スポンサーリンクあり

全19作品。ジョン・レノンが出演した映画ランキング

  1. ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート
    • S
    • 4.67
    世界的バンド「ザ・ビートルズ」伝説のラストライブパフォーマンス「ルーフトップ・コンサート」の模様を、IMAXシアターの巨大スクリーンと高音質サウンドで上映する音楽ドキュメンタリー。「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督が手がけ、全3話のドキュメンタリーとしてDisney+(ディズニープラス)で配信された「ザ・ビートルズ Get Back」にも収録されているルーフトップ・コンサートの映像を、IMAXシアターでの上映用にデジタルリマスターして最適化した。1969年1月30日、「Get Back(復活)」を掲げて集まったジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人が、名盤「レット・イット・ビー」に収録された名曲の数々を、ロンドンにあるアップル社のサビル・ロウ本社屋上でサプライズ披露した伝説のライブパフォーマンスが、時空を超えてスクリーンに映される。

    ネット上の声

    • 色々文句を言ってはいますが、結局のところ最高です。
    • 元気で生き生きしたビートルズに感動する!
    • ポールマッカートニーがカッチョ良かった
    • タイムスリップして伝説のLIVEに興奮❗️
    ドキュメンタリー
    • 製作年2022年
    • 製作国アメリカ
    • 時間65分
    • 監督ピーター・ジャクソン
    • 主演ジョン・レノン
  2. ザ・ビートルズ:Get Back
    • S
    • 4.64
    「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が、世界的ロックバンドの「ザ・ビートルズ」を題材に手がけたドキュメンタリー。特別に撮影許可を得たドキュメンタリークルーが残した57時間以上の未公開映像と150時間以上の未発表音源を、ジャクソン監督が3年の歳月をかけて復元・編集し、それぞれ約2時間の3つのエピソードで構成。ザ・ビートルズにとって最後のライブとなったロンドンの事務所ビル屋上での42分間の「ルーフトップ・コンサート」をノーカット完全版で収録するほか、最後の2枚のアルバム「アビイ・ロード」「レット・イット・ビー」に収録された14曲の制作過程を初公開。メンバー4人の深い絆や、彼らの素晴らしい音楽の全貌をひも解いていく。Disney+で2021年11月25、26、27日に3話連続配信。

    ネット上の声

    • ポールがアレンジしたアドリブセッション
    • 3部作にしてくれてありがとう
    • 名曲の誕生秘話にただただ感動
    • 念願叶った作品
    ドキュメンタリー
    • 製作年2021年
    • 製作国イギリス,アメリカ,ニュージーランド
    • 時間---分
    • 監督ピーター・ジャクソン
    • 主演ジョン・レノン
    • 定額
  3. ロックン・ロール・サーカス
    • B
    • 3.92
    ザ・ローリング・ストーンズが「ロックンロールとサーカスの融合」を目指して企画・製作・ホスト役を務め、1968年12月に撮影されながらも諸事情により1996年までお蔵入りとなった音楽映画。 歴史的名盤「べガーズ・バンケット」をリリースしたばかりのストーンズは、ミック・ジャガーが傑出したパフォーマンスを見せる「悪魔を憐れむ歌」など6曲を披露。リーダーでギタリストのブライアン・ジョーンズは本作を撮影した半年後に27歳の若さで急逝し、これがストーンズとしての最後のパフォーマンスとなった。さらに、本作のためにジョン・レノンがエリック・クラプトン、キース・リチャーズと組んだバンド、ザ・ダーティ・マックをはじめ、ザ・フー、マリアンヌ・フェイスフルら豪華ミュージシャンたちが参加。映画「ビートルズ レット・イット・ビー」のマイケル・リンゼイ=ホッグが監督を務めた。19年に制作された4Kレストア版で2022年8月に日本初劇場公開。

    ネット上の声

    • 脂の乗りきったミック・ジャガーの「悪魔の憐れむ歌」パフォーマンスだけでも見る価値
    • 昨日はジョージ・ハリスンの追悼ライブ「コンサート・フォー・ジョージ」見たけど今日
    • 大画面で見るキース・リチャーズの眼帯姿に惚れ惚れした ミック・ジャガーの動きと歌
    • サーカスの演目という感じで、ジョン・レノンやローリング・ストーンズが演奏する
    ドキュメンタリー
    • 製作年1996年
    • 製作国イギリス
    • 時間66分
    • 監督マイケル・リンゼイ=ホッグ
    • 主演ザ・ローリング・ストーンズ
  4. アバーヴ・アス・オンリー・スカイ
    • B
    • 3.72
    ジョン・レノンの名曲「イマジン」誕生にまつわる秘話をひも解くドキュメンタリー。ジョン・レノンとオノ・ヨーコが「イマジン」に行き着くまでのクリエイティブ面での道のりや、2人の独特な関係性を紹介する。「イマジン」の最初のデモなど、貴重な未公開の音源や映像を含むほか、ジョンとヨーコのアーカイブ映像、当人たちへの新旧さまざまなインタビューや、彼らを知る人物たちへの新たなインタビューも収められている。監督はニューヨーク時代のジョン・レノンに焦点をあてたドキュメンタリー「ジョン・レノン,ニューヨーク」のマイケル・エプスタイン。

    ネット上の声

    • あの伝説のアルバム『イマジン』がどう作られたかを通して、ジョン・レノンとヨーコ・
    • フィルムが撮影された当時の関係者のインタビューも交えた、かなり質の高いドキュメン
    • 小野ヨーコのことをあまり知らなかった
    • ジョンレノン好きな人はぜひ
    ドキュメンタリー
    • 製作年2018年
    • 製作国イギリス
    • 時間90分
    • 監督マイケル・エプスタイン
    • 主演ジョン・レノン
  5. ビートルズ/レット・イット・ビー
    • B
    • 3.69
    ビートルズの新曲Let It Beから題名を得た、ビートルズ主演映画の第三作。製作はニール・アスピネル、監督はマイケル・リンゼイ=ホッグ。撮影はトニー・リッチモンド、レス・パロット、ポール・ボンド、録音はピーター・サットン、ロイ・ミンゲイ、ケン・レナルズ、編集はトニー・レニーがそれぞれ担当。出演は「ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!」「HELP! 四人はアイドル」のビートルズのメンバー、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリソン、リンゴ・スター。

    ネット上の声

    • 全てはあるがままに… 彼らは間違いなく史上最高のアーティストだった!
    • ザ・ビートルズもイギリス市民もスタイリッシュだった
    • 最強ロッカーはジョン・レノンでしょうか?
    • 英リバプールの大学、「ビートルズ学」修士
    ドキュメンタリー
    • 製作年1970年
    • 製作国イギリス
    • 時間80分
    • 監督マイケル・リンゼイ=ホッグ
    • 主演ジョン・レノン
  6. 愛しのフリーダ
    • C
    • 3.63
    「ザ・ビートルズ」の秘書を務めていたフリーダ・ケリーが、ビートルズ解散後50年を経て初めて当時の仕事やメンバーとの交流を語ったドキュメンタリー。1961年、リバプール。17歳のフリーダはキャバーン・クラブの小さなステージで演奏している4人組と出会い、その音楽に衝撃を受ける。その後も何度もクラブへ通い、ファンとしてバンドメンバーとも親しくなったフリーダは、バンドマネージャーのブライアン・エプスタインから、バンドをマネージメントする会社の秘書に抜擢される。確実な仕事ぶりと親しみやすさで信頼を獲得していったフリーダは、やがてファンクラブの運営も任されるようになり、想像を超える早さで世界的スターへと成長するビートルズを影から支え、見守っていた。メンバーはもちろん、その家族からも慕われたフリーダが、ビートルズ解散後沈黙を守っていたのはなぜか、そして50年がたったいま当時を語る決意をしたのはなぜか、その心境や世界的ロックスターと過ごした青春の日々を明らかにする。

    ネット上の声

    • 史上最も愛しいビートルズ・ムービー
    • Working for the Beatles. メッチャいい人!
    • 映画館で見るといい
    • フリーダさんが素敵
    ドキュメンタリー
    • 製作年2013年
    • 製作国アメリカ,イギリス
    • 時間86分
    • 監督ライアン・ホワイト
    • 主演フリーダ・ケリー
    • レンタル
  7. イマジン/ジョン・レノン
    • C
    • 3.61
    80年12月8日狂信的なファンの凶弾に倒れたジョン・レノンの生涯を描くドキュメンタリー映画。製作はデイヴィッド・ウォルパー、共同製作・監督・脚本は「ジス・イズ・エルビス」のアンドリュー・ソルト、共同脚本はサム・イーガン、編集はバド・フリージェンが担当。オノ・ヨーコから提供された大半は未公開であるレノンの生前のフィルムやヴィデオを始めとしたインタヴュー・テープ、写真、作品を基に構成され、ナレーションはレノン自身からなる。作品はソングライターでありアーティストであるジョン・レノンの生涯--イギリス、リヴァプールでの不遇な少年時代から、史上最高のポピュラー・グループ、ビートルズの結成・解散、ポスト・ビートルズ時代、そして死の時までを、生前のレノンを最もよく知っていた人々であるオノ・ヨーコ、息子のジュリアンとション、先妻のシンシア、そしてレノンの叔母で彼の育ての親でもあるアーント・ミミたちのインタヴューによって浮き彫りにしてゆく。また自宅のスタジオや台所、ヨーコとの寝室にまで入りこむカメラの写し出す映像は、ミュージシャン、ソングライター、芸術家としてだけでなく、活動家、夫、父親としてのレノンのあらゆる側面を効果的に伝えてゆく。

    ネット上の声

    • むかーし、当時大好きだった子と観に行った映画
    • 少し長い感じでも良い記録映画
    • むかーし、観たらしい……
    • 永遠のロッカーそして詩人
    ドキュメンタリー
    • 製作年1988年
    • 製作国アメリカ
    • 時間104分
    • 監督アンドリュー・ソルト
    • 主演ジョン・レノン
    • レンタル
    • 定額
  8. HELP!四人はアイドル
    • C
    • 3.57
    マルク・ベームのストーリーを、彼とチャールズ・ウッドが脚色、「ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!」のリチャード・レスターが監督したビートルズ映画第二作。撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽監督はジョージ・マーティンで、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが作詞作曲した主題歌『ヘルプ』ほか六曲が挿入されている。出演はビートルズの四人、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョージ・ハリソンのほかに、英国演劇界のベテラン、レオ・マッカーン、舞台・TV出身のエリナー・ブロンなど。製作はウォルター・シェンソン。

    ネット上の声

    • ビートルズ版「スマXスマ」みたいなモノ。
    • 役者・リンゴ、最高のパフォーマンス!!
    • ザ・ビートルズの主演映画第2作目
    • ザ・ビートルズの出ている映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1965年
    • 製作国イギリス
    • 時間90分
    • 監督リチャード・レスター
    • 主演ザ・ビートルズ
  9. PEACE BED アメリカVSジョン・レノン
    • C
    • 3.45
    全世界に向けて反戦を訴えかけたミュージシャン、ジョン・レノンの真実に迫るドキュメンタリー。その絶大な影響力からニクソン政権に危険視されたジョンは、FBIによる監視や盗聴、さらに国外退去命令まで受けながら、それに屈することなく平和への想いを発信し続けた。オノ・ヨーコへのロングインタビューや関係者らの証言、さらに貴重な未公開映像などを通し、アメリカ政府とジョン・レノンの闘いの真相を明らかにしていく。

    ネット上の声

    • デヴィド・リーフ、ジョン・シャインフェルド監督作品
    • 第37代アメリカ大統領リチャードニクソン
    • ☆理想や希望を持って、何がいけないの?☆
    • ジョンが到達した境地を想像すると・・・
    ドキュメンタリー
    • 製作年2006年
    • 製作国アメリカ
    • 時間99分
    • 監督デヴィッド・リーフ
    • 主演ジョン・レノン
  10. ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!
    • C
    • 3.35
    イギリスが世界に誇るバンド「ザ・ビートルズ」の主演映画。1964年に製作・公開され、メンバー全員が20代前半だった若かりし日のビートルズの4人が本人役で登場。「ア・ハード・デイズ・ナイト」「アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン」「シー・ラヴズ・ユー」など、ビートルズの楽曲にのせて、彼らが送る生活を描いた。熱狂的なファンに追いかけられながらコンサート会場とホテルを行き来して仕事をしているビートルズ。そんな彼らの前にある日、悪戯好きなポールの祖父が現れ、何かとトラブルが続出するように。そしてある時、公開テレビ番組でのライブ収録があるにもかかわらず、ポールの祖父にそそのかされたリンゴが姿を消してしまい……。日本では64年の初公開時に「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」の邦題がつけられた。その後、幾度かのリバイバル公開を経て、2000年のデジタルリマスター版から「ハード・デイズ・ナイト」に改められる。19年11月にも、公開55周年を記念してリバイバル上映。

    ネット上の声

    • ストーリー的には結構つまらなかったし、イギリス的なギャグセンスも理解できずキツか
    • 当然英国盤公式アルバムのサントラは持ってるんだけど、全然配信もないし映画は見たこ
    • 昔見たはずだが、自分が好きな時期に注目した映画じゃないのであんまり覚えていない
    • ビートルズファンの当時の熱狂振り、キラキラしたメンバーたち、貴重な映像
    音楽
    • 製作年1963年
    • 製作国イギリス
    • 時間87分
    • 監督リチャード・レスター
    • 主演ザ・ビートルズ
  11. THE BEATLES/シェアスタジアム
    • C
    • 3.26
    1965年8月15日、音楽史上初のマンモス球場(シェアスタジアム)で、ザ・ビートルズの大野外コンサートが開催された。5万6千人以上の観客の前で『ヘルプ』『涙の乗車券』等10メロディーが演奏されるライブ・ドキュメンタリー。製作はボブ・プレッチェ、撮影はアンドリュー・ラズロ、編集はシドニー・カッズとアーリン・ガーソンが各々担当。

    ネット上の声

    • ファブフォーの絶頂期
    • スタジオに籠もる直前のビートルズ
    • 観客の興奮にも更に真摯な演奏の4人の若者たち、強烈で爽やかな曲の数々、素晴らしい
    • 熱狂的なファン達は、ビートルズというコンテンツに絶叫し、興奮しているように見え、
    ドキュメンタリー
    • 製作年1965年
    • 製作国イギリス
    • 時間44分
    • 監督---
    • 主演ザ・ビートルズ
  12. 愛と平和への祈り/ジョン・レノン&オノ・ヨーコ
    • D
    • 3.10
    ドキュメンタリー
    • 製作年2000年
    • 製作国カナダ
    • 時間52分
    • 監督ポール・マクグラス
    • 主演ジョン・レノン
  13. ジョン・レノン,ニューヨーク
    • D
    • 3.06
    「ザ・ビートルズ」のジョン・レノンと、レノンがニューヨークで暮らした1970年代にフォーカスをあてたドキュメンタリー。レノンは、ベトナム戦争下で反戦運動が広がりをみせていた1971年9月にニューヨークへ移住。80年12月に凶弾に倒れるまで9年間を同地で過ごした。オノ・ヨーコの全面的な協力・監修のものと、本人のインタビュー映像やアルバム収録曲の未発表テイクやデモトラック、ヨーコへの最新インタビュー、秘蔵映像を盛り込む。

    ネット上の声

    • 何年経っても偉大なロックンローラー
    • アメリカでのレノンの軌跡の全てが
    • 当時のジョンと当時と今の仲間達
    • 映画じゃなくドキュメンタリー
    ドキュメンタリー
    • 製作年2010年
    • 製作国アメリカ
    • 時間115分
    • 監督マイケル・エプスタイン
    • 主演ジョン・レノン
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  14. ポップ・ギア
    • D
    • 2.97
    ポピュラー・音楽界の新しい波“リバプール・サウンド”を紹介するフレデリック・グードが監督した長編音楽記録映画。撮影はジョフリー・アンスワート、振付はレオ・カーリビアンが担当した。製作はハリー・フィールド。題名の「ポップ・ギア」はこの映画の司会をするジミー・サビルの有名なディスク・ジョッキー番組名である。イーストマンカラー・テクニスコープ。

    ネット上の声

    • ブリティッシュ・ビートの黄金期
    ドキュメンタリー
    • 製作年1964年
    • 製作国イギリス
    • 時間70分
    • 監督フレドリック・ゴード
    • 主演ザ・ビートルズ
  15. ビートルズとインド
    • D
    • 2.83

    ネット上の声

    • 夜明けの首都高走りゆく
    • 観たことある映像が多いし、インタビュー相手はビートルズと関係が薄い単なる目撃者的
    • 面白かった!わかってはいた内容だけど、あとやっぱりつくづく思うけど、他の国の文化
    • 今まで、「ホワイトアルバムの楽曲はインドで作られた」くらいの知識しかなかったので
    ドキュメンタリー
    • 製作年2021年
    • 製作国イギリス
    • 時間96分
    • 監督アジョイ・ボーズ
    • 主演ジョージ・ハリソン
  16. 時を数えて、砂漠に立つ
    • E
    • 2.67
    カメラを持って日常をスケッチし続けるジョナス・メカスの映画日記の第3部で、125のスケッチから構成される。撮影期間は1969年から1984年、ニューヨークを中心に行なわれている。画面に登場するのは、60年代の代表的歌手であるジョン・レノン、天才アーティストのアンディ・ウォーホル、埋葬される父親に別れの敬礼をする後ろ姿が捉えられるジョン・F・ケネディ・ジュニアなど。さらに、ウィットニー美術館でのウォーホルとアンリ・ラングロアの出会い、ハドソン河の船旅に参加したそうそうたるメンバーの芸術家たちのピクニック、フルクサスの欧州における最後の回顧展で公衆電話を使った有名なストリート・パフォーマンス。フリースクールで歌うギンズバーグ、オノ・ヨーコの娘で71年に7歳で失踪した京子のその直前の姿、死の3カ月前に行なわれたジョージ・マチューナスの“世紀のパフォーマンス”など、様ざまな人物や出来事がドキュメントされる。

    ネット上の声

    • 昼下がり、どこかの庭でそっくりなお婆ちゃんとまだ歩くのもおぼつかない孫が椅子に並
    • 年代記であり、都市の記録であり、ホームフィルムの集積でもある
    • 封切時、まだ四谷にあったイメージフォーラムで鑑賞
    • 輸入盤DVDからの鑑賞
    ドキュメンタリー
    • 製作年1985年
    • 製作国アメリカ
    • 時間150分
    • 監督ジョナス・メカス
    • 主演ジョン・レノン
  17. ジョン・レノン・スウィート・トロント
    • E
    • 2.64

    ネット上の声

    • やはり、邪魔なんだけど
    • 1969年9月13日トロント・バーシティ・スタジアムにて行われたロックン・ロール
    • ジョン (‥‥とヨーコ)とクラプトンらの 1969年カナダ トロントでのコンサー
    • 前半1/3のボディドリー、ジェリーリールイス、チャックベリー、リトルリチャードは
    ドキュメンタリー
    • 製作年1989年
    • 製作国アメリカ
    • 時間57分
    • 監督ピーター・ニール
    • 主演ジョン・レノン
  18. THE BEATLES/マジカル・ミステリー・ツアー
    • E
    • 2.47
    マジカルミステリーツアー。ザ・ビートルズの解散前に作られた彼らの最後の作品。リンゴがジェシー(ジェシー・ロビンズ)を奇妙なバス旅行に招待した事から、次々に起こる奇妙なファンタジーの世界。音楽を聴覚でなく視覚で感じさせるシーンが展開している。曲は『ユア・マザー・シュッド・ノウ』『アイ・アム・ザ・ウォルラス』『ブルー・ジェイ・ウェイ』『フライング』等。製作・監督・音楽はザ・ビートルズ、撮影はリチャード・スターキィ(リンゴ・スター)が各々担当。出演はザ・ビートルズ(ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリソン、リンゴ・スター)、ジェシー・ロビンズなど。

    ネット上の声

    • テレビ初放送時はモノクロでした。
    • ブライアン亡き後のビートルズ。
    • 世界初の音と映像の融合作品
    • 新春ROCK伝説①~ビートルズ
    ドキュメンタリー
    • 製作年1967年
    • 製作国イギリス
    • 時間50分
    • 監督ザ・ビートルズ
    • 主演ザ・ビートルズ
  19. ジョン・レノンの 僕の戦争
    • E
    • 2.27

    ネット上の声

    • 後で気がつく動機は、きっと良い動機だ・・
    • 「ナック」や「ヘルプ」、スウィンギング・ロンドンとビートル映画で、ポップカルチャ
    • イギリス的な言い回しが炸裂してるのはわかるけど、ほとんど意味はわからなかったかな
    • ジョン・レノンはとくにメインキャラクターというわけではなく、何人かの下っ端のひと
    戦争
    • 製作年1967年
    • 製作国イギリス
    • 時間109分
    • 監督リチャード・レスター
    • 主演マイケル・クロフォード

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。