スポンサーリンクあり

全50作品。西島秀俊が出演した映画ランキング

  1. 劇場版 きのう何食べた?
    • S
    • 4.64
    よしながふみの人気漫画を西島秀俊と内野聖陽の主演でドラマ化して話題となった「きのう何食べた?」を、ドラマ版のキャスト&スタッフで映画化した劇場版。雇われ弁護士の筧史朗(シロさん)とその恋人で美容師の矢吹賢二(ケンジ)にとって、2人でとる夕食の時間が日々の大切なひとときとなっている。ある日、史朗の提案で、賢二の誕生日プレゼントとして京都旅行に行くことに。賢二は京都を満喫していたが、道中に史朗からショックな話を切り出されてしまう。この京都旅行をきっかけに、2人はお互いの心の内を明かすことができなくなってしまい……。シロさん役の西島、ケンジ役の内野をはじめ、山本耕史、磯村勇斗、マキタスポーツ、梶芽衣子らドラマ版のキャスト陣に加え、「SixTONES」の松村北斗が出演。

    ネット上の声

    • 内野聖陽の演技力に驚きつつ、自然と世界観に入り込め、主人公らと将来、そして今を生きる大切さのようなものを考えられる作品。
    • 互いを大事に思う気持ちでこっちまであったかくなる🔥パートナーを自慢したい気持ち、
    • 泣いたし笑ったし心が温かくなった、ドラマも大好きだけど映画版もやっぱり最高でした
    • 録画しといたのやっっっと観られた〜!京都旅行かわいい〜!シロさんこんな仕打ち受け
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督中江和仁
    • 主演西島秀俊
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  2. SELF AND OTHERS
    • A
    • 4.30
    36歳という若さで亡くなった写真家、牛腸茂雄の世界を、様々な視点から見つめる短篇ドキュメンタリー。監督は「まひるのほし」の佐藤真。撮影を「EUREKA」の田村正毅が担当している。16ミリ。

    ネット上の声

    • 牛腸茂雄[ゴチョウシゲオ](1946〜1983)という写真家を知ったのはたまたま
    • 牛腸さんがお姉さんに宛てた手紙の内容を、西島秀俊の声で聴けること贅沢だなあと思っ
    • 幽霊というものは怖いと思えば怖いだろうけど、たましいが彷徨っているという捉え方を
    • 「ある人間にとって世界を生き生きとしたものにするために、あるいは、人がそこに身を
    ドキュメンタリー
    • 製作年2000年
    • 製作国日本
    • 時間53分
    • 監督佐藤真
    • 主演西島秀俊
  3. ドライブ・マイ・カー
    • A
    • 4.25
    村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を、「偶然と想像」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した濱口竜介監督・脚本により映画化。舞台俳優で演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と幸せに暮らしていた。しかし、妻はある秘密を残したまま他界してしまう。2年後、喪失感を抱えながら生きていた彼は、演劇祭で演出を担当することになり、愛車のサーブで広島へ向かう。そこで出会った寡黙な専属ドライバーのみさきと過ごす中で、家福はそれまで目を背けていたあることに気づかされていく。主人公・家福を西島秀俊、ヒロインのみさきを三浦透子、物語の鍵を握る俳優・高槻を岡田将生、家福の亡き妻・音を霧島れいかがそれぞれ演じる。2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞したほか、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞の3つの独立賞も受賞。また、2022年・第94回アカデミー賞では日本映画史上初となる作品賞にノミネートされる快挙を成し遂げたほか、監督賞、脚色賞、国際長編映画賞とあわせて4部門でノミネート。日本映画としては「おくりびと」以来13年ぶりに国際長編映画賞(旧外国語映画賞)を受賞した。そのほか、第79回ゴールデングローブ賞の最優秀非英語映画賞受賞や、アジア人男性初の全米批評家協会賞主演男優賞受賞など全米の各映画賞でも大きく注目を集めた。日本アカデミー賞でも最優秀作品賞はじめ、計8冠に輝いた。

    ネット上の声

    • 多言語の読み合わせで物語が少しずつ動いていくワークショップ
    • 演劇要素や多言語に没入できないもどかしさ
    • 2020年代を代表する、“事件”ともいえる1作
    • 付け髭を外す芝居にしびれた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間179分
    • 監督濱口竜介
    • 主演西島秀俊
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  4. 4

    首
    • A
    • 4.09
    北野武が構想に30年を費やして監督・脚本を手がけ、「本能寺の変」を題材に壮大なスケールで活写した戦国スペクタクル映画。武将や忍、芸人、農民らさまざまな人物の野望と策略が入り乱れる様を、バイオレンスと笑いを散りばめながら描き出す。 天下統一を目指す織田信長は、毛利軍、武田軍、上杉軍、京都の寺社勢力と激しい攻防を繰り広げていた。そんな中、信長の家臣・荒木村重が謀反を起こして姿を消す。信長は明智光秀や羽柴秀吉ら家臣たちを集め、自身の跡目相続を餌に村重の捜索命令を下す。秀吉は弟・秀長や軍師・黒田官兵衛らとともに策を練り、元忍の芸人・曽呂利新左衛門に村重を探すよう指示。実は秀吉はこの騒動に乗じて信長と光秀を陥れ、自ら天下を獲ろうと狙っていた。 北野監督がビートたけし名義で羽柴秀吉役を自ら務め、明智光秀を西島秀俊、織田信長を加瀬亮、黒田官兵衛を浅野忠信、羽柴秀長を大森南朋、秀吉に憧れる農民・難波茂助を中村獅童が演じる。

    ネット上の声

    • 劇場で予告編を観ました
    • 津田 寛治の名前をネットで検索するけど何度検索してもまともな検索結果に辿り着けな
    • I feel like Kitano always is outraged ab
    • ティーザーを見る限り
    時代劇
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間131分
    • 監督北野武
    • 主演ビートたけし
  5. ダブルフェイス 潜入捜査編
    • A
    • 4.04

    ネット上の声

    • 「ディパーテッド」よりもいいリメイク
    • いつのまにか出来てる。
    • 評価が高かったので鑑賞
    • やるじゃん!日本!!
    サスペンス
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督羽住英一郎
    • 主演西島秀俊
    • 定額
  6. ダブルフェイス 偽装警察編
    • A
    • 4.03

    ネット上の声

    • 展開自体はベタっちゃベタだったけど、所々の演出がドキドキハラハラで楽しめた
    • インファナル・アフェア>>>>>ディパーテッド>>>ダブルフェイス
    • 「インファナル・アフェア」の日本版リメイクドラマ
    • インファナル・アフェア3部作を見てから鑑賞
    サスペンス
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督羽住英一郎
    • 主演西島秀俊
    • 定額
  7. ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~
    • B
    • 3.92
    人気料理番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一のデビュー小説を、二宮和也主演、「おくりびと」の滝田洋二郎監督のメガホンで映画化。二宮扮する天才料理人が、歴史の闇に消えてしまった幻のレシピを探す過程で、思いがけない真実が明らかになっていくさまを描く。1930年代、日中戦争前の満州国にやってきた天皇の料理番・山形直太朗は、陸軍からの依頼で112品目から構成される伝説のフルコース「大日本帝国食菜全席」を考案する。しかし、そのお披露目の直前、とある陰謀によって「大日本帝国食菜全席」のレシピはいずこかへと失われ、歴史の闇に消えてしまった。それから70年後の現代、一度食べればどんな味でも再現できる絶対味覚「麒麟の舌」を持ちながら、料理への情熱を失ってしまった天才料理人・佐々木充は、中国料理界の重鎮である楊晴明という老人から、失われたレシピを探して欲しいと依頼される。二宮が主人公・佐々木を演じ、山形役の西島秀俊のほか、綾野剛、宮崎あおい、西畑大吾、竹野内豊らが脇を固める。企画に秋元康が名を連ね、「永遠の0」の林民夫が脚本を担当。

    ネット上の声

    • 帰ってきたウルトラマンの最期のレシピはオムレツ
    • 二宮さんが主役である理由が分かりました
    • 人は皆、誰かのおかげで生かされている!
    • 食べず嫌いで、後悔されませんように!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間126分
    • 監督滝田洋二郎
    • 主演二宮和也
  8. 2/デュオ
    • B
    • 3.84
    ひと組の恋人の微妙な心模様を描いたドラマ。監督は「はなされるGANG」で85年度のぴあフィルムフェスティバルに入選した諏訪敦彦。8度にも渡る推敲を重ねた脚本を捨て、セリフや動きを全て現場で役者の即興芝居に任せた斬新な手法で、初の劇場用映画となるこの作品を完成させた。撮影は「明るい場所」の田村正毅。主演は「FLIRT」の柳愛里と「セラフィムの夜」の西島秀俊。

    ネット上の声

    • すごくいい
    • 2÷2×2
    • 不愉快な男
    • カップルの男性が夢わ諦めようとして?、結婚に逃げたいような、そうじゃないただの八
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1997年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督諏訪敦彦
    • 主演柳愛里
    • レンタル
  9. ニンゲン合格
    • B
    • 3.75
    昏睡状態から10年ぶりに目覚めた青年が、家族再生に奮闘する様を描いたニンゲン・ドラマ。監督・脚本は「蜘蛛の瞳」の黒沢清。撮影を「フ・レ・ン・チ・ド・レ・ッ・シ・ン・グ」の林淳一郎が担当している。主演は「冷血の罠」の西島秀俊。第11回東京国際映画祭コンペティション正式参加、第49回ベルリン国際映画祭正式出品作品。

    ネット上の声

    • 10年の昏睡から目覚めたら家族は… 設定は面白いと思うが、この家族...
    • 邦画ワースト3のうちの一本かも
    • 何を取り戻すのかわからないよ
    • 目が覚めると家族はバラバラ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1999年
    • 製作国日本
    • 時間109分
    • 監督黒沢清
    • 主演西島秀俊
    • レンタル
    • 定額
  10. 人魚の眠る家
    • B
    • 3.70
    人気作家・東野圭吾の同名ベストセラーを映画化し、篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で映画初共演を果たしたヒューマンミステリー。「明日の記憶」の堤幸彦監督がメガホンをとり、愛する娘の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた両親の苦悩を描き出す。2人の子どもを持つ播磨薫子と夫・和昌は現在別居中で、娘の小学校受験が終わったら離婚することになっていた。そんなある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明の状態に陥ってしまう。回復の見込みがないと診断され、深く眠り続ける娘を前に、薫子と和昌はある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく。

    ネット上の声

    • 最初は貞子よりおぞましく、空母いぶきより酷いと思いましたが、しかし
    • 不気味さを象徴するラストシーンの意味とは
    • 人が生きている証とは、自問自答する問題作
    • 題材は悪くない。母性愛も感じるが・・・
    病院(医療モノ)、 社会派ドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督堤幸彦
    • 主演篠原涼子
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  11. レッドクロス ~女たちの赤紙~
    • B
    • 3.65
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演松嶋菜々子
  12. ストロベリーナイト
    • C
    • 3.58
    誉田哲也の人気警察小説シリーズを原作に、女性刑事・姫川玲子の活躍を竹内結子主演で描いたドラマ「ストロベリーナイト」の劇場版。警視庁捜査一課の刑事・姫川玲子率いる姫川班の管轄で連続殺人事件が発生し、警察は合同特別捜査本部を設置する。やがて姫川のもとに「犯人は柳井健斗」という垂れ込み情報が入るものの、上層部から「柳井健斗には触れるな」という不可解な指示が下る。納得できない姫川は単独で捜査を進め、その過程で牧田という男と出会うが……。原作は小説のシリーズ第4作「インビジブルレイン」。

    ネット上の声

    • ドラマも面白かったが 映画はもっと面白かった。 大沢たかおに見入っ...
    • これってテレビのドラマスペシャルのはず
    • 降りしきる雨は誰が流す涙か
    • ドラマを見るその前に――。
    サスペンス
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間106分
    • 監督---
    • 主演竹内結子
  13. 大奥 第一章 スペシャル
    • C
    • 3.53

    ネット上の声

    • 戦国から幕末へ?
    • 大奥すばらしい
    • 御台所・孝子様
    時代劇
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演松下由樹
  14. 風立ちぬ
    • C
    • 3.49
    宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」(2008)以来5年ぶりに手がけた長編作。ゼロ戦設計者として知られる堀越二郎と、同時代に生きた文学者・堀辰雄の人生をモデルに生み出された主人公の青年技師・二郎が、関東大震災や経済不況に見舞われ、やがて戦争へと突入していく1920年代という時代にいかに生きたか、その半生を描く。幼い頃から空にあこがれを抱いて育った学生・堀越二郎は、震災の混乱の中で、少女・菜穂子と運命な出会いを果たす。やがて飛行機設計技師として就職し、その才能を買われた二郎は、同期の本庄らとともに技術視察でドイツや西洋諸国をまわり、見聞を広めていく。そしてある夏、二郎は避暑休暇で訪れた山のホテルで菜穂子と再会。やがて2人は結婚する。菜穂子は病弱で療養所暮らしも長引くが、二郎は愛する人の存在に支えられ、新たな飛行機作りに没頭していく。宮崎監督が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」で連載していた漫画が原作。「新世紀エヴァンゲリオン」の監督として知られる庵野秀明が主人公・二郎の声優を務めた。松任谷由美が「魔女の宅急便」以来24年ぶりにジブリ作品に主題歌を提供。第70回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に選出され、第86回アカデミー賞では長編アニメーション部門にノミネートされるなど、海外でも高い評価と注目を集めた。

    ネット上の声

    • 大空を駆けた夢、儚き命に捧げた純粋な愛。
    • 歴史映画ではなく、夢追う男の人生譚。
    • ジブリであんなに泣いたのは初めてです
    • 今までのジブリ作品と比べてはいけない
    アニメ、 ジブリ
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間126分
    • 監督宮崎駿
    • 主演庵野秀明
  15. 任侠学園
    • C
    • 3.40
    西島秀俊と西田敏行がダブル主演を務め、社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザたちの奮闘を描いた今野敏の人気小説「任侠」シリーズを映画化したコメディ。義理と人情に厚すぎるヤクザ・阿岐本組。社会奉仕に目のない組長は次から次へと厄介事を引き受けてしまい、ナンバー2の日村はいつも振り回されてばかりだった。そんな彼らが、今度は経営不振の高校の建て直しに協力することに。学校には嫌な思い出しかない日村は子分たちを連れて仕方なく学園へ向かうが、そこで彼らを待ち受けていたのは、無気力・無関心な高校生と事なかれ主義の先生たちだった。それでも義理人情の正義を貫こうとする阿岐本組の情熱に、学園内の空気は徐々に変わっていくが……。共演に「フィッシュストーリー」の伊藤淳史、「サバイバルファミリー」の葵わかな、「きょうのキラ君」の葉山奨之。

    ネット上の声

    • 暴力団じゃありません、やくざです!!な任侠ファミリー(組一家)ホームコメディーで
    • 信念に従って筋を通す生き様に心震える映画です。
    • 阿岐本組メンバーのキャスティングの妙
    • 西田敏行の人情味に尽きる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国日本
    • 時間119分
    • 監督木村ひさし
    • 主演西島秀俊
  16. 16

    休暇

    休暇
    • C
    • 3.37
    死刑囚を収容する拘置所で働く刑務官の平井は、シングルマザーの美香と結婚することに。死刑執行の際に死刑囚の支え役を務めれば1週間の休暇がもらえると知った彼は、新婚旅行へ出かけるためにその役を引き受けるが……。「闇にひらめく」などで知られる作家・吉村昭の短編を基に、死刑執行に関わる刑務官の苦悩と葛藤を描き出した社会派ドラマ。出演は「歓喜の歌」の小林薫、「パッチギ!/LOVE&PEACE」の西島秀俊ほか。

    ネット上の声

    • 慣れという言葉に込める「死」への記憶。
    • 劇場で観なかった事を後悔しました。
    • 死刑って、どういうことなんだろう
    • これも、ひとつの「ひとごろし」。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間115分
    • 監督門井肇
    • 主演小林薫
  17. 眠り姫
    • C
    • 3.34
    漫画家・山本直樹が内田百閒の短編小説「山高帽子」を基に描いた同名コミックを、「のんきな姉さん」の異才・七里圭監督が映画化。中学校の非常勤講師・青地は、近頃いくら眠っても寝不足ぎみで学校へ行くのを億劫に感じていた。奇妙な夢を繰り返し見続ける彼女は、やがて現実にまで違和感を覚えるようになり……。夢と現実の境界線を見失っていくヒロインの心象風景を、画面に姿を見せない登場人物の声や気配で描き出していく。西島秀俊が声の出演。2007年に製作・初公開されて以降、ソフト化をせず、映画館での視聴体験にこだわって長年アンコール上映を繰り返し、異例のロングランを記録。2016年11月には、10周年を記念して5.1chサラウンド&HDデジタルリマスター化した「サラウンドリマスター版」が公開。2022年4月にも15周年記念上映としてサウンドリマスター版が劇場公開。

    ネット上の声

    • 映画の懐の深さを知ることができる作品
    • デートにはダメ、絶対(上級者向き)
    • 自質上のラジオドラマ 役者は声のみ
    • 無謀な映画です: 欠如の果てに―?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間80分
    • 監督七里圭
    • 主演つぐみ
  18. 風の電話
    • C
    • 3.28
    「ライオンは今夜死ぬ」の諏訪敦彦監督が、震災で家族を失った少女の再生の旅を描いた人間ドラマ。今は亡き大切な人と思いを繋ぐ電話として、岩手県大槌町に実在する「風の電話」をモチーフに映画化した。8年前の東日本大震災で家族を失い、広島の叔母のもとで暮らす17歳の少女ハル。ある日、叔母が突然倒れ、自分の周りの人が誰もいなくなってしまう不安にかられた彼女は、震災以来一度も帰っていなかった故郷・大槌町へ向かう。豪雨被害にあった広島で年老いた母と暮らす公平や、かつての福島の景色に思いを馳せる今田ら様々な人たちとの交流を通し、ハルは次第に光を取り戻していく。道中で出会った福島の元原発作業員・森尾とともに旅を続けるハルは、「もう一度、話したい」という強い思いに導かれ、故郷にある「風の電話」にたどり着く。主人公ハルを「少女邂逅」のモトーラ世理奈、森尾を西島秀俊が演じる。第70回ベルリン国際映画祭ジェネレーション14プラス部門に出品され、スペシャル・メンション(国際審査員特別賞)を贈られた。

    ネット上の声

    • モトーラ世理奈は早くも邦画界でかけがえのない存在に
    • それぞれの話はいいところもあるが、肝心の風の電話での長回しは、さすがにどうなのと
    • モトーラさん目当てで見たけど、旅の中で出会う人たちはみんな親切だし魅力的で映画と
    • 風の電話は自分自身で生き続ける事を覚悟する場所だと思いました
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間139分
    • 監督諏訪敦彦
    • 主演モトーラ世理奈
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  19. 犬の消えた日
    • C
    • 3.26
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演西島秀俊
  20. 20

    誘拐

    誘拐
    • C
    • 3.11

    ネット上の声

    • とってもニッチなところを狙った誘拐もの
    • ツッコミ処満載
    誘拐、 サスペンス
    • 製作年2009年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小林義則
    • 主演三上博史
  21. 散り椿
    • D
    • 2.95
    名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保15年。藩の不正を訴え出たために藩を追われた瓜生新兵衛。追放後も連れ添い続け、病に倒れた妻・篠は、死の床で最期の願いを新兵衛に託す。それは、新兵衛のかつての友にしてライバルであり、藩追放に関しても大きな因縁を持つ人物・榊原采女を助けてほしいというものだった。妻の願いをかなえるため故郷へ戻った新兵衛は、やがてある確証を得て采女と対峙する。過去の不正事件の真相や妻の本当の思いを知る新兵衛だったが、その裏では大きな力が彼を襲おうとしていた。主人公・新兵衛を岡田准一、かつての友・采女を西島秀俊が演じるほか、黒木華、池松壮亮、麻生久美子ら日本映画界を代表する豪華俳優陣が集結。

    ネット上の声

    • 人物像が薄過ぎ&植物の扱い雑過ぎ
    • 時代劇ファンのじいさんです
    • 動と静がかみ合っていない
    • 監督がいやな予感的中
    時代劇
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間112分
    • 監督木村大作
    • 主演岡田准一
    • レンタル
    • 定額
  22. 空母いぶき
    • D
    • 2.79
    「沈黙の艦隊」で知られるかわぐちかいじ原作のベストセラーコミック「空母いぶき」を、西島秀俊と佐々木蔵之介の共演で実写映画化。国籍不明の軍事勢力から攻撃を受ける中、それぞれの立場で国民の命と平和を守るため奔走する者たちの姿を描く。世界が再び「空母の時代」に突入した20XX年。日本の最南端沖で国籍不明の軍事勢力が領土の一部を占拠し、海上保安庁の隊員を拘束する事態が発生。未曾有の緊張感に包まれる中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とした護衛艦群を現場に派遣するが……。西島が、航空自衛隊のパイロットとしての実績を買われていぶき艦長に抜擢された秋津竜太、佐々木が、海上自衛隊の生え抜きながら副長に甘んじる新波歳也を演じる。監督は「沈まぬ太陽」「ホワイトアウト」などの大作を手がけてきた若松節朗。脚本は「機動警察パトレイバー」の伊藤和典と「亡国のイージス」の長谷川康夫。「ローレライ」「亡国のイージス」などで知られる作家の福井晴敏が企画に携わっている。

    ネット上の声

    • 原作は全く読まず、映画の予告編で興味を持ち鑑賞しました。 自衛隊や...
    • 逃亡時に名前コロコロ変える人が絶賛してるね
    • 国を守る自衛隊の優れたアクセルとブレーキ
    • 原作をめちゃくちゃにした最悪の作品。
    サスペンス
    • 製作年2019年
    • 製作国日本
    • 時間134分
    • 監督若松節朗
    • 主演西島秀俊
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  23. 劇場版 奥様は、取り扱い注意
    • E
    • 2.70
    ある出来事で記憶喪失になった伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、夫の勇輝(西島秀俊)と共に桜井久実と裕司に名を変え、地方都市の珠海市で新しい生活を送っていた。ここは新エネルギー源「メタンハイドレード」の発掘でにぎわう一方、海を守ろうとする開発反対派と市長ら推進派の争いが激しさを増していた。さらに開発の裏で、国家レベルの陰謀がうごめいていた。

    ネット上の声

    • 格闘アクションは良い 話はいまいち
    • 綾瀬さん、西島さんは最高だが、
    • ドラマの良さがまったく無い。
    • ガッカリ、楽しみにしてたのに
    サスペンス、 アクション
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間119分
    • 監督佐藤東弥
    • 主演綾瀬はるか
  24. カナリア
    • E
    • 2.60
    「害虫」「黄泉がえり」の塩田明彦監督が、オウム真理教事件をモチーフに描く話題作。カルト教団に入信した母に連れられて、妹と共に教団の施設で育った12歳の少年、光一。教団はテロ事件を起こして解散し、母は行方知れずになり、光一は児童相談所に預けられるが、祖父母に引き取られた妹を取り戻すために施設を脱走。その道中、援助交際をする少女、由希と出会い、一緒に旅するようになる。

    ネット上の声

    • 「愛のむきだし」+「ヒミズ」だったりする
    • カルト教団×谷村美月×少年少女の旅立ち
    • 圧巻!谷村美月・・・恐るべき14才
    • 絶望の果てに 見つけた希望
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国日本
    • 時間132分
    • 監督塩田明彦
    • 主演石田法嗣
    • 定額
  25. セラフィムの夜
    • E
    • 2.58
    医学上、自分が実は男であったことを知らされた女と、韓国と日本のハーフの男という、自らのアイデンティティーについて悩み、彷徨するふたりの人間を中心に展開されるドラマ。監督は「愛の新世界 Le_Nouveau_Monde_Amoureux」の高橋伴明。原作は花村萬月の同名小説で、これを「おさな妻(1980)」の鹿水晶子と剣山象(高橋監督のペンネーム)のふたりが脚色している。撮影は「勝手に死なせて!」の長田勇市。主演は「極道の妻たち 赫い絆」の大沢逸美と「三たびの海峡」の白竜。タイトルのセラフィムとは、熾天使、即ち九天使の最上位、最高の愛の焔の所持者のことをさす。R指定。
    サスペンス
    • 製作年1996年
    • 製作国日本
    • 時間104分
    • 監督高橋伴明
    • 主演大沢逸美
  26. オズランド 笑顔の魔法おしえます。
    • E
    • 2.57
    波瑠と西島秀俊の共演で、「海猿」や「S 最後の警官」の原作者としても知られる小森陽一の人気小説「オズの世界」を映画化。超一流ホテルチェーンに就職しながら系列の地方遊園地への配属という不本意な辞令を受けてしまった波平久瑠美。落胆する彼女を迎える広大な田園風景とそこに突如出現する遊園地。そして遊園地で彼女を待っていたのは、これまでに数々の企画を成功させ、「魔法使い」の異名をとる天才社員・小塚慶彦と個性的過ぎる従業員たちだった。憂鬱な気持ちで遊園地での業務にあたる久瑠美だったが、各支社で目覚しい成果を上げたMVP社員は、好きな部署への異動希望を出せることを知り、MVP社員を目指して仕事に邁進するが……。久瑠美役を波瑠、小塚役を西島がそれぞれ演じる。脚本は「ヒロイン失格」の吉田恵里香。監督は数々のテレビドラマや「SP」の劇場版2部作などを手がけた波多野貴文。

    ネット上の声

    • 働く人は共感必至。笑って泣けるお仕事成長ムービー!!
    • 素敵な上司や同僚と働ける、なみへいが羨ましい
    • 働く人は共感必至。笑って泣ける成長ムービー
    • 何とも言えないほのぼの感が良かったです
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督波多野貴文
    • 主演波瑠
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  27. すべては夜から生まれる
    • E
    • 2.57
    夜のカフェで知り合い、交差してゆく二組の恋人たちの行方を描いたドラマ。監督は、本作が初の劇場用作品となる甲斐田祐輔。脚本は木田真。撮影を星野有樹が担当している。出演は、「いたいふたり」の西島秀俊、「白痴」の甲田益也子、川口潤、「夢を追いかけて」の水沢螢。

    ネット上の声

    • バーボンを一杯くれないかい。
    • 夜の閉塞感。
    • TSUTAYA高田馬場店が3年ぶりに使えるようになったのでずっと観たかった映画が
    • 芦澤明子が撮ったのかな?って思ったぐらい『UNloved』的な画面から漂う200
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国日本
    • 時間79分
    • 監督甲斐田祐輔
    • 主演西島秀俊
  28. アートフル・ドヂャース
    • E
    • 2.55
    夢を追い求め、ニューヨークで奮闘する若者たちの姿を描いた青春ドラマ。監督・脚本は保田卓夫で、本作が本編デビュー作。撮影に「鉄塔武蔵野線」の渡部眞があたっている。主演は「イグナシオ」のいしだ壱成。

    ネット上の声

    • シアター•ブルックの佐藤タイジがNYCの道端でギターを弾いてたのしか覚えてないで
    • 90年代のジャームッシュ映画に混ぜ込んでも違和感なく馴染むと思う
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1998年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督保田卓夫
    • 主演いしだ壱成
  29. ラストシーン
    • E
    • 2.55
    映画撮影の舞台裏を背景に、映画を愛する人々、そして映画に携わる人々の絆を描いた人間ドラマ。監督は、日活撮影所に助監督として入社し、撮影所システムで育った最後の世代とも言える「リング」「仄暗い水の底から」の中田秀夫。出演は麻生久美子、西島秀俊。

    ネット上の声

    • 人生のラストシーンは切ないけど・・・。
    • 麻生久美子さん目当てでレンタル💿
    • 日本映画への静かなオマージュ
    • 中田版「アメリカの夜」?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督中田秀夫
    • 主演西島秀俊
  30. 蛇のひと
    • E
    • 2.55
    第2回WOWOWシナリオ大賞に輝いた脚本を、永作博美&西島秀俊主演で映像化したヒューマン・サスペンス。部長の自殺と時を同じくして姿をくらませた課長・今西の行方を探すことになったOLの陽子。調査を続けるうち、彼女はよく知っていたはずの今西の人物像に疑問を抱きはじめる。「Laundry」「重力ピエロ」の森淳一監督がメガホンを取り、美しくも悲しい人間の“業”をみずみずしい映像美で描き出していく。

    ネット上の声

    • 原作◎物語を面白く際立てる配役も逸品☆
    • その口車は本当に計算づくだったのか?
    • 不気味だけどラストはさわやか。
    • 『その人』を作りあげてきたもの
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間101分
    • 監督森淳一
    • 主演永作博美
    • レンタル
    • 定額
  31. ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン
    • E
    • 2.50

    ネット上の声

    • 映画じゃないけど
    • 原作も読んでる側からすればちょっと雑に扱いすぎじゃないかな、、と思うところもあっ
    • 姫川班解散後、それぞれの場所での事件が描かれた短編ストーリー
    • ストロベリーナイトはやっぱりサウンドと竹内結子が最高に好き
    サスペンス
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演竹内結子
  32. ストロベリーナイト
    • E
    • 2.48
    誉田哲也の人気警察小説シリーズを原作に、女性刑事・姫川玲子の活躍を竹内結子主演で描いたドラマ「ストロベリーナイト」の劇場版。警視庁捜査一課の刑事・姫川玲子率いる姫川班の管轄で連続殺人事件が発生し、警察は合同特別捜査本部を設置する。やがて姫川のもとに「犯人は柳井健斗」という垂れ込み情報が入るものの、上層部から「柳井健斗には触れるな」という不可解な指示が下る。納得できない姫川は単独で捜査を進め、その過程で牧田という男と出会うが……。原作は小説のシリーズ第4作「インビジブルレイン」。

    ネット上の声

    • 姫川は自分勝手なただの非常識人間でした。
    • フジテレビへのバッシングにうんざり・・・
    • 映画はさておき、フジテレビさんに打診。
    • 姫川玲子の慟哭、菊田和男の優しさ
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間127分
    • 監督佐藤祐市
    • 主演竹内結子
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  33. 楳図かずお恐怖劇場 蟲たちの家
    • E
    • 2.48
    楳図かずお原作による短編コミック6作品を映像化したオムニバス映画「楳図かずお恐怖劇場」の1編として、「回路」の黒沢清監督がメガホンを取ったホラー作品。自分に好意を寄せている後輩・羽奈子に、「妻が人間でなくなった」と相談を持ちかけた蓮司。それが自分の妄想かどうか確かめてもらうため、羽奈子を自宅へと案内する蓮司だったが……。出演は「帰郷」の西島秀俊、「SF サムライ・フィクション」の緒川たまきほか。

    ネット上の声

    • 原作に忠実ではあるが、黒沢清らしい静かな恐怖演出によりそこまで大袈裟さは無くて地
    • まぁ、原作を読んでる人が見りゃあね・・・
    • このシリーズの中では
    • カフカの「変身」
    ホラー
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督黒沢清
    • 主演西島秀俊
  34. 丘を越えて
    • E
    • 2.48
    「真珠婦人」「父帰る」等で知られる作家であり、文藝春秋社を創業して社長を務め、芥川賞・直木賞を創設した菊池寛。その生誕120年、没後60年を期に製作された、菊池とその周辺の人々を描く人間ドラマ。舞台は昭和初期の東京。女学校を卒業し、知人の紹介で文藝春秋社の面接を受けた細川葉子(池脇千鶴)は社長の菊池寛(西田敏行)の目に留り、菊池の個人秘書として働き始める。監督は「光の雨」「火火」の高橋伴明。

    ネット上の声

    • 丘を越えて行こっ! 夢と希望に向かってさ
    • 猪瀬直樹なんて何で使ってんだヨ・・・
    • 題材が地味というか何というか…
    • 可愛くて、解りやすい文芸映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間114分
    • 監督高橋伴明
    • 主演西田敏行
  35. Dolls ドールズ
    • E
    • 2.48
    北野武監督第10作。近松門左衛門の人形浄瑠璃「冥途の飛脚」の舞台で幕を開け、その舞台で死への旅に出る男女の人形が、観客を3つの愛の物語へと誘っていく。監督は「日本の四季」を描くことをも構想、撮影は北野組の常連で、近年では「バトル・ロワイアル」「GO」を手がけた柳島克巳が担当。音楽も北野組の久石譲。衣装はヨウジヤマモト。往年の美人女優、松原智恵子、吉沢京子の久々の映画出演も話題。

    ネット上の声

    • 権現堂の桜並木に、あらためて心を奪われる
    • 真っ直ぐに生きることの難しさ。
    • 意外にも爆笑シーンが満載でした
    • 繋がれた紐の赤は運命の色
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国日本
    • 時間113分
    • 監督北野武
    • 主演菅野美穂
  36. 菜の花配達便
    • E
    • 2.46
    私設郵便局をめぐる人と人、心と心のふれあいについて語ったハートウォーミング・コメディ。監督は「まんだら屋の良太」の石山昭信。脚本はつかこうへいが自らの原作『菜の花郵便局』を下敷きに執筆し、撮影を森隆吉が担当している。主演は「セラフィムの夜」の西島秀俊と、「白鳥麗子でございます!」の小松千春。16ミリからのブローアップ。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1996年
    • 製作国日本
    • 時間101分
    • 監督石山昭信
    • 主演西島秀俊
  37. さわこの恋 1000マイルも離れて
    • E
    • 2.40
    コンプレックスを持った脚タレントの女性と、追いつめられた売れっ子脚本家との恋を描く恋愛ドラマ。アメリカ出身のポップス・シンガー、キンバリー・フランクの曲をモチーフとしている。監督・脚本は「真夏の地球」の村上修。主演は「大江戸浮世風呂譚 卍舞」の喜多嶋舞。共演は「マークスの山」の西島秀俊。

    ネット上の声

    • 和製イーサン・ホークが西村和彦なら、和製ユマ・サーマンは喜多嶋舞
    • 映像は古めかしいし、役者さんは初々しい感じ
    • 〖1990年代映画:ラブストーリー〗
    • 美脚コンプレックスの女と、
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1995年
    • 製作国日本
    • 時間104分
    • 監督村上修
    • 主演喜多嶋舞
    • 定額
  38. 38

    帰郷

    帰郷
    • E
    • 2.36
    ひょんなことから元恋人の子どもと過ごすことになってしまった男が、戸惑いながらも絆を深めていく姿を描いたハートウォーミングドラマ。再婚することになった母親の結婚式に出席するため故郷を訪れた晴男は、かつての恋人・深雪と久々に再会する。ところが、なぜか深雪は幼い娘チハルを残して姿を消してしまい……。主演は「Dolls(ドールズ)」の西島秀俊。共演に「ハッシュ!」以来2年ぶりの女優復帰となる片岡礼子。

    ネット上の声

    • 同じタイトルの違う『帰郷』を見てしまった
    • 奇跡の映像・・瞬時に湧上る感動・・(涙)
    • いい加減に生きられない男の肩から見た空
    • 西島秀俊演じる晴男が愛らしい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国日本
    • 時間82分
    • 監督萩生田宏治
    • 主演西島秀俊
    • レンタル
  39. いたいふたり
    • E
    • 2.34
    お互いの肉体的な痛みを共有する夫婦が、互いの気持ちを見つめ直していく姿を描いた異色のラブ・ストーリー。監督は「サンデイ ドライブ」「フレンチドレッシング」の斎藤久志。撮影をAV界の異端・平野勝之が手がける。主演は西島秀俊と唯野未歩子。

    ネット上の声

    • 今回もダメダメ男の西島さん
    • こんな結婚もアリ?
    • いたいふたりの愛
    • 『痛みを分かち合う』という結婚の誓いの言葉通り、お互いに起こった物理的痛みを感じ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国日本
    • 時間112分
    • 監督斎藤久志
    • 主演西島秀俊
  40. さよならみどりちゃん
    • E
    • 2.29
    恋人のいる男を好きになってしまった少女の揺れる心情を繊細に追う恋愛映画。漫画家・南Q太の傑作コミックを「まぶだち」の古厩智之監督が映像化。ヒロインを映画初主演の星野真里、男を「帰郷」の西島秀俊が演じる。

    ネット上の声

    • 壊れやすいガラスの心を持つ同士の恋愛は面倒くさい
    • なりふりかまってたら、恋なんてできない。
    • 星野さんの事務所は何を考えているのだろう
    • 日常の中のキラキラとギラギラ。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督古厩智之
    • 主演星野真里
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  41. 冷血の罠
    • E
    • 2.28
    渋谷区桜ヶ丘を舞台に、ひとりの女性の自殺の原因を巡って、因縁ある2人の男が対峙するサイコ・ミステリー。監督は「汚れた女」の瀬々敬久。藤原智美による原作『恋する犯罪』を、「百年の絶唱」の井土紀州と瀬々が共同脚色。撮影を「修羅がゆく7 四国烈死篇」の林淳一郎が担当している。主演は「借王4」の哀川翔と「アートフルドヂャーズ」の西島秀俊。

    ネット上の声

    • 探偵に扮した哀川翔兄貴が妹を殺した犯人を追うという物語だが、黒沢清作品のような「
    • セリフに関して言えば90年代映画なんかわりとどこの国でもこんなもんというところは
    • 哀川翔でも西島秀俊でもなく、黒沢あすか目当てで…笑
    • 全編に渡って黒沢清×哀川翔作品を匂わせる雰囲気
    サスペンス
    • 製作年1998年
    • 製作国日本
    • 時間99分
    • 監督瀬々敬久
    • 主演哀川翔
  42. 真木栗ノ穴
    • E
    • 2.28
    山本亜紀子のホラー小説「穴」を、「体育館ベイビー」「同級生」の深川栄洋監督が映画化。主演は西島秀俊。築40年の安アパートに暮らす作家の真木栗は、官能小説を依頼されるもアイデアが浮かばない。そんなある日、隣の空き部屋をのぞくことが出来る穴を見つけた真木栗は、そこに若い女が引越してくることを妄想し、それをもとに小説を書き始める。やがて、その空き部屋に本当に女が引越しきて、その生活をのぞき見る真木栗は女の虜になっていく……。

    ネット上の声

    • ボロアパートに住む貧乏作家が壁に穴を見つけて覗いてみると…
    • ホラーに見えて、実は恋愛映画かもしれない
    • 隅に置けない、不思議な大人のファンタジー
    • うわ゛〜、あ・・穴が、穴がぁ・・(笑)
    サスペンス
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督深川栄洋
    • 主演西島秀俊
    • 定額
    • レンタル
    • レンタル
    • 定額
  43. 春よこい
    • E
    • 2.22
    佐賀県唐津市で母と暮らす少年ツヨシは、4年前に殺人を犯し逃亡中の父をいまだに慕っている。父の指名手配写真に手を触れるツヨシを目撃した新聞記者・利夫は、その場面をカメラに収め感動話として地元紙に掲載。しかし記事は町に思わぬ波紋を呼び……。「オリヲン座からの招待状」の三枝健起監督が、逃亡犯の父を待ち続ける母子の姿を通して家族の絆を描いた人間ドラマ。ツヨシの母・芳枝を「SAYURI」などの国際派女優・工藤夕貴が好演。

    ネット上の声

    • 見る人の年代で評価が変わるかな^^;
    • 人生の先輩方、映画館に行こう!
    • 感動して泣いてしまいました
    • まあ、そういうことですよ。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間108分
    • 監督三枝健起
    • 主演工藤夕貴
  44. マナに抱かれて
    • E
    • 2.21
    仕事にも恋にも行き詰まった女性が、ハワイの人々や自然との交流の中で再生していく姿を描いた癒し系ドラマ。監督は「ミスター・ルーキー」の井坂聡。鈴木律子の原案を基に、鈴木自身と井坂監督が共同で脚本を執筆。撮影を「ミスター・ルーキー」の佐野哲郎が担当している。主演は「旋風の用心棒」の川原亜矢子。

    ネット上の声

    • ハワイ予習のためDVD購入✧私にとってのハワイのイメージは、大学生くらいの時に観
    • 都会人の日常生活について考えさせられる
    • 休日に頭からっぽで見てます。
    • 癒されました。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督井坂聡
    • 主演川原亜矢子
  45. 45

    藏
    • E
    • 2.19
    大正から昭和にかけての20年にも及ぶ変転を、多彩な人間模様を通して描いた文芸ドラマ。監督は「新・極道の妻たち 惚れたら地獄」の降旗康男。原作は、東映京都撮影所での映画化が、「鬼龍院花子の生涯」に始まって「陽暉楼」「序の舞」「櫂」「夜汽車」「寒椿」と続いてこれが7作目にあたる宮尾登美子。主演は「わが愛の譜 滝廉太郎物語」の浅野ゆう子と、これが映画デビューとなる一色紗英。また松方弘樹が共演のほか、自らエグゼクティブ・プロデューサーもつとめている。

    ネット上の声

    • 原作に負けてしまったか
    • 子役が惜しい・・・
    • 困難に負けず
    • 降旗康男監督作品「鉄道員」で高倉健の去りゆく男の魅力を描ききった監督ですが本作
    盲目、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1995年
    • 製作国日本
    • 時間130分
    • 監督降旗康男
    • 主演浅野ゆう子
    • レンタル
    • 定額
  46. 46

    大奥

    大奥
    • E
    • 2.18
    江戸城大奥の女たちの壮絶な愛憎劇を描いたフジテレビ系の人気ドラマを、仲間由紀恵主演で映画化。江戸幕府7代将軍・家継の時代。大奥総取締の絵島は女中たちから信頼を得ていたが、歌舞伎役者の生島新五郎と運命の出会いを果たし、禁断の恋に落ちていく。共演はTVドラマにも出演していた松下由樹、浅野ゆう子ら。監督もTVシリーズ同様、林徹が担当。

    ネット上の声

    • 幕府の勢力争いの渦中にある大奥。 その中で起こる「絵島生島事件」は...
    • 2006年の邦画バブルを象徴するような映画
    • 惜しい!役者と脚本と演出さえ良ければ
    • 改めて思った仲間さんの「大奥」主役
    時代劇
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間126分
    • 監督林徹
    • 主演仲間由紀恵
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  47. 劇場版 MOZU
    • E
    • 2.17
    逢坂剛氏のハードボイルド小説「百舌」シリーズを原作に、TBSとWOWOWが共同製作、リレー形式で放送した人気ドラマ「MOZU」の劇場版。ドラマ版に続き、主演の西島秀俊や香川照之、真木よう子ら豪華キャストが出演し、最大の敵となる悪役ダルマにビートたけしが扮する。妻の死の謎を追っていた公安警察官の倉木は、警察の内部に巣くう闇を明らかにした。しかし、それは恐るべき陰謀の氷山の一角にすぎなかった。ある時、高層ビルが占拠・爆破され、ペナム共和国の大使館が襲撃されるという2つの大規模テロ事件が同時発生。暗殺専門の殺し屋・権藤を中心とするテログループの犯行だったが、権藤らの裏には日本の犯罪史に残る重大事件を裏で操ってきた「ダルマ」と呼ばれる存在があった。

    ネット上の声

    • 意味がよく分からない。 あと松坂桃李のキャラがそこまでいかれてない...
    • ドラマの劇場版 あるある 話しでかくしすぎ とにかく 海外ロケやテ...
    • 映画以前に物語として成立していません。
    • ドラマファンは見る価値の全く無い駄作
    アクション
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間116分
    • 監督羽住英一郎
    • 主演西島秀俊
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  48. 春、バーニーズで
    • E
    • 2.17
    30代の会社員・筒井は、バツイチ子持ちの瞳と結婚。瞳の家族とも仲が良く、結婚生活は順調に思えた。だが、家族で訪れたバーニーズ・ニューヨークで、若いときに同棲していたオカマと再会。その変わった過去を妻に話してしまう。

    ネット上の声

    • グッと来ない下着
    • 過去を食べる
    • 原作読んだの何年前だったっけか?今はもう見ることの出来ない東京の景色が満載
    • AmazonPrimeから激推しされまくっててうるさいから観てみた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督市川準
    • 主演西島秀俊
    • レンタル
    • 定額
  49. 脳内ポイズンベリー
    • E
    • 2.16
    「失恋ショコラティエ」で知られる漫画家・水城せとなの同名コミックをもとに、年下男性に翻弄されるアラサー女性の苦悩を、彼女の脳内にある5つの思考を擬人化して描いたラブコメディ。携帯小説の作家として生計を立てている櫻井いちこは、飲み会で出会って以来気になっていた青年・早乙女と偶然にも再会を果たす。彼女の頭の中では、「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」という5つの思考がせめぎあい、声を掛けるか否かで会議を繰り広げはじめる。その結果、早乙女を食事に誘ったいちこは彼の部屋にまで押しかけて肉体関係を結び、やがて2人は付きあうことになるが……。真木よう子が優柔不断な主人恋いちこを演じるほか、脳内メンバーにも西島秀俊、神木隆之介ら人気俳優がそろう。監督は「キサラギ」「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。

    ネット上の声

    • カラフルなイメージだけ残り、ストーリーはあまり印象には残らない作品。
    • 脳内、ポイズン、ベリー そのままのタイトル通りの内容な恋愛映画
    • 脳内会議メンバーに幼い女の子がいる理由!
    • 不毛な恋をしている人の背中を押してくれる
    漫画を実写化、 小説家、 恋愛、 コメディ
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間121分
    • 監督佐藤祐市
    • 主演真木よう子
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  50. クリーピー 偽りの隣人
    • E
    • 2.16
    「岸辺の旅」でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢清監督が、日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の小説「クリーピー」を実写映画化したサスペンススリラー。「東南角部屋二階の女」で長編監督デビューした池田千尋と黒沢監督が共同脚本を手がけ、奇妙な隣人に翻弄されるうちに深い闇に引きずり込まれていく夫婦の恐怖を、原作とは異なる映画オリジナルの展開で描き出す。元刑事の犯罪心理学者・高倉は、刑事時代の同僚である野上から、6年前に起きた一家失踪事件の分析を依頼され、唯一の生き残りである長女の記憶を探るが真相にたどり着けずにいた。そんな折、新居に引っ越した高倉と妻の康子は、隣人の西野一家にどこか違和感を抱いていた。ある日、高倉夫妻の家に西野の娘・澪が駆け込んできて、実は西野が父親ではなく全くの他人であるという驚くべき事実を打ち明ける。主人公の犯罪心理学者を西島秀俊、不気味な隣人を香川照之が演じるほか、竹内結子、東出昌大ら豪華キャストが集結。

    ネット上の声

    • に、西島秀俊ってヘタクソなんだな!見事な棒読みのおかげで、香川照之...
    • やめとけ、お前ごときにはわからないから
    • 西島秀俊の方が、香川照之より怖い説
    • めちゃくちゃ出来が良いサイコホラー
    サスペンス
    • 製作年2016年
    • 製作国日本
    • 時間130分
    • 監督黒沢清
    • 主演西島秀俊
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。