全3作品。シン・シューフェンが出演した映画ランキング

  1. 悲情城市

    悲情城市
    評価:A4.04
    ヴェネチア国際映画祭(1989年・金獅子賞)1945年の日本の敗戦と台湾からの撤退に始まり、1949年蒋介石の国民党政府が台北を臨時首都と定めるまでの激動の4年間を、林家の長老、阿祿とその息子たちの姿を通して描いた一大叙事詩。台湾が日本統治から解放された日、長男・文雄は男の子をもうけ、祖国解放の喜びをこめて彼を光明と命名する。一方、四男の文清は郊外の町で写真館を営んでいるが、彼は耳と口が不自由で会話はすべて筆談。しかし同居している寛栄という教師の妹・寛美と深く愛し合うようになる。だが彼らにとって解放を喜びあえる日々は、そう長くはなかった。大陸を追われた国民党が台北にやって来て、台湾人を抑圧し始める。文清は抵抗運動を夢見て、どこかへ逃げ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    年を経て改めて鑑賞するということ
    にじみ出る「諦念」にも似た感覚
    台湾の歴史に興味を持ちました。
    心の中に静かな余韻が残ります
    製作年:1989
    製作国:台湾
    監督:ホウ・シャオシェン
    主演:トニー・レオン
    1
  2. 恋恋風塵(れんれんふうじん)

    恋恋風塵(れんれんふうじん)
    評価:A4.01
     候孝賢の監督による、清楚で瑞々しい青春ラブ・ストーリー。鉱山の村で育った幼なじみの阿遠と阿雲は共に貧しい家計を助けるため、中学卒業後、台北に出て働く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ただ思い続けるだけの愛では世の中不十分。
    その恋は透き通って美しい
    純愛と時の経過と老人
    「電車と映画」の映画
    製作年:1987
    製作国:台湾
    監督:ホウ・シャオシェン
    主演:ワン・ジンウェン
    2
  3. 童年往事/時の流れ

    童年往事/時の流れ
    評価:A3.89
     中国から台湾に移住した“外省人”である阿孝の両親は、彼を生み育てたこの地で、『大陸反攻』(本土の争奪)を信じながら、相次いで病死してしまう。祖母や兄姉と暮らす阿孝は、荒れた生活を送り、事件も起こすが、やがて新たな現実に目覚め、両親たちとは違う“台湾人”としてのアイデンティティを獲得していく……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    台湾行きたいワン!
    コミュニティの中心にある木
    家族の思いがあふれる
    生業
    製作年:1985
    製作国:台湾
    監督:ホウ・シャオシェン
    主演:ユー・アンシュン
    3

スポンサードリンク