スポンサーリンクあり

全11作品。レナート・サルヴァトーリが出演した映画ランキング

  1. 若者のすべて
    • B
    • 3.96
    イタリアの巨匠ルキノ・ビスコンティが1960年に発表した監督第7作で、都会の生活に翻弄される兄弟の姿を、アラン・ドロン、アニー・ジラルド、クラウディア・カルディナーレら若き俳優たちを起用して描いた。ミラノに住む長男を頼りに、南部から移住してきたパロンディ家。次男のシモーネはボクサーとして成功への糸口を見つけるが、娼婦ナディアに溺れ落ちぶれていく。ある時、三男のロッコも偶然にナディアと知り合い、ロッコとナディアは惹かれあっていくが、2人の関係に嫉妬したシモーネによって悲劇が引き起こされる。日本では60年に初公開。ビスコンティ生誕110年&没後40年となる2016年、「ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル イタリア・ネオレアリズモの軌跡」と題した特集で、デジタル修復版が上映される(4K完全修復版マスターから変換した2K上映)。

    ネット上の声

    • 「ねえロッコ、何とか言ってちょうだい!」
    • イタリア旧作とだけ知って行っちゃいました
    • 人間関係の基礎は家族。清濁併せ呑むも人。
    • もうアラン・ドロンがキレイなのよっ!
    社会派ドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間177分
    • 監督ルキノ・ヴィスコンティ
    • 主演アラン・ドロン
  2. 戒厳令
    • B
    • 3.82
    緊迫した政治情勢を調査するために、南米ウルグアイを訪れ、銃射された民間人と称するアメリカ人、実は政治組織の高級官僚だったダン・アンソニー・ミトリオンをモデルに、“戒厳令”下の恐怖政治の実態を暴く。製作総指揮はジャック・アンリ・バラエティエ、製作と監督は「Z」のコンビのジャック・ペランとコスタ・ガブラス、脚本はフランコ・ソリナスとコスタ・ガブラス、原案はフランコ・ソリナス、撮影はピエール・ウィリアム・グレン、音楽はミキス・テオドラキス、編集はフランンワ・ボノが各々担当。出演はイヴ・モンタン、レナート・サルヴァトーリ、O・E・ハッセ、ジャック・ヴェベール、ジャン・リュック・ビドー、エヴァンジェリーヌ・ペテルソン、モーリス・テナックなど。

    ネット上の声

    • コスタ=ガヴラス監督『政治3部作』の最終作…コンプです…
    • この映画は、3度見た。凄い凄い凄い。
    • アメリカの大正義と革命戦士の愛国心
    • 知的なのとドラマ性の排除は違う
    誘拐、 社会派ドラマ、 実話
    • 製作年1973年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間121分
    • 監督コンスタンタン・コスタ=ガヴラス
    • 主演イヴ・モンタン
  3. ローマで夜だった
    • C
    • 3.22
    「ロベレ将軍」につぐロベルト・ロッセリーニ監督作。セルジオ・アミディの原案をアミディ自身とディエゴ・ファブリ、ブルネロ・ロンディ、ロベルト・ロッセリーニが共同で脚色。撮影担当は「ロベレ将軍」のカルロ・カルリーニである。音楽を受けもったのはレンツォ・ロッセリーニ。出演するのは「ロベレ将軍」のジョヴァンナ・ラリ、英国俳優レオ・ゲン、「人間の運命」のソ連俳優セルゲイ・ボンダルチュク、「ロベレ将軍」のハンネス・メッセマー、「若者のすべて」のレナート・サルヴァトーリなどの国際的俳優陣。製作フランコ・マグリ。

    ネット上の声

    • 骨の髄までレジスタンス
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国イタリア
    • 時間135分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演ジョヴァンナ・ラッリ
    • 定額
  4. ケマダの戦い
    • C
    • 3.13
    十九世紀のポルトガル領ケマダに英国から送り込まれた革命家は、見事革命をおこして英領とする。が、ケマダに再び革命の火が燃えた。英国とケマダの狭間に立つ彼の苦悩と自由を求める住民の熱気を描く。製作は「サテリコン」のアルベルト・グリマルディ、監督は「アルジェの戦い」のジロ・ポンテコルヴォ、原作はポンテコルヴォとフランコ・ソリナス、ジョルジョ・アルロリオ、脚色はソリナスとアーロリオ、撮影はジュゼッペ・ルゾリーニ、音楽は「さよならを言わないで」のエンニオ・モリコーネ、美術は「アルジェの戦い」のセルジオ・カネバリ、製作デザイナーは「81/2」のピエロ・ゲラルディが各々担当。出演は「キャンディ」のマーロン・ブランド、「Z」のレナート・サルヴァトーリ、その他ポンテコルボ作品らしく素人のエメリスト・マルケス、ジャン・ピエロ・アルベルティーニなど。

    ネット上の声

    • 植民地化の残酷な歴史
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1969年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間115分
    • 監督ジッロ・ポンテコルヴォ
    • 主演マーロン・ブランド
  5. スキャンドール
    • D
    • 2.92
    女であることを最大の武器として生きる母と、性に目ざめだした娘の欲望と葛藤を描く。製作はイブラヒム・ムーサ、監督・脚本は「今のままでいて」のアルベルト・ラットゥアーダ、原作はナターレ・プリネット、マリナ・デ・レオ、撮影はダニロ・デジデリ、音楽はフレッド・ボンガストが各々担当。出演はアンソニー・フランシオーサ、ヴィルナ・リージ、レナート・サルヴァトーリ、クリオ・ゴールドスミス、バーバラ・デ・ロッシ、マイケル・コビーなど。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1980年
    • 製作国イタリア
    • 時間100分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演アンソニー・フランシオサ
  6. 俺は知らない
    • D
    • 2.82
    「ラインの仮橋」のアンドレ・カイヤットが脚本を書き、「火刑の部屋」のシャルル・スパークが潤色、「フランス式十戒」のアンリ・ジャンソンの台詞を、カイヤットが監督した。「フランス式十戒」のロジェ・フェルーが撮影を、「濡れた砂丘」のルイギが音楽を担当した。出演者は「審判」のアンソニー・パーキンス、「火刑の部屋」のジャン・クロード・ブリアリ、「太陽は傷だらけ」のレナート・サルヴァトーリ、「ピアニストを撃て」のミシェル・メルシェの他、パスカル・オードレ、マリー・デア、エリナ・ラブルデットなど。製作は「悪徳の栄え」のアラン・ポワレ。

    ネット上の声

    • 逃走した二人組の誘拐殺人犯が灯台に逃げ込む
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1963年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間133分
    • 監督アンドレ・カイヤット
    • 主演アンソニー・パーキンス
  7. ハーレム
    • E
    • 2.50
    ハーレムに迷い込んだ女性の当惑と愛を描くラブ・ストーリー。製作はアラン・サルド、監督・原案・脚本はアルトゥール・ジョフェ、共同脚本はトム・レイフィール、撮影はパスカリーノ・デ・サンティス、音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はナスターシャ・キンスキー、ベン・キングズレーほか。

    ネット上の声

    • 何処までも自由恋愛を貫き、婚姻制度になど囚われたく無い一人の女性が、婚約を破棄し
    • 中世に建てられた城壁が囲むクロアチアのドブロヴニクが舞台♡♬*゚
    • 一人の女が何人もの男をもて遊ぶけど終盤パワーバランスが逆転する
    • ナスターシャ・キンスキーは美しい!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国イタリア,ドイツ
    • 時間93分
    • 監督マルコ・フェレーリ
    • 主演キャロル・ベイカー
  8. 明日に生きる
    • E
    • 2.42
    マリオ・モニチェリ、フリオ・スカルペッリ、インクロッチ・アジェノーレらの共同脚本を、「ゴールデンハンター」のマリオ・モニチェリが監督した労働運動黎明期の社会ドラマ。撮影は「家族日誌」のジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽は「ブーベの恋人」のカルロ・ルスティケリが担当した。出演は「ゴールデンハンター」のマルチェロ・マストロヤンニ、「太陽は傷だらけ」のレナート・サルヴァトーリ、「悪い女」のアニー・ジラルド、「恐怖の報酬」のフォルコ・ルリ、「ダンケルク」のフランソワ・ペリエのほかに、ベルナール・ブリエ、ガブリエラ・ジョルジェリなど。

    ネット上の声

    • 日本ではあまり知られていないイタリアの巨匠マリオ・モニチェリ監督の代表作
    • 製作年1965年
    • 製作国イタリア
    • 時間128分
    • 監督マリオ・モニチェリ
    • 主演マルチェロ・マストロヤンニ
  9. 暗殺指令
    • E
    「挑戦」のシナリオを書いたエンツォ・プロヴェンツァーレの監督進出第一回作品。シナリオ執筆に当ったのはジュゼッペ・マンジョーネ、エリオ・ペトリ、アルマンド・クリスピノ、エンツォ・プロヴェンツァーレなど。撮影は「さすらい(1957)」のジャンニ・ディ・ヴェナンツォ。音楽をジーノ・マリヌッツィが担当している。出演するのは「若者のすべて」のレナート・サルヴァトーリ、クラウディア・カルディナーレ、アンニバレ・ニンキ、ラウラ・アダーニら。製作フランコ・クリスタルディ。

    ネット上の声

    • シチリア名産の海塩はああやって作るんだ!
    • 発掘良品を観る #556
    • マフィアに終われる若者の物語。派手なアクションは無いがスリリング。...
    • マフィアに終われる若者の物語。派手なアクションは無いがスリリング。...
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国イタリア
    • 時間100分
    • 監督エンツォ・プロヴェンツァーレ
    • 主演レナート・サルヴァトーリ
  10. 太陽は傷だらけ
    • E
    「河は呼んでる」の原作者ジャン・ジオノの“大いなる道”をピエール・ラ・サールが脚色、俳優のクリスチャン・マルカンが初監督したヤクザもの。「太陽がいっぱい」のポール・ジェゴーフが台詞を、「悪徳の栄え」のロジェ・ヴァディムが全面的に指導・監修に当っている。撮影はアンドレア・ヴァンダン、音楽は「地下室のメロディー」のミシェル・マーニュが担当。出演者は「悪徳の栄え」のロベール・オッセン、「史上最大の喜劇 地上最笑の作戦」のアヌーク・エーメ、「ローマで夜だった」のレナート・サルヴァトーリなど。イーストマンカラー・フランスコープ。

    ネット上の声

    • 太陽は傷だらけ
    • 太陽は傷だらけ
    • ロベールオッセン
    アクション
    • 製作年1963年
    • 製作国フランス
    • 時間93分
    • 監督クリスチャン・マルカン
    • 主演ロベール・オッセン
  11. 愛してご免なさい
    • E
    シナリオは「太陽の下の18歳」のカステラーノ&ピポロと「ロミオとジュリエット(1954)」のレナート・カステラーニ(第一話)「ブーベの恋人」のマルチェロ・フォンダート、同じくルイジ・コメンチーニ(第二話)、「祖国は誰れのものぞ」のマッシモ・フランシオーサとルイジ・マーニ(第三話)が共同で執筆、レナート・カステラーニ(第一話)、ルイジ・コメンチーニ(第二話)、フランコ・ロッシ(第三話)らが監督した恋愛オムニバス。撮影は「ソドムとゴモラ」のマリオ・モントゥオーリ(第一話と二話)、「禁じられた恋の島」のロベルト・ジェラルディ(第三話)らが担当、音楽は「堕落」のジョヴァンニ・フスコ(第一話)、「ブーベの恋人」のカルロ・ルスティケリ(第二話)、ピエロ・ピッチオーニ(第三話)がそれぞれ担当した。出演は、三話ともに「輪舞(1964)」のカトリーヌ・スパークが顔を出し、ほかに「俺は知らない」のレナート・サルヴァトーリ、ジョン・P・ロウ、「ローマで夜だった」のエンリコ・マリア・サレルノなど。テクニカラー・テクニスコープ、一九六四年作品。

    ネット上の声

    • 妖精カトリーヌ・スパーク
    • 製作年1964年
    • 製作国イタリア
    • 時間119分
    • 監督レナート・カステラーニ
    • 主演カトリーヌ・スパーク

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。