34
    「十六文からす堂 千人悲願」と同じく、高村將嗣の製作による新東宝と宝プロとの提携作品。市川英治の原作から、「十六文からす堂 千人悲願」の木下籐吉が脚色、加藤泰の監督で、「神変美女峠」の藤井春美が撮影に当っている。出演者は「十六文からす堂 千人悲願」の黒川弥太郎、市川春代、春日あけみ、澤村國太郎などのほかに徳川夢声、阿部九洲男、川喜多小六などである。

    ネット上の声

    • 名画座手帳には今夜は『戦争と人間 第三部』と書き込んでいたがやめてフィルムセンタ
    • 加藤泰特集 25本目
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間76分
    • 監督加藤泰
    • 主演黒川弥太郎
  5. 土俵祭
    • E
    • 2.14

    ネット上の声

    • 昔は“引き分け”があったんだ!
    • 新時代明治、今更相撲なんて古いダサい、いらなくね?って空気が流れる中、新弟子とし
    • 昭和の戦時中に明治の相撲を表現している映像なんてすごく貴重だと思いました
    • 途中で眠くなって、危うく飲み込まれそうになる笑
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1944年
    • 製作国日本
    • 時間78分
    • 監督丸根賛太郎
    • 主演片岡千恵蔵
  6. 十六文からす堂 千人悲願
    • E
    「黄門と弥次喜多 からす組異変」と同じく宝プロの高村將嗣の製作で、木下藤吉が山手樹一郎の原作から脚色し、「神変美女峠」の萩原章が監督し、平野好美(「黄門と弥次喜多 からす組異変」)が撮影に当っている。出演者は、「神変美女峠」の黒川弥太郎に市川春代、元大都映画の活劇スター、ハヤブサ・ヒデト、テイチクの美ち奴、ポリドールの小西潤、コロムビアの久保幸江など。

    ネット上の声

    • 〖1950年代映画:小説実写映画化:時代劇:宝プロ:日本名作映画集〗
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間77分
    • 監督萩原章
    • 主演黒川弥太郎
    • 定額
  7. 万花地獄
    • E
    吉川英治の原作小説を「女賊と判官」の民門敏雄と「鉄の爪」の監督安達伸生とが共同で脚色して、同じく安達伸生がメガホンをとったもの。主演は、「鬼姫しぐれ」「中山安兵衛」の嵐寛寿郎で、市川春代、本間謙太郎、進藤英太郎、それに新人萩町子が共演している。

    ネット上の声

    • 甲州笛吹川の春
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間69分
    • 監督安達伸生
    • 主演嵐寛寿郎
  8. 生さぬ仲
    • E
    「我輩は探偵でアル」の市川哲夫の次作品、新派往年の当り狂言柳川春葉の同名の原作を「フランチェスカの鐘」の沢村勉が脚色している、撮影は倉持友一、プロデュースは石田清吉の担当、出演は「晩春」の宇佐美淳「白虎」の市川春代「真昼の円舞曲」の吉川満子「薔薇はなぜ紅い」の浜田百合子「深夜の告白」の河津清三郎「四谷怪談(1949)」の三津田健「暁の脱走」の小沢栄「我輩は探偵でアル」でデビューした紅朱実、小川芸能社長小川吉衞氏の娘で「新愛染かつら」にデビューした小川弘子などである。
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督市川哲夫
    • 主演宇佐美淳
  9. 明治の兄弟
    • E
    • 製作年1946年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督松田定次
    • 主演片岡千恵蔵
  10. 佐平次捕物控 紫頭巾 解決篇
    • E
    「佐平次捕物控・紫頭巾」の後編。製作、企画、演出は「ボス」につづくマキノ正博で、寿々喜多呂九平の原作から「ボス」の八尋不二が脚色する。撮影は「今日われ恋愛す」の三木滋人。主演は「王将(1948)」の阪東妻三郎が一人三役、「盤獄江戸へ行く」の大河内傳次郎。他に「麗人草」の市川春代、「フランチェスカの鐘」の逢初夢子、「恋の十三夜」の月丘夢路、「最後に笑う男」の加東大介など。

    ネット上の声

    • 佐平治捕物帳 怪傑紫頭巾
    • 佐平治捕物帳 怪傑紫頭巾
    時代劇
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間67分
    • 監督マキノ正博
    • 主演阪東妻三郎
  11. 海を渡る祭礼
    • E
     三村伸太郎のオリジナル脚本を「宮本武蔵」の稲垣浩が監督した時代劇。日本国内にはプリントもネガも残っておらず、現在見ることができるのは、ロシアで見つかった24分のフィルムのみとなっている。
    時代劇
    • 製作年1941年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督稲垣浩
    • 主演市川小文治
  12. 最後の攘夷党
    • E
    「狼火は上海に揚る」に次ぐ稲垣浩の演出作品。

    ネット上の声

    • 文明開化後の急速に変化する明治の日本と、そして攘夷党の亡霊の神風連
    時代劇
    • 製作年1945年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督稲垣浩
    • 主演嵐寛寿郎
  13. 佐平次捕物控 紫頭巾
    • E
    製作、企画、演出は「ボス」につづくマキノ正博で、寿々喜多呂九平の原作から「ボス」の八尋不二が脚色する。撮影は「今日われ恋愛す」の三木滋人。主演は「王将(1948)」の阪東妻三郎が一人三役、「盤獄江戸へ行く」の大河内傳次郎。他に「麗人草」の市川春代、「フランチェスカの鐘」の逢初夢子、「恋の十三夜」の月丘夢路、「最後に笑う男」の加東大介など。後編に「佐平次捕物控・紫頭巾 解決篇」がある。

    ネット上の声

    • 『怪傑紫頭巾 總輯版』を鑑賞
    時代劇
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間70分
    • 監督マキノ正博
    • 主演阪東妻三郎
  14. 轟先生
    • E
    雑誌『漫画』に連載中の秋好馨の原作を新人棚田吾郎が脚色し、「風の又三郎」「次郎物語(1941)」「君かと思ひて」等の島耕二が目下撮影中の「緑の小筐」を一時待機して監督する。撮影は「街の人気者」「君かと思ひて」等の相坂操一。大映と緑波一座の提携代一回作品であり、緑波のほか渡辺篤、市川春代が出演している。
    • 製作年1947年
    • 製作国日本
    • 時間77分
    • 監督島耕二
    • 主演古川ロッパ
  15. 黄門と弥次喜多 からす組異変
    • E
    「又四郎笠」などと同じく高村將嗣が製作した宝プロ作品で、脚本は木下藤吉、監督は「腰抜け二刀流」の並木鏡太郎、撮影は「若様侍捕物帳 呪いの人形師」の平野好美、出演者は「無宿猫」の古川緑波、「神変美女峠」の尾上菊太郎と澤村國太郎、「又四郎笠」の市川春代、などである。

    ネット上の声

    • 誰もレビューしとらんやないか
    • 昔懐かし・・・
    時代劇
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督並木鏡太郎
    • 主演古川ロッパ
  16. 龍の岬
    • E
    時代劇
    • 製作年1945年
    • 製作国日本
    • 時間73分
    • 監督白井戦太郎
    • 主演片岡千恵蔵
  17. 一寸法師
    • E
    「彼と共に去りぬ」につぐ小倉浩一郎の企画で、江戸川乱歩原作同名の探てい小説に取材し、「われ泣きぬれて」の沢村勉が脚本を書いた。「母の灯」以来一年ぶりの市川哲夫(市川春代の弟)が監督に当たる。新東宝の藤田進が「富士山頂(1948)」についで主演し、「それでも私は行く」の月丘夢路(M・S・C)、「色ざんげ(1948)」についで松竹入社第二作の鈴木美智子、「夜の女たち」の永田光男が出演、元大都の活劇スター兼監督(八代毅)で鳴らし戦時中満映にいたハヤブサ・ヒデトが帰還後第一作としてカムバックする。問題の一寸法師にふんする酒井福助は京都日ノ丸移動演劇部“お笑いの家”の浪曲家で、酒井雲門下、身長二尺一寸、廿四歳という変わり種。なおこの映画は藤田進の明智小五郎ものシリーズの第一編で関西お盆映画をねらって封切られる。

    ネット上の声

    • この映画の配役情報には誤りがある。この映画に月丘夢路は出演しておら...
    • 製作年1948年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督市川哲夫
    • 主演藤田進
  18. 神変美女峠 解決篇 又四郎笠
    • E
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督萩原章
    • 主演黒川弥太郎
  19. あばれ熨斗
    • E
    夕刊毎日新聞連載の土師清二の原作から、「水戸黄門漫遊記 飛龍の剣」の安達伸生が脚色監督したもの。撮影は同じく武田千吉郎が担当している。配役の主なものは、「右門捕物帖 緋鹿の子異変」の嵐寛寿郎、「銭形平次・恋文道中」の三浦光子、長谷川裕見子。本間謙太郎こと、再び旧名坂東好太郎などのほか、市川春代、羅門光三郎、清川荘司、澤村國太郎等である。
    • 製作年1952年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督安達伸生
    • 主演嵐寛寿郎
  20. オヤケ・アカハチ
    • E
    • 製作年1937年
    • 製作国日本
    • 時間81分
    • 監督重宗務
    • 主演藤井貢
  21. 母子船
    • E
    「炎の肌」の八住利雄の脚本で、「二十歳前後」の吉村廉が監督に当り、「牝犬」の山崎安一郎が撮影に当っている。配役は「母人形」の三益愛子、豆バレリーナの松島トモ子、「馬喰一代(1951)」の菅井一郎と市川春代、「命美わし」の小沢栄、「飛騨の小天狗」の星美智子などのほか、星光、植村謙二郎、見明凡太朗などである。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間88分
    • 監督吉村廉
    • 主演三益愛子
  22. 麗人草
    • E
    「わが生涯のかがやける日」「嫉妬(1949)」の小倉武志の製作、竹田敏彦原作「愛欲の海」から「青蛾」の鈴木兵吾が脚色「たそがれの密会」の原研吉の東西スタッフ交流による京都での戦後第一回作、カメラも「青蛾」の森田俊保である。主演には大映と年二本契約をしていた水谷八重子が「歌女覚え書」(昭和十五年)以来久々の松竹作品出演で、今後も契約出演の予定である。その他「娘十八嘘つき時代」佐分利信「新妻会議」の若原雅夫「男が血を見た時(1949)」の日高澄子(大映)の外「海軍」で処女出演した青山和子が若杉曜子と改名抜擢されている。
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督原研吉
    • 主演水谷八重子[初代]
  23. 若き日の誘惑
    • E
    林芙美子の小説『槿花』を「真珠母」の橋田寿賀子が脚色し、「若君逆襲す」の酒井辰雄が長篇第一回の監督に当る。撮影は「次郎吉娘」の関根重行、音楽は「蛮から社員」の奥村一の担当。「家族会議」の藤乃高子、「お役者変化」の大木実、「求婚三人娘」の北原三枝、「お嬢さん社長」の大坂志郎などが出演する。
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督酒井辰雄
    • 主演大木実

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。