全16作品。高橋一生が出演した映画ランキング

  1. 耳をすませば

    耳をすませば
    評価:A3.95
     宮崎駿がプロデュース、「火垂るの墓」「魔女の宅急便」で作画を務めた近藤善文が監督にあたった青春アニメ。中学生の男女が繰り広げる淡い恋愛模様を、さわやかなタッチで綴る。

    青春、アニメ、中学校、ジブリ

    ネット上の声

    子供の頃に観た時は何とも思わなかったが、大人になってから観ると進路...
    めちゃくちゃ好きです!ざ青春高校生に戻りたいぜ。。
    大きくなりたいと背伸びする「思想」。
    時には耳をすまして、自分の夢を
    製作年:1995
    製作国:日本
    監督:近藤喜文
    主演:本名陽子
    1
  2. 空飛ぶタイヤ

    空飛ぶタイヤ
    評価:A3.91
    人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説を実写映画化。トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    桑田さん嫌いじゃないがこの映画の歌はダメ
    忘れてはならないモノづくりの原点
    “池井戸的カタルシス”健在!
    大企業と中小企業
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:本木克英
    主演:長瀬智也
    2
  3. クライマーズ・ハイ

    クライマーズ・ハイ
    評価:A3.88


    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    今の時代にこそ必要なドラマ
    映画版とはまったく趣向の違う映画
    重い命、想い命作品。
    熱い男達が見たいとき
    製作年:2005
    製作国:日本
    主演:佐藤浩市
    3
  4. 引っ越し大名!

    引っ越し大名!
    評価:B3.75
    『超高速!参勤交代』シリーズの原作、脚本を手掛けた土橋章宏の「引っ越し大名三千里」を映画化。何度も国替え(引っ越し)をさせられた実在の大名・松平直矩のエピソードを基に、高額な費用のかかる遠方への引っ越しを、知恵と工夫で乗り切ろうとする姫路藩士たちの奮闘を描く。

    時代劇
    製作年:2019
    製作国:日本
    監督:犬童一心
    主演:星野源
    4
  5. クリックシネマ 好き

    クリックシネマ 好き
    評価:C3.48


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    こういうかたちもおもしろい。
    低予算映画
    人物表現
    治らない傷なんて無いんだよ!!
    製作年:2000
    製作国:日本
    監督:本田昌広
    主演:田中麗奈
    5
  6. ゾウを撫でる

    ゾウを撫でる
    評価:C3.47
    『半落ち』などの佐々部清が監督を務め、映画に携わるさまざまな人の人生を紡ぐヒューマンドラマ。インターネット配信された作品を再編集し、未公開の最終話を追加した劇場用オリジナル版で、15年ぶりにメガホンを取る映画監督やトラック運転手たちが携わる1本の映画にまつわるエピソードが展開。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    奇跡の木
    そこに象はいない
    映画を作る
    つまらなかったです
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:小市慢太郎
    6
  7. 九月の恋と出会うまで

    九月の恋と出会うまで
    評価:C3.39
    「書店員が選んだもう一度読みたい文庫」の恋愛部門でトップに輝いた松尾由美の小説を実写映画化。小説家を目指す営業マンとその隣室に越してきた女性が、ある謎を追い掛ける中で惹(ひ)かれ合う姿を描く。

    ファンタジー、ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    やっていることはいい意味での青春映画
    高橋一生+川口春奈→両ファンの映画
    良かった…という感想で終わる佳作
    美しい恋の物語
    製作年:2019
    製作国:日本
    監督:山本透
    主演:高橋一生
    7
  8. blank13

    blank13
    評価:C3.34
    放送作家のはしもとこうじの実話をベースに、『昼顔』などで俳優として活躍する斎藤工が「齊藤工」名義で監督を務めた家族ドラマ。13年前に蒸発した父親が、余命わずか3か月の状態で発見されたことから再び動きだす家族の物語を紡ぐ。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    空白の時間を埋め合わせる癒しと再生の物語に心がほっとする
    数々の賞を受賞しただけのことはありました
    笑えるが悲しくもある死んだあとの人の価値
    父親はだらしないのか、マメなのか、、、
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:齊藤工
    主演:高橋一生
    8
  9. 億男

    億男
    評価:C3.33
    『世界から猫が消えたなら』の原作者でプロデューサーとしても活動している川村元気の著書を、『ハゲタカ』シリーズなどの大友啓史監督が映画化。宝くじで3億円を当てた男が、真の幸せを探し求める姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    理想ファンタジー風に、もし宝くじが当たったら…?
    人生とゆう旅路での、正しい旅費の使い方。
    人の心が離れる瞬間はお金ではない
    佐藤健の今年の役の振り幅
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:大友啓史
    主演:佐藤健
    9
  10. MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン-

    MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン-
    評価:D3.15
    謎の生命体に寄生され、彼らに人格まで乗っ取られてしまった人間たちが死闘を繰り広げるスプラッター・ムービー。互いに想いを寄せながら、“ネクロボーグ”への変身を余儀なくされ闘う運命の男女の悲劇を描く。

    ホラー

    ネット上の声

    バイオレンススプラッターホラーの情熱
    アナログの魅力かぁ
    見る人を選びますね
    アナログ万歳
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:山口雄大
    主演:高橋一生
    10
  11. 嘘を愛する女

    嘘を愛する女
    評価:D3.14
    第1回「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」でグランプリに輝いた企画を映画化したラブストーリー。昏睡(こんすい)状態に陥った恋人の名前や職業などが全てうそだと知った女性が、彼の正体を探ろうとするさまを描く。

    サスペンス

    ネット上の声

    嘘を探す旅は無駄ではなかった
    予告編は上手く作るもんだな
    長澤まさみを堪能する
    嘘から始まる人生行路
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:中江和仁
    主演:長澤まさみ
    11
  12. LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ

    LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ
    評価:D3.11
    学生生活を謳歌(おうか)する18歳のいちこ(吉井怜)は、ある日、聡明な女性エリー(今宿麻美)と恋に落ちる。彼女は母亡き後、男手ひとつで自分を育ててくれた翻訳家の父(石田衣良)に恋人を引き合わせることを決意。父は娘の恋人が女性であることを理解してくれたが、その後、実は自分はゲイで母はレズビアンだったと衝撃の告白をする。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    不思議な世界に引き込まれる・・・・
    とても綺麗なベッドシーンです
    いろいろ考えさせられます
    イロンナアイノカタチ
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:川野浩司
    主演:吉井怜
    12
  13. わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた

    わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた
    評価:D3.06


    コメディ

    ネット上の声

    題名の長いラブコメ
    癒されます。
    製作年:2016
    製作国:日本
    主演:多部未華子
    13
  14. マリッジリング

    マリッジリング
    評価:E2.64
    『失楽園』『愛の流刑地』と同じく、不倫を描いた渡辺淳一の恋愛小説を映画化。先の2作よりも静かに、不倫におぼれていく男女の境遇や心情がリアルにつづられる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    昼ドラを特番にすると、こんな感じかな?
    さっぱりわからん
    高橋一生がいい
    結構リアル!
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:七里圭
    主演:小橋めぐみ
    14
  15. ロマンスドール

    ロマンスドール
    評価:E0.00
    製作年:2019
    製作国:日本
    監督:タナダユキ
    主演:高橋一生
    15
  16. よい子と遊ぼう

    よい子と遊ぼう
    評価:E0.00
     WOWOW主催の「J・MOVIE・WARS」第二弾として製作され、後に劇場公開された作品。いまどきの都会の中学生、ビンゴ、原田、並夫、本屋、くじらの五人組は、退屈しのぎのゲームとして窃盗を楽しんでいた。

    ホラー
    製作年:1994
    製作国:日本
    監督:平山秀幸
    主演:佐藤広純
    16

スポンサードリンク