全16作品。リュディヴィーヌ・サニエが出演した映画ランキング

  1. ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて

    ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて
    評価:A3.85
     フランスの映画監督アラン・コルノーの遺作。主演はリュディヴィーヌ・サニエとクリスティン・スコット・トーマス。

    サスペンス

    ネット上の声

    アラン・コルノー氏の遺作
    上手く出来てます
    製作年:2010
    製作国:フランス
    監督:アラン・コルノー
    主演:リュディヴィーヌ・サニエ
    1
  2. モリエール 恋こそ喜劇

    モリエール 恋こそ喜劇
    評価:A3.82
    笑いの中に人間の本質を描き出し、今も世界中の人々を魅了する17世紀フランスの天才劇作家モリエールの名作がどんな経験から生まれたのかを、大胆な発想で紡いだ歴史喜劇。モリエール作品のエッセンスを織り込みながら、彼が若き日に経験した冒険とロマンスを涙と笑いとともに描く。

    ヒューマンドラマ、実話、天才

    ネット上の声

    モリエールは演劇ではすごく有名な人なんだそうだ
    フランス貴族版吉本新喜劇・・は言い過ぎ?
    モリエールのロマンス(フィクション)
    作り話ですが・・・。とにかく面白い。
    製作年:2007
    製作国:フランス
    監督:ローラン・ティラール
    主演:ロマン・デュリス
    2
  3. 焼け石に水

    焼け石に水
    評価:B3.67
     「ホームドラマ」「クリミナル・ラヴァーズ」で注目されたフランスの新鋭フランソワ・オゾン監督が、敬愛するドイツの故R・W・ファスビンダーが19歳で書き上げた未発表の戯曲を映画化した哀しくも可笑しい四幕の室内劇。70年代、ドイツ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    やっぱりオゾン、奇妙キテレツ
    重力ような磁気のような…
    ドッカーン!!
    罪な男
    製作年:2000
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ベルナール・ジロドー
    3
  4. ピーター・パン

    ピーター・パン
    評価:B3.62
    夢見る少女ウェンディー・ダーリング(レイチェル・ウッド)が子供部屋で寝ていると窓からピーター・パン(ジェレミー・サンプター)が入って来た。ピーターが顔を近づけるとウェンディーが目をさまし、視線が合う……。

    ファンタジー、ピーターパン

    ネット上の声

    03年vs世界名作劇場vs原作
    それは初めて出逢う、永遠の恋。
    ジェームズ・バリの孤独
    DVDで観て欲しい
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:P・J・ホーガン
    主演:ジェレミー・サンプター
    4
  5. デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-

    デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-
    評価:B3.62
    イラクの独裁者サダム・フセインの息子、ウダイの影武者だったラティフ・ヤヒアの自伝を映画化した衝撃作。ウダイに顔が似ていることから無理やり影武者に仕立てられ、人生を狂わされた男の絶望と怒りを描き、サンダンスやベルリンなど世界各国の映画祭で絶賛された。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    サダムがまともに見えるほどの極悪人ウダイ
    傍若無人な狂気、理不尽が見過ごされる世界
    内容が良いとか悪いとかではない、観る価値
    これが歴史的事実と認識するには勇気がいる
    製作年:2011
    製作国:ベルギー
    監督:リー・タマホリ
    主演:ドミニク・クーパー
    5
  6. ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編

    ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編
    評価:C3.58
    ジャック(ヴァンサン・カッセル)はカナダの特別刑罰刑務所から見事脱出し、1973年にフランスに舞い戻る。彼は旧友のミシェル(サミュエル・ル・ビアン)とともに銀行強盗を繰り返すが逮捕される。法廷に出廷した彼は何と判事を人質にして、まんまと逃亡に成功し、海外同様フランスでも“社会の敵No.1”の名称で呼ばれるようになり……。

    アクション

    ネット上の声

    こんなに犯罪が続く作品は初めてかも・・・
    その昔?彼の死を新聞で知りましたが、、
    社会の敵No.1(アメリカ)はどうかな?
    人の親としての彼はどうだったのか
    製作年:2008
    製作国:フランス
    監督:ジャン=フランソワ・リシェ
    主演:ヴァンサン・カッセル
    6
  7. ある秘密

    ある秘密
    評価:C3.49
    モントリオール世界映画祭(2007年・最優秀作品賞)フランスでベストセラーとなった同名小説をクロード・ミレール監督が映画化。第2次大戦下のフランスで、あるユダヤ人一家に起こった悲劇を描く。内気で病弱な少年フランソワはある日、屋根裏部屋で古いぬいぐるみを見つけたことをきっかけに、両親の知られざる過去を知る。父マキシムは母タニアと一緒になる前、アンナというユダヤ人女性と結婚していた。しかし、ナチスの存在がアンナの情緒を不安定にさせ、その一方でマキシムは結婚式で出会った美しいタニアに心ひかれていき……。セシル・ドゥ・フランス、リュディビーヌ・サニエ、マチュー・アマルリックら現代仏映画界を代表する豪華キャストが共演。

    サスペンス

    ネット上の声

    巧みな時間構成と対比
    女の復讐は恐ろしい
    幻想の正体
    サニエがとった行動が今ひとつ納得できない
    製作年:2007
    製作国:フランス
    監督:クロード・ミレール
    主演:セシル・ドゥ・フランス
    7
  8. 引き裂かれた女

    引き裂かれた女
    評価:C3.41
    ローカルテレビ局のお天気キャスター、ガブリエル(リュディヴィーヌ・サニエ)は番組出演を機に知り合った初老の作家シャルル(フランソワ・ベルレアン)と恋に落ちる。一方、多額の資産を持つポール(ブノワ・マジメル)からも強引に言い寄られるが、彼女は相手にしなかった。シャルルと順調に愛をはぐくむ中、彼が突然姿を消してショックを受けたガブリエルは、ポールの求婚を受けてしまう。

    サスペンス、恋愛

    ネット上の声

    昼ドラにありそうなテーマなんですが・・・
    サスペンスでもスリラーでも、ラブでもない
    キャラが濃い。濃過ぎる。
    キャラたちの三角関係
    製作年:2007
    製作国:フランス
    監督:クロード・シャブロル
    主演:リュディヴィーヌ・サニエ
    8
  9. スイミング・プール

    スイミング・プール
    評価:C3.29
    フランスの気鋭監督、フランソワ・オゾンが彼の新旧のミューズである、リュディヴィーヌ・サニエとシャーロット・ランプリングを主役に迎えて贈る、刺激的な推理劇。『ピーター・パン』のティンカーベル役でハリウッド・デビューを飾った、サニエの若く挑発的な魅力と、ランプリングの成熟した大人の女の色香の調和も素晴らしい。

    サスペンス、どんでん返し

    ネット上の声

    南仏プロヴァンスに映える青いプールの謎?
    こうして”オンナ”を思い出す・・・
    プールとジュリーに象徴されるもの
    ラスト1分まで☆×5だったのに~
    製作年:2003
    製作国:フランス/イギリス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:シャーロット・ランプリング
    9
  10. 愛のあしあと

    愛のあしあと
    評価:D3.04
    1960年代、かつて靴店の店員で娼婦(しょうふ)でもあったマドレーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、優しく家庭的な夫と再婚した後も娼婦(しょうふ)を続け、さらにはチェコで結婚していた元夫ヤロミル(ミロス・フォアマン)ともあいびきを続けていた。2000年、マドレーヌの娘ヴェラ(キアラ・マストロヤンニ)は、恋人クレモン(ルイ・ガレル)がいながら、ロンドンで出会ったヘンダーソン(ポール・シュナイダー)を愛してしまう。

    恋愛

    ネット上の声

    口ずさむミュージカル仕立の大河恋愛ドラマ
    フランスの魅力が詰まってます
    愛さずにはいられない
    かなわぬ愛の時代
    製作年:2011
    製作国:フランス/イギリス/チェコ
    監督:クリストフ・オノレ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    10
  11. リリィ

    リリィ
    評価:D2.89
    フランスの名匠クロード・ミレールが、チェーホフの戯曲「かもめ」をモチーフに描いたラブストーリー。フランスの田舎町。映画監督を志す青年ジュリアンは恋人のリリィを主人公にした映画を制作し、家族らを集めて上映会を開く。ところが、大女優の母マドに作品を酷評された上に、リリィがマドの恋人である映画監督ブリスと駆け落ちしてしまう。タイトルロールを演じるのは、「スイミング・プール」などの若手注目女優リュディビーヌ・サニエ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    原作の「かもめ」とはほど遠く・・・
    えーーー、。こんなの駄目!!
    チェーホフて誰やねん( ̄○ ̄;)!!
    原作は知りませんが…。
    製作年:2003
    製作国:フランス
    監督:クロード・ミレール
    主演:リュディヴィーヌ・サニエ
    11
  12. 孤独の暗殺者/スナイパー

    孤独の暗殺者/スナイパー
    評価:E2.73
    愛する家族を守るため暗殺者になった射撃チャンピオンの戦いを描いたフランス製サスペンスアクション。孤独な戦いに身を投じる主人公を、「ゼロ・ダーク・サーティ」「黒いスーツを着た男」のレダ・カティブが演じた。共演に「スイミング・プール」のリュデビーヌ・サニエ、「そして友よ、静かに死ね」「ニキータ」のチェッキー・カリョ。新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2015/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015」(15年5月16日~6月26日)上映作品。

    サスペンス

    ネット上の声

    閉塞感が強く、酷く息苦しい作品。
    普通の人が犯罪に巻き込まれる構図
    微妙な気持ち悪さ
    堕ちて行く
    製作年:2014
    製作国:フランス
    監督:フレッド・グリヴォワ
    主演:レダ・カテブ
    12
  13. チャイルド・ゲーム

    チャイルド・ゲーム
    評価:E2.71
    パリの高級アパルトマンで暮らす一家を襲う怨念の恐怖。ある日帰宅すると家中のドアが何時の間にかロックされていた。パニックに陥る両親を尻目に、子供たちは平然としていた。その異常な態度に母親は得たいの知れない恐怖を感じてしまう。

    ホラー

    ネット上の声

    かなり怖い
    製作年:2001
    製作国:フランス
    監督:ローラン・テュエル
    主演:カリン・ヴィアール
    13
  14. 情痴 アヴァンチュール

    情痴 アヴァンチュール
    評価:E2.13
    恋人のセシル(フロランス・ロワレ=カイエ)ともに、パリのアパルトマンに引っ越してきたジュリアン(ニコラ・デュヴォシェル)。ビデオライブラリーで夜遅くに働く彼は、仕事の帰りに不可解な行動を取る裸足の女性を見かける。その女性、ガブリエル(リュディヴィーヌ・サニエ)は、ジュリアンの向かいに住む1児の母だった。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    情痴アヴァンチュールではタイトルに偽り有
    珍しく?起承転結があるフランス映画
    夢遊病の女性主人公めっちゃ綺麗
    【駄作】必然性の全くない展開に唖然
    製作年:2005
    製作国:フランス/ベルギー
    監督:グザヴィエ・ジャノリ
    主演:リュディヴィーヌ・サニエ
    14
  15. 晴れ、ときどきリリー

    晴れ、ときどきリリー
    評価:E0.00
     ダイアン・クルーガーとリュディヴィーヌ・サニエが姉妹役で共演。姉と妹の心の繋がりを瑞々しく描いたヒューマンドラマ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    安定の仏文化これでーいいのだー
    無垢なる悪意。
    おしゃれでかわいいのとグロテスクの境界線
    行きずりの男とのベッドインはマイナス
    製作年:2010
    製作国:フランス
    監督:ファビアンヌ・ベルトー
    主演:ダイアン・クルーガー
    15
  16. La Verite(仏題・仮)

    La Verite(仏題・仮)
    評価:E0.00
    製作年:2019
    製作国:日本,フランス
    監督:是枝裕和
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    16

スポンサードリンク