全50作品。西島秀俊が出演した映画ランキング

  1. ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~

    ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~
    評価:A4.07
    『おくりびと』などの滝田洋二郎監督と『母と暮せば』などの二宮和也が初タッグを組み、幻のレシピを追い求める男の姿を描く感動作。“麒麟の舌”と呼ばれる究極の味覚を持つ料理人が、戦時下の混乱の中で消失した伝説の“料理全席”を追い求めるうちに、約70年前のある謎に迫る姿を描写する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    二宮さんが主役である理由が分かりました
    食べず嫌いで、後悔されませんように!
    二度目の本番アカデミー賞も狙える作品
    待ってました! 本格的料理シネマ
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:滝田洋二郎
    主演:二宮和也
    1
  2. 任侠学園

    任侠学園
    評価:A3.97
    今野敏の小説「任侠」シリーズの一作「任侠学園」を原作にしたコメディードラマ。ヤクザ一家が経営難に陥った高校の再建に挑む。
    製作年:2019
    製作国:日本
    監督:木村ひさし
    主演:西島秀俊
    2
  3. ダブルフェイス 偽装警察編

    ダブルフェイス 偽装警察編
    評価:A3.95
    西島秀俊と香川照之のW主演で贈るアクションドラマの「偽装警察編」。幼い頃、自分を拾ってくれた織田の命により警察官となった亮介は、警察の内部機密を織田に流す活動を続けていた。そんな折、亮介は織田の指示で政治家の娘・万里に接触するが…。

    サスペンス
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:羽住英一郎
    主演:西島秀俊
    3
  4. 人魚の眠る家

    人魚の眠る家
    評価:B3.78
    数々の著書が映像化されてきた作家・東野圭吾の小説を原作にしたミステリー。事故で重体に陥った少女の両親が過酷な選択を強いられる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    不気味さを象徴するラストシーンの意味とは
    人が生きている証とは、自問自答する問題作
    篠原涼子の演技が光る
    題材は悪くない。母性愛も感じるが・・・
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:堤幸彦
    主演:篠原涼子
    4
  5. 大奥 第一章 スペシャル

    大奥 第一章 スペシャル
    評価:B3.72


    時代劇

    ネット上の声

    戦国から幕末へ?
    御台所・孝子様
    大奥すばらしい
    製作年:2005
    製作国:日本
    主演:松下由樹
    5
  6. メゾン・ド・ヒミコ

    メゾン・ド・ヒミコ
    評価:B3.70
    ゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)は、春彦(オダギリジョー)という若い男から父がガンで余命いくばくもないことを知らされる。春彦は父が営むゲイのための老人ホームで働く、父親の恋人だった。

    ヒューマンドラマ、同性愛

    ネット上の声

    いい題材なのに演出が浅過ぎると思う
    恨み事も、希望に変えられたなら
    同性愛者を理解していく過程
    オダギリ・ジョーにつきる
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:犬童一心
    主演:オダギリジョー
    6
  7. 休暇

    休暇
    評価:B3.64
    文豪、吉村昭の同名短編小説を原作に、死刑に立ち会うことになった刑務官たちの苦悩を描いた人間ドラマ。海外でも高く評価された『棚の隅』の門井肇が監督を務め、新婚旅行の休暇を取るため死刑執行補佐を買って出た刑務官の姿を通し、命の尊さ、本当の幸福を問いかける。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    慣れという言葉に込める「死」への記憶。
    死刑って、どういうことなんだろう
    【骨太】 【濃密】 人間のやさしさ
    死刑と向き合う刑務官たちの苦悩
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:門井肇
    主演:小林薫
    7
  8. カナリア

    カナリア
    評価:B3.60
    光一(岩瀬光一)は、母(甲田益也子)が傾倒するカルト教団「ニルヴァーナ」の施設で妹とともに数年を過ごしたが、教団が崩壊後、関西の児童相談所に預けられた。そこへやってきた祖父(品川徹)は、光一を残して、妹の朝子だけを引き取り、東京に戻ってしまった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「愛のむきだし」+「ヒミズ」だったりする
    カルト教団×谷村美月×少年少女の旅立ち
    子供は皆カナリアだ
    残念な傑作
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:塩田明彦
    主演:石田法嗣
    8
  9. 帰郷

    帰郷
    評価:B3.60
    母親の結婚式に出席するために帰省した晴男(西島秀俊)は、小学生になる娘と町に戻ってきていた昔の恋人・深雪(片岡礼子)と再会する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    いい加減に生きられない男の肩から見た空
    朴訥とした雰囲気がいいです
    普通の人の圧倒的な存在感
    西島秀俊がイイ!
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:萩生田宏治
    主演:西島秀俊
    9
  10. 真木栗ノ穴

    真木栗ノ穴
    評価:C3.57
    気鋭の恋愛・ホラー小説の女流作家として活躍する山本亜紀子の「穴」を映画化した異色ファンタジー。自室の壁の穴から若い女が住む隣室を毎日のようにのぞきこみ、その女のとりこになっていく小説家の姿を、『同級生』の深川栄洋監督が描き出す。

    サスペンス

    ネット上の声

    隅に置けない、不思議な大人のファンタジー
    映画館で女性一人では見れなかった映画
    ● 穴 〜ブラック・ホール〜 ●
    雨月物語風の怪談話
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:深川栄洋
    主演:西島秀俊
    10
  11. ストロベリーナイト

    ストロベリーナイト
    評価:C3.52


    サスペンス

    ネット上の声

    これってテレビのドラマスペシャルのはず
    ドラマを見るその前に――。
    連ドラが始まる前のスペシャルドラマ
    スペシャルドラマ
    製作年:2010
    製作国:日本
    主演:竹内結子
    11
  12. 2/デュオ

    2/デュオ
    評価:C3.51
    ひと組の恋人の微妙な心模様を描いたドラマ。監督は「はなされるGANG」で85年度のぴあフィルムフェスティバルに入選した諏訪敦彦。8度にも渡る推敲を重ねた脚本を捨て、セリフや動きを全て現場で役者の即興芝居に任せた斬新な手法で、初の劇場用映画となるこの作品を完成させた。撮影は「明るい場所」の田村正毅。主演は「FLIRT」の柳愛里と「セラフィムの夜」の西島秀俊。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    すごくいい
    2÷2×2
    決まりきったものからの逸脱
    うはあ
    製作年:1997
    製作国:日本
    監督:諏訪敦彦
    主演:柳愛里
    12
  13. 空母いぶき

    空母いぶき
    評価:C3.50


    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    むずかしいが重要な、戦闘シミュレーション
    製作年:2019
    製作国:日本
    監督:若松節朗
    主演:西島秀俊
    13
  14. ラストシーン

    ラストシーン
    評価:C3.49
     テレビが台頭し始めた1965年。スター俳優の三原健は、コンビを組んでいた人気女優・吉野恵子の引退がきっかけで次作の主演を若い俳優に奪われる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人生のラストシーンは切ないけど・・・。
    日本映画への静かなオマージュ
    生まれかわったら また
    ラストシーン
    製作年:2001
    製作国:日本
    監督:中田秀夫
    主演:西島秀俊
    14
  15. 散り椿

    散り椿
    評価:C3.47
    モントリオール世界映画祭(2018年・審査員特別グランプリ)『永遠の0』などの岡田准一が主演を務め、カメラマンのみならず『劔岳 点の記』で監督もこなした木村大作と組んだ時代劇。葉室麟の小説を基に、誰にも恥じない生き方を貫こうとする実直な武士たちの姿を描く。

    時代劇

    ネット上の声

    手加減なしの木村・岡田コンビに魅せられる
    美しさ溢れる威風堂々とした時代劇
    椿三十郎以来の衝撃
    静と動、映る全てが美しい真に豪華な作品
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:木村大作
    主演:岡田准一
    15
  16. レッドクロス ~女たちの赤紙~

    レッドクロス ~女たちの赤紙~
    評価:C3.47


    ヒューマンドラマ、戦争
    製作年:2015
    製作国:日本
    主演:松嶋菜々子
    16
  17. オズランド 笑顔の魔法おしえます。

    オズランド 笑顔の魔法おしえます。
    評価:C3.47
    出演:波瑠、西島秀俊 他。「海猿」の原案などで知られる小森陽一の小説「オズの世界」を実写映画化。就職が決まったものの田舎の遊園地に配属されてしまった新入社員が、上司や個性的な従業員たちの中で経験を積んでいく。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    素敵な上司や同僚と働ける、なみへいが羨ましい
    何とも言えないほのぼの感が良かったです
    普通に良い。意外に、橋本愛が良い。
    全く嫌味のない、いい映画でした。
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:波多野貴文
    主演:波瑠
    17
  18. 蛇のひと

    蛇のひと
    評価:C3.44
    第2回WOWOWシナリオ大賞を受賞した作品を、『重力ピエロ』の森淳一監督が映画化したサスペンスドラマ。ある男の失踪(しっそう)をきっかけにあぶり出される、人間の宿命や業の深さを映し出す。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    原作◎物語を面白く際立てる配役も逸品☆
    その口車は本当に計算づくだったのか?
    『その人』を作りあげてきたもの
    眩暈がするような新感覚ホラー
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:森淳一
    主演:永作博美
    18
  19. 犬の消えた日

    犬の消えた日
    評価:C3.43


    ヒューマンドラマ、戦争
    製作年:2011
    製作国:日本
    主演:西島秀俊
    19
  20. 春、バーニーズで

    春、バーニーズで
    評価:C3.32


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    グッと来ない下着
    やっと、
    反芻できる良作
    過去を食べる
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:市川準
    主演:西島秀俊
    20
  21. 藏
    評価:C3.31
     宮尾登美子の同名小説を高田宏治が脚色、降旗康男が監督し映画化。新潟の蔵元を舞台に、数奇な運命に翻弄されながらもたくましく生きるヒロインの姿を描く文芸大作。

    ヒューマンドラマ、盲目

    ネット上の声

    原作に負けてしまったか
    子役が惜しい・・・
    困難に負けず
    ドロドロ過ぎることがなくてよかった
    製作年:1995
    製作国:日本
    監督:降旗康男
    主演:浅野ゆう子
    21
  22. Dolls ドールズ

    Dolls ドールズ
    評価:C3.28
     近松門左衛門の“冥途の飛脚”の出番を終えた忠兵衛と梅川の人形が静かに身体をやすめている。なにかを囁いているような二人のその視線の先――。

    恋愛

    ネット上の声

    繋がれた紐の赤は運命の色
    彼岸からのまなざし
    不思議な作品
    見方ひとつでいろいろな感じ方ができる
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:菅野美穂
    22
  23. マナに抱かれて

    マナに抱かれて
    評価:C3.27
    仕事と恋愛に挫折した30歳の女性が、ポリネシアの民族衣装‘パレオ’の輸入販売を成功させるためにハワイに飛ぶ。現地で生活する様々な人々との出会いと雄大な自然を通して次第に癒され、本来の自分を取り戻していくドラマ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    都会人の日常生活について考えさせられる
    癒されました。
    休日に頭からっぽで見てます。
    稀に見る駄作
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:井坂聡
    主演:川原亜矢子
    23
  24. 脳内ポイズンベリー

    脳内ポイズンベリー
    評価:C3.25
    テレビドラマ「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとなの人気コミックを実写映画化。7歳下の男性と年上の男性とのややこしい関係に苦悩するアラサー女性の脳内世界で、さまざまな役割を持つ脳内会議メンバーが討論を繰り広げるという異色の設定で描く。

    コメディ、恋愛、漫画を実写化、小説家

    ネット上の声

    カラフルなイメージだけ残り、ストーリーはあまり印象には残らない作品。
    脳内、ポイズン、ベリー そのままのタイトル通りの内容な恋愛映画
    脳内会議メンバーに幼い女の子がいる理由!
    意外に感銘的気付きが得られる映画だった
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:佐藤祐市
    主演:真木よう子
    24
  25. 大奥

    大奥
    評価:D3.19
    徳川家七代将軍家継の世、大奥では先代将軍の正室・天英院(高島礼子)と将軍の生母・月光院(井川遥)が熾烈(しれつ)な女の闘いを繰り広げていた。若くして大奥一の実力者となった絵島(仲間由紀恵)は、月光院の信頼が厚かったため、天英院派の不満を買っていたが、そんな折、天英院に月光院の許されぬ恋のうわさが届いてしまう。

    時代劇

    ネット上の声

    2006年の邦画バブルを象徴するような映画
    惜しい!役者と脚本と演出さえ良ければ
    見どころは豪華なキャスティング!
    盛り上がりに欠ける展開
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:林徹
    主演:仲間由紀恵
    25
  26. 丘を越えて

    丘を越えて
    評価:D3.16
    作家・猪瀬直樹の小説「こころの王国」を、『火火(ひび)』の高橋伴明監督が映画化した人間ドラマ。文芸ジャーナリズムの基礎を築いた作家・菊池寛と、彼の私設秘書、朝鮮貴族出身の青年の交流を通し、それぞれが激変する時代の波に立ち向かっていく姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    丘を越えて行こっ! 夢と希望に向かってさ
    猪瀬直樹なんて何で使ってんだヨ・・・
    題材が地味というか何というか…
    (本当に)内容がないよぅ。
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:高橋伴明
    主演:西田敏行
    26
  27. 好きだ、

    好きだ、
    評価:D3.15
    互いに相手が好きなのに、「好きだ、」の一言を言えない17才のユウ(宮崎あおい)とヨースケ(瑛太)。しかし、ある出来事をきっかけに2人は会わなくなってしまう。それから17年、34歳のヨースケ(西島秀俊)とユウ(永作博美)は東京で偶然に再会する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    不思議なくらいひきつけられた
    キャストに助けられた映画
    これは個人的な主観が入る
    心に余裕がある時に観たい
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:石川寛
    主演:宮崎あおい
    27
  28. ストロベリーナイト

    ストロベリーナイト
    評価:D3.14
    竹内結子がノンキャリアから警視庁捜査一課の刑事にのし上がったヒロインを熱演したテレビドラマ「ストロベリーナイト」の映画版。誉田哲也原作の人気ミステリー小説「インビジブルレイン」を基に、ある連続殺人事件に絡んだ思いがけない出来事のてん末を描き出す。

    サスペンス

    ネット上の声

    映画はさておき、フジテレビさんに打診。
    姫川玲子の慟哭、菊田和男の優しさ
    降りしきる雨は誰が流す涙か
    プラトニックラブ
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:佐藤祐市
    主演:竹内結子
    28
  29. さよならみどりちゃん

    さよならみどりちゃん
    評価:D3.13
    OLのゆうこ(星野真里)はいいかげんな性格のユタカ(西島秀俊)と付き合っているが、ユタカには「みどりちゃん」という本命の彼女がいた。

    恋愛

    ネット上の声

    なりふりかまってたら、恋なんてできない。
    リアルで良かったです
    冒頭にやられました
    R-15指定
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:古厩智之
    主演:星野真里
    29
  30. 風立ちぬ

    風立ちぬ
    評価:D3.10
    日本アカデミー賞(2014年・最優秀アニメーション作品賞)大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子とある日再会。二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう。

    アニメ、ジブリ

    ネット上の声

    もちはもち屋に任せたほうが良い・・・
    リアリティーとファンタジーの融合
    好きな人に会いたくなりました。
    「人間」宮崎駿の描く人間の物語
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:宮崎駿
    主演:大竹しのぶ
    30
  31. チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像

    チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像
    評価:D3.10
    海堂尊原作の小説を映像化したシリーズの最終章となる医療ミステリー。死因究明システムの一大改革に取り組む主人公たちのもとに舞い込む脅迫状に、死亡事件を絡め、医学界を揺さぶる衝撃が描かれる。

    サスペンス

    ネット上の声

    及第点、だが、大根役者が1人・・・・・・
    テレビシリーズファンのための作品
    バイバイ、バチスタ。
    桐谷美玲
    製作年:2014
    製作国:日本
    主演:仲村トオル
    31
  32. 劇場版 MOZU

    劇場版 MOZU
    評価:D3.07
    逢坂剛のベストセラー小説を基にしたテレビドラマの劇場版。二つの規模の大きな同時テロの捜査にあたる公安警察官の倉木が、事件の背後に存在する謎の人物、ダルマと対峙(たいじ)する。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    ファンサービスそしてMOZU完成
    ドラマが結構面白かったけど、映画で逆に消化不良。
    ドラマがよかった分期待し過ぎた。まあまあ。
    百舌鳥は映画を育てられなかった
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:羽住英一郎
    主演:西島秀俊
    32
  33. 春よこい

    春よこい
    評価:D3.02
    誤って人を死なせた夫が逃亡してから4年、芳枝(工藤夕貴)は必死に働き一家の暮らしを支えていた。9歳になる息子ツヨシ(小清水一揮)は父の帰りを待ち続け、交番に貼られた指名手配写真を見つめて寂しさを紛らわせていた。その姿を目撃した新聞記者・岡本(西島秀俊)が書いた記事は、小さな町に大きな波紋を投げかける。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    見る人の年代で評価が変わるかな^^;
    人生の先輩方、映画館に行こう!
    まあ、そういうことですよ。
    昭和サスペンス劇場
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:三枝健起
    主演:工藤夕貴
    33
  34. 眠り姫

    眠り姫
    評価:D3.00
    ありふれた日常を通し、人間が抱く得体の知れない不安を見つめた異色の映像詩。原作は、夏目漱石の弟子・内田百間が芥川龍之介の死をモチーフにつづった短編小説「山高帽子」を現代に置き換えて描いた山本直樹の同名漫画。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    デートにはダメ、絶対(上級者向き)
    無謀な映画です: 欠如の果てに―?
    なんじゃこりゃ…
    記録として
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:七里圭
    主演:つぐみ
    34
  35. 誘拐

    誘拐
    評価:D2.95


    サスペンス、誘拐

    ネット上の声

    とってもニッチなところを狙った誘拐もの
    ボチボチ
    ツッコミ処満載
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:小林義則
    主演:三上博史
    35
  36. いたいふたり

    いたいふたり
    評価:D2.89
     なつは元看護婦で今は小さい会社に勤めている。涼はまだその思いを捨て切れていない元カメラマン。

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    いたいふたりの愛
    自主製作映画
    今回もダメダメ男の西島さん
    こんな結婚もアリ?
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:斎藤久志
    主演:西島秀俊
    36
  37. 東南角部屋二階の女

    東南角部屋二階の女
    評価:D2.88
    野上(西島秀俊)は会社を辞め、亡き父の借金を祖父(高橋昌也)の土地を売った金で支払うつもりでいた。その土地には、居酒屋のおかみである藤子(香川京子)が経営する古アパートが建っていた。そのアパートに引き寄せられるように、野上を追い突発的に会社を辞めた三崎(加瀬亮)と野上の見合い相手・涼子(竹花梓)もやってきて……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    西島さんや加瀬くんを観る映画ではないです
    普通なのに面白かった。
    立花梓が、いい感じ
    奥行きのある演出で変化する心を捉える
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:池田千尋
    主演:西島秀俊
    37
  38. 雨よりせつなく

    雨よりせつなく
    評価:D2.87
    ファッションモデルとして活躍する田波涼子の映画デビュー作。監督は、日中合同作映画『最後の恋、初めての恋』の当摩寿史。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    切なく歯痒く焦れったい映画
    淡々と流れる恋の日々
    ペーソス溢れる作品
    言葉にできない
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:当摩寿史
    主演:田波涼子
    38
  39. 楳図かずお恐怖劇場 蟲たちの家

    楳図かずお恐怖劇場 蟲たちの家
    評価:D2.82
    ホラーコミックの第一人者として日本漫画界に君臨し続ける楳図かずお原作の6つのホラー短編をオムニバスで映画化。第1弾として本作のほか『絶食』が上映され、第2弾で『まだらの少女』『ねがい』、第3弾で『プレゼント』『DEATH MAKE』が順次公開予定。

    ホラー

    ネット上の声

    カフカの「変身」
    ぐわしっ
    もっとみじかければ・・
    まぁ、原作を読んでる人が見りゃあね・・・
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:黒沢清
    主演:西島秀俊
    39
  40. 三年身籠る

    三年身籠る
    評価:D2.82
    『ナインソウルズ』や『血と骨』などの個性派女優、唯野未歩子が脚本と監督を担当したユーモアいっぱいのファンタジー。妊娠27か月の巨大なお腹を抱える妊婦役に挑戦したのは、お笑いコンビ「オセロ」の中島知子。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    そうそうないことを体験した。
    主演は旦那様。
    こういう映画もありなんでしょうが・・・
    コメディかと思っていたので・・・
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:唯野未歩子
    主演:中島知子
    40
  41. パッチギ! LOVE&PEACE

    パッチギ! LOVE&PEACE
    評価:D2.81
    1974年、アンソン(井坂俊哉)は病気の息子の治療のため、一家で京都から東京に移り住む。妹のキョンジャ(中村ゆり)は芸能プロダクションにスカウトされ、甥の治療費を稼ぐために芸能界入りを決意する。彼女は先輩俳優の野村(西島秀俊)と出会い、彼に恋心を抱く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    日本人と朝鮮人は南部白人と黒人に相似
    自己中な兄と支離滅裂な妹のお話
    柳の下にいつも泥鰌はいない
    だめだこりゃ!!
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:井筒和幸
    主演:井坂俊哉
    41
  42. ニンゲン合格

    ニンゲン合格
    評価:D2.79
    昏睡状態から10年ぶりに目覚めた青年が、家族再生に奮闘する様を描いたニンゲン・ドラマ。監督・脚本は「蜘蛛の瞳」の黒沢清。撮影を「フ・レ・ン・チ・ド・レ・ッ・シ・ン・グ」の林淳一郎が担当している。主演は「冷血の罠」の西島秀俊。第11回東京国際映画祭コンペティション正式参加、第49回ベルリン国際映画祭正式出品作品。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    10年の昏睡から目覚めたら家族は… 設定は面白いと思うが、この家族...
    何を取り戻すのかわからないよ
    目が覚めると家族はバラバラ
    睡眠薬かと思った
    製作年:1999
    製作国:日本
    監督:黒沢清
    主演:西島秀俊
    42
  43. セイジ -陸の魚-

    セイジ -陸の魚-
    評価:D2.79
    辻内智貴のベストセラー小説を原作に、伊勢谷友介が『カクト』以来およそ8年ぶりにメガホンを取ったヒューマン・ドラマ。謎めいたドライブインの店主の男と、彼とその周囲の人々に惹(ひ)かれて店で働くようになった青年の触れ合いを通し、一筋縄ではいかない人と人とのかかわり合いが描かれる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    原作アンチによるセイジという人間像の破壊
    饒舌は困るが 無口はもっと困る。
    やや独りよがりな作品
    衝撃と救済
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:伊勢谷友介
    主演:西島秀俊
    43
  44. サヨナライツカ

    サヨナライツカ
    評価:D2.79
    愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に生きる強く純真な女性を熱演。

    恋愛、不倫

    ネット上の声

    盛り上がりに欠けたまま…
    原作のほうが好き
    何人かがいいと言ってたので、いつも見るジャンルではないが挑戦。 な...
    エリート男性の前に現れた、奔放な運命の恋人
    製作年:2009
    製作国:韓国
    監督:イ・ジェハン
    主演:中山美穂
    44
  45. CUT

    CUT
    評価:D2.76
    カンヌやヴェネチアなどの映画祭で高い評価を得ているイランを代表するアミール・ナデリ監督が、『蛇のひと』『サヨナライツカ』などの西島秀俊を主演に迎えた異色作。東京フィルメックスでの出会いを機に企画がスタートし、脚本に『EUREKA ユリイカ』の青山真治監督が参加。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    殴られます。うっぷん晴らしてね。もち有料
    鑑賞途中で「CUT!」と叫ばないでね!
    仰ることに異論はございませんがね。
    本物の映画を見てと言うけれど
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:アミール・ナデリ
    主演:西島秀俊
    45
  46. ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

    ゲノムハザード ある天才科学者の5日間
    評価:D2.73
    ある日、石神(西島秀俊)は自宅で殺害された妻を見つけてわれを失うが、いきなり鳴り出した電話の音で現実に引き戻される。電話に出ると通話の相手は死んだはずの妻で、彼は混乱したまま警察を装った男たちに追われることに。そんな彼に正体不明の女性記者(キム・ヒョジン)や、彼の妻をかたる謎の女性(真木よう子)らが近づいてきて……。

    サスペンス

    ネット上の声

    記憶は消えても、想い出は残る
    こちら、日韓合作映画です
    韓国が西島秀俊をフォロー
    日韓合作で無理してます
    製作年:2013
    製作国:韓国/日本
    監督:キム・ソンス
    主演:西島秀俊
    46
  47. 海でのはなし。

    海でのはなし。
    評価:E2.63
    出演:宮崎あおい、西島秀俊 他。 自分の育った家庭が虚構だったことに傷ついた少女と、人と関わるのが苦手な男の葛藤(かっとう)を描くラブストーリー。人気バンド、スピッツの楽曲の世界観が出発点となった本作は、大宮エリー監督がスピッツのファンだったことから同企画がスタート。

    恋愛

    ネット上の声

    スピッツなめんな!曲をちゃんと扱え!!
    パスカル
    がっかり
    可愛い
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:大宮エリー
    主演:宮崎あおい
    47
  48. LOFT ロフト

    LOFT ロフト
    評価:E2.56
    『回路』などで世界中から注目される黒沢清監督が、『ドッペルゲンガー』以来3年ぶりに手がけたサスペンス・ホラー。新作執筆のため引っ越した郊外で、ミイラを研究する男と出会ったことから悪夢のような日々を過ごすヒロインを、中谷美紀が好演する。

    ホラー

    ネット上の声

    監督で選んで観たものの・・・
    妙に残念な感じです。
    TVCMでは恐怖映画。実際はコメディでした
    この後の黒沢清について行こうかどうか
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:黒沢清
    主演:中谷美紀
    48
  49. フリージア

    フリージア
    評価:E2.55
    カルト的人気を誇る松本次郎の同名のコミックを『アンテナ』などの異才、熊切和嘉監が大胆にアレンジした近未来バトル映画。ある事件に人生を狂わされ、暴走する男女のドラマをスタイリッシュに見せる。

    アクション

    ネット上の声

    -100℃の熱情<パッション>、それ以前―
    独特の世界観
    玉山ヒロシ
    無表情の美しさ
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:熊切和嘉
    主演:玉山鉄二
    49
  50. メモリーズ・コーナー

    メモリーズ・コーナー
    評価:E2.54
    1995年に起きた阪神・淡路大震災の回顧式典を取材しに、ジャーナリストのアダ(デボラ・フランソワ)は、フランスから神戸にやって来る。彼女は通訳の岡部(西島秀俊)と共に、今ではすっかり復興した街で暮らす被災者たちの家を訪ねて回る。そんなある日、二人は今もなお震災の後遺症に苦しんでいる無口な石田(阿部寛)と出会い……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    阪神大震災ネタでそれやっちゃう?
    デボラ・フランソワが美しい
    ひっそりと公開されてますが
    現実から非現実へ
    製作年:2011
    製作国:フランス
    監督:オドレイ・フーシェ
    主演:デボラ・フランソワ
    50