全12作品。イッセー尾形が出演した映画ランキング

  1. 男はつらいよ 寅次郎物語

    男はつらいよ 寅次郎物語
    評価:A3.84
     フーテンの寅さんこと車寅次郎の活躍を描くシリーズ39作目。原作・監督・脚本を山田洋次が担当した。

    ヒューマンドラマ、コメディ、男はつらいよ

    ネット上の声

    今回もほっこりといい話でした。
    そこが渡世人のつらいところよ。
    「子どもを卵で産みたい。」
    レビュー少ないなぁ?
    製作年:1987
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:前田吟
    1
  2. ヤンヤン 夏の想い出

    ヤンヤン 夏の想い出
    評価:B3.76
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(2000年・外国語映画賞)現代の台北を舞台に、都市に生きる人々の現実や問題を、リアルに描き続けるエドワード・ヤン監督作。8歳のヤンヤンは、ごく普通の生活を送っていたが、母の弟の結婚式の日に祖母が脳卒中で倒れてから、少しずつ変化が起こり始めた。母は宗教に走り、父は昔の恋人と不倫している。そして姉は、親友の彼氏と恋仲に。ヤンヤンはそんなみんなの後ろ姿を写真に撮り始める…。

    ヒューマンドラマ、懐かしいノスタルジックな夏、夏休みが舞台

    ネット上の声

    色の使い方と予告編
    1+2
    ヤンヤン大活躍の物語かと思いきや…(笑
    希望を見つけた楊徳昌
    製作年:2000
    製作国:台湾/日本
    監督:エドワード・ヤン
    主演:ジョナサン・チャン
    2
  3. トニー滝谷

    トニー滝谷
    評価:B3.71
    美大で芸術を学んだトニー(イッセー尾形)は、デザイン会社へ就職、その後独立してイラストレーターになり、自宅のアトリエで仕事をこなすようになる。そんなトニーが一人の女性、出版社編集部員・小沼英子(宮沢りえ)に恋をする。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    笑顔泥棒
    こんな日本映画ばかりなら邦画も見まくる!
    すっきりした話好きにはお勧めしません
    独特の雰囲気、というか、"間"がある
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:市川準
    主演:イッセー尾形
    3
  4. ふたりの旅路

    ふたりの旅路
    評価:B3.64
    『雨夜 香港コンフィデンシャル』『OKI-In the middle of the ocean』に続き3度目のタッグとなる桃井かおりと、マリス・マルティンソンス監督による人生賛歌。ある日を境に心を閉ざしてしまったヒロインがラトビアを訪れ、着物を通して現地の人々と触れ合ううちに、少しずつ本来の自分を取り戻していく姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    神戸震災と、バルト三国の四半世紀を重ね、"生きる"意義を浮き彫りにする
    予定通り??夫婦漫才(笑)っぽい作品
    まるで舞台を観ているよう
    生きることは食べること
    製作年:2016
    製作国:ラトビア,日本
    監督:マーリス・マルティンソーンス
    主演:桃井かおり
    4
  5. 太陽

    太陽
    評価:B3.60
    1945年8月、待避壕(敵の砲弾などを避けるために掘った穴)もしくは生物研究所で暮らしていた昭和天皇ヒロヒト(イッセー尾形)は、自分を神と崇める側近たちに孤独を覚えていた。唯一の安らぎは生物標本を眺める時だけで、戦争終結に苦悩する天皇は日本が焦土と化す悪夢にうなされる。そして、連合国占領軍総司令官マッカーサー(ロバート・ドーソン)との会談の日が訪れる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    アメリカ兵たちは彼をチャーリーと呼んだ
    しょせんロシア人     あっ、そう。
    映画的「虚構美」の追求として評価
    いわゆる「歴史映画」ではない
    製作年:2005
    製作国:ロシア/イタリア/フランス/スイス
    監督:アレクサンドル・ソクーロフ
    主演:イッセー尾形
    5
  6. 「また、必ず会おう」と誰もが言った。

    「また、必ず会おう」と誰もが言った。
    評価:C3.47
    出演:佐野岳、杉田かおる 他。 人気作家・喜多川泰の小説を、『ロボコン』『武士道シックスティーン』などで知られる古厩智之監督が映画化した青春ドラマ。図らずもついてしまったうそが原因で一人旅に出ることになった男子高校生が、道中出会った人々との交流を通じて成長していく姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    イッセー尾形に支えられた旅と映画
    原作が良かったのでがっかり
    「出会いで、人生は変わる」
    イッセーさん素晴らしい。
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:古厩智之
    主演:イッセー尾形
    6
  7. ホームレス中学生

    ホームレス中学生
    評価:D3.10
    1学期の終業式を終え、帰宅した中学2年生の裕(小池徹平)は、家の玄関に差し押さえの札が貼られ、自分たちの荷物が外に出された自宅の信じられない光景を目にすることに。帰ってきた兄(西野亮廣)や姉(池脇千鶴)とともに途方に暮れる裕だったが、そこに現れた父(イッセー尾形)は「解散!」の一言を言い残し、立ち去ってしまう。

    ヒューマンドラマ、コメディ、青春、大阪が舞台、ホームレス

    ネット上の声

    中学生なんだから中学生の役者を主人公に使わないと
    小池徹平である訳と、映画として今一つな訳
    徹平君だったら拾っちゃいますけど…?
    池脇おねえさんに感情移入・・
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:古厩智之
    主演:小池徹平
    7
  8. 先生と迷い猫

    先生と迷い猫
    評価:D3.09
    『60歳のラブレター』の深川栄洋監督とイッセー尾形が再び組んで、埼玉県で実際にあった地域猫失踪(しっそう)事件を原案に描く感動の人間ドラマ。近所でかわいがられていた野良猫捜しを通して、カタブツの主人公や美容師など地域の人々が心を通わせていく姿を描く。

    ヒューマンドラマ、猫(ネコ)

    ネット上の声

    「猫」という存在、「イッセー尾形」という存在
    あの猫、どこに行ったんでしょうね。
    残されたもの。
    愛感同一
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:深川栄洋
    主演:イッセー尾形
    8
  9. 企業戦士YAMAZAKI

    企業戦士YAMAZAKI
    評価:E2.28
    富沢順原作による人気漫画をイッセー尾形主演で実写ドラマ化。過労死したサラリーマンの尾崎は、ネオ・システム社のサイボーグ・山崎宅郎として復活。どんな経営不振な企業でもあっという間に建て直してしまうビジネス・コマンドーとして活躍する。

    SF

    ネット上の声

    チープ感丸出し(笑)
    これは、ヤマザキではない。
    製作年:1995
    製作国:日本
    監督:服部光則
    主演:イッセー尾形
    9
  10. 晴れた家

    晴れた家
    評価:E0.00


    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    晴れた家、風の通る家、少ない雨。
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:村松正浩
    主演:市川準
    10
  11. 生きる ある臨死

    生きる ある臨死
    評価:E0.00
    製作年:1993
    製作国:日本
    監督:山本晋也
    主演:イッセー尾形
    11
  12. 欽ちゃんのシネマジャック2 ドタバタ編

    欽ちゃんのシネマジャック2 ドタバタ編
    評価:E0.00


    コメディ
    製作年:1993
    製作国:日本
    監督:萩本欽一
    主演:萩本欽一
    12

スポンサードリンク