スポンサーリンクあり

全5作品。岸善幸監督が制作した映画ランキング

  1. 1

    正欲

    正欲
    • S
    • 4.65
    第34回柴田錬三郎賞を受賞した朝井リョウの同名ベストセラー小説を、稲垣吾郎と新垣結衣の共演で映画化。「あゝ、荒野」の監督・岸善幸と脚本家・港岳彦が再タッグを組み、家庭環境、性的指向、容姿などさまざまな“選べない”背景を持つ人々の人生が、ある事件をきっかけに交差する姿を描く。 横浜に暮らす検事の寺井啓喜は、不登校になった息子の教育方針をめぐり妻と衝突を繰り返している。広島のショッピングモールで契約社員として働きながら実家で代わり映えのない日々を過ごす桐生夏月は、中学の時に転校していった佐々木佳道が地元に戻ってきたことを知る。大学のダンスサークルに所属する諸橋大也は準ミスターに選ばれるほどの容姿だが、心を誰にも開かずにいる。学園祭実行委員としてダイバーシティフェスを企画した神戸八重子は、大也のダンスサークルに出演を依頼する。 啓喜を稲垣、夏月を新垣が演じ、佳道役で磯村勇斗、大也役で佐藤寛太、八重子役で東野絢香が共演。第36回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、最優秀監督賞および観客賞を受賞した。

    ネット上の声

    • 透明感のある生々しさ。現代社会を捉えたひとつの写し鏡として。
    • 欲望や嗜好に“正しさ”はあるのか
    • 今作られるべき映画
    • 『普通』という言葉も『多様性』という言葉も、今の社会で生きる僕たちにとっては、そ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間134分
    • 監督岸善幸
    • 主演稲垣吾郎
    • レンタル
  2. あゝ、荒野 前篇
    • A
    • 4.36
    寺山修司が遺した唯一の長編小説「あゝ、荒野」を、「帝一の國」の菅田将暉&「息もできない」のヤン・イクチュンのダブル主演で実写映画化する2部作の前編。2021年の新宿。かつて親に捨てられた新次は、兄貴分の劉輝を半身不随にした元仲間・裕二への復讐を誓っていた。ある日彼は、街でティッシュ配りをしていた吃音で赤面対人恐怖症の「バリカン」こと健二と一緒に、「片目」こと堀口からボクシングジムへ誘われる。新次は復讐を果たすため、バリカンは内気な自分を変えるため、それぞれの思いを胸にトレーニングに励む2人。徐々に名を挙げていく新次に対し、バリカンは特別な感情を抱くようになっていく。そんな中、新次はついに裕二との戦いに臨むことになり……。「二重生活」の岸善幸監督がメガホンをとる。

    ネット上の声

    • 編集という自浄作用が一切働いてない代物
    • ヤフーのレビュー評価のありようが問われる
    • とにかく150分が熱い!低評価に騙されるな
    • Yahoo!のレビューシステムは改善すべき
    吃音者が登場する、 青春
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間157分
    • 監督岸善幸
    • 主演菅田将暉
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  3. あゝ、荒野 後篇
    • A
    • 4.34
    「帝一の國」の菅田将暉と「息もできない」のヤン・イクチュンがダブル主演を務め、寺山修司が遺した唯一の長編小説「あゝ、荒野」の舞台を近未来の新宿に移して実写映画化した2部作の後編。ボクシングのプロデビュー戦を終え、トレーニングに励む毎日を送る新次とバリカン。宿敵である裕二との対戦に闘志を燃やす新次は、自分の父親の死にまつわるバリカンとの宿命を知ってしまう。一方、バリカンは図書館で出会った京子に初めての恋をするが、彼の孤独が満たされることはない。やがてバリカンは自身の殻を打ち破るべく、兄弟のように過ごしてきた新次との日常を捨てることを決意。戦うことでしか繋がることのできない2人の死闘の日々がはじまる。共演に「踊る大捜査線」シリーズのユースケ・サンタマリア、「ぐるりのこと。」の木村多江、「HiGH&LOW」シリーズの山田裕貴。「二重生活」の岸善幸監督がメガホンをとる。

    ネット上の声

    • 原作小説を読んでビックリ!
    • 残念ながら…最低!
    • いやいや、良さが全くわからん、
    • 酷すぎてこれの感想書けないうちに映画2本観てしまってそっちの感想書くにはこれを書
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間147分
    • 監督岸善幸
    • 主演菅田将暉
    • レンタル
    • 定額
  4. 前科者
    • B
    • 3.78
    罪を犯した前科者たちの更生、社会復帰を目指して奮闘する保護司の姿を描いた同名漫画(原作・香川まさひと/作画・月島冬二)を、「あゝ、荒野」の岸善幸監督のメガホン、有村架純と森田剛の共演で映画化。保護司を始めて3年となる阿川佳代は、この仕事にやりがいを感じ、さまざまな前科者のために奔走する日々を送っていた。彼女が担当する物静かな前科者の工藤誠は順調な更生生活を送り、佳代も誠が社会人として自立する日を楽しみにしていた。そんな誠が忽然と姿を消し、ふたたび警察に追われる身となってしまう。一方その頃、連続殺人事件が発生する。捜査が進むにつれ佳代の過去や、彼女が保護司という仕事を選んだ理由が次第に明らかになっていく。佳代役を有村、誠役をこれが6年ぶりの映画出演となる森田が演じるほか、磯村勇斗、リリー・フランキー、木村多江らが顔をそろえる。主人公・佳代が新人保護司として奮闘し、成長する姿を描く連続ドラマ版「前科者 新米保護司・阿川佳代」(全6話)が2021年11月にWOWOWで放送。その後の公開となる映画版は、原作にないオリジナルストーリーで描かれる。

    ネット上の声

    • 「寄り添う人がいたら、犯罪を犯さなかったかもしれない」大事な事だよ...
    • 綺麗事ではなく再生しようという前向きなパワーをもらえる応援作
    • 有村架純と森田剛の説得力に感服
    • 有村架純は本当に凄い!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間133分
    • 監督岸善幸
    • 主演有村架純
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  5. 二重生活
    • E
    • 2.48
    直木賞作家・小池真理子の同名小説を、ドラマ「ラジオ」で文化庁芸術祭大賞を受賞するなど、数多くのドラマやテレビ番組を手がける岸善幸の劇場デビュー作として映画化。門脇麦演じる大学院生が近所に住む既婚男性を尾行することで、他人の秘密を知ることに興奮を覚えていく。大学院の哲学科に通う珠は、担当教授のすすめから、ひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する「哲学的尾行」を実践することとなる。最初は尾行という行為に戸惑いを感じる珠だったが、たまたま近所に住む石坂の姿を目にし、石坂の姿を追う。一軒家に美しい妻と娘と暮らす石坂を、珠が尾行する日々が始まった。主人公・珠役を演じる門脇は本作が映画単独初主演作。石坂役を長谷川博己、教授役をリリー・フランキー、珠の恋人役を菅田将暉がそれぞれ演じる。

    ネット上の声

    • 人は秘密があるから、生きていけるのかも。
    • 「俺はこの映画のテーマがわからない」。
    • 尾行シーンが耐えられない・・
    • 見せかけだけで中身がない
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間126分
    • 監督岸善幸
    • 主演門脇麦
    • レンタル
    • 定額
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。