スポンサーリンクあり

全9作品。マチュー・カソヴィッツが出演した映画ランキング

  1. アメリ
    • S
    • 4.43
    パリ・モンマルトルを舞台に空想好きな女性アメリの日常と不器用な恋の行方をポップな映像とブラックユーモアを交えて描き、フランスのみならず日本でも大ヒットを記録したロマンティックコメディ。 幼い頃から空想の世界で過ごしてきたアメリは、そのまま大人になり、モンマルトルの古いアパートに1人で暮らしながらカフェで働いている。他人とのコミュニケーションは苦手だったが、偶然発見した宝箱を持ち主に返したことをきっかけに、誰かを少しだけ幸せにすることに喜びを見出すように。そんなある日、アメリは他人の証明写真を収集する不思議な青年ニノと出会い、恋心を抱く。 オドレイ・トトゥが主人公アメリを魅力たっぷりに演じ、「クリムゾン・リバー」など監督としても活躍するマチュー・カソビッツがニノ役で共演。監督は「デリカテッセン」のジャン=ピエール・ジュネ。2023年、ジュネ監督監修のデジタルリマスター版でリバイバル公開。

    ネット上の声

    • どこが魅力か分からない…
    •  さすがフランス映画!という場面が満載。ストーリーはちょっとおしゃ...
    • 独特な世界観!オドレイ・トトゥの魅力!
    • 「何か君って不思議」って言われて嬉しい
    恋愛
    • 製作年2001年
    • 製作国フランス
    • 時間120分
    • 監督ジャン=ピエール・ジュネ
    • 主演オドレイ・トトゥ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  2. ホロコースト -アドルフ・ヒトラーの洗礼-
    • C
    • 3.48
    ナチス親衛隊員・ゲルシュタインは、強制収容政策によりユダヤ人が毒ガスで処刑されるのを目撃する。軍人として正面から阻止できない彼は、事実を教会に告発するが黙殺されてしまう。ゲルシュタインは耳を傾けてくれた若き神父と、ある解決策を講じるが…。

    ネット上の声

    • ★ホロコーストーアドルフ・ヒトラーの洗礼
    • ゲルシュタイン報告→ニュルンベルク裁判
    • 余り知られていない事実
    • ◆自民党はナチスと一緒
    ホロコーストが舞台、 戦争
    • 製作年2002年
    • 製作国フランス,ドイツ,ルーマニア,アメリカ
    • 時間126分
    • 監督コスタ=ガヴラス
    • 主演マチュー・カソヴィッツ
  3. 裏切りの戦場 葬られた誓い
    • C
    • 3.10
    制圧した無抵抗な過激派を暴行・殺害した事実を政府が隠匿したことで、フランスの歴史の汚点とも言われる1988年のウベア島虐殺事件を、「クリムゾン・リバー」「バビロンA.D.」のマチュー・カソビッツが自ら監督、製作、脚本、主演を務めて映画化。88年4月22日、フランス領ニューカレドニアのウベア島で起こったカナック族の独立運動に対し、政府は国家憲兵治安部隊(GIGN)のフィリップ・ルゴルジュ大尉を交渉役として派遣する。ルゴルジュ大尉は平和的な解決策を模索するが、国内では対話路線と強硬派の意見が衝突。やがてルゴルジュ大尉の尽力もむなしく、政府から攻撃命令が下る。

    ネット上の声

    • 切り込みはいいが、踏み込みが浅く残念。
    • 問題の本質を理解しない製作者・主人公
    • (フランス)植民地の紛争と矛盾の深さ
    • 馬鹿丁寧に描き過ぎて、展開もっさり
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国フランス
    • 時間134分
    • 監督マチュー・カソヴィッツ
    • 主演マチュー・カソヴィッツ
  4. 負け犬の美学
    • D
    • 3.00
    「アメリ」でヒロインの相手役を演じたマチュー・カソビッツが、家族のために奮闘する落ち目のボクサーを熱演したフランス製ヒューマンドラマ。最盛期を過ぎた40代のプロボクサー、スティーブ。彼は愛する家族のため、そして自分自身の引き際のために、欧州チャンピオンの練習相手に立候補するが……。劇中のボクサー、エンバレク役には、WBA世界スーパーライト級王者のソレイマヌ・ムバイエを起用。監督はこれがデビュー作となるサミュエル・ジュイ。2017年・第30回東京国際映画祭コンペティション部門出品(映画祭上映時タイトル「スパーリング・パートナー」)。

    ネット上の声

    • 実在のボクサーにスポットを当てたものだが、問題だらけなのでボクシン...
    • 「人生の勝ち負けは自分次第」心に響きます
    • 中年ボクサーの拘りと納め方が切ないなぁ。
    • 観に行った自分が負け犬になってしまった
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国フランス
    • 時間95分
    • 監督サミュエル・ジュイ
    • 主演マチュー・カソヴィッツ
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  5. ハッピーエンド
    • D
    • 2.90
    「白いリボン」「愛、アムール」の2作連続でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した名匠ミヒャエル・ハネケが、難民が多く暮らすフランス北部の町カレーを舞台に、不倫や裏切りなどそれぞれに秘密を抱えた3世代の家族の姿を描いた人間ドラマ。建設会社を経営し、豪華な邸宅に3世代で暮らすロラン一家。家長のジョルジュは高齢のためすでに引退し、娘のアンヌが家業を継いでいた。アンヌの弟で医者のトマには、別れた前妻との子で13歳になる娘エヴがおり、両親の離婚のために離れて暮らしていたエヴは、ある事件をきっかけにトマと一緒に暮らすためカレーの屋敷に呼び寄せられる。それぞれが秘密を抱え、互いに無関心な家族の中で、85歳のジョルジュは13歳のエヴにある秘密を打ち明けるが……。「愛、アムール」で親子を演じたジャン=ルイ・トランティニャンとイザベル・ユペールが、今作でも家長のジョルジュと娘のアンヌをそれぞれ演じ、親子役で再共演。「少女ファニーと運命の旅」で主人公の妹を演じたファンティーヌ・アルドゥアンが、重要な役割を担う13歳のエヴに抜てきされた。

    ネット上の声

    • 孤独なふたりを惹きつける大きな秘密。
    • 皮膚がヒリヒリするような作品でした。
    • 現代社会への絶望をぶちまけた超傑作
    • しあわせな最期の来ないエンディング
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国フランス,ドイツ,オーストリア
    • 時間107分
    • 監督ミヒャエル・ハネケ
    • 主演イザベル・ユペール
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  6. カフェ・オ・レ
    • D
    • 2.77
    異人種間の三角関係を描くラヴ・コメディ。監督・脚本・主演は「憎しみ」「アサシンズ」で注目をあつめるフランスの気鋭マチュー・カソヴィッツで、彼の長編劇映画監督デビュー作。製作のクリストフ・ロシニョンと撮影のピエール・エイムは本作以降「憎しみ」「アサシンズ」でもカソヴィッツと組んだ。音楽はジャン=ルイ&マリー・ドールン。美術はピエール=アンドレ・ロセッテ。編集はコレット・ファルジアとジャン=ピエール・セーガル。衣裳はリディ・ボナール。共演はカソヴィッツの次作「憎しみ」にも出演したユベール・クンデとジュリー・モディシェ、同作で主演したヴァンサン・カッセル、さらに彼の実父ジャン=ピエール・カッセルが特別出演。パリ映画祭審査員特別賞を受賞。

    ネット上の声

    • 二人の男と一人の女
    • 女性にとっては夢のような話
    • 愛は色んな壁をも乗り越える
    • マチュー・カソヴィッツの負け犬の美学を観てたのとヤフオクとかで気になっていた作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1993年
    • 製作国フランス
    • 時間92分
    • 監督マチュー・カソヴィッツ
    • 主演ジュリー・モデュエシュ
  7. 天使が隣で眠る夜
    • D
    • 2.76
    アメリカの女流ミステリー作家、テリー・ホワイトの処女小説『真夜中の相棒』(邦訳・文春文庫)を現代のフランスを舞台に映画化、凝った構成と男たちの友情を越えた関係に独特の雰囲気を漂わす犯罪映画。監督は「死への逃避行」(父ミシェル・オーディアールと共同)、「バルジョーでいこう!」などの脚本家で、これが初監督作となるジャック・オーディアール。脚本はオーディアールと「インドシナ」のアラン・ル・アンリの共同。一時引退を表明した「トリコロール 赤の愛」の名優ジャン・ルイ・トランティニャンが初老の小悪党を、彼を追う初老のセールスマンを「インドシナ」のジャン・イアンヌが演じる。またトランティニャンと共に行動する青年を演ずるマチュー・カソヴィッツは監督として「憎しみ」などを発表している。ヤンヌの妻役で「北の橋」「彼女たちの舞台」のビュル・オジェが特別出演。

    ネット上の声

    • 純真な心が変化をもたらす
    • ジャックオーディアール監督デビュー作
    • やっと観ることができました。
    • 27歳のマチューカソヴィッツがマジ天使でワンコ
    サスペンス
    • 製作年1994年
    • 製作国フランス
    • 時間100分
    • 監督ジャック・オーディアール
    • 主演ジャン=ルイ・トランティニャン
  8. アサシンズ
    • E
    • 2.64
    老人・青年・少年という三世代の暗殺者の姿を鮮烈に描いたシリアス・ドラマ。監督・脚本・主演は「憎しみ」でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞したマチュー・カソヴィッツ。製作はカソヴィッツの盟友であり、トラン・アン・ユン監督作品でも知られるクリストフ・ロシニョン。共同脚本はニコラ・ブクリエフ。撮影はピエール・アイム(出演も)。音楽は「ファーゴ」などコーエン兄弟作品で知られるカーター・バーウェル。美術はフィリップ・シッフル。編集はカソヴィッツとヤニク・ケルゴー。衣裳はヴィルジニー・モンテル。共演は「ボーマルシェ フィガロの誕生」のミシェル・セロー、インターネットを通じて発見された新人メディ・ベノーファほか。

    ネット上の声

    • 殺し屋稼業の事業承継という漫画的設定なのに着地は社会派気取ってて、ややとっちらか
    • 人もモチーフも替わっていく展開が見事
    • カソヴィッツの視線
    • 後継者探し
    サスペンス
    • 製作年1997年
    • 製作国フランス,ドイツ
    • 時間130分
    • 監督マチュー・カソヴィッツ
    • 主演ミシェル・セロー
  9. 裏切りのスナイパー
    • E
    • 2.17
    「あるいは裏切りという名の犬」のダニエル・オートゥイユ、「アメリ」のマチュー・カソビッツ共演によるクライムアクション。とある銀行強盗団を追っていた刑事マテイは、次の犯行に関する情報をつかみ、現場を取り囲む。しかし逮捕目前と思われた瞬間、刑事たちは何者かによって狙撃され、犯人を取り逃がしてしまう。やがて、元軍人の狙撃手バンサンが仲間の密告により逮捕されるが……。「昼下がり、ローマの恋」「シチリア!シチリア!」など俳優としても活躍するミケーレ・プラチドがメガホンをとった。

    ネット上の声

    • 筋立ては面白いが個々に突っ込みどころあり
    • フィルム・ノワールもどき
    • 目的不明。
    • 何がメインのストーリーなのか解からない
    アクション
    • 製作年2012年
    • 製作国フランス,ベルギー,イタリア
    • 時間89分
    • 監督ミケーレ・プラチド
    • 主演ダニエル・オートゥイユ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。