全4作品。ジョン・ワッツ監督が制作した映画ランキング

  1. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

    スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
    評価:A4.01


    アクション、スパイダーマン
    製作年:2019
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ワッツ
    主演:トム・ホランド
    1
  2. スパイダーマン:ホームカミング

    スパイダーマン:ホームカミング
    評価:B3.65
    『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などのトム・ホランドを主演に迎えたヒーローアクション。血気盛んなスパイダーマンが、突然出現した怪物に戦いを挑む姿を活写する。

    アクション、スパイダーマン

    ネット上の声

    ピーター・パーカーのリュック、着替え、クモの糸に注目です。
    青春映画☆下町ヒーローはある朝突然に☆
    己の意志と責任で闘えるのがヒーローだ!
    マーベル史上最も有名なご近所ヒーロー
    製作年:2017
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ワッツ
    主演:トム・ホランド
    2
  3. COP CAR/コップ・カー

    COP CAR/コップ・カー
    評価:D3.01
    『激流』『ミスティック・リバー』などで知られる個性派俳優ケヴィン・ベーコンが主演、製作総指揮を務めたクライムサスペンス。誰も乗っていない1台のパトカーを見付け面白半分に運転した2人の家出少年たちが、車の持ち主である悪徳保安官から執拗(しつよう)に追い回される恐怖を描く。

    サスペンス

    ネット上の声

    B級映画の良作。こういう映画もたまには良い。
    美しくも残酷な、闇夜を疾走する赤と青の光
    少年たちの遊びはエスカレートする
    さほど練り込まれた作りではないが
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ワッツ
    主演:ケヴィン・ベーコン
    3
  4. クラウン

    クラウン
    評価:D2.88
    『ホステル』シリーズなどで知られるイーライ・ロスが製作を手掛け、呪われたピエロの衣装を着たことから子食いの怪物へと変貌していく男の運命を描くホラー。2010年、無名のフィルムメーカーがジョークで作った偽ホラー映画の予告編クレジットにロスの名前を勝手に入れてYouTubeに投稿したところ、すぐにロス本人から企画を持ち掛けられ、まさかの映画化が実現した。

    ホラー、ネットから映画化

    ネット上の声

    CLOWN/クラウン その衣装を着たら、終わり。
    憐れみを感じてしまうピエロに怖さ半減
    コップ・カーのリアルさが欲しかったが
    ピエロ恐怖症なんてものもある訳で...。
    製作年:2014
    製作国:アメリカ,カナダ
    監督:ジョン・ワッツ
    主演:アンディ・パワーズ
    4

スポンサードリンク