スポンサーリンクあり

全27作品。デボラ・カーが出演した映画ランキング

  1. イグアナの夜
    • B
    • 3.66
    元・牧師のシャノンはメキシコ旅行ツアーのガイドをしていた。しかし彼はミッション・カレッジの女性客一行をガイド中、少女に言い寄られたことがきっかけで、解雇の危機に。助けを求め、女主人マキシーンが経営するホテルに逃げ込むシャノン。やがて彼は旅行中の女性画家のハンナと知り合うことになるが……。元・牧師の災難、そして彼を取り巻く女性たちとの交流を乾いたユーモアを織り交ぜて描く。

    ネット上の声

    • 何せ冒頭の雨の聖公会教会で、説教中にいきなりキレて怒り出す牧師のシーンが衝撃だっ
    • 元牧師のリチャードバートンが、教会を追放された事でバスガイドになり女性達とメキシ
    • テネシー・ウィリアムズの同名戯曲を名匠ジョン・ヒューストン監督がハリウッドの大人
    • 落ちぶれた元牧師の男が、メキシコでツアーガイドをして様々な女性と出会う
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1964年
    • 製作国アメリカ
    • 時間118分
    • 監督ジョン・ヒューストン
    • 主演リチャード・バートン
    • レンタル
  2. 2

    回転

    回転
    • B
    • 3.65
    生と死の境界を映画技術の可能性の中で追求しようとする作品。ヘンリー・ジェームズの原作「ネジの回転」を「ティファニーで朝食を」のトルーマン・カポーティとウィリアム・アーチボルドが脚色、「年上の女」のジャック・クレイトンが監督、製作した。撮影は「息子と恋人」のフレディ・フランシス、音楽は「ノートルダムのせむし男(1957)」のジョルジュ・オーリック。出演者は、デボラ・カー、マイケル・レッドグレイブ、パメラ・フランクリン、マーティン・スティーブンスなど。

    ネット上の声

    • 人間の精神描写に焦点を当てた英国製ホラー
    • 驚愕や生理的嫌悪とは異なる“怖さ”
    • 本物の恐怖を感じられる珍しい映画
    • モノクロでとても怖かった・・・
    ホラー
    • 製作年1961年
    • 製作国イギリス
    • 時間100分
    • 監督ジャック・クレイトン
    • 主演デボラ・カー
  3. めぐり逢い
    • C
    • 3.40
    ケイリー・グラントとデボラ・カーが共演し、運命的な恋に落ちた男女のすれ違いの行方を描いた名作ラブストーリー。1939年の映画「邂逅(めぐりあい)」を、同作の監督を務めたレオ・マッケリー自らのメガホンでリメイクした。プレイボーイとして名を馳せるニッキーは、ニューヨークへ向かう豪華客船で魅力的な女性テリーと出会う。ニッキーとテリーは船内で何度も出くわすうちに親しくなり、次第に惹かれ合っていくが、2人にはそれぞれ婚約者がいた。ニューヨークに着く頃には互いにかけがえのない存在となった2人は、6カ月後にエンパイアステートビルで再会することを約束して別れるが……。

    ネット上の声

    • エンパイア・ステートビルには泣かされる。
    • 3作も作られた不朽のラブ・ロマンス
    • 涙腺が、どうしてもゆるみます
    • 正統派 ラブ・ストーリー!
    船上、 恋愛
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間115分
    • 監督レオ・マッケリー
    • 主演ケイリー・グラント
  4. 白い砂
    • C
    • 3.27
    第二次世界大戦下の南太平洋。日本軍に包囲された孤島に、アメリカ海兵隊員のアリスン伍長が漂着する。彼は教会をたったひとりで守る美しい尼僧アンジェラと出会うことに。ふたりは日本軍の攻撃を逃れながら、洞窟に身を潜める。やがてアリスンはアンジェラを愛し始めるが……。極限下で展開される男女のラブ・ストーリー。

    ネット上の声

    • 尼僧と二人っきり、夢の島(笑)
    • 日本人の描き方
    • 太平洋の孤島に男女がふたり――アメリカ海軍兵と尼さんのボーイミーツガールもので、
    • 戦争映画をあまり観ないことに加えて、苦手な「特殊設定」モノに鑑賞をためらう
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間107分
    • 監督ジョン・ヒューストン
    • 主演ロバート・ミッチャム
  5. アレンジメント/愛の旋律
    • C
    • 3.26
    自ら書き下ろした長編小説をもとに映画化された、エリア・カザンのライフ・ワーク的作品。製作・監督・脚本・原作は「アメリカ アメリカ」のエリア・カザン。撮影は「卒業」のロバート・サーティース、プロダクション・デザイナーは「アメリカ アメリカ」のジーン・キャラハン、美術はマルコム・バート、編集はステファン・アーンステンがそれぞれ担当。出演は「戦う幌馬車」のカーク・ダグラス、「恋人たちの場所」のフェイ・ダナウェイ、「さすらいの大空」のデボラ・カー。その他、リチャード・ブーン、ヒューム・クローニン、ダイアン・ハルなど。テクニカラー、パナビジョン。1969年作品。

    ネット上の声

    • 広告屋の成功者が自殺に失敗してから精神病院に送られるまでの130分
    • 巨匠カザンのカザンのためのアメリカ・ニューシネマ
    • 若き日の私の人生観を変えた一本
    • まさに 大人の映画です
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1969年
    • 製作国アメリカ
    • 時間130分
    • 監督エリア・カザン
    • 主演カーク・ダグラス
  6. 王様と私
    • C
    • 3.25
    マーガレット・ランドンの伝記小説「アンナとシャム王」を原作とするブロードウェイの大ヒット舞台を映画化し、1957年・第29回アカデミー賞で5部門に輝いた名作ミュージカル。1862年。夫を亡くしたイギリス人女性アンナは息子を連れ、シャム王国の王子や王女の家庭教師を務めるため同国の首都バンコクへやって来る。文化や習慣の違いに戸惑うアンナは、尊大で頑固なシャム王と衝突を繰り返しながらも次第に打ち解けていくが……。ブロードウェイ版に続いてユル・ブリンナーがシャム王を演じ、アカデミー主演男優賞を受賞。「地上より永遠に」のデボラ・カーがアンナを演じた。「麗しのサブリナ」の脚本家アーネスト・レーマンが脚色を手がけ、「ショウほど素敵な商売はない」のウォルター・ラング監督がメガホンをとった。

    ネット上の声

    • スキンヘッドのユル・ブリナーを今見ると、どうしても笑ってしまいますが、彼の出世作
    • エトセトラ、エトセトラ、エトセトラァ〜!
    • ミュージカル映画としては今ひとつ☆2つ
    • 細かい点には目をつぶって見よう
    ミュージカル
    • 製作年1956年
    • 製作国アメリカ
    • 時間133分
    • 監督ウォルター・ラング
    • 主演ユル・ブリンナー
  7. 黒水仙
    • C
    • 3.16
    「赤い靴」「天国への階段」と同じく、マイケル・パウエルとエメリック・プレスバーガーのティームが執筆、監督、製作したテクニカラー映画であるが、ルーマー・ゴッデンの原作になる同名の小説から二人が脚色した。撮影も「赤い靴」「天国への階段」と同じくジャック・カーディフが受けもち、「天国への階段」のアルフレッド・ジュネが装置を担当し、両者は共にアカデミー賞を受けている。作曲並びに音楽監督は「赤い靴」のブライアン・イースデルが任に当った。主演はシヨウ原作の「バーバラ少佐」で認められたデボラ・カー、「三つの情熱」のデイヴィッド・ファラーで、「ジャングルの王」のサブウ、「嵐が丘」「死せる恋人に捧ぐる悲歌」のフローラ・ロブソン、「ハムレット(1947)」のジーン・シモンズ、「天国への階段」のキャスリーン・バイロン、「ハムレット(1947)」のエズモンド・ナイト、その他ジェニー・レアード、ジュディス・ファース、シャウン・ノーブル、ナンシー・ロバーツ、メイ・ホーラット等が助演する。

    ネット上の声

    • 現代では、そんな僻地の話では無くなったというのが本作のテーマであると思います 黒水仙の香りは街の至る所で香り、性的な誘惑に街は満ちています
    • 前回、訪問したときはレビュー4.1だったが今回は4.2に上がっていた
    • ジーン・シモンズ思っていたより出番あった
    • 自然界には存在しないはず、の黒い水仙
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1946年
    • 製作国イギリス
    • 時間100分
    • 監督マイケル・パウエル
    • 主演デボラ・カー
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  8. クォ・ヴァディス
    • D
    • 3.01
    MGMがイタリアのチネチッタ撮影所で作った1952年度作品で、ヘンリック・シェンキーウィッチの原作を映画化したテクニカラーの古代史劇。登場人物3万、セット115 と称される大作で、監督は「百万$の人魚」のマーヴィン・ルロイ(サイレント時代イタリアで三度映画化されている)。脚本はジョン・リー・メイン「ショウ・ボート(1951)」、S・N・ベールマン「哀愁」、ソニア・レヴィーン「アメリカ交響楽」の3人が共同執筆し、音楽は「三つの恋の物語」のミクロス・ローザ、撮影は「悪人と美女」のロバート・サーティースと「印度の放浪児」のウィリアム・V・スコールの担当。主演は「黒騎士」のロバート・テイラーと「ゼンダ城の虜(1952)」のデボラ・カーで、「ヘンリー五世」のレオ・ゲン、英国の俳優・監督・脚本家のピーター・ユスチノフ、英国女優パトリシア・ラファン、「黒騎士」のフィンレイ・カリー、エイブラハム・ソフィア、マリナ・バーティ、バティ・ベア、フェリックス・エイルマーらが助演。

    ネット上の声

    • キリスト磔刑直後の信者たちと暴君ネロ周辺を描いた超大作スペクタクル史劇
    • 「クオバデス」にしませんか、今後。ダメ?
    • 通説ではローマの大火の犯人はネロではない
    • コロシアムでの場面は感動的
    アクション
    • 製作年1951年
    • 製作国アメリカ
    • 時間168分
    • 監督マーヴィン・ルロイ
    • 主演ピーター・ユスティノフ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  9. 悲しみよこんにちは
    • D
    • 2.81
    フランスの女流作家、これを書いた当時は18歳だったフランソワーズ・サガンの原作を、「旅情」の原作者アーサー・ローレンツが脚色し、「黄金の腕」「軍法会議(1956)」のオットー・プレミンジャーが監督した、戦後フランスの若い世代の心理を、17歳の少女を主人公として描いた作品。「チャタレー夫人の恋人」のジョルジュ・ペリナールのキャメラ、「ノートルダムのせむし男」のジョルジュ・オーリックの音楽という欧州側スタッフが起用され、原作の舞台である南仏リヴィエラ海岸とパリで撮影が行なわれた。プリントは黒白と色彩の両方を併用するという新手法が使われている。女主人公を演ずるのは、プレミンジャーに見出だされた新人ジーナ・セバーグ。他に「めぐり逢い(1957)」のデボラ・カー「いとしの殿方」のデヴィッド・ニヴェン「女は一回勝負する」のミレーヌ・ドモンジョ「戦場にかける橋」のジョフリー・ホーンなどが主演。「陽はまた昇る」のジュリエット・グレコ「潮風のいたづら」のウォルター・チアリ等が助演する。タイトル・デザインは「八十日間世界一周」のサウル・バス、在パリ菅井汲の絵が画中に使われている。製作はプレミンジャー自身。

    ネット上の声

    • 映像は文学を超えられない?超えられます
    • きれいな映像、センスのいい演出☆3つ
    • 思春期の女の子の残酷さを描いて秀逸
    • 父親は反省してないのかな〜?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間94分
    • 監督オットー・プレミンジャー
    • 主演ジーン・セバーグ
    • レンタル
  10. 結婚専科
    • D
    • 2.80
    サイ・ハワードの脚本をシナトラとマーティンの多くのテレビ・ショウを演出したジャック・ドノヒューが監督したピンク・コメディ。撮影はウィリアム・ダニエルス(「勇者のみ」の製作者の1人でこの映画でも製作を担当)、音楽はネルソン・リドルが担当した。出演は、「脱走特急」のフランク・シナトラ、「ねえ!キスしてよ」のディーン・マーティン、「王様と私」のデボラ・カー、ほかにシーザー・ロメロ、ミシェル・プチ、ジョイ・ランシング、ジョン・マクギバー、など。

    ネット上の声

    • たまには独身って良いよね~
    コメディ
    • 製作年1965年
    • 製作国アメリカ
    • 時間110分
    • 監督ジャック・ドノヒュー
    • 主演フランク・シナトラ
  11. 地上(ここ)より永遠に
    • D
    • 2.79
    真珠湾攻撃が迫るハワイを舞台にアメリカ陸軍組織の腐敗や男女の愛と苦悩を描き、1954年・第26回アカデミー賞で作品賞・監督賞など8部門に輝いた名作。ジェームズ・ジョーンズのベストセラー小説を原作に、名匠フレッド・ジンネマンがメガホンをとり、バート・ランカスター、フランク・シナトラら豪華キャストが集結した。1941年、ホノルルの陸軍兵営に配属された青年プルーイットは、中隊長の命令に逆らったため嫌がらせを受けるように。曹長ウォーデンは反抗をやめるよう説得するが、プルーイットは聞き入れようとしない。ある日、プルーイットはクラブで知りあった女性ロリーンと恋に落ちる。一方、ウォーデンは中隊長の妻カレンと不倫関係にあった。

    ネット上の声

    • あっさりと味方に撃ち殺されてしまうモンゴメリー・クリフト
    • クリフトとランカスターの対照的な男の生き方
    • 第26回アカデミー賞8部門受賞の名作だが
    • 軍隊は男の魔窟、女はそこから距離を置き…
    夏に見たくなる、 恋愛
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間118分
    • 監督フレッド・ジンネマン
    • 主演バート・ランカスター
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  12. お茶と同情
    • E
    • 2.62
    ブロードウェイで91週間興業の記録をもつロバート・アンダーソンのオリジナル戯曲をアンダーソン自ら脚色、「蜘蛛の巣」のヴィンセント・ミネリが監督した話題作。撮影は「八月十五夜の茶屋」のジョン・アルトン、音楽は「我が心に君深く」のアドルフ・ドイッチェが担当。主演は「王様と私」のデボラ・カーに「哀愁物語」に次ぐ映画3回目出演のジョン・カー。なお主演2人は舞台でも同役で出演。傍役陣は「必殺の一弾」のリーフ・エリクソン、「哀愁物語」のエドワード・アンドリュースなど。「ボワニー分岐点」のパンドラ・S・バーマン製作。

    ネット上の声

    • 思い入れのある特別な作品
    • 草食系男子
    • 一線を越えそうでなかなか越えない付かず離れずの距離感がもどかしいもののそこが魅力
    • シスターボーイと呼ばれる繊細な学生と、母親代わりとなる寄宿舎の妻デボラ・カー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国アメリカ
    • 時間122分
    • 監督ヴィンセント・ミネリ
    • 主演デボラ・カー
  13. 13

    旅
    • E
    • 2.59
    「追想」のアナトール・リトヴァク監督が、ジョージ・タボリの脚本によって作りあげたハンガリー動乱を背景とするドラマ。撮影は「戦場にかける橋」のジャック・ヒルドヤードが担当している。出演するのは「カラマゾフの兄弟」のユル・ブリンナー、「悲しみよこんにちは」のデボラ・カー、「奥様ご用心」のアヌーク・エーメ、ロバート・モーリー、カート・カズナー、アン・ジャクソン、ジェイソン・ロバーズ等。製作アナトール・リトヴァク。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国アメリカ
    • 時間125分
    • 監督アナトール・リトヴァク
    • 主演デボラ・カー
  14. さすらいの大空
    • E
    • 2.54
    スカイダイビングのショーをしながら旅を続ける三人の男たちがいた。リーダーは、寡黙なレティッグ。そしてショーの演出を仕切る陽気なブラウディ、若手のマルカム。中でもレティッグは無茶なパフォーマンスを披露して観客を沸かせていた。しかしある時、思いがけない事故が起こってしまう……。ダイビングに命を賭ける三人の生き様を、女性たちとの交流を絡めながら描く。空中で繰り広げられる妙技は迫力満点。

    ネット上の声

    • ロマンある作品
    アクション
    • 製作年1969年
    • 製作国アメリカ
    • 時間107分
    • 監督ジョン・フランケンハイマー
    • 主演バート・ランカスター
  15. 15

    悲愁

    悲愁
    • E
    • 2.54
    この映画に登場する主人公の1人シーラ・グレアムとジェロルド・フランクの原作を「頭上の敵機」のサイ・バートレットが脚色、「太陽の谷」のヘンリー・キングが監督したメロドラマ。撮影は「南太平洋」のレオン・シャムロイ、音楽をフランツ・ワックスマンが担当。出演は「渚にて」のグレゴリー・ペック、「旅路」のデボラ・カー、他にエディ・アルバート、フィリップ・オーバー、ハーバート・ラッドリー、ジョン・サットンなど。製作ジェリー・ウォルド。

    ネット上の声

    • 舞台劇が好きな方には
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国アメリカ
    • 時間135分
    • 監督ヘンリー・キング
    • 主演グレゴリー・ペック
  16. 情事の終り
    • E
    • 2.53
    「落ちた偶像」のグレアム・グリーンの同名小説の映画化で、「折れた槍」のエドワード・ドミトリクが監督した1955年作品である。脚色は「突然の恐怖」のレノア・コフィー、撮影は「裸の島」のウィルキー・クーパーである。音楽は「彩られし幻想曲」のベンジャミン・フランケル。「地上より永遠に」のデボラ・カーと「雨の朝巴里に死す」のヴァン・ジョンソンが主演し、以下「ホブスンの婿選び」のジョン・ミルズ、「男の城」のピーター・カッシング、「艦長ホレーショ」のマイケル・グッドリーフ、スティーブン・マレイ、ノーラ・スウィンバーン、チャールズ・ゴールドナーなどが共演する。
    小説家
    • 製作年1954年
    • 製作国イギリス
    • 時間101分
    • 監督エドワード・ドミトリク
    • 主演デボラ・カー
  17. ゼンダ城の虜
    • E
    • 2.46
    英国の作家サー・アンソニー・ホープの同名小説(1894年)、3度目の映画化で、「黒騎士」と同じくパンドロ・S・バーマンが製作し、リチャード・ソープが監督したテクニカラー1952年作品。ホープの原作からエドワード・ローズが劇化したものをウェルズ・ルートが潤色し、ジョン・L・ボルダーストン(セルズニックの映画化作品の脚色担当)と「黒騎士」のノエル・ラングレーが脚色した。撮影は「フォーサイト家の女」のジョゼフ・ルッテンバーグ、音楽は「荒野の襲撃」のアルフレッド・ニューマンの担当。主演は「血闘」のスチュワート・グレンジャー、「キング・ソロモン」のデボラ・カー、「五本の指」のジェームズ・メイスンで、ルイス・カルハーン「アニーよ銃をとれ」、ジェーン・グリア「船乗りシンバッドの冒険」、ロバート・ダグラス「黒騎士」、ロバート・クート「血闘」らが助演する。

    ネット上の声

    • ロマンあふれる魅力は変わらず
    • デボラ・カーがめちゃくちゃに綺麗だった
    • すごい、37年度版と撮り方までほぼ一緒
    ヒューマンドラマ、 アクション
    • 製作年1952年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督リチャード・ソープ
    • 主演スチュワート・グレンジャー
  18. 芝生は緑
    • E
    • 2.42
    ヒュー・ウィリアムスとマーガレット・ウィリアムズ夫妻の舞台劇を原作者夫妻が共同で脚色し、「無分別」のスタンリー・ドーネンが監督したコメディ。撮影は「ビスマルク号を撃沈せよ!」のクリストファー・チャリス、音楽をノエル・カワードが担当。出演は「ペティコート作戦」の、「悲愁(1959)」のデボラ・カー、「サンダウナーズ」のロバート・ミッチャム、「スパルタカス」のジーン・シモンズら。

    ネット上の声

    • 原題に納得
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間104分
    • 監督スタンリー・ドーネン
    • 主演ケイリー・グラント
  19. サンダウナーズ
    • E
    • 2.41
    ジョン・クレアリーの原作をイソベル・レナートが脚色し、「尼僧物語」のフレッド・ジンネマンが監督したドラマ。撮影は「悪魔の弟子」のジャック・ヒルドヤード、音楽をディミトリ・ティオムキンが担当。出演は「悲愁(1959)」のデボラ・カー、「怒りの丘」のロバート・ミッチャム、「スパルタカス」のピーター・ユスチノフ、ほかにグリニス・ジョンズ、ダイナ・メリル、チップス・ラファティら。製作フレッド・ジンネマン。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国アメリカ
    • 時間136分
    • 監督フレッド・ジンネマン
    • 主演デボラ・カー
    • 定額
  20. 誇りと冒涜
    • E
    • 2.23
    「喝采」の、製作ウィリアム・パールバーグ、監督ジョージ・シートンのチームが発表する、戦争未亡人の恋愛を中心とした異色ドラマ。原作はルシー・ハーンドン・クロケット女史のベストセラー。撮影は「喝采」のジョン・F・ウォレン、音楽はヴィクター・ヤング。主な出演者は「ピクニック」のウィリアム・ホールデン、「東方の雷鳴」のデボラ・カー、「裏窓」のセルマ・リッター、「命知らずの男」のデューウィ・マーティンなど。
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国アメリカ
    • 時間111分
    • 監督ジョージ・シートン
    • 主演デボラ・カー
  21. キング・ソロモン
    • E
    • 2.20
    「冒険」のサム・ジンバリストが製作を担当した1950年度色彩映画で、アフリカ・ロケによる野獣の生態がテクニカラーに収められている。英国の大衆作家ヘンリー・ライダー・ハガードの原作を「緑園の天使」のヘレン・ドイッチェが脚色、「第七のヴェール」のコンプトン・ベネットがアンドルー・マートンと共に監督した。撮影はロバート・サーティースである。主演は「黒水仙」のデボラ・カー、「情炎」のステュワート・グレインジャーを中心に「凸凹お化け騒動」のリチャード・カールソン、最近低製作費で「ピック・アップ」を作り注目されたヒューゴー・ハースらの他、現地原住民が出演する。

    ネット上の声

    • アフリカ好きは必見!すばらしい映像です!
    • サファリパークへようこそ☆1つ半
    • そこで爪を研いではいけません!
    • 部族の人たちがほんとに出てるから、村落の様子から着てるもの、武具、顔立ちから体型
    アドベンチャー(冒険)
    • 製作年1950年
    • 製作国アメリカ
    • 時間102分
    • 監督コンプトン・ベネット
    • 主演スチュワート・グレンジャー
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  22. 老兵は死なず
    • E
    • 2.17
    「ホフマン物語」のマイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガーの二人がチームでプロダクション「アーチャーズ」を設立した第一回作品で一九四三年製作になる英国精神昂揚の色彩カヴァルケード劇。二人が製作、脚本、監督を担当していることは例の通り。撮影は「バグダッドの盗賊(1940)」のジョルジュ・ペリナールが監督してジェフリー・アンスワース、ジャック・カーディフ、ハロルド・ヘイソンがキャメラを担当、音楽は「天国への階段」のアラン・グレイが作・編曲にあたった。「キング・ソロモン」のデボラ・カーが三代にわたる英国女性三名を演じわけ、「赤い靴」のアントン・ウォルブルック、「天国への階段」のロジャー・リヴシーが共演する。以下助演者はローランド・カルヴァ、ジョン・ローリー、フェリックス・エイルマー、アースラ・ジーンズら。

    ネット上の声

    • 22歳のデボラ・カー♡
    • イギリス陸軍の軍人クライヴ・キャンディ中尉(R・リヴシイ)とドイツ軍の将校である
    • 20世紀初頭のボーア戦争から第一次大戦を経てナチスの時代になるまで英国軍人一筋に
    • 「黒水仙」(1946)「赤い靴」(1948)のマイケル・パウエル&エメリック・プ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1943年
    • 製作国イギリス
    • 時間130分
    • 監督マイケル・パウエル
    • 主演アントン・ウォルブルック
    • 定額
  23. 007/カジノ・ロワイヤル
    • E
    • 1.84
    イアン・フレミングの小説『カジノ・ロワイヤル』をウルフ・マンコウィッツ、ジョン・ロウ、マイケル・セイヤーズの3人が脚色、「天地創造」のジョン・ヒューストン、「人間の絆」のケネス・ヒューズ、「スパイがいっぱい」のヴァル・ゲストと、「フレンチ・スタイルで」のロバート・パリッシュ、英国のTV出身のジョセフ・マッグラスの5人が監督にあたっている。撮影は「唇からナイフ」のジャック・ヒルドヤード、音楽はバート・バカラックが担当、主題曲はハーブ・アルパートとティファナ・ブラスが演奏している。出演は「紳士泥棒 大ゴールデン作戦」のピーター・セラーズ、「ブルー・マックス」のアーシュラ・アンドレス、「スパイがいっぱい」のデイヴィッド・ニーヴン、「ジブラルタルの追想」のオーソン・ウェルズ、「サイレンサー 沈黙部隊」のダリア・ラビ、イギリスの舞台・TV出身のテレンス・クーパーのほかにデボラ・カー、ウィリアム・ホールデンなど。なお監督のジョン・ヒューストンが“ M ”役で特出している。製作はチャールズ・K・フェルドマンとジェリー・ブレスラー。

    ネット上の声

    • 007/番外編でバカ騒ぎも豪華スター出演
    • どうしてこうなったのかさっぱり理解不能!
    • 例えるなら最盛期の「新春かくし芸大会」
    • あれやこれやのスパイコメディの源流
    アクション、 007
    • 製作年1967年
    • 製作国イギリス
    • 時間134分
    • 監督ジョン・ヒューストン
    • 主演ピーター・セラーズ
  24. ドーヴァーの青い花
    • E
    エニッド・バグノルドの戯曲を「バターフィールド8」のジョン・マイケル・ヘイズが脚色、「ザーレンからの脱出」のロナルド・ニームが演出したホームドラマ。撮影はアーサー・イベットソン、音楽は「戦場にかける橋」のマルコム・アーノルドが担当した。製作はロス・ハンター。出演は「難破船(1962)」のヘイリー・ミルズ、「芝生は緑」のデボラ・カー、「南海漂流」のジョン・ミルズ、「トム・ジョーンズの華麗な冒険」のエディス・エバンス、ほかにエリザベス・セラーズ、フェリックス・エイルマー。
    • 製作年1963年
    • 製作国イギリス
    • 時間106分
    • 監督ロナルド・ニーム
    • 主演デボラ・カー
  25. 東方の雷鳴
    • E
    「ラプソディー」のチャールズ・ヴィダーが監督。撮影監督は「必死の逃亡者」の名手リー・ガームス。主演は「マッコーネル物語」のアラン・ラッド、「情事の終り」のデボラ・カー、「蜘蛛の巣」のシャルル・ボワイエ、「北京超特急」のコリンヌ・カルヴェ。助演は「泥棒成金」のジョン・ウィリアムズ、「悲恋の王女エリザベス」のセシル・ケラウェイ。

    ネット上の声

    • これは、、、😢
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間98分
    • 監督チャールズ・ヴィダー
    • 主演アラン・ラッド
  26. 六年目の疑惑
    • E
    マックス・エーリッヒの原作を映画化したサスペンス映画。「メリーディア号の難破」のマイケル・アンダーソンが監督に当っている。脚色はジョセフ・ステファノ。音楽を受け持っているのはウィリアム・オルウィン。出演するのはゲイリー・クーパー、デボラ・カー、エリック・ポートマン、ハーミオン・ジンゴールドなど。製作はウォルター・セルツァーとジョージ・ダグラス。
    サスペンス
    • 製作年1961年
    • 製作国アメリカ
    • 時間99分
    • 監督マイケル・アンダーソン
    • 主演ゲイリー・クーパー
  27. 天使のいたずら
    • E
    ヒュー・ミルズのセクシー・ユーモア小説『プルーデンスとピル』の映画化で、作者自身が脚色、「テキサスの五人の仲間」のフィールダー・クックが監督にあたった。撮影は「わが命つきるとも」のテッド・ムーア、音楽はイギリスのトロンボーン奏者バーナード・エビングハウスが担当した。出演は「007 カジノ・ロワイヤル」で共演したデボラ・カーとデイヴィッド・ニーヴン、「太陽の恋人」のロバート・クート、「素晴らしきヒコーキ野郎」のイリーナ・デミック、「茂みの中の欲望」のジュディ・ギーソンほか。製作は「若さでぶつかれ!」のケネス・ハーパーがロナルド・カーンと共同であたった。
    • 製作年1968年
    • 製作国イギリス
    • 時間93分
    • 監督フィルダー・クック
    • 主演デボラ・カー

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。