スポンサーリンクあり

全20作品。マリリン・モンローが出演した映画ランキング

  1. お熱いのがお好き
    • A
    • 4.17
    偶然殺人事件を目撃してしまった2人の男は、追われる身に。カツラと化粧を施し女性バンドの中に潜り込み、ギャングの目を欺こうとする。名優ジャック・レモンとトニー・カーティスの女装をよりナチュラルに見せるため、モノクロで撮影された。「七年目の浮気」製作終了後、「もう2度とマリリンとは仕事をしない」と公言していたビリー・ワイルダーだったが、彼女の起用により「I wanna be loved by you」のミュージックシーンなど記憶に残る名場面が生まれた。

    ネット上の声

    • スリルあり、ドタバタあり、ロマンスあり!
    • 今でも、よく深夜にやってるよね・・・
    • 名人たちの作り上げた喜劇の最高峰!
    • 《午前十時》おもしろいのがお好き
    コメディ
    • 製作年1959年
    • 製作国アメリカ
    • 時間121分
    • 監督ビリー・ワイルダー
    • 主演ジャック・レモン
    • 定額
  2. マリリン・モンローの世界
    • C
    • 3.60
    この映画は62年に36歳を一期として、あっけなく消えていったグラマースターM・Mの光り輝いた軌道をもう一度ふり返ってみる思い出の作品。左記の彼女の代表作の抜粋と彼女の歌と踊りにしぼった数々の華やかな場面を収録編集した。最後は制作なかばでお流れとなった彼女の最後の出演作「女房は生きていた」の数場面で、ここに出てくる彼女のひときわ美しい最後の姿は、われわれの胸を打つものがある。フィナーレは「紳士は金髪がお好き(1953)」の中に出てくる華麗なダンス・ナンバーで、この映画の中の最大アトラクションとなっている。なお、この作品には俳優ロック・ハドソンが出演し解説をしているが、彼が受け取ったギャラの一部はマリリン・モンロー記念基金に寄付された。この基金はモンローが生前親しくしたニューヨーク・ステュディオのリー・ストラスバーグが新人養成のため設立したものである。
    ドキュメンタリー
    • 製作年1963年
    • 製作国アメリカ
    • 時間83分
    • 監督ヘンリー・コスター
    • 主演マリリン・モンロー
  3. 人生模様
    • C
    • 3.46
    O・ヘンリーの短篇5つを、それぞれ異ったスタッフ、キャストにより映画化したオムニバス1953年作品で、5篇を通じて製作はアンドレ・ハキム、音楽は「栄光何するものぞ」のアルフレッド・ニューマン担当。なお小説家ジョン・スタインベック(「革命児サパタ」の脚本)が解説を入れている。 <第1話 警官と聖歌> 監督は「ハーヴェイ」のヘンリー・コスター、脚色は「征服への道」のラマー・トロッティ、撮影はロイド・エイハーンの担当。主演は「パラダイン夫人の恋」のチャールズ・ロートン、「ナイアガラ」のマリリン・モンロー、「アダム氏とマダム」のデイヴィッド・ウェインで、トーマス・ブラウン・ヘンリー、リチャード・カーランらが助演する。 <第2話 クラリオン・コール新聞> 「ナイアガラ」のヘンリー・ハサウェイが監督し、脚色も「ナイアガラ」のリチャード・ブリーン、撮影はルシエン・バラードの担当。主演は「嵐を呼ぶ太鼓」のデール・ロバートソンと「死の接吻(1947)」のリチャード・ウィドマークで、ジョイス・マッケンジー、リチャード・ロバー、ウィル・ライトらが助演する。 <第3話 残った葉> 監督は「嵐を呼ぶ太鼓」のジーン・ネグレスコ、脚色は「艦長ホレーショ」のアイヴァン・ゴッフとベン・ロバーツ、撮影は「ナイアガラ」のジョー・マクドナルドの担当。主演は「イヴの総て」のアン・バクスター、「ナイアガラ」のジーン・ピータース、「イヴの総て」のグレゴリー・ラトフの3人、リチャード・ギャリック、スティーヴン・ジェレイらが助演。 <第4話 酋長の身代金> 監督は「果てしなき蒼空」のハワード・ホークス、脚色は「クーパーの花婿物語」のナナリー・ジョンソン、撮影はミルトン・クラスナー(「イヴの総て」)の担当。主演はラジオ、テレビの芸人フレッド・アレンと「巴里のアメリカ人」のオスカー・レヴァント、リー・アーカー、アーヴィング・ベーコンらが助演する。 <第5話 賢者の贈物> 「キリマンジャロの雪」のヘンリー・キングが監督し、脚色は「ロッキーの春風」のウォルター・バロック、撮影は第3話のジョー・マクドナルドの担当。主演は「一ダースなら安くなる」のジーン・クレインと「見知らぬ乗客」のファーリー・グレンジャー、フレッド・ケルシー、シグ・ルーマンらが助演する。

    ネット上の声

    • 底辺で生きるモンロー
    • 以外にしっかりした短編ですが
    • オー・ヘンリーの短編小説原作のオムニバス
    • 何度でも見たくなる素晴らしい映画です
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1952年
    • 製作国アメリカ
    • 時間117分
    • 監督ヘンリー・コスター
    • 主演チャールズ・ロートン
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  4. 荒馬と女
    • C
    • 3.19
    離婚都市と呼ばれるリノに訪れた美しい女性ロザリン。離婚直後の彼女はカウボーイのゲイ、そして自動車修理工のギドと知り合う。ふたりの男はロザリンに心を奪われてしまう。ゲイの友人パースも加わり、一行は砂漠へ野馬狩りに出発する。馬と人間の壮絶な闘いを見たロザリンはそれを止めようとするが……。作家アーサー・ミラーが自身の戯曲を脚色し、新たにモンローのための役を加えた。この撮影終了後まもなく、クラーク・ゲイブルが他界。彼の遺作となった。

    ネット上の声

    • 顔ぶれは豪華だが内容は陳腐。マリリンの演技がわざとらしく周りからも...
    • 『数が少ないほど、残酷に見える』『男の世界に女は要らない』
    • 本来ならモンローの転機になったであろう…
    • 揺れるモンローの尻 見つめるゲーブル
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1961年
    • 製作国アメリカ
    • 時間124分
    • 監督ジョン・ヒューストン
    • 主演クラーク・ゲイブル
    • レンタル
  5. 紳士は金髪がお好き
    • C
    • 3.13
    マリリン・モンローとジェーン・ラッセルが主演を務め、それぞれ理想の相手を探す2人のショーガールが巻き起こす恋愛騒動を描いたミュージカル映画。1920年代、大恐慌前のニューヨーク。人気ショーガールのローレライとドロシーは、正反対の性格だが親友同士だった。お金持ちとの結婚を夢見るローレライは、富豪の御曹司ガスと結婚式を挙げるため、豪華客船でパリへ向かうことに。しかしガスの父親が2人の結婚に猛反対し、ガスは船に乗れなくなってしまう。しっかり者のドロシーをお目付け役に、船に乗り込むローレライだったが……。アニタ・ルースの原作小説は1928年にも映画化されているが、本作は1949年初演の舞台ミュージカルを、名匠ハワード・ホークスが映画化したもの。ヒット曲「ダイヤモンドは女の子の一番の友だち」をモンローが歌い踊る場面は、後にマドンナがミュージックビデオでオマージュしたことでも知られる。

    ネット上の声

    • M・モンローの魅力全開。 最初は顔を見て「そうでもないやん」と思い...
    • マリリンの歌と踊り、衣装全てが可愛い!
    • マリリン・モンローが愛され続ける理由
    • モンローの可愛らしさが全て!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督ハワード・ホークス
    • 主演マリリン・モンロー
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  6. モンタン、パリに抱かれた男。
    • D
    • 3.10
    戦後フランスを代表する大スターであり、91年に他界したイヴ・モンタンの伝記ドキュメンタリー。モンタンの自伝『Tu vois Je n'ai pas oubli氏x(名曲『枯葉』の一節。邦訳は『イヴ・モンタン ぼくの時代―パリに抱かれて』で、文藝春秋社刊)をもとに、この本の基になった60時間におよぶインタビュー・テープに遺されたモンタン自身の声と、出演映画、コンサートの記録、ニュースフィルムなど彼と直接/間接に関係するさまざまな映像を構成して、彼の70年の生涯を浮き彫りにしていく。監督はモンタンの盟友コスタ・ガヴラスの「Z」「告白」などに参加し、主にテレビで活躍するジャン・ラビブ。製作はミシェル・ロトマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはT・セラル。原作の自伝の共著者であるエルベ・アモンとパトリック・ロトマンが脚本を担当。モンタンとシモーヌ・シニョレの旧居などの追加映像の撮影はジャン・ジャック・フロリ、音楽構成はジャン・ルイ・ヴァレロ、編集はベルナール・ジョッセ、録音はヤニック・シュヴァリエがそれぞれ担当。使用されるモンタンの歌は『パリで』、『枯葉』などの代表作をはじめ、フランスの国民的愛唱歌『さくらんぼの実のなるころ』、恋人エディット・ピアフの持ち歌だった『君は誰にも似ていない』、それに『ルナ・パーク』、『ラ・ミレット』、『ベラ・チャオ』などなど。引用される映画は実質上のデビュー作であり、プレヴェール・コスマの『枯葉』と出会った映画でもある『夜の門』(V)、アメリカに進出しマリリン・モンローとの恋愛が話題になった「恋をしましょう」、名作メロドラマ「夕なぎ」、政治性の強い題材を節度をもって演じ、単なる歌う二枚目スターから脱皮して名優として深い尊敬を集めるに至った「戦争は終った」「告白」「Z」など、代表作の数々から、晩年の「想い出のマルセイユ」「愛と宿命の泉」「IP5-愛を探す旅人たち-」まで、ほかにも糟糠の妻シモーヌ・シニョレの「肉体の冠」や、マルセイユ時代のアメリカへの憧れを表す「マルクス一番乗り」、そして左翼政党の宣伝記録映画など多数。
    ドキュメンタリー
    • 製作年1994年
    • 製作国フランス
    • 時間135分
    • 監督ジャン・ラビブ
    • 主演イヴ・モンタン
  7. マリリン・モンロー ファイナル・デイズ
    • D
    • 3.09
    ドキュメンタリー
    • 製作年2001年
    • 製作国アメリカ
    • 時間118分
    • 監督パティ・アイヴィンス
    • 主演マリリン・モンロー
  8. 七年目の浮気
    • D
    • 3.01
    ビリー・ワイルダーが「第十七捕虜収容所」に続きヒット舞台劇を映画化した、セクシーコメディ。蒸し暑いニューヨークのアパート。妻子がバカンスに出かけたため、一時の独身気分を満喫しているリチャードのもとに、上の階に住む美女がクーラーを求めてやってくる。地下鉄の通風口に立ったマリリン・モンローの白いスカートが巻き上げられるシーンはあまりに有名。舞台でも主演を務めたトム・イーウェルが、映画版でもリチャードを演じている。

    ネット上の声

    • 「マリリン・モンローが居るとでも?」
    • マリリン・モンローというキャラクター
    • 古き良き時代の都会派コメディ
    • M・モンローは可愛いが・・・
    夏に見たくなる、 恋愛
    • 製作年1955年
    • 製作国アメリカ
    • 時間104分
    • 監督ビリー・ワイルダー
    • 主演トム・イーウェル
    • レンタル
    • レンタル
  9. ショウほど素敵な商売はない
    • D
    • 2.77
    「紳士は金髪がお好き」「モンキー・ビジネス」のプロデューサー、ソル・C・シーゲルによる名作ミュージカルドラマ。20世紀前半に米ショウビジネス界のスターだったドナヒュー一家の苦悩や成長を、歌曲とダンスにのせて綴る年代記。監督は「わが心に歌えば」のウォルター・ラング。出演はエセル・マーマン、ドナルド・オコナー、そしてマリリン・モンロー。

    ネット上の声

    • ドラマより豪華ミュージカルシーンを楽しむ
    • 昔のミュージカル映画を劇場で観られるとは
    • マリリン・モンロー作品を久々鑑賞💋
    • 家族愛を歌い上げた歌謡ミュージカル
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間114分
    • 監督ウォルター・ラング
    • 主演エセル・マーマン
    • レンタル
  10. MARILYN'S MAN マリリンズ・マン 〜マリリン・モンローの真実〜
    • E
    • 2.59

    ネット上の声

    • モンローを嫌いな男なんて、いるの?
    • ノーマ・ジーンだった
    • マリリンモンローとゆう存在が確立する前のノーマジーンをよく知る元夫が語るドキュメ
    • 最初は元夫のお金欲しさの売名かと思って見てたんだけど、全然違った
    ドキュメンタリー
    • 製作年2004年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督スキャニー・クラッグ
    • 主演マリリン・モンロー
  11. 百万長者と結婚する方法
    • E
    • 2.45
    百万長者との結婚を夢見る3人の女の奮闘を、マリリン・モンロー、ローレン・バコール、ベティ・グレイブルの豪華競演で描いたロマンティックコメディ。気の強いシャッツィ、強度の近眼のポーラ、うっかり者のロコら3人のモデルは、大金持ちの男を射止めることを目的に、ニューヨークの高級アパートでルームシェア生活を始める。シャッツィは偶然知り合った男トムに誘われるが、みすぼらしい身なりの彼を失笑し相手にしない。ある日、大金持ちが集まるパーティに招待された3人は、それぞれ知り合った男と結婚にこぎ着けるべく奮闘するが……。1953年製作で、日本では54年に劇場公開。2020年8月、人気声優による名画吹き替えプロジェクト「NEW ERA MOVIES」で新たに制作された吹き替え版(シャッツィ・ペイジ役=大谷育江/ポーラ・デベヴォア役=Lynn/ロコ・デンプシー役=ファイルーズあい/トム・ブルックマン役=落合福嗣)で公開(モービー・ディック配給)。

    ネット上の声

    • 【”結婚は金目当てではなく、本当に恋した人とするモノだよ!”3人の美人モデルが大金持ちと結婚するためにイロイロと画策し奔走する中、真の結婚の意味に気付く姿をコミカルに描いた作品。】
    • NO.56「ひ」のつく元気になった洋画
    • ローレン・バコールの映画である
    • 独身女性の夢を叶えるために!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間96分
    • 監督ジーン・ネグレスコ
    • 主演マリリン・モンロー
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  12. 結婚しましょう
    • E
    • 2.44

    ネット上の声

    • マイナー作品ながら、キャストは充実
    • 捻りないボーイミーツガール作品で、主演のクローデット・コルベールの代表作『或る夜
    • 主演ジミー・アダムス(ちょび髭のシュチュエーションコメディの人)
    • 手持ち放置ソフトにて初鑑賞
    コメディ
    • 製作年1951年
    • 製作国アメリカ
    • 時間77分
    • 監督リチャード・セイル
    • 主演マリリン・モンロー
  13. マリリン・モンロー 最後の告白
    • E
    • 2.43

    ネット上の声

    • マリリンを好きになる映画
    • アメリカのセックスシンボルまで上り詰めたイメージがあるが、悲劇を覆い隠そうとなか
    • まだ数作しか出演作を観てないけど、本当に魅力的で同じ女性として憧れる部分がたくさ
    • 本当に世界的に有名なマリリンなんだけど、それ故に悩みも一般人が想像もできないよう
    ドキュメンタリー
    • 製作年2008年
    • 製作国フランス
    • 時間100分
    • 監督パトリック・ジュディ
    • 主演マリリン・モンロー
  14. 王子と踊子
    • E
    • 2.32
    1953年6月2日エリザベス女王戴冠式の際にローレンス・オリヴィエとヴィヴィアン・リーが上演することを予定として書かれたテレンス・ラティガン(「愛情は深い海の如く」)の舞台喜劇をラティガン自ら脚色、「リチャード三世」のローレンス・オリヴィエが監督した。撮影監督は「戦争と平和」のジャック・カーディフ、音楽は作曲がリチャード・アディンセル、演奏指揮が「モンバサ」のミューア・マシーソン。主演はオリヴィエと「バス停留所」のマリリン・モンロー。「思春期の感情」のジェレミー・スペンサー、「潮風のいたづら」のリチャード・ワッティス。

    ネット上の声

    • セクシー女優から脱皮モンロー渾身の一作!
    • あなたと恋に落ちるわ。いつもそうなるのよ
    • 20年前見た時とは印象が真逆になった映画
    • 「マリリン 7日間の恋」を見た後に見た
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間117分
    • 監督ローレンス・オリヴィエ
    • 主演ローレンス・オリヴィエ
    • レンタル
  15. 帰らざる河
    • E
    • 2.30
    「第2の機会」のロバート・ミッチャムと「ノックは無用」のマリリン・モンローが共演する1954年作の西部劇。製作はスタンリー・ルービン。ルイス・ランツの原作より「ブラボー砦の脱出」のフランク・フェントンが脚色、「月蒼くして」のオットー・プレミンジャーが監督した。撮影は「さすらいの涯」のジョセフ・ラシェル、音楽は「夜の人々(1954)」のシリル・J・モックリッジ。共演者は「百万長者と結婚する方法」のロリー・カルハウン、「暗黒の恐怖」のトミー・レッティグ、マーヴィン・ヴァイ、ダグラス・スペンサーなど。

    ネット上の声

    • 伝説のスター、マリリン・モンローの代表作
    • モンローの唄う主題歌が、何とも素敵!!
    • 我が映画人生をスタートさせた記念映画
    • この映画のマリリンはいい・・・
    西部劇
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間90分
    • 監督オットー・プレミンジャー
    • 主演ロバート・ミッチャム
    • レンタル
  16. 素晴らしき哉、定年!
    • E
    • 2.26

    ネット上の声

    • 親会社の、しかもアメリカ有数の大企業の社長の顔をだれも知らないなんてありえんの?
    • 古き良き、いい時代のアメリカ映画〜てかんじ
    ミュージカル、 コメディ
    • 製作年1951年
    • 製作国アメリカ
    • 時間77分
    • 監督ハーモン・ジョーンズ
    • 主演モンティ・ウーリー
  17. バス停留所
    • E
    • 2.22
    「ピクニック」のウィリアム・インジ原作による同名のブロードウェイ・ヒット・コメディの映画化である。脚色は「七年目の浮気」のジョージ・アクセルロッド。「ピクニック」に続きジョシュア・ローガンが監督した撮影は「七年目の浮気」のミルトン・クラスナー、音楽は「王様と私」のアルフレッド・ニューマンと、「純金のキャデラック」のシリル・J・モックリッジの共同担当。主演は「七年目の浮気」のマリリン・モンロー、舞台俳優で本編により映画でビューのドン・マレイ「純金のキャデラック」のアーサー・オコンネル。他に「ピクニック」ノベティ・フィールド、舞台に出演したアイリーン・ヘッカート、「お若いデス」のハンス・コンリードなど。

    ネット上の声

    • 野蛮なまでに自分に素直な田舎男と、その強引さに圧倒され流される可愛い女
    • 不器用だけど人を愛した青春時代思い出す
    • ちょっとサボってた、マリリン追っかけ
    • 主人公がちょっと普通じゃない・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国アメリカ
    • 時間95分
    • 監督ジョシュア・ローガン
    • 主演マリリン・モンロー
  18. 恋をしましょう
    • E
    • 2.17
    「奥様ごめんなさい」のノーマン・クラスナーの脚本を「西部に賭ける女」のジョージ・キューカーが監督したロマンチック・コメディ。撮影は「5つの銅貨」のダニエル・L・ファップ、音楽をライオネル・ニューマンが担当した。サミー・カーン作詞、ジェームズ・ヴァン・ヒューゼン作曲の主題歌“恋をしましょう”ほか5曲、コール・ポーターの“私の心はパパのもの”が歌われる。出演は「お熱いのがお好き」のマリリン・モンロー、「掟」のイヴ・モンタン、ほかにトニー・ランドール、フランキー・ヴァーン、ウィルフリッド・ハイド・ホワイト、マイケル・デイヴィッドら。製作ジェリー・ウォルド。

    ネット上の声

    • マリリン・モンローの魅力に誰もがノックアウト間違いなしのコメディ・ミュージカル💖
    • 大富豪が女優に恋をして、彼女に近づくために貧乏役者のフリして一緒に舞台稽古をやり
    • 監督はこの4年後にアカデミー賞8部門『マイ・フェア・レディ』を撮ったジョージ・キ
    • マリリン・モンローの為に作られたような作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国アメリカ
    • 時間118分
    • 監督ジョージ・キューカー
    • 主演マリリン・モンロー
    • レンタル
  19. ナイアガラ
    • E
    • 2.12
    「サンセット大通り」のチャールズ・ブラケットが製作し、「砂漠の鬼将軍」のヘンリー・ハサウェイが監督したテクニカラーのメロドラマ、1953年作品。脚本は製作者のブラケット、「美女ありき」のウォルター・ライシュ、「歌う捕物帖」のリチャード・ブリーンの3人、撮影は「革命児サパタ」のジョー・マクドナルド、作曲は「狙われた駅馬車」のソル・カプランの担当。主演は「第3の男」のジョセフ・コットン、いま売り出しのマリリン・モンロウ「イヴの総て」、「革命児サパタ」のジーン・ピータースで、ケイシー・アダムス「栄光何するものぞ」、デニス・オディア「邪魔者は殺せ」、リチャード・アラン「キリマンジャロの雪」らが助演する。

    ネット上の声

    • モンローウォークを見たい人にオススメ
    • マリリンが狂気の女を熱演☆3つ
    • 日本だったら熱海新婚殺人事件
    • ナイアガラはモンローそのもの
    サスペンス
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間89分
    • 監督ヘンリー・ハサウェイ
    • 主演マリリン・モンロー
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  20. マリリン・モンロー:ライフ・アフター・デス
    • E
    永遠のスター女優マリリン・モンローの人生を追ったドキュメンタリー。生前のマリリンと親しくビジネスパートナーでもあった写真家ミルトン・グリーンの遺児アンソニー・グリーンが製作総指揮をつとめて全面協力。初公開となるアーサー・ミラーとの結婚式を撮ったプライヴェート・フィルム、「バス停留所」「王子と踊り子」などの舞台裏を見せるラッシュ・フィルムがデジタル処理された鮮明画像で見られるほか、『PLAYBOY』誌の創設者ヒュー・ヘフナー、作家のノーマン・メイラー、女優でマリリンの友人でもあったスーザン・ストラスバーグ(98年死去)ら、関係者の貴重なインタヴューも収録している。監督・脚本はゴードン・フリードマン。撮影はヴィング・ソコルスキー。音楽はペーター・カール・ガンデラップ。
    ドキュメンタリー
    • 製作年1994年
    • 製作国アメリカ
    • 時間75分
    • 監督ゴードン・フリードマン
    • 主演マリリン・モンロー

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。