スポンサーリンクあり

全9作品。マルティナ・ゲデックが出演した映画ランキング

  1. 善き人のためのソナタ
    • S
    • 4.59
    秘密警察による反体制派への監視が行われていた冷戦時代の旧・東ドイツ。秘密警察局員のビースラーは、ある日“反体制派”と目される劇作家ドライマンを監視するように命じられる。ドライマンの家に盗聴器を仕掛けたビースラーだったが、彼の部屋から聞こえてきたピアノ曲「善き人のためのソナタ」に心を奪われてしまう……。監督は、本作でデビューを飾った33歳のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。第79回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した。

    ネット上の声

    • 恐怖政治の下で関係のない人をかばうということ
    • 映画ファン必見ドイツ版オペラ座の怪人です
    • 人を変えるのも守るのも、苦しめるのも、人
    • 【特薦】1食抜いても観て頂きたい【傑作】
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国ドイツ
    • 時間138分
    • 監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
    • 主演ウルリッヒ・ミューエ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  2. アンネの日記
    • A
    • 4.12
    「ドイツ映画祭2016『HORIZONTE』」(16年10月15~19日/TOHOシネマズ六本木ヒルズ)上映作品。

    ネット上の声

    • アンネも思春期の普通の女の子だったんだと当たり前だけど、他の映画やお話では描かれ
    • ドイツで作られた作品で、日本語字幕がない状態で観たので具体的な感じはわかりません
    • アンネの思春期のおませで反抗的な普通の女の子感が伝わる作品だった
    • Amazon prime usにて検索したのち日本語訳はないやつ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2016年
    • 製作国ドイツ
    • 時間---分
    • 監督ハンス・シュタインビッヒラー
    • 主演レア・ファン・アッケン
  3. バーダー・マインホフ 理想の果てに
    • C
    • 3.47
    1960年代後半から70年代の10年間に渡るドイツ赤軍の闘争を克明に描き、第81回アカデミー外国語映画賞候補になった社会派ドラマ。1967年、西ドイツ。女性ジャーナリストのウルリケ・マインホフは、ベトナム戦争に対する反米運動で逮捕された活動家アンドレアス・バーダーらの思想に共鳴。“バーダー・マインホフ”グループと呼ばれた彼らは、やがてドイツ赤軍として武装闘争を繰り広げるが……。主演は「善き人のためのソナタ」のマルティナ・ゲデック。

    ネット上の声

    • 過去に観て、印象に残っている本作を再鑑賞してみた
    • テロリストの桃源郷とは如何なるものだろう
    • まるで不良ギャングのようなドイツ赤軍
    • 撃たれてもなかなか死なないものだなあ
    ヒューマンドラマ、 実話
    • 製作年2008年
    • 製作国ドイツ,フランス,チェコ
    • 時間150分
    • 監督ウーリー・エデル
    • 主演マルティナ・ゲデック
  4. マーサの幸せレシピ
    • C
    • 3.26
    シェフの仕事一筋に生きてきた女性の人生の転機を描いた心温まるダイニング・ムービー。製作は「アンダーグラウンド」「ポーラX」「べレジ-ナ」のカール・バウムガートナー。監督は、ドイツの新鋭女性監督サンドラ・ネットルベック。出演は、「悦楽晩餐会」のマルティナ・ゲデック、「恋ごころ」のセルジョ・カステリット、「セレブレーション」のウルリク・トムセンほか。2002年ドイツ映画賞最優秀女優賞(マルティナ・ゲデック)・同年クレイユ国際女性映画祭最優秀作品賞受賞。

    ネット上の声

    • 季節なら 秋な感じ大人のロマンス・ドラマ
    • 頑張り過ぎて疲れてる人に見て欲しい★
    • 名シェフだが、自分には不器用なマーサ
    • 幸せは、ほんのちよっとの、さじかげん
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国ドイツ
    • 時間105分
    • 監督サンドラ・ネットルベック
    • 主演マルティナ・ゲデック
  5. ハッピー・イヤーズ
    • D
    • 2.84
    「我らの生活」「マイ・ブラザー」などで知られるイタリアの名匠ダニエレ・ルケッティ監督が、自らの少年時代を基に撮りあげた家族ドラマ。1970年代のイタリアを舞台に、浮気を繰り返してしまう前衛芸術家のグイドと、そんな夫に不満を募らせながらも支えようとする妻セレーナ、そして2人の子どもたちが織り成す波乱に満ちた日々を、ルケッティ監督自身を投影した長男の視点から描く。父グイドを演じるのは「家の鍵」のキム・ロッシ・スチュワート。2013年・第26回東京国際映画祭コンペティション部門にて上映。

    ネット上の声

    • (東京国際映画祭2013) 男女の変容する愛情がすれ違ってしまう様はユーモアと悲
    • 家族の視点で描かれる面倒くさいお父さん
    • フィルムの中の家族にうるうる
    • 私生活を鏡にした時代映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2013年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間106分
    • 監督ダニエーレ・ルケッティ
    • 主演ミカエラ・ラマッツォッティ
  6. 素粒子
    • E
    • 2.62
    ヨーロッパで大反響を呼んだミシェル・ウエルベックのベストセラー小説を映画化。親に捨てられた異父兄弟の姿を通し、現代社会が抱える様々な問題を浮き彫りにする。主人公ブルーノを熱演したモーリッツ・ブライブトロイは、本作でベルリン映画祭主演男優賞に輝いた。さらに、ブライブトロイとは「ラン・ローラ・ラン」以来の共演となるフランカ・ポテンテや「善き人のためのソナタ」のマルティナ・ゲデックらドイツ映画界を代表する俳優陣が集結。

    ネット上の声

    • 本作の監督のオスカー・レーラーは、あの夭逝したドイツの天才映像作家、ライナー・ヴ
    • 原作は、ヨーロッパで問題作といわれた大ベストセラー小説らしいのですが、この映画は
    • これは、科学と心の問題の分水嶺的な作品ではないでしょうか
    • これは、科学と心の問題の分水嶺的な作品ではないでしょうか
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国ドイツ
    • 時間113分
    • 監督オスカー・レーラー
    • 主演モーリッツ・ブライブトロイ
  7. 悦楽晩餐会/または誰と寝るかという重要な問題
    • E
    • 2.52
    高級レストランに集う人々の人間模様をユーモラスなタッチで描いたドラマ。監督は『ジュトンク ヒトラーの贋作者たち』(92年東京国際映画祭で上映、脚本賞受賞)の気鋭ヘルムート・ディートル。脚本はディートルの原案を元に、彼と作家・戯曲家のパトリック・ジュースキントが担当。製作はディートル、ノルベルト・ブロイス。撮影は「夜曲」のゲルノット・ロール。音楽はダリオ・ファリーナ。美術はアルブレヒト・コンラート。編集はイネス・レニエ。衣裳はベルント・シュトッギンガー。出演は『シュトンク』のゲッツ・ゲオルゲ、「ブリキの太鼓」「フランチェスコ」のマリオ・アドルフ、「卍ベルリン・アフェアー」のグートルン・ランドグレーベほか。

    ネット上の声

    • 男なら「張り子のトラ」と言われぬように!
    • レストランに集まった映画関係者の痴情に塗れた群像劇で、文芸エロスみたいな邦題から
    • ・レストランに集う客たちの欲望にまみれた悲喜こもごも
    • 原題はROSSINI(ロッシーニ)
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1997年
    • 製作国ドイツ
    • 時間114分
    • 監督ヘルムート・ディートル
    • 主演ヨアヒム・クロール
  8. クララ・シューマン 愛の協奏曲
    • E
    • 2.24
    これまでキャサリン・ヘプバーンやナスターシャ・キンスキーが演じ、幾度も映画化されてきた才色兼備の音楽家クララ・シューマンの生涯を描いた伝記映画。本作でクララを演じるのは「善き人のためのソナタ」で一躍脚光を浴びたマルティナ・ゲデック。天才作曲家ロベルト・シューマンの妻クララは、ピアニストとしてヨーロッパ各地を周っていたある日、新進作曲家ヨハネス・ブラームスに出会う。若く情熱的なブラームスに心揺さぶられるクララだったが、体調不良に悩むロベルトは自身の後継者としてブラームスを信頼していた。

    ネット上の声

    • 私はクララ・シューマンにはなれません・・
    • 母の日に母もの。違った?彼女、何者??
    • 名曲が聴けたと言うことで・・・
    • 巨匠の半生記映画にはずれなし
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国ドイツ,フランス,ハンガリー
    • 時間109分
    • 監督ヘルマ・サンダース=ブラームス
    • 主演マルティナ・ゲデック
  9. 熟れた快楽
    • E
    • 2.14
    熟年の主婦・ヘレーネは、変化のない毎日に倦怠し、夫への愛情も薄れていた。そんなある日、彼女は脳医学の権威・グルック教授の著書に感銘を受ける。やがて姉の見舞いでバンブルクを訪れた彼女は、講演で町に来ていた教授に会いに行き…。

    ネット上の声

    • 夏の暑さも過ぎて、普段は見ないラブロマンスでも見ようと検索すると、アマプラにおす
    • キリスト教をベースに見ないと腑に落ちないところが刃こぼれしてしまう
    • 欲求不満不倫おばさんの不貞行為とかゆー果てしなくどうでもいい話
    • 原題「Gleißendes Glück」は、直訳すると「輝く幸せ」となるが、「熟
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2016年
    • 製作国ドイツ
    • 時間---分
    • 監督スヴェン・タディッケン
    • 主演マルティナ・ゲデック
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。