全18作品。キャリー・フィッシャーが出演した映画ランキング

  1. スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇

    スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇
    評価:S4.20
     公開20周年を祝って製作された「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」のスペシャル・エディション。デス・スター壊滅の痛手から復活した帝国軍の前に、今や雪の惑星ホスで機会をうかがうしかない反乱軍。

    ファンタジー、ヒューマンドラマ、SF、アドベンチャー(冒険)、スター・ウォーズ

    ネット上の声

    スターウォーズについて思うこと(番外編)
    ベイダーから明かされる衝撃の真実!
    前半はショボく、後半は盛り上がる
    シリーズの印象を決定づけた名作
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:アーヴィン・カーシュナー
    主演:マーク・ハミル
    1
  2. スター・ウォーズ 特別篇

    スター・ウォーズ 特別篇
    評価:S4.17
    ジョージ・ルーカス監督が1977年に発表した傑作SF映画「スター・ウォーズ」の20周年を記念して製作された特別篇。最新デジタル技術によって画質や音響が大幅に改善されたほか、モス・アイズリー宇宙港の景観をはじめとする新たなシーンの追加やCGキャラクターの追加、さらにオリジナル版公開時にカットとなってしまったジャバ・ザ・ハットとハン・ソロのシーンが復活するなど、数々の変更がなされている。

    ヒューマンドラマ、アクション、SF、スター・ウォーズ

    ネット上の声

    ☆これからも続く、エンタメ映画の道標☆
    イヤな予感がよく当たったら・・
    重厚さはないが、王道の娯楽作
    時代劇✖️魔法使い✖️宇宙船
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・ルーカス
    主演:マーク・ハミル
    2
  3. スター・ウォーズ/帝国の逆襲

    スター・ウォーズ/帝国の逆襲
    評価:S4.15
    アカデミー賞(1981年・2部門) デス・スター壊滅の痛手から復活した帝国軍の前に、今や雪の惑星ホスで機会をうかがうしかない反乱軍。総攻撃を前にホスを脱出したレイアやハン・ソロたちは雲の惑星ベスピンへと旅立つが、ひとりルークはフォースの訓練を積むために伝説の<ジェダイ・マスター>ヨーダの住む惑星ダゴバへと向かった。

    SF、アドベンチャー(冒険)、惑星、スター・ウォーズ

    ネット上の声

    ダース・ベイダーの秘密が明かされる第二弾
    この映画の監督はアービンカーシュナー
    アンレマ、スゲー面白いじゃない!!
    スターウォーズについて思うこと2
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:アーヴィン・カーシュナー
    主演:マーク・ハミル
    3
  4. スター・ウォーズ

    スター・ウォーズ
    評価:S4.12
    アカデミー賞(1978年・7部門) 遠い昔、遙か彼方の銀河では帝国軍の独裁体制が敷かれていた。反乱の機会をうかがう惑星アルデラーンのレイア姫は暗黒卿ダース・ベイダーに捕らえられるが、その寸前に二体のドロイドR2-D2とC-3POを砂漠の惑星タトゥーインに送り込む。

    SF、惑星、スター・ウォーズ

    ネット上の声

    これが宇宙戦争!1だけど4!4だけど1!
    この世界一映画が日本由来なのが嬉しい
    壁を壊して歴史をを作っていく映画 1
    ただ、ひたすらテーマ曲と映像!!
    製作年:1977
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・ルーカス
    主演:マーク・ハミル
    4
  5. スター・ウォーズ/ジェダイの復讐

    スター・ウォーズ/ジェダイの復讐
    評価:S4.11
    アカデミー賞(1984年・視覚効果賞) ジャバ・ザ・ハットの宮殿を襲い炭素冷凍されたハン・ソロを救出するルーク一行。再びダゴバを訪れたルークに、レイアが妹である事、父ダース・ベイダーと戦わねばならぬ事を告げたヨーダは息を引き取った。

    SF、アドベンチャー(冒険)、スター・ウォーズ

    ネット上の声

    映画史に輝くSF超大作シリーズの最終章!
    スターウォーズについて思うこと6 (終)
    性善説の男、ルーク・スカイウォーカー。
    復讐は× ジェダイの【帰還】で感動の完結
    製作年:1983
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・マーカンド
    主演:マーク・ハミル
    5
  6. スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇

    スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇
    評価:S4.11
     前2作に引き続き、第二部完結編である「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐」を追加シーンやデジタル処理で修正したスペシャル・エディション。ジャバ・ザ・ハットの宮殿を襲い炭素冷凍されたハン・ソロを救出するルーク一行。

    ファンタジー、SF、アドベンチャー(冒険)、スター・ウォーズ

    ネット上の声

    ルークスカイウォーカー最後の出演作
    ”憎しみ”が”憎しみ”を浄化する。
    DVD版のラストのシーンが残念です
    シスの復讐を見てからわかったこと
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・マーカンド
    主演:マーク・ハミル
    6
  7. ブルース・ブラザース

    ブルース・ブラザース
    評価:A4.00
     黒い帽子に黒のサングラス、黒いネクタイに黒のスーツという、全身黒づくめのジェイク・ブルースとエルウッド・ブルースは、ちぎりを交わした兄弟分。そのブルース兄弟が昔世話になった孤児院が、窮地に陥った! 彼らは孤児院を救おうと、かつての仲間を集めて“ブルース・ブラザース・バンド”を再結成し、そのコンサートの利益を孤児院に寄付しようとするが……。

    コメディ

    ネット上の声

    独特のテンポにハマると抜け出せない
    それぞれの想いでいい。
    大物大量出演の紅白歌合戦みたいな映画
    単純なアメリカ映画のいいとこ大盛り
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ランディス
    主演:ジョン・ベルーシ
    7
  8. スター・ウォーズ/フォースの覚醒

    スター・ウォーズ/フォースの覚醒
    評価:A3.97
    MTVムービー・アワード(2016年・作品賞)SF映画の金字塔にして世界中で愛され続ける人気シリーズの新3部作第1章で、『スター・トレック』シリーズなどのJ・J・エイブラムスが監督を務めた超大作。ジョン・ボイエガやデイジー・リドリー、オスカー・アイザック、アダム・ドライバー、旧シリーズのマーク・ハミルやハリソン・フォードらが出演。

    アクション、SF、アドベンチャー(冒険)、スター・ウォーズ
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:J・J・エイブラムス
    主演:ハリソン・フォード
    8
  9. スター・ウォーズ/最後のジェダイ

    スター・ウォーズ/最後のジェダイ
    評価:A3.91
    世界的な人気を誇る『スター・ウォーズ』シリーズの新たな3部作の第2章。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』後のストーリーが展開する。

    SF、アドベンチャー(冒険)、スター・ウォーズ
    製作年:2017
    製作国:アメリカ
    監督:ライアン・ジョンソン
    主演:マーク・ハミル
    9
  10. 恋人たちの予感

    恋人たちの予感
    評価:B3.74
     初対面で最悪の印象を互いに持った二人が、“男女の間に友情は成立するか”という命題に苦悩しつつ、11年の後に結ばれるコメディ・タッチのラブ・ストーリー。散文詩的な作りの中で魅力をフルに発揮した主演二人(特にM・ライアンはポスト・ゴールディ・ホーンとでも言うべきキュートさ)とNYの色々な顔を美しく捉えたバリー・ソネンフェルドの撮影が素晴らしい。

    恋愛、クリスマス、冬に見たくなる

    ネット上の声

    メグ・ライアンの”男と女の心理学”的物語
    愛してる、よりも心打たれる台詞がある。
    絶頂期のM・ライアンではないでしょうか?
    男女間で友情を成立させる条件とは・・・
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:ロブ・ライナー
    主演:ビリー・クリスタル
    10
  11. 赤い靴をはいた男の子

    赤い靴をはいた男の子
    評価:C3.52
    気のいいバイオリニスト、リチャードは、ひょんなことからCIAの内ゲバに巻き込まれてしまう。妖艶な女性諜報員に誘惑されたり、あげくには何者かに命を狙われるなど散々な目に……。T・ハンクス主演による痛快なアクション・コメディ。

    コメディ

    ネット上の声

    トム・ハンクスの楽しい楽しい初期作品!
    面白い!! トムハンクス可愛い!!
    製作年:1985
    製作国:アメリカ
    監督:スタン・ドラゴッティ
    主演:トム・ハンクス
    11
  12. メイフィールドの怪人たち

    メイフィールドの怪人たち
    評価:C3.25
    閑静な住宅地メイフィールドを舞台に、不気味な隣家の存在に恐怖を募らせるある一家の姿をコメディ・タッチで描くホラー映画。製作はマイケル・フィネルとラリー・ブレズナー、監督は「インナー・スペース」のジョー・ダンテ、脚本はダナ・オルセン、撮影はロバート・スティーヴンス、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。出演はトム・ハンクス、ブルース・ダーンほか。

    サスペンス、コメディ

    ネット上の声

    おじさんたちが馬鹿をやる楽しさ
    シリアスなのかコメディなのか
    これ、ホラーコメディですか?
    なんか、ノスタルジー・・・
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:ジョー・ダンテ
    主演:トム・ハンクス
    12
  13. フィービー・ケイツの 私の彼は問題児(ドドンパ)

    フィービー・ケイツの 私の彼は問題児(ドドンパ)
    評価:D3.13
     「グレムリン」のP・ケイツ主演によるファンタスティック・コメディ。夫を失い、職を失い、車を失い、財布を失いと、不幸のどん底に落ち込んだエリザベス。

    コメディ
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:アテ・デ・ヨンク
    主演:フィービー・ケイツ
    13
  14. 死海殺人事件

    死海殺人事件
    評価:D3.05
    死海のほとりでアメリカの富豪の末亡人が殺された事件の謎を、名探偵ポアロが解明する。製作・監督・編集(別名義)はマイケル・ウィナー。エグゼクティヴ・プロデューサーはメナヘム・ゴランとヨラム・グローバス。アガサ・クリスティーの『死との約束』(早川書房)をウィナーとアンソニー・シェーファー、ピーター・バックマンが脚色。撮影はデイヴィッド・ガーフィンケル、音楽はピノ・ドナジオが担当。出演はピーター・ユスチノフ、ローレン・バコールほか。

    サスペンス

    ネット上の声

    公開当時パンフレットの解説より
    気軽に楽しめるミステリー
    おまけの1点でした。
    真夜中の「推理もの映画」ってハマらない?
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・ウィナー
    主演:ピーター・ユスティノフ
    14
  15. ディス・イズ・マイ・ライフ

    ディス・イズ・マイ・ライフ
    評価:E0.00
     「恋人たちの予感」の脚本家として知られ、のちに「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」などのラブコメディを世に送り出したノーラ・エフロンの初監督作。コメディエンヌを目指す2児の母が、才能を開花させ人気者になるにつれ、娘との間に溝が生じ始める……。主演は、「レナードの朝」でロビン・ウィリアムス演じる医師を支える看護婦を熱演したジュリー・カブナー。「スター・ウォーズ」シリーズのレイア姫役で一躍人気に火がついたキャリー・フィッシャーの姿も。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1992
    製作国:アメリカ
    監督:ノーラ・エフロン
    主演:ジュリー・カヴナー
    15
  16. マージョリーの告白

    マージョリーの告白
    評価:E0.00
    平凡な主婦が不倫を経て新たな人生に目覚めていくハプニングコメディ映画。監督はロブ・ライナーの父で、「天国から落ちた男」のカール・ライナー、製作はデイヴィッド・レスター、ドン・ミラー、リズ・グロッツァー、エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・ウェストとジョージ・シャピロ、脚本はマーサ・ゴールドハーシュ、撮影はレイナルド・ヴィラロボス、音楽はジャック・エリオットが担当。

    コメディ
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:カール・ライナー
    主演:カースティ・アレイ
    16
  17. 恋人たちのパリ

    恋人たちのパリ
    評価:E0.00
    パリの街を背景に、アメリカ人カップルの仕掛けるちょっとアブない恋愛ゲームを描いたコメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはダニエル・マークウェット、製作はモニーク・アノー、監督は女流のシャーロット・ブランドストーム、脚本はジャネット・ブロウネル、撮影はオリヴィエ・ゲノー、音楽をディディエ・ヴァシュールが担当。出演はロザンナ・アークェット、キャリー・フィッシャーほか。
    製作年:1990
    製作国:アメリカ/フランス
    監督:シャーロット・ブランドストーム
    主演:ロザンナ・アークエット
    17
  18. ガルボトーク/夢のつづきは夢…

    ガルボトーク/夢のつづきは夢…
    評価:E0.00
     会計士ギルバートの母親エステルは伝説の女優グレダ・ガルボの熱烈なファンだった。そんなエステルの余命が残りわずかであることが明らかに。死ぬ前にガルボ本人に会いたいという母親の願いをかなえるべく、ギルバートは隠遁生活を送る女優を捜索する。彼は女優の卵ジェーンの助けを借りながら、方々を訪ね回るが……。往年の名女優をめぐって展開されるコメディ。
    製作年:1984
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:アン・バンクロフト
    18

スポンサードリンク