スポンサーリンクあり

全42作品。小沢栄太郎が出演した映画ランキング

  1. 1

    疑惑

    疑惑
    • A
    • 4.07
    殺人容疑者の女と彼女を弁護することになった女性弁護士の間の確執を描く。松本清張の同名小説の映画化で、作者自身が脚色し、撮影台本は「ダイナマイトどんどん」の古田求と「わるいやつら」の野村芳太郎、監督も野村芳太郎、撮影も同作の川又昂がれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 岩下志麻…!岩下志麻が良い!「この岩下志麻が凄い」暫定ベスト
    • 文句なしの傑作。桃井かおり、おそるべし!
    • 女優つうのはこういう女達のことをいうのだ
    • 小さい子が見たら、トラウマになるかも・・
    裁判・法廷、 サスペンス
    • 製作年1982年
    • 製作国日本
    • 時間127分
    • 監督野村芳太郎
    • 主演桃井かおり
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  2. 春の夢
    • B
    • 3.78
    「今日もまたかくてありなん」の木下恵介が、自らの脚本を監督したもので、ある製薬会社社長の邸宅を舞台にした風刺喜劇。撮影は「愛と希望の街」の楠田浩之。

    ネット上の声

    • 全ては春の夜の夢の如し
    • 回転する久我美子。
    • 独特のグルーヴを持つ映画
    • A very beautiful film!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間103分
    • 監督木下恵介
    • 主演小沢栄太郎
  3. 長屋紳士録
    • C
    • 3.61
    無声時代「東京の合唱」「生れてはみたけれど」「出來心」「大学よいとこ」等幾多の名作を生み、戦前「一人息子」「淑女は何を忘れたか」「父ありき」等を発表昨夏帰還した小津安二郎の再起第一回監督作品。脚本は「美人哀愁」以来「出來心」「浮草物語」「一人息子」「戸田家の兄妹」「父ありき」に至るまで数多くの協同作品をものした自身と池田忠雄の協同で、撮影には「鍵を握る女」「許された一夜」等の厚田雄春が当っている。小津作品のおなじみの俳優が顔をそろえている他、往年の名子役突貫小僧の実弟青木富廣が少年役で出演している。

    ネット上の声

    • 人情物語は苦い薬を飲ませるための糖衣だったのです
    • 布団がアメリカ国旗に似てるんですけど…
    • 晩春、麦秋に比べると少し味気ない...。
    • 長屋の紳士たちに戦後処理を頼んだ?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1947年
    • 製作国日本
    • 時間72分
    • 監督小津安二郎
    • 主演飯田蝶子
  4. ひき逃げ
    • C
    • 3.47
    「六條ゆきやま紬」の松山善三のオリジナル・シナリオを、「女の中にいる他人」の成瀬巳喜男が監督した社会ドラマ。撮影は「エレキの若大将」の西垣六郎。

    ネット上の声

    • 加害者と被害者は誰でも両方持っている
    • 母親の復讐は想定外の感情に揺れて…
    • 息子をひき逃げで失った女の復讐劇
    • 大変失礼ながら(って誰に?)
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
  5. 5

    悪党

    悪党
    • C
    • 3.32
    谷崎潤一郎の戯曲“顔世”より「鬼婆」の新藤兼人が脚色・監督した戦乱もの。撮影もコンビの黒田清巳。

    ネット上の声

    • マルチプレイヤー
    • 最良質の時代劇
    • いい時代劇。
    • 宇野重吉の吉田兼好が腹立つと思っていたら粗忽な小沢栄太郎が「世を拗ねたふりをして
    時代劇
    • 製作年1965年
    • 製作国日本
    • 時間119分
    • 監督新藤兼人
    • 主演小沢栄太郎
  6. 甘い秘密
    • C
    • 3.26
    作家志願の女葉子が、四人の男との愛欲にひたりながらも、自由を求めて奔放に生きる姿を描く。原作は徳田秋声の『仮装人物』。脚本は秋声ファンとして知られる「激動の昭和史 沖縄決戦」の新藤兼人。監督は「眠れる美女(1968)」の吉村公三郎。撮影は佐藤昌道がそれぞれ担当。なお、この作品は本誌昭和四十三年七月下旬号(四七三)「日本映画紹介」欄に「熱い夜」として紹介したが、題名が変更になって八月二十五日に封切られたものである。

    ネット上の声

    • 作家志願の葉子が4人の男を利用しまくり のしあがっていこうとする
    • 小沢栄太郎(インテリモード)の老いらくの恋の相手がなんと、美貌炸裂しまくる佐藤友
    • 佐藤友美がボーヴォワールを読んでいたがこの物語がボーヴォワール的かというとよくわ
    • 若い肉体で老人やおっさんらを虜にするが、その男たちは「才能がある」表現者で彼女は
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1971年
    • 製作国日本
    • 時間82分
    • 監督吉村公三郎
    • 主演佐藤友美
  7. 第五福竜丸
    • C
    • 3.23
    日本人漁夫がビキニ環礁で遭遇した水爆実験の被害事件を描いたもので、「米」の八木保太郎と新藤兼人の脚本を、「悲しみは女だけに」の新藤兼人が監督した。撮影は植松永吉・武井大が担当。

    ネット上の声

    • 私にとって第五福竜丸は、渋谷駅構内にある岡本太郎作「明日の神話」
    • 8月に観る日本の戦争の映画はもうやめようと思っていました
    • 核の恐怖に直面した人々
    • 八月になれば・・。
    ヒューマンドラマ、 実話
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督新藤兼人
    • 主演宇野重吉
  8. 8

    肖像

    肖像
    • C
    • 3.20
    製作は「誘惑(1948)」「女」「わが生涯のかがやける日」の小倉武志で、東宝の「酔いどれ天使」の脚本(植草圭之助と協同)及び演出をした黒澤明が脚本を書き「女」につぐ木下恵介が監督する。撮影も「女」の楠田浩之が担当する。主演は「秘密(1948)」の井川邦子、小沢栄太郎でそれに「面影」(東宝)の菅井一郎、「富士山頂(1948)」(新東宝)の三宅邦子「不死鳥」「旅裝」の佐田啓二、ニューフェイスの桂木洋子が第一回出演する。

    ネット上の声

    • 夏ミカンの食べ方ひとつで...。
    • 安く売りに出されている家を改装の上で転売しようとする不動産屋が、出ていこうとしな
    • 黒澤明が『野良犬』『酔いどれ天使』と同じテーマを木下恵介のための脚本にすればばこ
    • 画家の家族を追い出すために、部屋を間借りしたすれっからしの男女が、純粋な画家一家
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督木下恵介
    • 主演井川邦子
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  9. 石合戦
    • D
    • 3.05
    故上司小剣の小説『天満宮』『石合戦』より松丸青史、吉田隆一、松山亜土の三人が脚色し、「和蘭囃子」の若杉光夫が監督、「最後の女達」の仲沢半次郎が撮影を担当した。主なる出演者は「獅子丸一平」の小沢栄、「人生とんぼ返り(1955)」の山田五十鈴、「花ひらく(1955)」の内藤武敏、「幼きものは訴える」の宇野重吉、新人高田敏江、東童の浜田光曠など。

    ネット上の声

    • 水着じゃなくて褌だった頃…
    • 若杉光夫監督作品!
    • 山田五十鈴が病院から戻った時、小沢栄と奈良岡朋子が、目配せをする場面があるのだが
    • めちゃくちゃ日本の話なのに、たまにどことなくアメリカの匂いがするショットがある
    • 製作年1955年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督若杉光夫
    • 主演小沢栄
    • 定額
    • レンタル
  10. 深夜の告白
    • D
    • 2.82
    製作は「白頭巾現わる」「女の闘い」の竹井諒と「群狼」の筈見恒夫、脚本は「群狼」の八木隆一郎で「馬車物語」以来の中川信夫が監督する。カメラは「拳闘狂一代記」の河崎喜久三が担当する。主演は「わが恋は燃えぬ」「地獄の貴婦人」の小沢栄(小沢栄太郎改名)「青い山脈(1949)」の池部良、「幽霊曉に死す」の月丘千秋で、それに「わが恋は燃えぬ」の千田是也「お嬢さん乾杯!」「斬られの仙太」の青山杉作「わが恋は燃えぬ」の東野英治郎「お嬢さん乾杯!」の東山千栄子、村瀬幸子ら、俳優座から多数出演する。

    ネット上の声

    • 月丘千秋がぴょんぴょんぴょーん♡
    • 映画『深夜の告白』…というと、ビリー・ワイルダー監督のサスペンスが有名だが、今回
    • 秀作ですよぉ! 戦争が終わってから4年後、公開されたこの映画を観た人の多くは涙し
    • 自らが経営する会社が製作した飛行機で息子が戦士するという業に中川信夫らしさを感じ
    サスペンス
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間78分
    • 監督中川信夫
    • 主演小沢栄
  11. 花咲く港
    • D
    • 2.81
    南九州の港町に現れた2人のペテン師が繰り広げる珍騒動。木下監督のデビュー作。

    ネット上の声

    • だらしのない悪党 = 愛すべきペテン師。
    • 木下恵介の第1作は良質なコメディ
    • 泥船も敗戦も再生への礎
    • 朝浜辺を彷徨えば
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1943年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督木下恵介
    • 主演小沢栄太郎
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  12. 小説吉田学校
    • D
    • 2.78
    被占領下の戦後日本の運命を賭けて政治の世界に生きた吉田茂を中心とする“保守本流”の実力者群像を描く。戸川猪佐武の同名小説の映画化で、脚本は長坂秀佳と「海峡」の森谷司郎、監督も同作の森谷司郎、撮影も同作の木村大作がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 教科書で教わる歴史も大切だけど、僕らは現代史をもっと学ばなければいけない
    • 暴力のないヤクザの跡目争いという感じ
    • まんま任侠モノになりそうな
    • 本当の主役は三木武吉
    ヒューマンドラマ、 実話
    • 製作年1983年
    • 製作国日本
    • 時間132分
    • 監督森谷司郎
    • 主演森繁久彌
    • レンタル
  13. 暁の脱走
    • D
    • 2.74
    「ジャコ万と鉄(1949)」につぐ田中友幸の製作で、田村泰次郎原作雑誌「サロン」所載「春婦伝」より「ジャコ万と鉄(1949)」につぐ谷口千吉と「静かなる決闘」「野良犬(1949)」の黒澤明が協同で脚本を書き、谷口千吉が演出した。キャメラは「グッドバイ(1949)」「銀座カンカン娘」の三村明が担当。主演は「青い山脈(1949)」の池部良と「人間模様」の山口淑子でそれに「深夜の告白」の小沢栄、「青い山脈(1949)」「恋狼火」の伊豆肇、「鍋島怪猫伝」「小原庄助さん」の清川荘司、「青い山脈(1949)」「白鳥は悲しからずや」の若山セツ子らが出演する。

    ネット上の声

    • 黒澤明が途中で脚本を降りた理由
    • 戦場での男女の恋愛よりも、小沢栄太郎の行動が日本軍の狂気を象徴しているようで印象
    • 春美が唐突と見えるほどに、積極的に三上上等兵にアプローチするところや、「三上」と
    • 明日にも死ぬなら悔いなくと、やたら積極的な山口淑子
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間116分
    • 監督谷口千吉
    • 主演池部良
    • レンタル
  14. 酔いどれ波止場
    • D
    • 2.72
    「続・酔いどれ博士」の新藤兼人がシナリオを執筆、同じ井上昭が監督した、“酔いどれ”シリーズ第三作目。撮影は「殺人者」の竹村藤和。

    ネット上の声

    • 方言がごちゃ混ぜだなあ~
    • このシリーズは毎回違う土地が舞台になるようで、せっかく良いキャラしてた前作の登場
    • "ひのもと"と"ハクライ"のネーミングが具現化したヤクザと中身が焼酎の男•勝新
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督井上昭
    • 主演勝新太郎
  15. 早稲田大学
    • E
    • 2.64
    文芸春秋連載の尾崎士郎の原作を、「かっぱ六銃士」の八住利雄が脚色、「残侠の港」の佐伯清が監督した。撮影は「子は誰のもの」の西川庄衛、音楽は「山下奉文」の高田信一、小沢、千田、東野、青山をはじめとする新劇人を中心に「残侠の港」の徳大寺伸、「江戸の花道」の大友柳太朗、「サラリーマンの歌」の佐野周二、「君に捧げし命なりせば」の宮城野由美子、「花の喧嘩状」の山根寿子、「青春銭形平次」の伊藤雄之助などが出演する。

    ネット上の声

    • 間違ってたら謝罪しますが
    • 大学には縁がないけれど
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督佐伯清
    • 主演小沢栄
    • レンタル
  16. 示談屋
    • E
    • 2.60
    「視界ゼロの脱出」の安藤日出男が原作・脚色、「銀座の次郎長」の井田探が監督した社会ドラマ。撮影もコンビの萩原泉。

    ネット上の声

    • 川地さんのナイーヴさも病的だし自分勝手な人しかいないし大企業も当然クソだし終始嫌
    • 「青春を返せ」と二本立てがベストだが井田探監督作品かけてくれるのは日本全国探して
    • 示談屋が示談組織へ敵討ち? 示談屋の息子を亡くした示談屋が息子のいた示談屋を突き
    • 交通事故の加害者と被害者それぞれの示談屋、小池朝雄と小沢栄太郎の丁々発止
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督井田探
    • 主演小沢栄太郎
    • 定額
    • レンタル
  17. 17

    激流

    激流
    • E
    • 2.59
    「雌が雄を喰い殺す かまきり」の井上梅次と、「痴人の愛(1967)」の池田一朗が共同でシナリオを執筆し、井上梅次が監督した女性もの。撮影は「かあちゃんと11人の子ども」の長岡博之。

    ネット上の声

    • 面白かった
    • ジョン・C・ライリーの怪演
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1944年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督家城巳代治
    • 主演小沢栄太郎
  18. 市川馬五郎一座顛末記 浮草日記
    • E
    • 2.58
    真山美保の原作を「夫婦善哉」の八住利雄が脚色し「愛すればこそ」第三話の山本薩夫が監督、「太陽のない街」の前田実が撮影を担当した。主なる出演者は「名月佐太郎笠」の津島恵子、「珠はくだけず」の菅原謙二、「獅子丸一平」の小沢栄、「幼きものは訴える」の東野英治郎など。

    ネット上の声

    • 興行師も資本家も似たようなものさ!
    • まあド直球な左翼労働映画だけど、悪徳興業主にタダ働きさせられるどさ回り劇団とスト
    • ラピュタの独立プロ特集の中でもとっつきやすそうなこの作品を選んだけど、確かに人情
    • 知らないだけで実は私たちは不幸なんだよということを(当時の)観客に訴えつつ、華も
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1955年
    • 製作国日本
    • 時間106分
    • 監督山本薩夫
    • 主演津島恵子
  19. 坊っちゃん
    • E
    • 2.54
    夏目漱石の原作の再映画化(前作は昭和十年PCL作品として山本嘉次郎が監督した)。「銀二郎の片腕」の八田尚之が脚色、「母と娘(1953)」の丸山誠治が監督にあたった。撮影は「続・浮雲日記」の山崎一雄、音楽は「関の弥太ッぺ(1953)」の渡辺浦人。「都会の横顔」の池部良、森繁久彌、「欲望」の小沢栄、「真珠母」の多々良純、「花の中の娘たち」の岡田茉莉子、小堀誠などが出演する。

    ネット上の声

    • 真っ直ぐであること
    • 道後温泉は出てこない?
    • 池部良さんぴったり!
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督丸山誠治
    • 主演池部良
  20. 俺の血が騒ぐ
    • E
    • 2.52
    池田一朗・長谷部安春・加藤新二の共同脚本を、「大暴れ風来坊」の山崎徳次郎が監督した、赤木圭一郎の海洋活劇。撮影は「闇を裂く口笛」の姫田真佐久。

    ネット上の声

    • 俺の血も騒がして欲しい
    • 海のトニー
    アクション
    • 製作年1961年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督山崎徳次郎
    • 主演赤木圭一郎
    • 定額
    • レンタル
  21. 21

    女
    • E
    • 2.50
    「誘惑(1948)」についで小倉武志のプロデュース。「不死鳥」の木下恵介が自ら脚本並びに監督に当り、カメラは楠田浩之が担当する。キャストは「土曜夫人」(大映)の水戸光子「懐しのブルース」以来の小沢栄太郎の主演で、特にこの作品は、オール・ロケーションを敢行し、出演者も二人と限定され、女の心理描写をテーマとする点、日本映画としては珍らしい試みがみられる。

    ネット上の声

    • 女の自立は権利か義務か
    • 主演2人・・・
    • 揺れ動く心
    • 木下恵介は戦後になってこのようなニューロティック・サスペンスも多く手掛けているの
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国日本
    • 時間68分
    • 監督木下恵介
    • 主演水戸光子
    • レンタル
    • 定額
  22. 懐しのブルース
    • E
    • 2.44
    シナリオは「二連銃の鬼」の鈴木兵吾、メガフォンは「はたちの青春」「浅草の坊ちやん」の佐々木康、キャメラは「浅草の坊ちやん」の斎藤毅が担当する。「リラの花忘れじ」に次ぐ高峰三枝子「こころ月の如く」に次ぐ上原謙に俳優座の小沢英太郎、東野英治郎、この映画でデビューする新人眞船圭子らの出演。

    ネット上の声

    • 切なすぎる(;つД`)orz(涙)ヒロインに幸あれと願わずにはいられない
    • 平板な演出だが、高峰三枝子(当時30歳)はやっぱり存在感がある
    • 華族の没落、涙に潤む濡れた瞳でピアノを弾くヒロイン…
    • この作品もかなり切な過ぎて胸が締め付けられる作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督佐々木康
    • 主演高峰三枝子
  23. 危険な英雄
    • E
    • 2.42
    誘拐事件をタネに一勝負を挑む青年記者の生き方を衝く異色ドラマ。助監督の須川栄三のオリジナル・シナリオを「警視庁物語 白昼魔」の長谷川公之が潤色し、「目白三平物語 うちの女房」の鈴木英夫が監督した。撮影は「雨情」の中井朝一。主演は「婚約指輪」の石原慎太郎、「忘却の花びら (完結篇)」の司葉子。ほかに「あらくれ(1957)」の仲代達矢、「わが胸に虹は消えず (二部作)」の伊藤久哉、「柳生武芸帳(1957)」の三船敏郎、それに志村喬、小沢栄太郎、岸輝子など。

    ネット上の声

    • 眉毛が繋がっている!
    • グダグダ感
    • タイトルが主演の慎太郎を体現したある種の傍若無人なところやマスコミ批判も含めた社会ドラマ
    • 鈴木英夫監督らしくサスペンス描写は冴えているが、『バスジャック』の遠藤章造を超え
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督鈴木英夫
    • 主演石原慎太郎
  24. ぶっつけ本番
    • E
    • 2.41
    水野肇・小笠原基生の原作を、「弥次喜多道中記」の笠原良三が脚色、「大当り狸御殿」の佐伯幸三が監督、「恋は異なもの味なもの」の遠藤精一が撮影したもので、ニュース・カメラマン故松井久弥氏をモデルとした異色篇。主演は「母三人(1958)」のフランキー堺、「弥次喜多道中記」の淡路恵子をはじめ、佐野周二、仲代達矢、新人吉行和子。

    ネット上の声

    • 後ろ!後ろ!
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督佐伯幸三
    • 主演フランキー堺
  25. 脱走遊戯
    • E
    • 2.41
    囚人を刑務所から脱出させる“脱獄仕掛人”を主人公にしたアクション映画。脚本は「新仁義なき戦い 組長最後の日」の高田宏治と「狂った野獣」の関本郁夫と大原清秀、監督は「愉快な極道」の山下耕作、撮影は「テキヤの石松」の増田敏雄がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 32回の脱走経験を持つ囚人をサニー千葉が熱演!
    • あれだけ帰国しろと言われても、自分の力も分からずマカオに残り続ける彼女の馬鹿さ加
    • 死刑確定囚人や無期懲役囚の脱獄の手引きを多額の報酬で請負う脱獄仕掛人が、30億円
    • 脱走するはずの田中浩を差し置いてちゃっかりヘリで刑務所を抜け出す千葉ちゃん
    脱出、 刑務所、 アクション
    • 製作年1976年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督山下耕作
    • 主演千葉真一
    • レンタル
    • 定額
  26. スパイ・ゾルゲ 真珠湾前夜
    • E
    • 2.39
    H・O・マイスナーの原作を、アンリ・アルロー、イヴ・シャンピ、沢村勉の三人が脚色、「忘れえぬ慕情 Printemps a Nagasaki」のイヴ・シャンピが監督した日仏合作映画。撮影はビリー・ヴィレルヴュが担当した。

    ネット上の声

    • なぜ、ゾルゲに興味を抱くのか
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1961年
    • 製作国日本,フランス
    • 時間---分
    • 監督イヴ・シャンピ
    • 主演トーマス・ホルツマン
  27. 薔薇いくたびか
    • E
    • 2.34
    小山いと子の原作を「次男坊判官」の衣笠貞之助と相良準が共同で脚色し、「川のある下町の話」の衣笠貞之助が監督にあたる。撮影は「火の驀走」の渡辺公夫。出演者は「月に飛ぶ雁」の若尾文子、「暁の合唱(1955)」の根上淳、「お嬢さん先生」の南田洋子、「麝香屋敷」の長谷川一夫、「楊貴妃」の京マチ子、「火の驀走」の山本富士子、「幸福を配達する娘」の菅原謙二、船越英二のほかに市川雷蔵、勝新太郎、林成年、村田知英子、市川和子、矢島ひろ子、三益愛子などのオールスター出演である。

    ネット上の声

    • 古いしきたりや考え方に縛られながら愛を感じ続ける男女(若尾文子、根上淳の共演)に
    • こんな単純なすれ違いメロドラマに本気でハラハラして胃が痛くなった
    • 十代の性典シリーズみたいだった
    • 中洲大洋劇場若尾文子映画祭
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1955年
    • 製作国日本
    • 時間135分
    • 監督衣笠貞之助
    • 主演長谷川一夫
  28. 不沈艦撃沈
    • E
    • 2.30

    ネット上の声

    • 本当に国策映画って撮られてたんだ!初めてこの手のやつ見ました
    • 軍需工場視点の太平洋戦争というプロパガンダ映画
    戦争
    • 製作年1944年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督マキノ正博
    • 主演井上正夫
  29. 加賀騒動
    • E
    • 2.30
    村上元三のサンデー毎日連載小説を「生きる」の橋本忍が脚色し、「恐妻時代」の佐伯清が監督した東映京都作品。撮影は「紺屋高尾」の三木滋人、音楽は「満月三十石船」の高橋半。「飛びっちょ判官」の大友柳太朗、「女ひとり大地を行く」の山田五十鈴、「ギラム」の利根はる恵などを除いて、キャストの殆どを千田是也、小沢栄、東野英治郎、三島雅夫、薄田研二、岸輝子、加藤嘉、東恵美子等新劇人が占めている。

    ネット上の声

    • 春日太一先生の評伝橋本忍が秋に出そうという事なので観ていない橋本作品を検索してU
    • 茶坊主から藩内の実権を握るまでに至った大槻伝蔵の盛衰を描いた時代劇
    • まさかの恋愛ものかと思ったが、強烈なドラマだった
    • 映画【加賀騒動】感想(ネタバレ) https://umemomoliwu.com
    時代劇
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督佐伯清
    • 主演山田五十鈴
    • 定額
  30. 夜を探がせ
    • E
    • 2.27
    週刊読売に連載された石原慎太郎の同名小説の映画化で、「男なら夢を見ろ」の池田一朗が脚色し、「潜水艦イ-57降伏せず」の松林宗恵が監督したアクション・ドラマ。「サラリーマン十戒」の鈴木斌が撮影した。
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督松林宗恵
    • 主演鶴田浩二
  31. 31

    女優

    女優
    • E
    新派の世界を赤裸々に綴った森赫子の“女優”の映画化。脚色・監督は「流離の岸」の新藤兼人、撮影は「ある夜ふたたび」の宮島義勇が担当する近代映画協会作品。主な出演者は「新・己が罪」の乙羽信子、「われは海の子」の宇野重吉、「壁あつき部屋」の小沢栄、「裸足の青春」の東野英治郎、「新・平家物語 静と義経」の千田是也、「海の百万石」の日高澄子、他に永田靖、御橋公、内藤武敏、殿山泰司、細川ちか子など。

    ネット上の声

    • 『残菊物語』にも出演した森赫子が失明により女優を引退した年に出した自伝をその年に
    • ベテラン俳優の愛人になり捨てられ徐々に盲目になる
    • 書きますわよ!
    • 乙羽信子素晴らしい。感動した。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間104分
    • 監督新藤兼人
    • 主演乙羽信子
  32. 森は生きている
    • E
    俳優座=近代映画協会企画によるコニカラー総天然色作品である。原作はソ連の劇作家S・マルシャークの“十二月”。スラヴ民話をもとに書かれた子供向きの戯曲で、気だてのよい継娘が十二カ月の精の助けで欲張りな継母とわがまま王女を改心させ、幸福になる物語。邦訳は湯浅芳子。俳優座の連続公演で好評を得たものを、木村荘十二が中共帰還第一作として脚色・監督。撮影は「病妻物語 あやに愛しき」の前田実。出演は、今春俳優座養成所を出た新人安田チエコを中心に、舞台同様、千田是也、小沢栄、東野英治郎、岸輝子、楠田薫、三島雅夫、松本克平など俳優座のヴェテラン陣。

    ネット上の声

    • 昔話にありがちな ひたすら心清らかで不幸な主人公と その他大勢のイヂワル人間等っ
    • まさかのレビュー1人目!
    • 『転がれ転がれ季節の指輪』…だったかな 12月の12人の神様が主人公を助けてくれ
    • 同名の本を読んだことがあるので図書館で借りた
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督木村荘十二
    • 主演安田チエ子
  33. ブンナよ木からおりてこい
    • E
    蛙たちの世界を舞台に、生命の尊厳を描く。水上勉原作の同名小説のアニメ化で、脚本は「あゝ野麦峠・新緑篇」の山内久、総監督は小沢栄太郎、監督は丹野雄二がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 子供の頃に何度も観た、お父さんとの想い出が詰まった映画☆大きなブナの木を実際にも
    アニメ
    • 製作年1987年
    • 製作国日本
    • 時間53分
    • 監督---
    • 主演榊原郁恵
  34. ほらふき丹次
    • E
    五年前『文芸春秋』に掲載された寒川光太郎の小説を、藤田進が彼個人で映画化権を譲りうけ、「銭形平次捕物控 金色の狼」の八木隆一郎の脚色、「石中先生行状記 青春無銭旅行」の中川信夫の演出で映画化する。「関八州勢揃い」の河崎喜久三が撮影を、「学生五人男」の小杉太一郎が音楽を夫々担当。出演者は「日本敗れず」の藤田進が年来の願望を果して主役を演ずるほか、「宮本武蔵(1954)」の小沢栄、「愛と死の谷間」の安西郷子、それに水村国臣、稲葉義男、東野英治郎、永田靖など。
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間77分
    • 監督中川信夫
    • 主演藤田進
  35. 霧の夜の男
    • E
    下村明原作から「情熱の詩人啄木」の星川清司が脚色、「若者に夢あり」の松尾昭典が監督したアクションもの。撮影はコンビの萩原泉。
    アクション
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督松尾昭典
    • 主演高橋英樹
  36. わが恋は燃えぬ
    • E
    「夜の女たち」につぐ糸屋寿雄の製作で「女性の勝利」(新藤兼人と協同)の野田高梧の原案から「夜の女たち」「武装警官隊」「五人の目撃者」の依田義賢と「四人目の淑女」「嫉妬(1949)」「わが生涯のかがやける日」の新藤兼人が協同で脚本を書き「夜の女たち」についで溝口健二が監督した。カメラは「夜の女たち」「明日は日本晴れ」の杉山公平の担当。主演は「夜の女たち」「風の中の牝鶏」につぐ田中絹代、「破戒(1948 木下恵介)」につぐ菅井一郎(東宝)「肖像」「破戒」につぐ俳優座の小沢栄太郎、「殺すが如く」「王将(1948)」の水戸光子で、それに「肖像」「群狼」の三宅邦子、「陽気な街」の沢村貞子、その他俳優座より「颱風圏の女」「破戒(1948 木下恵介)」の東野英治郎と松本克平、および千田是也、信欣三、浜田寅彦らが出演する。

    ネット上の声

    • 溝口監督も1度は通った道:政治的啓蒙映画
    • 正しさの説得力
    • 男女機会均等
    • 実在の女性をモデルにした作品のようで、政治家も実在の政治家をモデルにしているよう
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督溝口健二
    • 主演田中絹代
  37. 地獄の貴婦人
    • E
    東宝争議後、新たに出発したユニットプロ、松崎啓次、田中友幸製作による作品で黒澤明、西亀元貞協同脚本「タヌキ紳士登場」以来の小田基義が久方ぶりに監督に当たる。撮影は「地下街二十四時間」「春の目ざめ」の中尾駿一郎が担当。出演者は「破戒(1948 木下恵介)」の小沢栄太郎、「すいれん夫人とバラ娘」の龍崎一郎、「四人目の淑女」「青い山脈(1949)」の木暮実千代をはじめ「炎の男」の河野秋武、「新妻会議」の徳大寺伸、「女の一生(1949)」の志村喬、高田実らが助演する。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小田基義
    • 主演木暮実千代
  38. 泥にまみれて
    • E
    雑誌「ホーム」連載の石川達三の小説を加賀四郎がとりあげて企画し、八木沢武孝が脚色し、「宮城広場」の久松静児がメガホンを取っている。出演者の主なものは、「風にそよぐ葦 前編」の小沢栄、「雪割草」の水戸光子、「えり子とともに」の角梨枝子、それに村田知英子、根上淳、藤原釜足等。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間88分
    • 監督久松静児
    • 主演小沢栄
  39. 続思春期
    • E
    「思春期」と同じ田中友幸の製作。「愛情について」の井手俊郎、ラジオ・ドラマの梅田晴夫の共同脚本により「港へ来た男」の本多猪四郎が監督した。「母と娘(1953)」の飯村正、「銀二郎の片腕」の芥川也寸志がそれぞれ撮影、音楽を担当している。「飛びだした日曜日」の青山京子、「怒れ三平」の久保明、「青色革命」の江原達怡等のいわゆる思春期スタアに新しく高校生中より選抜した宮桂子、灰野恵美子、他に「欲望」の小沢栄、「妻」の中北千枝子、「花の中の娘たち」の小林桂樹などが出演。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督本多猪四郎
    • 主演青山京子
  40. 君こそ次の荒鷲だ
    • E
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1944年
    • 製作国日本
    • 時間81分
    • 監督穂積利昌
    • 主演星野和正
  41. 愛の先駆者
    • E
    「お光の縁談」(池田忠雄と共同監督)に次ぐ中村登演出作品。
    • 製作年1946年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督中村登
    • 主演小沢栄太郎
  42. 指名犯人
    • E
    サスペンス
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督久松静児
    • 主演轟夕起子

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。