全17作品。松たか子が出演した映画ランキング

  1. ゲキ×シネ「メタルマクベス」

    ゲキ×シネ「メタルマクベス」
    評価:S4.12
    シェイクスピア作品の「マクベス」を、現代音楽に乗せて作り上げた新感覚のミュージカルを映像化。現代感覚あふれるカリスマ“クドカン”こと宮藤官九郎が脚色を担当し、劇団☆新感線とのコラボレーションが実現した。

    ゲキ×シネ

    ネット上の声

    面白くて当然、笑って当然(いい意味で)
    歓喜のため息でメタルをブッ放せ!
    松たか子を見るなら舞台に限る!
    ゲキ×シネ初体験は、衝撃的。
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:前嶋輝
    主演:内野聖陽
    1
  2. 隠し剣 鬼の爪

    隠し剣 鬼の爪
    評価:A3.87
    幕末。片桐宗蔵(永瀬正敏)は昔、自分の家に奉公していたきえ(松たか子)と再会する。商家に嫁いだきえはやせ細り、無残な姿だった。妹(田畑智子)から彼女のひどい境遇を聞いた宗蔵はたまらず、彼女を助け出すが……。

    恋愛、時代劇、幕末

    ネット上の声

    『たそがれ清兵衛』から2年。山田洋次監督による藤沢周平原作の第2弾作品が公開。
    「たそがれ清兵衛」に似すぎ、でも松たか子はえらい
    之は時代劇。様式美で御座候。
    日本映画界に残った最後の良心
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:永瀬正敏
    2
  3. 告白

    告白
    評価:A3.82
    日本アカデミー賞(2011年・3部門)2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐(ふくしゅう)を描くミステリー。『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督がメガホンを取り、事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラマを作り上げた。

    サスペンス、復讐、中学校

    ネット上の声

    純粋に面白かったと思う
    劇的に描かれた空虚
    定期的に見たくなる
    なんてね。
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:中島哲也
    主演:松たか子
    3
  4. K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

    K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝
    評価:B3.74
    江戸川乱歩の小説に登場するダークヒーロー、怪人二十面相の真相に迫るアクション・エンターテインメント。北村想の「完全版 怪人二十面相・伝」を原案に、「アンフェア」などを手掛けた佐藤嗣麻子監督が現代風のアレンジで映像化した。

    アクション

    ネット上の声

    書きたい書きたい書きたい書きたい書き
    邦画における娯楽作品の新しい幕開け
    待ちに待った国産の本格痛快娯楽活劇
    期待しないで見るべし。
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:佐藤嗣麻子
    主演:金城武
    4
  5. 東京日和

    東京日和
    評価:B3.71
     「無能の人」の竹中直人が、写真家荒木経惟と妻陽子さんとの共著『東京日和』をモチーフに映画化したセンチメンタルなラブ・ストーリー。写真家の島津は、妻ヨーコが亡くなり、写真集『東京日和』を出版する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    誰もが持つ愛する人への想いのふり幅
    ポートレートに写るもの・・・
    アラーキーとヨーコの物語
    アラーキーの純真
    製作年:1997
    製作国:日本
    監督:竹中直人
    主演:竹中直人
    5
  6. 広島 昭和20年8月6日

    広島 昭和20年8月6日
    評価:B3.70


    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    幸せ、不幸さえ終わらせる力。
    どうかな?☆3
    むごすぎる。
    悲しい
    製作年:2005
    製作国:日本
    主演:松たか子
    6
  7. 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    評価:B3.67
    日本アカデミー賞(2008年・3部門)リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化。監督を『さよなら、クロ』の松岡錠司、脚本をリリーと同郷の松尾スズキが担当し、社会現象的なブームにまでなった原作の映画化に挑んだ。

    ヒューマンドラマ、実話

    ネット上の声

    本当に満足なのか、リリー・フランキー
    満を持しての真打登場は映画しています
    20140101-203000-新春シネマ指定席 「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」
    話の着地点に迷いを感じるが、家族愛を描いた秀作
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:松岡錠司
    主演:オダギリジョー
    7
  8. 四月物語

    四月物語
    評価:C3.53
    「Love Letter」「スワロウテイル」の岩井俊二が、本作が映画初主演となる松たか子演じる女子大生の淡い恋心を描いた青春ドラマ。北海道の親元を離れ、大学に通うために上京した卯月。新しい人々との出会いなど小さな冒険の中で、卯月は東京の生活に少しずつ慣れていく。そんな彼女には、憧れの先輩と同じ大学を選んだという人には言えない不純な動機があった。

    ヒューマンドラマ、北海道が舞台

    ネット上の声

    あなたの「四月物語」はどんな物語ですか?
    誰の心にも「懐かしい」作品
    中途半端かもしれないけど。
    桜の季節にぴったりの映画
    製作年:1998
    製作国:日本
    監督:岩井俊二
    主演:松たか子
    8
  9. 大鹿村騒動記

    大鹿村騒動記
    評価:C3.52
    TAMA映画賞(2011年・特別賞)南アルプスのふもとにある長野県大鹿村でシカ料理店を営む風祭善(原田芳雄)は、300年以上の歴史を持つ村歌舞伎の花形役者。公演を間近に控えたある日、18年前に駆け落ちした妻・貴子(大楠道代)と幼なじみの治(岸部一徳)が現れる。脳に疾患を抱え記憶を失いつつある貴子をいきなり返され戸惑う善だったが……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    大イベント・歌舞伎はギクシャクした人間関係をも呑み込んでくれる村の浄化剤
    舞台に上がるのは逃げているのではない。戦っているのだ。
    人生を喜劇に変えるのが演劇と役者の力だ!
    原田芳雄さんの遺作。もっと見たかった!!
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:阪本順治
    主演:原田芳雄
    9
  10. ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜

    ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜
    評価:C3.45
    2009年に、生誕100年を迎える文豪・太宰治の同名短編小説を、『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が映画化した文芸ドラマ。戦後の混乱期を背景に、道楽ざんまいの小説家の夫に振り回されながらも、明るくしなやかに生きていく女性の姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    生き続けることの意味を考えさせられる
    どこに愛があるのでしょうか…
    松にあって広末には無いもの
    ぴったりな二人
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:根岸吉太郎
    主演:松たか子
    10
  11. HERO

    HERO
    評価:C3.44
    2001年にフジテレビ系列で放送され、同局歴代ナンバーワン大ヒットドラマとなった「HERO」の劇場版。初の映画版では、ある傷害致死事件をめぐる巨大な陰謀劇に、主人公の検事・久利生公平が立ち向かっていく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    さすがはキムタク!満足度ランキングに…
    シリーズファンとしては満足の出来です。
    喜怒哀楽、そして涙、全部【あるよ】。
    TVシリーズを見ていなくても大丈夫
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:鈴木雅之
    主演:木村拓哉
    11
  12. 夢売るふたり

    夢売るふたり
    評価:C3.42
    東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。ある日、貫也が常連客と一夜を共にし、すぐに里子の知るところとなるが、里子は結婚詐欺で金をだまし取ることを考案する。結婚願望の強いOLなど寂しい女たちの心の隙につけ込んで、店を再開するための資金を稼ぐ二人。しかし、夫婦の関係に影が差し始め……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    裏切られた人間のパワーは凄まじい。
    里子、そして西川監督に想うこと
    女は怖い?冗談じゃない!!
    エンターテインメント
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:西川美和
    主演:松たか子
    12
  13. THE 有頂天ホテル

    THE 有頂天ホテル
    評価:C3.31
    大晦日を迎えた「ホテルアバンティ」では、ホテルの威信がかかった年越しカウントダウンパーティーの準備で大忙し。そんな中でも副支配人の新堂平吉(役所広司)は、様々な問題に機転を利かせて対応するのだが……。

    ヒューマンドラマ、コメディ、嘘つきが幸せ

    ネット上の声

    笑いを期待しすぎると逆に楽しめないかも?
    歌舞伎の顔見世興行みたいなもんだと思う
    ●ドンキホーテ、ロシナンテ♪
    試写会に行ってきました。
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:三谷幸喜
    主演:役所広司
    13
  14. ジヌよさらば ~かむろば村へ~

    ジヌよさらば ~かむろば村へ~
    評価:D2.98
    人気漫画家いがらしみきおの「かむろば村へ」を基に、お金アレルギーになり東北の寒村に移り住んだ元銀行員が、お金を全く使用しない生活に挑むさまを描くコメディー。劇団「大人計画」を主宰する俳優の松尾スズキ監督と『舟を編む』などの松田龍平が、『恋の門』以来となるタッグを組む。

    コメディ

    ネット上の声

    松尾監督には申し訳ないけど・・・。
    演劇的な映画でがす
    福島県人ですが・・
    映画館で見るほどのものでもなかった。 とりあえず、出ているほとんど...
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:松尾スズキ
    主演:松田龍平
    14
  15. ブレイブ ストーリー

    ブレイブ ストーリー
    評価:D2.83
    どこにでもいる平凡な小学5年生のワタルは、父親の家出と母親の自殺未遂を機に不幸のどん底に突き落とされてしまう。あまりにもつらい自分の運命を変えたい気持ちに駆られたワタルは、転校生のミツルに教えてもらった“運命を変える扉”を開け、ありとあらゆる冒険が待つ幻界へ飛び込むが……。

    ファンタジー、アドベンチャー(冒険)、アニメ、ライトノベル、剣と魔法

    ネット上の声

    出来の悪いドラゴンクエスト
    原作を読まずに観ました。
    原作は超えられないのか
    親子で観に行くのなら、ピカチュウの方が…
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:千明孝一
    主演:松たか子
    15
  16. 明るいほうへ 明るいほうへ -童謡詩人 金子みすゞ-

    明るいほうへ 明るいほうへ -童謡詩人 金子みすゞ-
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    テレビで見ました
    松たか子の演技が素晴らしい
    製作年:2001
    製作国:日本
    主演:松たか子
    16
  17. 峠 最後のサムライ

    峠 最後のサムライ
    評価:E0.00
    幕末の動乱期を描いた司馬遼太郎の長編時代小説「峠」を、「雨あがる」「蜩ノ記」の小泉堯史監督のメガホン、役所広司、松たか子、田中泯、香川京子、佐々木蔵之介、仲代達矢ら日本映画界を代表する豪華キャストの共演で映画化。徳川慶喜の大政奉還によって、260年余りにも及んだ江戸時代が終焉を迎えた。そんな動乱の時代に、越後長岡藩牧野家家臣・河井継之助は幕府側、官軍側のどちらにも属することなく、越後長岡藩の中立と独立を目指していた。藩の運命をかけた継之助の壮大な信念が、幕末の混沌とした日本を変えようとしていた。「蜩ノ記」に続いて小泉監督作に主演する役所が主人公となる継之助に扮し、継之助を支え続ける妻おすがを松が演じる。
    製作年:2020
    製作国:日本
    監督:小泉堯史
    主演:役所広司
    17

スポンサードリンク