全2作品。ラース・クラウメ監督が制作した映画ランキング

  1. 僕たちは希望という名の列車に乗った

    僕たちは希望という名の列車に乗った
    評価:A4.06
    『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』などのラース・クラウメ監督が、旧東ドイツの高校生たちの実話を基に描く青春ドラマ。政治のタブーに踏み込んだ若者たちが、究極の選択を迫られる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ジャングルの裸女を見るために僕たちは列車に乗った
    若さゆえの正義感が起こした純粋な行動。
    我々も「希望」という名の列車に乗りたい
    東ドイツ市民が電車で西側に行けた頃…
    製作年:2018
    製作国:ドイツ
    監督:ラース・クラウメ
    主演:レオナルト・シャイヒャー
    1
  2. アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

    アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
    評価:C3.46
    数百万人のユダヤ人を強制収容所に送ったナチス戦犯アドルフ・アイヒマンを、1960年に潜伏先で拘束するまでの極秘作戦の裏側に迫る実録サスペンス。イスラエルの諜報(ちょうほう)機関モサドによる拘束作戦を成功に導いた検事長フリッツ・バウアーに焦点を絞り、彼がいかにしてアイヒマンの消息をつかみ、追い詰めたかを描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

     連邦捜査局にもナチの残党がいる。インターポールは政治犯を追わない...
    ナチスという悪夢から最後に希望が出てきた
    彼らの功績であって、ドイツの功績ではない
    そして『アイヒマン・ショー』へ続く…
    製作年:2016
    製作国:ドイツ
    監督:ラース・クラウメ
    主演:ブルクハルト・クラウスナー
    2

スポンサードリンク