スポンサーリンクあり

全24作品。エヴァ・ガードナーが出演した映画ランキング

  1. イグアナの夜
    • B
    • 3.66
    元・牧師のシャノンはメキシコ旅行ツアーのガイドをしていた。しかし彼はミッション・カレッジの女性客一行をガイド中、少女に言い寄られたことがきっかけで、解雇の危機に。助けを求め、女主人マキシーンが経営するホテルに逃げ込むシャノン。やがて彼は旅行中の女性画家のハンナと知り合うことになるが……。元・牧師の災難、そして彼を取り巻く女性たちとの交流を乾いたユーモアを織り交ぜて描く。

    ネット上の声

    • 何せ冒頭の雨の聖公会教会で、説教中にいきなりキレて怒り出す牧師のシーンが衝撃だっ
    • 元牧師のリチャードバートンが、教会を追放された事でバスガイドになり女性達とメキシ
    • テネシー・ウィリアムズの同名戯曲を名匠ジョン・ヒューストン監督がハリウッドの大人
    • 落ちぶれた元牧師の男が、メキシコでツアーガイドをして様々な女性と出会う
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1964年
    • 製作国アメリカ
    • 時間118分
    • 監督ジョン・ヒューストン
    • 主演リチャード・バートン
    • レンタル
  2. モガンボ
    • C
    • 3.15
    ウィルスン・コリスンの戯曲の映画化で、アフリカ大陸の原始林を舞台にしたテクニカラーの冒険メロドラマ。「クオ・ヴァディス」のサム・ジンバリストが製作し、「静かなる男」のジョン・フォードが監督した1953年作品。脚色は「クオ・ヴァディス」のジョン・リー・メイン、撮影はロバート・サーティース(「クオ・ヴァディス」)とフレディ・ヤング(「黒騎士」)の担当。なお音楽監督はなく原住民音楽、自然音をバックに使っている。主演は「栄光の星の下に」のクラーク・ゲーブル、「荒原の疾走」のエヴァ・ガードナー、「真昼の決闘」のグレイス・ケリーで、ドナルド・シンデン(「怒りの海」)、フィリップ・ステイントン、エリック・ポールマン、デニス・オディアらが助演する。

    ネット上の声

    • アフリカを舞台にした三角関係もの
    • 雄大な自然を背景にした恋愛ゲーム
    • 時代を感じます・・・
    • 一番無垢なのは・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間116分
    • 監督ジョン・フォード
    • 主演クラーク・ゲイブル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  3. 殺人者
    • C
    • 3.14
    「裸の町」の故マーク・ヘリンジャーが製作し、「容疑者(1944)」のロバート・シオドマクが監督に当たった犯罪スリラー1946年作品。「キリマンジャロの雪」のアーネスト・ヘミングウェイの短編に基づきアンソニー・ヴェイラー「冒険」が脚色した。撮影はウディ・ブレデル、作曲はミクロス・ロージャ「白い恐怖」の担当。主演は「快傑ダルド」のバート・ランカスター、「キリマンジャロの雪」のエヴァ・ガードナー、「白熱(1949)」のエドモンド・オブライエンの3人で、アルバート・デッカー「都会の牙」、サム・レヴィーン、ジャック・ランバートらが助演。

    ネット上の声

    • “殺し屋”に殺された青年が持っていた保険証を手掛かりにフラッシュバック方式を用いてある犯罪の全容を解き明かすまでを描く1940~1950年代の典型的なフィルム・ノアール。話の巧みな語り口に感心した。
    • 真夜中に煌々と明りをともす深夜営業のダイナーに、殺し屋2人が乗り込んでくる冒頭部
    • ヘミングウェイの短編を冒頭に置き、ノンクレジットながらジョン・ヒューストン、リチ
    • ドイツからアメリカに亡命したシオドマク監督による「らせん階段」(1946)の次作
    サスペンス
    • 製作年1946年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督ロバート・シオドマク
    • 主演バート・ランカスター
    • 定額
  4. センチネル
    • D
    • 2.89
    悪魔の番人を運命づけられた女をめぐる恐怖を描く。製作・脚本はマイケル・ウィナーとジェフリー・コンビッツ、監督は「名犬ウォン・トン・トン」のM・ウイナー、原作はJ・コンビッツの「悪魔の見張り」(早川書房刊)、撮影はディック・クラティーテ、音楽はジル・メレが各々担当。出演はクリス・サランドン、クリスチテ・レインズ、マーティン・バルサム、ジョン・キャラディン、エヴァ・ガードナー、アーサー・ケネディ、バージェス・メレディス、イーライ・ウォラックなど。

    ネット上の声

    • 主人公は売れっ子ファッション広告モデル
    • 怖いもの見たさで・・・、増税前で・・・
    • 今見たら、どう感じるか自信がない!
    • 「テナント」と並ぶアパートホラー
    ホラー
    • 製作年1977年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演クリスティナ・レインズ
  5. 渚にて
    • D
    • 2.87
    ネヴィル・シュートの原作に基づき、「手錠のままの脱獄」のスタンリー・クレイマーが製作・脚本した人類の未来の物語。脚色はジョン・パクストン。撮影担当は、ジュゼッペ・ロトゥンノ。音楽はアーネスト・ゴールド。出演するのは「勝利なき戦い」のグレゴリー・ペック、フレッド・アステア、エヴァ・ガードナー、アンソニー・パーキンスなど。製作スタンリー・クレイマー。

    ネット上の声

    • 核戦争によって人類が滅亡する話。 数カ月後には放射能によって死滅す...
    • 1959年製作の異色近未来SF映画の恐怖
    • それでも生きなければならぬのだ・・・
    • 現代のパンドラの箱に希望は残るのか?
    人類滅亡後、 世界崩壊前、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国アメリカ
    • 時間135分
    • 監督スタンリー・クレイマー
    • 主演グレゴリー・ペック
    • 定額
  6. ロイ・ビーン
    • D
    • 2.83
    19世紀末、ならず者ロイ・ビーンがテキサスの町に流れ着く。彼は酒場を法廷に改造し、判事として君臨することに。女優リリー嬢への憧れに胸を躍らせる一方、悪党や殺し屋を容赦なく裁いていくビーン。そんな彼の前に弁護士を名乗る男が現れ、次第に様相が変わり始める。やがてビーンは父親になることに……。実在した名物判事ロイ・ビーンの生き様を、ユーモラスかつノスタルジックに描いた異色ウェスタン。

    ネット上の声

    • これは、高校1年の時の1973年に『チャップリンの独裁者』と二本立てで観た作品だ
    • 重鎮!ポール・ニューマンが(≧ω≦)b
    • 全人類のうちコブラが最もなりたい顔
    • ポール・ニューマンの「殺し屋判事」
    西部劇、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1972年
    • 製作国アメリカ
    • 時間124分
    • 監督ジョン・ヒューストン
    • 主演ポール・ニューマン
  7. 裸足の伯爵夫人
    • D
    • 2.80
    「ジュリアス・シーザー(1953)」のジョセフ・L・マンキーウィッツが主宰するフィガロ・プロの第1回作品である。マンキーウィッツ自身が脚本を書き下ろし監督にあたったもので、テクニカラー色彩の撮影は「バラントレイ卿」のジャック・カーディフ、音楽は「O・K・ネロ」のマリオ・ナシンベーネ。「麗しのサブリナ」のハンフリー・ボガート、「円卓の騎士」のエヴァ・ガードナー、「ジュリアス・シーザー(1953)」のエドモンド・オブライエン、「路上の夜」のマリウス・ゴーリング、「女の獄舎」のヴァレンティナ・コルテーゼ、「噴火山の女」のロッサノ・ブラッツィ、エリザベス・セラーズ、ウォーレン・スティーヴンスなどが出演する。

    ネット上の声

    • エヴァ・ガードナーを拝めただけでも……
    • 数奇な運命をたどる美人のはかなき一生
    • エヴァ・ガードナー賛歌
    • ハリウッド No.1美人女優
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ,イタリア
    • 時間131分
    • 監督ジョセフ・L・マンキウィッツ
    • 主演ハンフリー・ボガート
  8. パンドラ
    • D
    • 2.78
    愛を告白する男たちを次々と死なせてしまう女性が、運命の男と出会うメロドラマ。テクニカラーとエヴァ・ガードナーの美しさが魅力。

    ネット上の声

    • エヴァ・ガードナーの歌声♡
    • 数々の男たちを夢中にさせるわりにどの男にも振り向いたことがない美女パンドラが、謎
    • ビーチのロケやタンゴ、カーレースなどミクロにはおおっと思うシーンがあるが、棒立ち
    • 「ドリアン・グレイの肖像」(1945)のアルバート・リューイン監督によるミステリ
    ヒューマンドラマ、 アクション
    • 製作年1950年
    • 製作国イギリス
    • 時間123分
    • 監督アルバート・リューイン
    • 主演ジェームズ・メイソン
  9. 9

    賄賂

    賄賂
    • D
    • 2.75
    「円卓の騎士」のパンドロ・S・バーマンが1949年に製作した刑 事と犯罪者の妻との恋愛を扱った映画で、フレデリック・ネーベルの原作を「無法街」のマーゲリット・ロバーツが脚色、「秘めたる心」のロバート・Z・レオナードが監督した。撮影は「雨の朝巴里に死す」のジョゼフ・ルッテンバーグ、音楽は「王家の谷」のミクロス・ロジャ。出演者は「王家の谷」のロバート・テイラー、「裸足の伯爵夫人」のエイヴァ・ガードナー、「ホブスンの婿選び」のチャールズ・ロートン、「雪原の追跡」のヴィンセント・プライス、「トマホーク渓谷の待伏せ」のジョン・ホディアク、「素晴らしき哉、人生!」のサミュエル・S・ハインズ、ジョン・ホイト、ティト・レナルドなど。

    ネット上の声

    • ①ロバート・テイラー扮する刑事の心の葛藤が描かれる
    • ロバート・Z・レオナード監督による、【フィルム・
    • エヴァ・ガードナーの美貌に見惚れながら、ハラハラドキドキ盛り上がるサスペンス映画
    • 大した映画ではないと思うが、エヴァ・ガードナーの尋常でない美しさと花火と風車が暴
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1949年
    • 製作国アメリカ
    • 時間98分
    • 監督ロバート・Z・レオナード
    • 主演ロバート・テイラー
  10. ヴィナスの接吻
    • E
    • 2.67
    「生きてる死骸」のレスター・コーワンが製作、「失恋4人男」のウィリアム・A・サイターが監督した1948年度作品で、作家のS・J・ペレルマン、詩人のオグデン・ナッシュ、作曲家のクルト・ワイル(「三文オペラ」)という一流人の共作になる同名のミュージカルの映画化で、「ドン・ファンの冒険」のハリー・カーニッツが、フランク・タシュリンと脚色をしている。撮影は「恋人よいま一度」のフランク・プラナー、追加の歌はアン・ロネルの作である。主演は「夢のひととき」のロバート・ウォーカー、深甚で美人の聞え高いエイヴァ・ガードナァ、「ステート・フェア(1945)」のディック・ヘイムス、「夜も昼も」のイヴ・アーデン、「氷上円舞曲」のオルガ・サン・ホワン、トム・コンウェイ、ジェームズ・フレイヴィン、最近物故したサラ・オールグッド等が助演している。

    ネット上の声

    • お茶目でキュートなヴィーナスさん!
    • ファンタジーコメディ
    • 歌と風が流れる
    • ローマの休日と構造は似ていて、本来なら恋愛関係に陥るはずのない二人が近づくところ
    ファンタジー
    • 製作年1948年
    • 製作国アメリカ
    • 時間82分
    • 監督ウィリアム・A・サイター
    • 主演ロバート・ウォーカー
    • 定額
    • レンタル
  11. 栄光の星の下に
    • E
    • 2.64
    「スピード王(1950)」のクラーク・ゲーブルと「ショウ・ボート(1951)」のエヴァ・ガードナーが主演する西部活劇1951年作品で、製作は「ママの新婚旅行」のZ・ウェイン・グリフィン。「ウィンチェスター銃'73」のボーデン・チェイスが自らの雑誌連載小説を脚色、「落日の決闘」のハワード・エスタブルックが潤色、「ドン・ファンの冒険」のヴィンセント・シャーマンが監督する。撮影は「スピード王」のハロルド・ロッソン、音楽はデイヴィッド・バットルフの担当である。ゲーブル、ガードナーの他、「オール・ザ・キングスメン」のブロデリック・クロフォード、「白昼の決闘」のライオネル・バリモア、「蛇の穴」のビューラ・ボンディ、以下エド・ベグリー、ジェームズ・バーク、ウィリアム・ファーナムらが共演。
    西部劇
    • 製作年1952年
    • 製作国アメリカ
    • 時間94分
    • 監督ヴィンセント・シャーマン
    • 主演クラーク・ゲイブル
  12. 北京の55日
    • E
    • 2.60
    1900年中国で勃発した義和団事変の史実に基いて「エル・シド」のフィリップ・ヨーダンがバーナード・ゴードンと共同で脚本を執筆、「キング・オブ・キングス(1961)」のニコラス・レイが監督した歴史スペクタクル。撮影は「戦場にかける橋」のジャック・ヒルドヤード、スペクタクル・シーンは「史上最大の作戦」のアンドリュー・マートンがあたっている。音楽は「ハイ・ヌーン」のディミトリ・ティオムキン、製作は「エル・シド」のサミュエル・ブロンストン。出演者は「エル・シド」のチャールトン・ヘストン、「渚にて」のエヴァ・ガードナー、「好敵手」のデイヴィッド・ニーヴン、「史上最大の作戦」のレオ・ゲンに「ロミオとジュリエット」のフローラ・ロブソン、「スパルタカス」のジョン・アイアランド、ロバート・ヘルプマン、伊丹十三、ポール・ルーカスなど。

    ネット上の声

    • overtureからオープニングクレジットがやたら長い!6分もあるぞ。
    • 21世紀に北京の55日が繰り返されないことを切に祈りたい
    • 厭らしい奴らの55日。いやらしいエンタメ。
    • 今日の視点では欧米優越アジア蔑視になる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1963年
    • 製作国アメリカ
    • 時間160分
    • 監督ニコラス・レイ
    • 主演チャールトン・ヘストン
  13. ショウ・ボート
    • E
    • 2.51
    24年間にわたるヒット・ミュージカル・プレイ「ショウ・ボート」は、エドナ・ファーバーのベスト・セラー小説に基づいて、ジェローム・カーン=オスカー・ハマースタイン2世のコンビの作によるものだが、その映画化はこの作品が3度目。「アニーよ銃をとれ」と同じくアーサー・フリードが製作しジョージ・シドニーが監督したテクニカラー版1951年度作品。脚色は「ジキル博士とハイド氏(1941)」のジョン・リー・メイン、撮影のチャールズ・ロシャー、舞台振付けのロバート・アルトン、音楽監督のアドルフ・ドイッチェは夫々「アニーよ銃をとれ」と同じスタッフ。配役はマグノリアに「花の合唱(コーラス)」のキャスリン・グレイソン、ジュリーに「パンドラ」のエヴァ・ガードナー、ゲイロードに「アニーよ銃をとれ」のハワード・キール、アンディ船長にジョウ・E・ブラウン。その他アグネス・ムアヘッド「サマーホリディ」、ダンスチームのチャンピオン、ロバート・スターリング「渓谷の銃声」、アデール・ジャーゲンス「千一夜物語」らが出演する。

    ネット上の声

    • “ショウ・ボート⛴🚢“という,劇場型の巡航船が村にくれば、人々が一目散にそれ目掛
    • オールマン・リバー、河は流れる~♪
    • エヴァ・ガードナーの出世作
    • 古き良きのミュージカル
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督ジョージ・シドニー
    • 主演キャスリン・グレイソン
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  14. 青い鳥
    • E
    • 2.40
    幸福の青い鳥を求めて不思議な冒険の旅を続けるチルチルとミチルの兄妹が主人公のモーリス・メーテルリンクの同名小説の映画化で、アメリカとソ連の初の合作映画。製作総指揮はエドワード・ルイス、製作はアレクサンドル・アルシャンスキーとポール・マスランスキー、監督は「アレキサンドリア物語」のジョージ・キューカー、脚本はアレクセイ・カプレルとヒュー・ホワイトモア、撮影はヨナス・グリツィウスとフレデリック・A・ヤング、作曲はアンドレイ・ペトロフとアーウィン・コスタル、作詞はトニー・ハリソン、美術はワレリー・ユルケビッチ、衣裳はマリナ・アジジャンとエディス・ヘッドが各々担当。出演はアメリカ側がエリザベス・テイラー、ジェーン・フォンダ、シスリー・タイソン、エヴァ・ガードナー、トッド・ルッキンランド、パッツィ・ケンシット、ウィル・ギア、モナ・ウォッシュボーン、ソ連側はナジェジダ・パブロワ、マルガリータ・テレホワ、オレーグ・ポポフ、ゲオルギー・ビーチンなど。

    ネット上の声

    • 中途半端・・・
    • 児童文学とは思えない深い作品
    • 哀悼、エリザベス・テイラー
    • 幸せってなんだっけ?作品。
    ヒューマンドラマ、 アドベンチャー(冒険)
    • 製作年1976年
    • 製作国アメリカ,ソ連
    • 時間99分
    • 監督ジョージ・キューカー
    • 主演エリザベス・テイラー
  15. 円卓の騎士
    • E
    • 2.34
    「兄弟はみな勇敢だった」のパンドロ・S・バーマンが製作するMGMのシネマスコープ第1作(テクニカラー色彩)で、アーサー王伝説にもとずく史劇映画である。トーマス・マロリーの著より「ミズーリ横断」のタルボット・ジェニングス、「悲恋の王女エリザベス」のジャン・ラスティグおよび「ゼンダ城の虜(1952)」のノエル・ラングレーが脚色し、「兄弟はみな勇敢だった」のリチャード・ソープが監督した。撮影は「モガンボ」のフレデリック・A・ヤングと「コロンブスの探検」のスティーブン・デイドの共同、音楽は「兄弟はみな勇敢だった」のミクロス・ローザが担当した。「兄弟はみな勇敢だった」のロバート・テイラー、「モガンボ」のエヴァ・ガードナー、「リリー」のメル・ファーラーをめぐって「ベデリア」のアン・クロフォード、「怒りの海」のスタンリー・ベイカー、「汽車を見送る男」のフェリクス・エイルマー「赤い風車」のモリーン・スウォンスンなどのイギリス俳優が出演する。1953年作品。MGM英国撮影所で撮影された。

    ネット上の声

    • 友情を取るのかそれとも愛なのか!?
    • ランスロット礼賛映画
    • ガラハットも出てきます! が…
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間115分
    • 監督リチャード・ソープ
    • 主演ロバート・テイラー
    • 定額
    • レンタル
  16. 大地震
    • E
    • 2.31
    1970年、ロサンゼルスを襲った大地震をモデルにしたパニック映画。新たに開発されたセンサラウンド方式と呼ばれる、特殊なスピーカーから出る低周音波によって肉体に振動感を与えるシステムが採用されている。製作総指揮はジェニングス・ラング、製作・監督はマークロブソン、脚本は「ゴッドファーザー」のマリオ・プーゾとジョージ・フォックス、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、編集はドロシー・スペンサー、美術監督はアレクサンダー・ゴリッツェン、特殊装置はアルバート・ウィトロック、特殊撮影はクリフォード・スタインが各々担当。出演はチャールトン・ヘストン、エヴァ・ガードナー、ジョージ・ケネディ、ローン・グリーン、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、リチャード・ラウンドツリー、マージョー・ゴートナー、バリー・サリヴァン、ヴィクトリア・プリンシパルなど。

    ネット上の声

    • '74年の作品なのでね、もっとゆったりと描かれてたかな?って思ってたけどちゃんと
    • 米加州で30年以内に百%近い確率で大地震
    • 悪状況下ストレスを強いられた人がとる行動
    • 幾つかあるヘストンのパニックものの一本
    アクション
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間122分
    • 監督マーク・ロブソン
    • 主演チャールトン・ヘストン
  17. 殺しの許可証
    • E
    • 2.09
    罪もない人々すらも捲き込む非情なスパイ世界を描いていく。製作総指揮はロバート・ユングブラスとハインツ・ラゼク、製作はポール・ミルズ、監督はシリル・フランケル、脚本・原作はロビン・エストリッジ、撮影はフレデリック・A・ヤング、音楽はリチャード・ロドニー・ベネットが各々担当。出演はダーク・ボガード、エヴァ・ガードナー、ティモシー・ダルトンなど。

    ネット上の声

    • ダーク・ボガートが悪役のスパイもので、雰囲気最高なのだが話が掴みづらい
    • 殺しのライセンスは、007だろ
    サスペンス
    • 製作年1975年
    • 製作国イギリス,オーストリア
    • 時間98分
    • 監督シリル・フランケル
    • 主演ダーク・ボガード
  18. キリマンジャロの雪
    • E
    • 2.07
    「愛欲の十字路」と同じくダリル・F・ザナックが制作しヘンリー・キングが監督に当たったテクニカラーのメロドラマ1952年作品で、原作は「誰が為に鐘は鳴る」のアーネスト・ヘミングウェイの短編、脚色は「さすらいの涯」のケイシー・ロビンソンである。撮影は「愛欲の十字路」のレオン・シャムロイ、音楽は「地球の静止する日」のバーナード・ハーマンの担当。主演は「愛欲の十字路」のグレゴリー・ペックとスーザン・ヘイワード、「栄光の星の下に」のエヴァ・ガードナー、「暁前の決断」のヒルデガード・ネフで、「砂漠の鬼将軍」のレオ・G・キャロル、「黒ばら」のトリン・サッチャー、エヴァ・ノリング、ヘレン・スタンリー、マルセル・ダリオらが助演する。

    ネット上の声

    • 観光先で病気になると心細いよね
    • キリマンジャロの豹
    • 冒険とラブロマンス
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1952年
    • 製作国アメリカ
    • 時間114分
    • 監督ヘンリー・キング
    • 主演グレゴリー・ペック
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  19. 陽はまた昇る
    • E
    • 1.98
    ダリル・F・ザナックの独立プロ第2作で、アーネスト・ヘミングウェイの同名小説の映画化。「アフリカの女王」のピーター・ヴィアテルが脚色、「回転木馬」のヘンリーキングが監督した。撮影監督は「やさしく愛して」のレオ・トーヴァー、音楽は「島の女」のヒューゴー・フリードホーファー、指揮を「女はそれを我慢できない」のライオネル・ニューマンがとった。主演は「二十七人の漂流者」のタイロン・パワー、「潮風にいたづら」のエヴァ・ガードナー、「イスタンブール(1956)」のエロール・フリン、「恋多き女」のメル・ファーラー、ジュリエット・グレコ。ほかに「桃色大王」のグレゴリー・ラトフ、「炎の人ゴッホ」のヘンリー・ダニエル、「明日泣く」のエディ・アルバート。

    ネット上の声

    • 牛追いと闘牛
    • ヘミングウェイの原作をタイロン・パワーと美しいエヴァ・ガードナー、メル・ファーラ
    • お互いに好き、いや愛し合ってるのに、ある1点ができないということだけで、女性は彼
    • クラシック映画ってなぜか、個人的には共感できない内容が多いような気がする
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間135分
    • 監督ヘンリー・キング
    • 主演タイロン・パワー
  20. 荒原の疾走
    • E
    「北の狼」のスティーブン・エイムスが製作し「流刑の大陸」のジョン・ファーロウが監督にあたった西部劇1953年作品。脚本は「北の狼」のフランク・フェントンで、アンスコ・カラーによる色彩撮影は「クオ・ヴァディス」のロバート・サーティース(プリントはテクニカラー版)、音楽は「リリー」のブロニスロー・ケイパーの担当。主演は「クオ・ヴァディス」のロバート・テイラー、「栄光の星の下に」のエヴァ・ガードナー、「ショウボート」のハワード・キール、「壮烈第7騎兵隊」のアンソニー・クィンで、カート・カズナー「リリー」、ジャック・エラム「彼女は二挺拳銃」、テッド・デ・コルシア、ウォルター・ボールドウィンらが助演。

    ネット上の声

    • 原題:Ride 、 Vaquero!
    • 豪華共演だあ🥰
    西部劇
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間90分
    • 監督ジョン・V・ファロー
    • 主演ロバート・テイラー
  21. 潮風のいたづら
    • E
    パリ、ロンドンで長期興行されたアンドレ・ロッシンの戯曲を製作のF・ヒュー・ハーバートが脚色した。監督は「アメリカの戦慄」のマーク・ロブソン、撮影は「炎の人ゴッホ」のフレディ・ヤング、音楽はロバート・ファーノン。主演は「ボワニー分岐点」のエヴァ・ガードナー、「連発銃は知っている」のスチュワート・グレンジャー、「八十日間世界一周」のデイヴィッド・ニーヴン。他にウォルター・チャリイなど。

    ネット上の声

    • シナリオ 9.8
    • 製作年1957年
    • 製作国イギリス
    • 時間90分
    • 監督マーク・ロブソン
    • 主演スチュワート・グレンジャー
  22. ボワニー分岐点
    • E
    インドを舞台に、独立連動の動乱の中にロマンスと活劇を盛り込んだ大作。原題の“ボワニー連絡駅”は鉄道と同時に、愛情や宿命、人生、思想の分岐点を意味する。ジョン・マスタースのベストセラー小説からソニア・レヴィーント「あの日あのとき」のアイヴァン・モファットが共同脚色し「スタア誕生(1954)」のジョージ・キューカーが監督した。撮影はフレディ・ヤング、音楽は「裏切りの町角」のミクロス・ローザ。主演は「裸足の伯爵夫人」のエヴァ・ガードナー、「最後の銃撃」のスチュワート・グレンジャー、「若い河」のビル・トラヴァース(MGM入社第一回出演)。「巨象の道」のエイブラハム・ソフィアの他、フランシス・マシューズ、ピーター・アイリングなどが助演する。
    ヒューマンドラマ、 アドベンチャー(冒険)
    • 製作年1956年
    • 製作国アメリカ,イギリス
    • 時間110分
    • 監督ジョージ・キューカー
    • 主演エヴァ・ガードナー
  23. 夜と昼の間
    • E
    M・G・Mとイタリアのティタヌス映画社の提携作品。ブルース・マーシャルの原作『美しき花嫁』を「夜の人々(1954)」のナナリー・ジョンソンが脚色・監督した恋愛ドラマである。撮影は「裸のマヤ」のジュゼッペ・ロトゥンノ。音楽はブロニスロー・ケイパー。出演するのは「裸のマヤ」のエヴァ・ガードナー、「わが恋は終りぬ」のダーク・ボガード、「ロベレ将軍」のヴィットリオ・デ・シーカ、ジョセフ・コットンなど。製作はゴッフレード・ロンバルド。
    • 製作年1960年
    • 製作国イタリア,アメリカ
    • 時間99分
    • 監督ナナリー・ジョンソン
    • 主演ダーク・ボガード
  24. 裸のマヤ
    • E
    アメリカとイタリア合作のかたちの作品で、「再会(1958)」「聖衣」のヘンリー・コスター監督により、近世スペインの画家ゴヤの作品“裸のマヤ”をめぐるロマンが描かれる。イタリア側からもマリオ・ルッソが監督して加わっている。タルボット・ジェニングスの原作を、ジォルジオ・プロスペリ、ノーマン・コーウィン、アルバート・リューイン,オスカー・ソウルが共同して脚色し、撮影は「白夜」のジュゼッペ・ロトゥンノ。音楽をフランチェスコ・ラヴァニーノが担当している。出演するのは「潮風のいたづら」のエヴァ・ガードナー、「夜を逃れて」のアンソニー・フランシオサ、「カビリアの夜」のアメディオ・ナザーリ、「フルフル」のジーノ・チェルヴィ、「モンパルナスの灯」のレオ・パドヴァーニ等。製作ゴッフレード・ロンバルド。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国アメリカ
    • 時間111分
    • 監督ヘンリー・コスター
    • 主演アンソニー・フランシオサ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。