スポンサーリンクあり

全13作品。テレサ・ライトが出演した映画ランキング

  1. ある日どこかで
    • B
    • 3.98
    「地球最後の男オメガマン」「激突!」などで知られるSF作家リチャード・マシスンの同名小説を映画化したタイムトラベル・ファンタジー。1972年、母校で自作舞台の初演を迎えていた新進劇作家のリチャードは、白髪の老婦人から古い金時計を渡される。その8年後、母校を再訪した彼は街のホテルにかかっていた肖像画に心を奪われる。そこに描かれた美女は、かつての老婦人の若き日の姿だった……。主演は「スーパーマン」のクリストファー・リーブ。監督は「ジョーズ2」のヤノット・シュワルツ。

    ネット上の声

    • タイムトラベルにも色々ある。この映画では、物理的、科学的なものは存...
    • 300作目はこれと決めていました。世界的にファンを持つ隠れた超名作...
    • 皆の才能と熱意と愛に満ちたラブストーリー
    • ディテールより感覚で捉えるべく愛の世界
    どんでん返し、 恋愛
    • 製作年1980年
    • 製作国アメリカ
    • 時間103分
    • 監督ジュノー・シュウォーク
    • 主演クリストファー・リーヴ
    • レンタル
    • 定額
  2. 我等の生涯の最良の年
    • B
    • 3.79
    第2次世界大戦後のアメリカを舞台に、同じ故郷へ戻ってきた3人の帰還兵が様々な社会問題に直面しながらも再生していく姿を描いたヒューマンドラマ。後に「ベン・ハー」などを手がける名匠ウィリアム・ワイラーがメガホンをとり、1947年・第19回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演男優賞(フレデリック・マーチ)、助演男優賞(ハロルド・ラッセル)など9部門に輝いた。同じ軍用機に乗り合わせてアメリカ中部の町に帰還した、階級も経歴も異なる3人の男たち。元銀行員のアル軍曹は妻や娘、息子に歓迎されるが、家庭の雰囲気がどこか変わったことに不安を感じ、ナイトクラブへ繰り出す。元ドラッグストア店員のフレッド大尉は、出征直前に結婚した妻が家出してナイトクラブで働いていることを知り、探しに向かう。戦争で両手を失った若い水兵ホーマーは自分が義手であることに引け目を感じ、家族や恋人に対して心を閉ざしてしまう。

    ネット上の声

    • 第二次世界大戦後、故郷へ帰る飛行機に偶然乗り合わせた3人の帰還兵たちのお話
    • 第19回アカデミー賞作品賞、脚色賞他9部門受賞 2時間50分の長尺の作品
    • 水野さんの声が聞こえてきました
    • 家族ドラマの頂点のひとつ
    トラウマになる、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1946年
    • 製作国アメリカ
    • 時間170分
    • 監督ウィリアム・ワイラー
    • 主演フレドリック・マーチ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  3. 疑惑の影
    • C
    • 3.57
    アルフレッド・ヒッチコック監督による心理スリラー。カリフォルニア州の田舎町サンタローザで暮らすニュートン一家のもとに突然チャーリー叔父さんが訪ねてくる。ニュートン家の長女チャーリーは同じ名前の叔父の来訪を喜んでいたが、やがて2人の探偵が訪ねてくると次第にチャーリー叔父さんに秘密があるのではないかと疑い始める……。チャーリー叔父さんに「第三の男」のジョセフ・コットン。チャーリーに「打撃王」のテレサ・ライト。

    ネット上の声

    • 計算され尽くした疑惑の醸成速度や心理作用が魅せるヒッチコック・ミステリー
    • 後味は良くないが、ヒッチコックらしい怖さ満載でユーモアも健在
    • 人生は豚小屋だ! 叔父チャーリーの完全悪
    • 故・淀川さんも認めたヒッチコック・ベスト
    サスペンス
    • 製作年1942年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督アルフレッド・ヒッチコック
    • 主演テレサ・ライト
  4. 偽りの花園
    • C
    • 3.51
    「黄昏(1951)」のウィリアム・ワイラーが、製作者サミュエル・ゴールドウィン(「アンデルセン物語」)のもとで、「西部の男」について1941年に監督した悪女ドラマ。原作はリリアン・ヘルマン作の舞台劇で映画のための脚色も彼女が行い、「氷上の花」のアーサー・コーバー、ドロシー・パーカー、「運命の饗宴」のアラン・キャンベルの3人が台詞を追加している。撮影監督は「ダニー・ケイの牛乳屋」の故グレッグ・トーランド、音楽メレディス・ウィルソン。「イヴの総て」のベティ・デイヴィス、「クーパーの花婿物語」のテレサ・ライト、「女海賊アン」のハーバート・マーシャルが主演し、ほかに「青いヴェール」のリチャード・カールソン、「クーパーの花婿物語」のパトリシア・コリンジ、「雷鳴の湾」のダン・デュリエ、「真紅の女」のチャールズ・ディングル、「激情の断崖」のカール・ベントン・リード、ジェシー・グレイスンなどが出演する。

    ネット上の声

    • 必見の映画
    • ベティ・デイヴィスの怖さに尽きる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1941年
    • 製作国アメリカ
    • 時間116分
    • 監督ウィリアム・ワイラー
    • 主演ベティ・デイヴィス
  5. 打撃王
    • C
    • 3.28
    連続2130回の試合に出場して「鉄人」といわれた野球選手ルー・ゲーリッグの1代記映画で「オペラ・ハット」「モロッコ」のゲイリー・クーバーが主演するサミュエル・ゴールドウイン1942年作品。ストーリーは作家のボール・ガリコが書きおろし「西部を駆ける恋」のジョー・スワーリングと「クリスマスの休暇」のハーマン・J・マンキーウィッツが協力脚色し「恋愛手帖」「嵐の青春」のサム・ウッドが監督し「南部の人」「孔雀夫人(1936)」のルドルフ・マテが撮影した。主役クーパーの相手は、「我等の生涯の最良の年」のテレサ・ライトで先ごろ故人となったベーブ・ルースを始め、ビル・ディッキー、ロバート・ミューゼル、マーク・ケーニッヒ、ビル・スターン等ヤンキース・チームの名手が自ら出演する。

    ネット上の声

    • ルー・ゲーリッグの人生讃歌の美しさと情愛の深さ
    • 野球選手は短パンの浮浪者
    • プレイボール!
    • 最強の4番打者
    実話、 スポーツ
    • 製作年1942年
    • 製作国アメリカ
    • 時間127分
    • 監督サム・ウッド
    • 主演ゲイリー・クーパー
    • 定額
    • 定額
  6. 男たち
    • D
    • 3.05

    ネット上の声

    • 脚が不自由でも車の運転はOKなんだ!
    • 今の自分を肯定する勇気
    • 1950年 アメリカ🇺🇸
    • マーロン・ブランドやっぱり初めからこんなやつだったのかという、結婚初夜のテレサ・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国アメリカ
    • 時間85分
    • 監督フレッド・ジンネマン
    • 主演マーロン・ブランド
  7. 7

    追跡

    追跡
    • D
    • 3.04
    「我等の生涯の最良の年」「打撃王」のテレサ・ライトと新人スタア、ロバート・ミッチャムが主演するミルトン・スパーリングの独立プロ、ユナイテッド・ステーツ・ピクチュアズの1947年作品で「白昼の決闘」「シカゴ」のナイヴン・プッシュが脚本を書きおろし、「高原児」「鉄腕ジム」のラウール・ウォルシュが監督し、「いちごブロンド」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影した。助演者は「赤い家」のジュディス・アンダーソン、「西部魂(1941)」のディーン・ジャガー、「高原児」のアラン・ヘール。

    ネット上の声

    • 閃光と拍車のトラウマ
    • サスペンス風味は良いけど、ストーリー展開が雑なのが残念
    • 私怨と恋愛が絡んだ西部劇
    • 家名だか痴情のもつれだか知らないが親の世代の恨みを子どもの主人公で晴らそうとする
    アクション
    • 製作年1947年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督ラオール・ウォルシュ
    • 主演ロバート・ミッチャム
  8. ミニヴァー夫人
    • D
    • 2.81
    「我等の生涯の最良の年」のウィリアム・ワイラーが、今次大戦に従軍する前に監督した映画で、1942年度アカデミー受賞作品である。ジャン・ストルーザーのスケッチを素材として、「心の旅路」の共同脚色者ジョージ・フローシェル、アーサー・ウインペリス、クローディン・ウェストと「心の旅路」の作者ジェームズ・ヒルトンの4人が脚本を書いた。撮影は「心の旅路」「ガス燈」のジョゼフ・ルッテンバーグが監督した。主演は「パーキントン夫人」「キューリー夫人」と同じくグリア・ガースンとウォルター・ピジョンで「我等の生涯の最良の年」「疑惑の影」のテレサ・ライト、「永遠の処女」のディム・メイ・ホイッティ、「心の旅路」のレジナルド・オーウェン、「聖メリーの鐘」のヘンリー・トラヴァース、「ボストン物語」のリチャード・ネイ、「十字軍」のヘンリー・ウィルコクスン、「小麦は縁」のライス・ウィリアム等が助演している。なおこの映画に関するアカデミー賞は、作品賞のほか、監督賞、脚色賞、撮影賞、主演女優賞、助演女優賞(テレサ・ライト)で、プロデューサーのシドニー・A・フランクリンはアーヴィング・サルヴァーグ記念賞を与えられた。

    ネット上の声

    • 見事な反戦映画がとどのつまりで戦意高揚映画に?
    • 呑気にバラなんか育ててんじゃねえよ
    • 戦争で消される貴賤と生まれる善悪
    • この映画が作品賞となる時代を思う
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1942年
    • 製作国アメリカ
    • 時間134分
    • 監督ウィリアム・ワイラー
    • 主演グリア・ガーソン
  9. ローズランド
    • E
    • 2.56
    ニューヨークのダンスホール“ローズランド”に集う人々の人間模様をオムニバス形式で描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・ティモシー・マーフィーとオットマール・ルドルフ、製作はイスマイール・マーチャント、監督は「カルテット」のジェームズ・アイヴォリィ、脚本はルース・プローワー・ジャブヴァーラ、撮影はアーネスト・ヴィンツ、音楽はマイケル・ギブソンが担当。出演はテレサ・ライト、ジェラルディン・チャップリン、リリア・スカラほか。

    ネット上の声

    • まったく前情報なしで見始め、オープニング、ダンスホールで多くの爺さん婆さんおっさ
    • ダンスホール「ローズランド」
    • 切なく哀しいけれど・・
    • テレサ・ライトの鏡の中のふたりからはじまって、どのエピソードも悲しくて寂しい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1977年
    • 製作国アメリカ
    • 時間104分
    • 監督ジェームズ・アイヴォリー
    • 主演テレサ・ライト
  10. クーパーの花婿物語
    • E
    • 2.17
    「砂漠の鬼将軍」のナナリー・ジョンソンが脚色を兼ねて1944年に製作した。原作はフロイド・デルとトーマス・ミッチェル「真昼の決闘」共作の舞台劇で「誰が為に鐘は鳴る」の故サム・ウッドの監督になる。撮影は「流刑の大陸」のジョン・サイツ、音楽は「東は東」のアーサー・ランジ。「外套と短剣」のゲイリー・クーパーと「生きるためのもの」のテレサ・ライトが主演し、以下「戦うロビンフッド」のアニタ・ルイズ、「三銃士(1948)」のフランク・モーガン、パトリシア・コリンジ、エドモンド・ブレオンなどが助演する。

    ネット上の声

    • 結婚式の日にほかの人との子供の父親になったりさらに別の人と結婚したりする無茶苦茶
    • シットコムの源流みたいな感じ?セリフ回しとか間に耐えられず挫折……
    • いきなりですが、何?この邦題???
    • クーパーのイクメン物語
    恋愛
    • 製作年1944年
    • 製作国アメリカ
    • 時間94分
    • 監督サム・ウッド
    • 主演ゲイリー・クーパー
    • 定額
    • レンタル
  11. 生きるためのもの
    • E
    「陽のあたる場所」のジョージ・スティーヴンスが制作、監督した恋愛ドラマ1952年作品。脚本は「追求」のドワイト・テイラー、撮影は「サムソンとデリラ」のジョージ・バーナズ、音楽は「対決(1951)」のヴィクター・ヤングの担当。

    ネット上の声

    • 地味ながら人物描写は観応えあり
    • オープニングが印象深い
    • ジョーン・フォンテインが手で顔を隠して眼だけ出しているジャケット写真に惹かれて、
    • ジョーン・フォンテインの美貌を堪能する映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国アメリカ
    • 時間89分
    • 監督ジョージ・スティーヴンス
    • 主演レイ・ミランド
  12. 征服者
    • E
    サム・カッツマンが製作し、リュウ・ランダースが監督に当たった色彩西部活劇1952年作品。脚本は「レッドスタリオン 荒原の凱歌」のロバート・E・ケントで、撮影はエリス・W・カーター、音楽はミッシャ・バカライニコフの担当。主演は「永遠のアンバー」のコーネル・ワイルドと「魅惑」のテレサ・ライトで、アルフォンゾ・ベドーヤ、リーザ・ファラディ、ユージン・イグレシアスらが助演する。

    ネット上の声

    • ロシア派とアメリカ派
    アドベンチャー(冒険)
    • 製作年1952年
    • 製作国アメリカ
    • 時間79分
    • 監督ルー・ランダース
    • 主演コーネル・ワイルド
  13. 13

    魅惑

    魅惑
    • E
    [山のロザンナ]と同じくサミュエル・ゴールドウィンが製作し、アーヴィング・レイスが監督した1949年映画。「河(1951)」のルーマー・ゴッデンの原作からジョン・パトリックが脚色した。撮影は「ヒット・パレード」の故グレッグ・トーランドで、これが遺作である。音楽は「我等の生涯の最良の年」と同じくヒューゴー・フリードホファ作曲、エミール・ニューマン監督である。主演は「打撃王」のテレサ・ライト、「銀の靴」のデイヴィッド・ニーヴン、「山のロザンナ」のファリイ・グレインジャー、「ジョルスン物語」のイヴリン・キースで以下ジェイスン・メドウス、「海の無法者」のフィリップ・フレンド、「砂漠の鬼将軍」のレオ・G・キャロル、「大編成」のシェパード・ストラドウィク等が助演する。
    • 製作年1949年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督アーヴィング・ライス
    • 主演デヴィッド・ニーヴン

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。