全16作品。市川染五郎が出演した映画ランキング

  1. ゲキ×シネ「朧の森に棲む鬼」

    ゲキ×シネ「朧の森に棲む鬼」
    評価:S4.31
    いにしえの神々がすむ神秘の森で、悪に心を奪われたライ(市川染五郎)の目の前に、突然森の魔物“オボロ”たちが現れる。ライは命と引き換えに国王になる野心をかなえてやるという“オボロ”との取引に応じた。ホラや大言が流れ出る彼の口先と同様によく動く一本の剣を授かったライを待ち受けるのは、領土を奪い合う激しい戦だった。

    ゲキ×シネ

    ネット上の声

    これは凄い
    何だ!このワクワク感!これは黒澤映画だ!
    「高麗屋!」と思わず声をかけたくなります
    長いの苦手な自分も、観いちゃいました!
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:江戸洋史
    主演:市川染五郎
    1
  2. ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」

    ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」
    評価:S4.12
    日本の演劇界をリードする劇団☆新感線が市川染五郎や天海祐希らを迎え、2003年に行った芝居を映像化。初のテスト上映となった映画館で観る演劇、ゲキ×シネの原点ともいえる一作で、愛憎のドラマが展開する。

    ゲキ×シネ

    ネット上の声

    阿修羅城の瞳。天海祐希さんが大好き。
    見るほどに美しく、切ない。
    いい音だ
    製作年:2015
    製作国:日本
    主演:市川染五郎
    2
  3. シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ

    シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ
    評価:A4.06
    赤穂浪士が江戸城への討ち入りを果たし、あだ討ちが流行していたころ。近江の国、粟津藩では、研屋あがりの武士・守山辰次(中村勘三郎)が世渡りのうまさで、ほかの武士たちのひんしゅくを買っていた。ある日、辰次が家老の市郎右衛門(坂東三津五郎)にいたずらをしたところ、その家老が息を引き取ってしまい……。

    シネマ歌舞

    ネット上の声

    失礼して『あっぱれ』と言わせてください。
    勘三郎さんのエネルギーが爆発してます!
    もっと地方でも見れると良いのですが。
    見逃した名舞台を観ることができる幸せ
    製作年:2007
    製作国:日本
    主演:中村勘三郎
    3
  4. シネマ歌舞伎 東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖

    シネマ歌舞伎 東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖
    評価:A4.03
    2017年8月に歌舞伎座で上演された舞台を映像化した、シネマ歌舞伎シリーズの第31弾。市川染五郎(現・松本幸四郎)、市川猿之助がふんする迷コンビが、奇想天外な事件に巻き込まれる。

    シネマ歌舞

    ネット上の声

    目からうろこ‼
    時代劇なのに現代風?
    ああ愉快
    大人の視聴にはかなりキビシイものあり...
    製作年:2018
    製作国:日本
    主演:市川染五郎
    4
  5. シネマ歌舞伎 東海道中膝栗毛 (やじきた)

    シネマ歌舞伎 東海道中膝栗毛 (やじきた)
    評価:A3.95
    2016年の八月納涼歌舞伎として歌舞伎座で上演され、市川染五郎と市川猿之助が弥次喜多にふんした舞台を映像化した、シネマ歌舞伎シリーズ第27弾。お伊勢参りに行くはずの弥次郎兵衛と喜多八がなぜか2人の子供と合流、ラスベガスにたどり着いたり、怪奇現象に遭遇したりといった珍道中を繰り広げる。

    シネマ歌舞
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:浜本正機
    主演:市川染五郎
    5
  6. ゲキ×シネ「髑髏城の七人〜アオドクロ」

    ゲキ×シネ「髑髏城の七人〜アオドクロ」
    評価:A3.95
    織田信長が倒れて8年後の天正18年、天魔王と名乗る首魁率いる“関東髑髏党”が 関東平野を支配し、豊臣秀吉の天下統一を阻んでいた。彼らに追われる沙霧(鈴木杏)を助けた狸穴二郎衛門(ラサール石井)と玉転がしの捨之介(市川染五郎)は、彼女を色街無界の里にかくまう。やがて、沙霧を追ってきた髑髏党が色街を襲撃し……。

    ゲキ×シネ

    ネット上の声

    髑髏城の七人〜アオドクロ@T・ジョイ京都
    アカ×アオ 比べる贅沢!
    ライブを見たが再度思い出しました
    私は演出が好きよ。。感動します
    製作年:2005
    製作国:日本
    主演:市川染五郎
    6
  7. シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下

    シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下
    評価:B3.71
    歌舞伎の舞台を映画館でデジタル上映する「シネマ歌舞伎」シリーズ第33弾。坂口安吾の「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」をベースに、安吾作品のエッセンスを盛り込み完成させた、野田秀樹の戯曲「贋作 桜の森の満開の下」。1989年の初演以来、92年、2001年と再演を重ね、2018年にも上演された野田の代表作の一つを、2017年8月に歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」で野田自身の演出で歌舞伎版として上演。十八世中村勘三郎と野田秀樹が歌舞伎版の上演企画をあたためてきた作品に、中村勘九郎、市川染五郎(現・松本幸四郎)、中村七之助らが顔をそろえた舞台をスクリーン上映。

    シネマ歌舞

    ネット上の声

    坂口安吾が元ネタだったのでさぞ文学的で小難しい演出なのかと思いきや...
    面白くない
    シネマ歌舞伎の最高傑作
    製作年:2019
    製作国:日本
    主演:中村勘九郎
    7
  8. 今度の日曜日に

    今度の日曜日に
    評価:C3.52
    韓国から日本に留学したヒロインが、3つの仕事を掛け持ちして働く男性と心を通わせ、互いに成長していく人間ドラマ。国籍も年齢も異なり、まったく接点のなかった二人の交流を『ここに、幸あり』のけんもち聡監督が温かなタッチで描き出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    “人のぬくもり”を体感してみませんか?
    ほんわかします。
    そんな日曜日
    優しい空気
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:けんもち聡
    主演:市川染五郎
    8
  9. 蝉しぐれ

    蝉しぐれ
    評価:C3.43
    江戸時代の東北の海坂藩。下級藩士の牧文四郎(市川染五郎)の父(緒形拳)は、藩の派閥抗争に巻き込まれ、冤罪によって切腹を命じられた。以後、文四郎は謀反をおこした父の子として数々の試練にさらされるが……。

    時代劇

    ネット上の声

    藤沢さんのラストシーンが好きです。
    故、緒形拳を偲ぶに相応しい作品
    原作を読まずに行きました。
    やっぱり比較しちゃいますね
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:黒土三男
    主演:市川染五郎
    9
  10. シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど

    シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど
    評価:C3.38
    江戸時代の大江戸。くさや汁を浴びた死人が“ぞんび”として生き返る事態が発生し、人間にかみついては増え続ける“ぞんび”に江戸の町は大騒ぎ。そんな中、くさやの名産地・新島出身の半助(市川染五郎)は、くさや汁を体に塗ることで彼らを従わせることに成功し、“ぞんび”を働かせる人材派遣会社“はけんや半助”を起業する。

    シネマ歌舞

    ネット上の声

    歌舞伎も面白いかも
    大江戸りびんぐでっど@MOVIX京都
    シネマというには無理がある
    笑えて、ノリの良い歌舞伎
    製作年:2010
    製作国:日本
    主演:市川染五郎
    10
  11. 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿

    相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿
    評価:D3.14
    爆弾テロ予告が起こった東京ビッグシティマラソン。鑑識課員の米沢(六角精児)は、マラソン大会の参加者の中に自分の逃げた女房を見つける。特命係の右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)がテロの犯人を追う中、米沢は逃げた女房と思われる女性の死体が発見されたという知らせを受けるが……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    米沢さんは頑張ってるんだけど…
    ストーリー的にはOK!でもビジュアル的にはどぉ~よ(笑)
    悪いとはいいませんが、すごくいいという感じでもなかった
    人はそれぞれにドラマがあり人生があります。
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:長谷部安春
    主演:六角精児
    11
  12. 阿修羅城の瞳

    阿修羅城の瞳
    評価:D2.96
    文化文政の江戸の町には人の姿を借りた魔物が潜んでいた。そんな魔物退治のために結成されたのが、「鬼御門」という組織。かつて鬼御門で「鬼殺し」と怖れられる腕利きだったが、今は舞台役者として活躍していた病葉出門(市川染五郎)は、ある日つばき(宮沢りえ)という女と出会う。

    時代劇

    ネット上の声

    観客の空想についていけていない
    「今度こそ最後まで…イかせて」
    寝ちゃって見返しました
    「おもしれえ!面白すぎる!」と言う南北(小日向文世)が面白すぎた
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:滝田洋二郎
    主演:市川染五郎
    12
  13. 竜馬がゆく

    竜馬がゆく
    評価:E0.00


    時代劇

    ネット上の声

    越前の大名松平の開国啓蒙
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:松原信吾
    主演:市川染五郎
    13
  14. シネマ歌舞伎 身替座禅

    シネマ歌舞伎 身替座禅
    評価:E0.00
    東京・歌舞伎座で2009年12月に上演された、中村勘三郎と坂東三津五郎による狂言舞踊を映像化。愛人にうつつを抜かす大名の山蔭右京を勘三郎、右京を深く愛する妻を三津五郎が愛嬌(あいきょう)たっぷりに演じ、浮気者の夫と妻とが繰り広げる喜劇が描かれる。

    シネマ歌舞

    ネット上の声

    日本が先導したODSが破壊されました。
    勘三郎の演技が破壊された作品です。
    やはり今回の作品も駄目でした。
    今回も駄目だったシネマ歌舞伎
    製作年:2010
    製作国:日本
    主演:中村勘三郎
    14
  15. シネマ歌舞伎 女殺油地獄(幸四郎)

    シネマ歌舞伎 女殺油地獄(幸四郎)
    評価:E0.00
    歌舞伎の舞台を映画館でデジタル上映する「シネマ歌舞伎」シリーズ第34弾。2011年にもシネマ歌舞伎化された近松門左衛門の世話物「女殺油地獄」を、今度は18年7月に大阪松竹座で十代目松本幸四郎襲名披露公演として上演された舞台をスクリーン上映。油屋の次男・与兵衛は放蕩三昧の挙句、借金で親から金を巻き上げようとし、家族にまで手をあげる始末。業を煮やした母から勘当を迫られた与兵衛は家を飛び出してしまう。あてもなくさまよう与兵衛が向かった先、それは同業の油屋の女房・お吉のもとだった。

    シネマ歌舞
    製作年:2019
    製作国:日本
    主演:市川染五郎
    15
  16. シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉

    シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉
    評価:E0.00
    2015年7月に新橋演舞場で上演された「歌舞伎NEXT 阿弖流為」の模様を収録。平安初期に大和朝廷軍と戦った蝦夷の族長をモデルに、彼らの運命をドラマチックに描く。

    シネマ歌舞

    ネット上の声

    阿弖流為、30分前で満席!?
    歌舞伎ファンじゃないのに満足度今年一番!
    舞台でなくても、凄まじい立ち回りです♪
    ヤマトとエミシの共存をめざす田村麻呂
    製作年:2016
    製作国:日本
    主演:市川染五郎
    16

スポンサードリンク